スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    果たしてヤンゴンにエロマッサはあるのか~現場編~

    早く現場のことを伝えろ!!

    と男性読者の方からアツい要望を感じています。これって実用的ではないものの、実は女性も知りたいと思うんですけどねー。どうですか?



    昨日からの続きです。

    まずはホテルヤンゴンへ行ってきました。
    ここの地下?にはクラブがあるそうで、いつか行ってみたいなぁと思っていましたが結局叶わず終い・・。
    とりあえずマッサージ屋が何階にあるのかを示す案内板が見当たらないところが既にエロいですね。レセプションで階を確認してスケスケエレベーターで到着。(何階だったか忘れましたw)

    エレベーターを降りるとすぐ目の前にカウンターがあり、そのフロア全体がマッサージ用になっているようでした。

    マッサージありますか?と聞いたら、25,000チャットと若干ぶっきらぼうな返事があり、どうやら25,000チャットのコースしかないようですw

    ここはホテルなので全てが個室になっていてシングルサイズの個室に通されて待つこと数分。ミャンマー人の女の子が登場。寝台の上にバスタオルが一枚置いてあり、着替えて。と言われ若干慌てて着替える。そうですか、全身オイルマッサージなんですか。



    いやーそれにしても25,000チャットって高いよねー。

    ふふ・・。(微笑



    あっという間に45分程度のマッサージは終了。
    全身がオイルでヌルヌル、モンゴル相撲のようになっているのでシャワーをササっと浴びる。
    シャワーを浴び終えると女の子が寝台のスーツを新しく替えたりしていました。



    ねぇ、スペシャルマッサージってないの?

    そ、そんなものはありません!!!

    ぇ、でも友達があるって言ってたけど。いくら?


    ・・・


    20,000チャットです。。



    高いっ!バンコクだったらマッサージ込みで500バーツでmくぉあうjヴぁ




    続きまして、ホテルシェエゴンダイン。

    ここではマッサージフロアのエントランスで聞きました。


    スペシャルマッサージありますか?

    そ、そんなものはありません!!お客様!と毅然な態度で答えるボーイさん。

    ぇ、でも友達があるって言ってましたけど。以前はありましたよね?

    い、以前はあったようですが!い、今はありません!!

    ふーん。そうですか。本当ですか?

    ほ、本当です!!!!



    ここでドスケベ界の雄と相談。

    いやーどうしますか?ないって言ってますけど。しかもオイルは30,000チャットですよ、高くないですか?

    いや、それでも俺はイク!!!!


    さ、さすがですw

    ボーイさんに、ない!と断言されたのでふつーに1時間のオイルマッサージを普通に受けることにしました。
    話し好きな子だったのでミャンマー語での会話を楽しみました。家族の話とか出身地の話とか他愛もない話をしていたのですが、


    ねぇ、スペシャルマッサージって本当にないの?

    と聞いてみたら、

    スペシャルマッサージはないけど、あるっちゃーある。15,000チャットでね。

    高いっ!それって結局合計45,000チャット(45000円ぐらい)になっちゃうじゃん。東京の大塚に行けば3000円ぐらいでいけるんだよ!じゃあさ、毎日来るから10,000チャットにまけてくれる?

    と、謎の交渉を開始w


    結構粘ったのですが、初回相場15,000チャットの壁は厚く、破ることができませんでした・・。私のミャンマー語もまだまだですね。



    他愛もない会話は続き、奥さんいるの?彼女は?と聞かれたので、いないーと正直に答え彼女にも同じ質問をしてみたら、


    こんな仕事してるんだから彼氏なんてできるわけないじゃん・・。


    そうなんですよ、エロありかなしか関係なしにミャンマーではマッサージ屋で働くことは非常にイメージが悪いです。多くのミャンマー人はマッサージ屋=悪みたいに思っているようです。私も以前、ミャンマー人の女友達から電話がかかってきて「今マッサージ屋にいるー。」と答えたら大激怒されて説教されたことがあります・・彼女でもないのにw

    ここまで覚えたミャンマー語ですが、離れたらきっと忘れてしまうんだろうなぁ・・それだけが唯一心残りですね。



    ~おさらいコーナー~
    ・ホテル側としてはスペシャルマッサージに一切関与しない。
    ・ホテルヤンゴン、オイル25000チャット+α(20000チャット)
    ・ホテルシュエゴンダイン、オイル30000チャット+α(15000チャット)
    ※+αに関して交渉の余地ありですが、かなりのミャンマー語力が要求されますw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    [ 2014/06/22 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(0)

    果たしてヤンゴンにエロマッサはあるのか~序章~

    思い切ったタイトル付けてみました。どーもとるです。

    この手のネタを書くのは久しぶりです。そーゆうブログだと思われたくないのが理由ですが、みなさん私のキャラはもう既によく知っていると思うのでたまにはいいかなぁとw



    先日ミャンマーでナンバーワンと言っても過言ではないブロガーの方、ドスケベでも有名なローなんとかいう名前の方と市場調査。という名目の下マッサージ屋へ行ってきました。

    ヤンゴン市内にはそこかしらにマッサージ屋があり、在住の人ならば必ずと言っていいほどお気に入りの店があります。
    私のお気に入り店はダウンタウンならばCentral Hotelの6階にあるマッサージ屋。フットが1時間6000チャットと良心的。照明がほの暗いピンクがかった紫色であきらかにあっち系の店に思えるのですが、ガチのマッサージ屋です。ここは女の子がフランクすぎるぐらいフランクで彼女たちとミャンマー語でしょーもない会話をするのが好きです。

    以前は家の近くに日本人経営のHanaがあったのですが先日行ったらなくなっていました・・。そんなわけで最近家から行くならば、レーダンにあるVIPですね。こちらは韓国人オーナーで閑静な住宅街に佇む清潔感のある一戸建てです。(AGD Bankを過ぎてすぐ右の道、Thiri Mingalar Stにあります。韓国レストラン、アリランと同じ通り)
    フットが75分8000チャット、90分10000チャットと若干高めですが満足感は高いです。こちらもガチのマッサージ屋です。


    というか、ヤンゴン市内には基本的にガチのマッサージ屋しかありませんw
    バンコクのようにあからさまに「オニィーサーン♪マッサマッサ♪」的な店はありませんw




    が、しかし。

    エンペラーやJJのような店があってエロマッサがないなんておかしいではないですか。きっとどこかにあるはずだ!



    ということで、聞き取り調査をしたところ



    8マイルにある、ホテルヤンゴン

    シュエゴンダインにある、ホテルシュエゴンダイン



    のふたつが浮上。
    詳細情報があやふやなので実際に行かねば!ということで行ってきました。



    ミャンマーのことが名残惜しいので明日以降に引っ張りますw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/06/21 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(4)

    ちょ、なにこのオシャレバー!「VISTA」

    あまり食事をしない生活を続けていたら食事をしないことに慣れてきました、どーもとるです。

    喰わなきゃ痩せる。

    これは私のダイエット理論なのですが、全然食べてないのに太っている人っていますよね。大抵彼らは酒飲みで、日本のサラリーマンに多いと思うのですが、あれは不思議でしょうがないです。なんで食べてないのに太っているのかと。単純に代謝が悪いということなんでしょうけど・・不思議です。今の職場環境にはいませんけどね。出張で来られる方も太っている方はまずいません。こーゆう国に来る方は基本的にアクティブなので必然的に肥満とは無縁なんでしょうかね。



    先日、かねがねウワサを聞いていたオサレバーに連れて行ってもらいました。女子に!


    シュエゴンダイン交差点の近く、ユザナタワー正面あたりにひっそりとある「VISTA」という名前のバー。
    P8271345.jpg


    とりあえず階段を一番上まで上ります。

    P8271348.jpg


    入って右手にバーカウンター。
    P8271350.jpg


    左手正面には、、



    P8271349.jpg




    おーまいがっっっ!!!!


    なんですかこの見晴らしはーーーー!!!!!



    P8271351.jpg



    いやー久しぶりにヤンゴンで景色に対して感動しましたねー。

    こんなところがあっただなんて・・。
    これコンパクトデジカメで撮ってますから、一眼で撮ったり、肉眼で見たらインパクト大ですよ。


    これほどの場所なので飲み物代とかいくらするのかとドキドキしていましたが、意外と安かったです。というか、ふつーの値段でした!
    箱も広くないし、ひとりでサクっと来たくなるような場所ですね。

    あっぱれ!



    ↓応援クリックおねがいします↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/09/10 19:59 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(4)

    貧富の格差ってこーゆうことを言うのだと思う。

    原因不明の帯状疱疹が気持ち悪い。どーもとるです。

    こちらに来てから度々表れる症状・・太ももの裏に帯状疱疹。初めは処方された解熱剤の副作用説が有力ですが、先日は薬を服用していないのに突如表れました・・。ちょっと風邪気味だったので免疫力の低下かなぁと思いますが、日本にいるときは全くなかった症状なので不思議です。発症すると数日間、めちゃくちゃ痒いです!現状ではメンソレータムで対抗中。




    将軍の家でワインを2本空けて良い感じになった後に同僚とその友達と行った場所がすごかった件。



    なんだこの箱ー!!!!

    P8131223.jpg

    P8131224.jpg



    そしてね、停まっている車がどれもやばいです。。

    P8131222.jpg

    P8131221.jpg

    車に詳しくないのでよくわかりませんがレクサスのランクルタイプの5リッターぐらいのやつが普通に何台も停まっていましたw

    ちらっとネットで調べてみたら1000万円・・。
    ミャンマーだったら2000万円ぐらいでしょうか(ガクブル

    BMWとかメルセデスとかも日本の駐車場に停まっているカローラのようにごくごくふつーに停まっていましたw



    白い壁の箱はクラブっぽい雰囲気でした。中には入りませんでしたが。

    もうひとつの右手にあった箱はKTVでした。女の子のルックスが他のKTVとは比べものにならない・・。さすがVIP御用達の場所です。まぁそれでも接客態度はミャンマークオリティですけどねw


    ハイテクカラオケ機器。
    ミャンマーでは珍しい無線でサクサクです♪日本語の歌もある呈でしたが表示のみで、結局なかったです・・。
    P8131225.jpg



    2時間ぐらいいたのですが、隣りにいただけの女の子にチップ10,000チャット(1000円)要求されました・・。



    チップはね、要求するものじゃありません。
    ※エジプトの砂漠で出会ったブラジル人が言ってたw

    お金はね、価値に対する対価ですよ。
    ※たしか堀江さんが言ってた気がw


    特にこーゆうところで働いているミャンマー人はこのような概念がないですね。ドヤ顔で腕組んでチップ要求してきますからね。
    そんな高圧的な態度で来るなら料金システムの中に入れてくれよ、とw


    マッサージ店へ行ったときには好んでチップを渡しますが、彼女たちは1時間以上もせっせと働いてチップは1000チャット(100円)~ですよ。それに比べて・・。同じミャンマー人だとは思えませんね。




    100チャット(10円)とか200チャット(20円)の乗車賃でクーラーもないし、サスペンションがいかれていて、ぐわんぐわん揺れるバスに乗っているミャンマー人もいれば(私もヘビーユーザーですがw)、数百万円、数千万円する車に乗っているミャンマー人もいます。土壌国といえど、どこの国にも金持ちはいると思いますが、ミャンマーは異様に多いように思います。相対的には非常に低いですが、絶対数が多い。
    再三ブログで書いていますが、昨今のミャンマーは金持ちはどんどん金持ちになり、低所得者は据え置き。彼らの収入はあまり増えず、物価は上昇の一途なので当然所得が少なくなります。低所得者は基本的に固定給なので彼らの収入には限界があります。
    不動産の所有者は金持ち連中ですから彼らがトチを転がして地価が上昇して賃料が上昇してその煽りを受けるのが低所得者なわけです。
    金持ち連中は大体いくつもビジネスチャンネルを持っています。どれかひとつのビジネスに絞っている人はあまりいないように思います。

    このようにして貧富の格差は拡大の一途・・。

    人口構成の大多数を占める低所得者たちの暮らしが一向によくならないミャンマー。
    どうなんでしょうね、この状況。

    他の都市のことはわからないので一概にミャンマーとは言えませんが今のヤンゴンには違和感を覚えずにはいられません。。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/08/16 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(8)

    喜び組に囲まれてきた@北朝鮮レストラン

    最近飲みすぎると記憶がなくなるようになりました。これって歳のせいでしょうか、どーもとるです。

    元々酔っぱらうと眠たくなるタイプでして。当然寝てしまったらそこから記憶はないわけですが、最近は酔っぱらうと起きているのにもかかわらず記憶がなくなる時があります・・。まぁ完全になくなるわけではないですが、極めて断片的・・。




    お酒とのお付き合い、気を付けます。



    気が付けばヤンゴン生活も1年が過ぎ、初めの頃は親しい友人もおらず、家とオフィスを往復するだけの日々でしたが、気が付けば多くの方に恵まれるようになりました。
    おかげ様でメイドさんが毎晩ご飯を作ってくれるにもかかわらず、家で夕食を摂ることがめっきり減りました。

    リアル一か月に2回ぐらいしか家で夕食摂っていません。


    例えばこんな感じです。

    月 ローカル屋台でオンノウカオスエ(ココナッツミルクスープ麺)
    火 勝(ジャパレス)
    水 うれしいキッチン(ラーメン道)
    木 ミニゴンのローカル居酒屋(ビールがん飲み)
    金 台湾料理屋、Yin Fong(デカシャコの会)
    土 Padonmar(ミャンマー料理)
    日 ふくろう(ジャパレス、第一回愛知県人会)


    特に決まった場所はないのですが、毎日誰かしらと何かしらを外で食べています。


    そうは言っても、まだまだ行きたいけど行けていない場所があります。
    先日、そのうちの一つのレストランへ行ってきました。





    北朝鮮レストラン。

    P7020399.jpg

    割と世界中にあるイメージですが、実は今まで一度も行ったことがありませんでした。
    噂は多方面から聞いていましたが、今回初です!ウキブギで乗り込みました♪

    一戸建てタイプのレストランですが、店内は思ったより狭かったです。
    勝手に薄暗くて、ソファーとかがあってこんな感じの店をイメージしていましたが、、

    P7020414.jpg



    店内めちゃくちゃ明るくて健全なお店でした!!



    前方にステージがあって、噂の生演奏を聴くことができました。

    踊り、衣装、楽曲すべてに昭和を感じる・・(しみじみ
    P7020407.jpg

    こちら「あっちゃん」です!こう見るとアヤパンに似てますね?
    P7020401.jpg

    こちらは一番人気の「ともちゃん」
    P7020404.jpg

    歌だけじゃなくてギターも弾いちゃう!
    P7020410.jpg

    キーボードを弾いているのは「やえちゃん」半端じゃない歌唱力の持ち主。
    P7020412.jpg


    ウェイトレスになったり、歌手になったり、ギタリストになったり、ダンサーになったり、ジャニーズ並みの早着替えで楽しませてくれます♪



    しかし、ここで帰ったらただのレストランでした。



    2階にカラオケルームがあるのです。

    日本語の歌も結構あって、さっきまでステージで歌ったり踊ったりしていた北朝鮮美人と一緒に楽しめるのです!!


    これが最高に面白かった!!ミャンマーのカラオケって女の子が横に座っているだけで彼女たちは何もしないし、歌歌っても下手だし、めちゃくちゃ退屈なんですけど、北朝鮮クオリティはハンパじゃなかったです!!!イッキ飲みとか普通にするし、ノリがめちゃよかったですwミャンマー人たちに是非教えて頂きたいですわー。。

    日本の歌もめちゃくちゃ知ってますしね。ドン引きするぐらい知ってますw

    美空ひばりの曲なんて恐れ多くて普通の日本人は歌えないと思いますが、やえちゃんが歌う川の流れのようには鳥肌ものでした(泣



    撮影禁止。と所々に注意書きが貼ってありますが、1階では撮影可能で、2階の個室では不可能でした。何枚か撮ったんですけど、即行で消されますw
    最期に1階で撮った写真も後から見たら知らないうちに消されていました・・あと他にも数枚。


    いろいろと思うことはありますが、
    想像を超えた楽しさがそこにはありました。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/07/07 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(4)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。