スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    どうしてウンチは臭いんだ。

    ようかいのせいなのね、そうなのね!どーもとるです。

    日本に出張で一時帰国して「妖怪ウォッチ」なるものが子供たちの間で大流行していることを知り、今では「ようかい体操第一」をひとりでYou Tubeで見ていますw



    10日間ほど日本へ帰っておりました。
    内7日間は仕事で、3日間(飛び石ですが)は休みでした。飛び石で休みだった日曜日は東京にいたのですが、仕事が終わって最後の二日間は実家の名古屋に帰っていました。

    私、親不孝者の長男でしてあまり実家に帰りません。日本に帰った時には実家に寄るには寄るのですが、ほとんどが東京にいたり、別のところにいたり・・。実家にいてもほとんど家にいないし、飛行機で名古屋Inもしくは名古屋Outというのがまずないですw
    そんなわけでいつも両親や姉からグチグチ言われているのですが、遊び盛りの甥っ子が二人(6歳と4歳)いるので一度彼らとガッツリ朝から晩まで遊びたいなぁと思っていたので今回は彼らのために二日間丸々時間を取りました。

    実家に帰ったその日は東京で仕事を終えてから新幹線で帰ったので家に着いたのは夜9時を回っていました。親友に名古屋駅まで車で迎えに来てもらい、そのまま実家で一緒にご飯を食べたのですが、親友と実家でご飯だなんて何年振りでしょうか。高校・大学の時は度々ありましたけど、社会人になってから活動地がバラバラになったので・・。とても素敵な時間でした。旧友は永遠ですね。




    次の日、宣言通り朝5時すぎに甥っ子に襲撃されるw

    というか、甥っ子の襲撃を先読みして5時起きしてパソコンを起動させて仕事していたのですが、5時15分ぐらいに襲撃されましたw



    仕事何もできずに終了―。



    夏といえば、というのはたくさんありますが、この日はとりあえずプールへ行ってきました!

    市営のプールです。
    P7312435.jpg

    小学生の頃は頻繁に来ていました。自転車だったので結構遠かった気がしますが、車だと一瞬ですねw特に心臓破りの坂など一瞬でしたw
    小学生の時は勾配がキツく、とてつもなく長く感じたんですけどねー。

    プールの規模も自分の持っている感覚より4分の1ぐらい小さい規模でした。自分がそれぐらい大きくなったんだなぁと改めて実感w
    下の甥っ子(4歳児)を足のつかない流水プールに浮き輪を付けて流したり、これまた足のつかない25メートルプールに浮き輪なしで強制連行したりして2度ほど大泣きさせましたw
    とる式教育はスパルタです。もちろんしっかり見てますけどね。彼は本気で泣いてましたwカワイイw



    夜は花火をして、一緒に風呂に入って、、

    次の日も朝5時からで、虫取りにいって、川沿いでかけっこして、お墓参りにいって、公園で遊んで、歩いて魚釣りにいって・・一緒に夏休みを満喫できてよかったです♪

    甥っ子たちのおかげでものすんごい夏休みっぽいことができました。
    2010年以来、4年ぶりの日本の夏だったので新鮮なのと懐かしいのが相まって感無量でした。




    やっぱり日本はいいですね。

    帰るつもりは全くありませんがw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    [ 2014/08/08 00:01 ] 日本。 | TB(0) | CM(2)

    水祭り中に日本で読んだ本。

    本は自分の世界を広げてくれるものだと思う。どーもとるです。

    22歳までは全くと言っていいほど本に興味がありませんでした。あえていうなら戦国武将の伝記物ですかねー。あとは恐竜の資料集。
    就職してから本を猛烈に読むようになったのですが、それ以来趣味のひとつに読書が加わりました。本は自分の知らない世界を教えてくれますし、知識や考え方に幅が出るものと思っています。人間知らないものを知ることはできませんので。知っていれば物の見方や感じ方が変わることは多々あります。逆に知らなければ気付かないことは多いです。「本を読む」という行為自体が能動的なのでそれ自体がいいことなのかもしれませんね。考えを前向きにするためにも行動は能動的であるべきだと思います。



    さて、ミャンマーに来てから環境を言い訳にして読書から遠ざかっていました。ある方から本をガサっと借りたことをきっかけに読書熱に火がつき、両親が来緬した際には多くの本をハンドキャリーしてきてもらったりしました。
    効率よく継続的に読書ができぬものかと思案していたところ、電子書籍に行きつきました。

    ミャンマーのネット環境は不安定甚だしいので果たしてちゃんとダウンロードできるのか心配なのと、そもそも使い勝手がいいのかどうか、という不安を抱えていたので今まで遠ざかっていたのです。
    ネットでいろいろと情報を拾ったのですが、なかなかいいことが書いてあるのでとりあえず買ってみることに。


    Kindle Paperwhite(ニューモデル)

    新品価格
    ¥10,280から
    (2014/4/25 16:37時点)





    これが素晴らしい製品でした!!!!

    キンドルは完全に私の生活を変えました。



    いつでもどこでも本が読める喜びってハンパじゃないです。
    暗いところでも明るいところでもどんな場所でも本を読みたい時に読めます!
    軽いし大きさも適度なので片手で読み進めることもできます。文字の表示のされ具合も絶妙ですね。インク感バッチリです!
    日本にいるときは移動が多かったので読書をする時間、いわゆるスキマ時間が多くありました。東京で働いている時はよくこのようにスキマ時間を使っていたなぁと回想。



    日本滞在中に読んだ本を紹介したいと思います。


    名著で読む世界史

    新品価格
    ¥1,296から
    (2014/4/25 16:55時点)




    全体的にどの章も面白かったのですが、クラウゼヴィッツの「戦争論」は面白かったです。「戦争論」出版の前には戦略や戦術がそれほど確率されていなかったようです。それを緻密に考え、提唱したものが戦争論で、これを実践に生かしたのがドイツのビスマルクであり、ドイツ参謀本部が誕生します。政治と軍を分け、戦争論を徹底的に実践したドイツは連戦連勝。ヒトラーの登場で政治が軍を掌握するようになり、あとはご存知の通り。ヒトラーの時代もドイツ軍は強かったのですが、それは兵器の技術力の高さと参謀本部の将校たちが優秀であったため。と著者は要約しています。



    99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

    新品価格
    ¥1,404から
    (2014/4/25 16:52時点)




    先の東日本大震災でほぼ全滅したイチゴ農家をIT技術などを駆使し、全くの素人がブランドイチゴとして世の中に売り出すまでのサクセスストーリー。とにかくアツい本ですw実話なので全てに臨場感があり、山口絵里子さんの「裸でも生きる」を読んだ時を思い出しました。内容も難しいものではないのでイッキ読みしました。新しいことに挑戦するモチベーションが上がる本です。



    強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

    新品価格
    ¥1,620から
    (2014/4/25 16:56時点)




    これは私がまだ東京で働いていた時、すなわち数年前から感じていたことですが大きいオフィスもしくはオフィスさえも持たない企業が増えているようですね。非常に効率が良く大賛成です。リモートオフィスのデメリットもしっかりと書かれており、参考になります。もし自分が組織を作るなら是非取り入れてみたいと思います。しかしながらミャンマーには・・苦笑



    女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法

    新品価格
    ¥1,404から
    (2014/4/25 16:58時点)




    「無期懲役囚と女子高生との文通」惹かれませんか?w私は強く惹かれて即買い。無期懲役囚である、みたっちゃんこと未達大和さん。IQ150の秀才で元トップ営業マンで年収8000万円、元企業経営者でもあり、学生時代には喧嘩で負けなし。超人ですw
    そんな超人と女子高生のサヤカ(可愛いらしい)がひょんなところから文通をスタートします。サヤカの弟である、ヒロキも巻き込み文通は頻繁に行われ、彼らの悩みや相談にみたっちゃんは誠実かつ的確に答えます。彼らが人としてお互いを尊敬し合っていることがよくわかる文通の内容を通し、人の温かさや魅力を存分に感じることができました。みたっちゃんの人間力はハンパじゃないです。私も彼の影響でもっと頑張ろうと思い、ミャンマーへ帰国後さっそく早朝ランニングを敢行しましたw



    今回は10日間の日本滞在でもう一冊、計5冊は読みたいなぁと思っていましたが読み切れませんでした・・。基本的に毎日朝から朝まで予定が入っていましたからね・・。

    ミャンマーでは自分で車を運転しているのでなかなかスキマ時間がありませんが、キンドルが手に入ったので時間を見つけて読書を進めて行きたいと思います♪

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/04/25 17:00 ] 日本。 | TB(0) | CM(3)

    新潟県小千谷市ってこんなところ。

    10年ぶりに会った地元の女の子に「ギラギラしてる」と言われた、とるです。

    良くとっていいのか悪い意味なのかよくわからずヘラヘラ笑ってました。



    私が講演に呼ばれた場所は新潟県の小千谷市という人口2万8000人ほどの小さな町でした。
    その小規模な人口とは裏腹に味のある土地でして。

    行く前に調べたら、


    小千谷縮という伝統工芸



    錦鯉



    世界最大の4尺玉花火

    で有名とのこと。

    この3つは是非押さえたい!ということで市内を案内して頂きました。



    まずは小千谷縮の工房へ。

    おぉ!!ザ・製造業ですね。

    DSC06713.jpg

    とても詳しく解説をしてくださり、勉強になりました。
    伝統工芸の世界は歴史があり、唯一無二のものですから魅力的ですね。その長い歴史があるが故に様々な問題があるそうですが、是非とも後世に残していってもらいたいものです。

    DSC06718.jpg

    DSC06725.jpg



    なんと錦鯉はここ小千谷発祥のようです!

    P4161792.jpg

    雪解けの清水に鯉を放流したところ非常に色が鮮やかになったそうでこれが錦鯉の誕生とされているようです。
    平均寿命は70年で、長い鯉は200年も生きるそうです!!高い鯉は車一台分ぐらいするそうです・・。


    てか、でかすぎ。

    P4161799.jpg



    続きまして、世界最大の四尺玉花火です!

    デカい!!!!
    P4161803.jpg

    上空800メートルまで上がり、直径800メートルの大輪を夜空に咲かせるようです。

    ちなみに隅田川の花火では一番左のちっこい尺玉さえ規制があって上げられないそうです。
    四尺玉恐るべし。いつか観に来たい!!
    P4161802.jpg




    夜は小料理屋で地のものをたくさんご馳走になりました♪
    P4151773.jpg

    これ。なんだと思いますか。
    P4151777.jpg


    ヒレ酒のようにして飲みます。水がきれいなところにしか生息していないようで、高級感がありました。熱燗で頂きました♪うまうま。
    P4151778.jpg



    からの二軒目!

    こーゆうノリ好きです♪接客してくれた女の子の店員さんも愛想がよくてよかったです♪
    P4151781.jpg

    P4151783.jpg



    小千谷のことをざーーーっと案内してみましたが、山々に囲まれ、市内の中心部を信濃川が流れ、空気と水と、人が綺麗な土地と感じました。是非また訪れてみたいと思います。

    ミャンマー人w
    P4161811.jpg




    ぁ、発つ前に立ち寄った創業35年の喫茶店も最高によかったです!!
    P4161818.jpg

    P4161816.jpg

    P4161814.jpg

    P4161817.jpg



    このイノベーションには驚かされましたw
    P4161815.jpg




    東京には長岡から新幹線で向かったのですが、その前に長岡で大学病院で働く病理の先生にお会いしました。この方とは初対面で、ブログを通じて連絡を下さいました。新潟からわざわざ新幹線で長岡まで来て頂き、ご馳走してくれました!

    朝日酒造直営の小料理屋にて。素敵すぐる!!
    P4161820.jpg

    あうわーーー日本食に日本酒ーーー利き酒なんて贅沢すぎます!
    P4161821.jpg

    P4161822.jpg

    P4161823.jpg



    今回の新潟訪問。
    朝6時に到着して、翌日の18時までわずか36時間の滞在でしたが、1週間ぐらいいたかのような充実っぷりでした。



    ひとりでは何もできません。周囲の方々に心から感謝です。



    ぁ、これは新潟のB級グルメ「カレーそば」
    P4151757.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/04/19 09:51 ] 日本。 | TB(0) | CM(7)

    新潟県の県立高校で講演してきた。

    ミスターインスパイアでお馴染みのとるです。ごきげんよう。

    現在は周り回って東京にいるのですが、

    東京→名古屋→新潟→東京

    と三角移動しました。
    相変わらず日本は快適ですねー♪道もバスもいいので夜行バスでもぐっすりですよ。室温管理も完璧です!
    本来新潟には全く縁のない私ですが、ブログを通じて知り合った方から

    「是非私の高校で講演をして、若い世代に刺激を与えてほしい!!」

    という熱いオファーを頂いたので馳せ参じたのです。


    名古屋ではもう散ってしまった桜が新潟では満開でした。感涙。ジャパン感ハンパない。
    P4161812.jpg



    今回の学校訪問の目的はズバリ

    彼らをインスパイアすること。



    私の経験(世界一周一人旅や外国で働くことなど)を話すことによって彼らに今までとは違った考え方や行動をしてもらえたらいいなぁと。



    高校二年生300名弱を前にパワポを使っての講演。
    DSC06732.jpg


    あまり緊張しないタイプなのですがさすがに緊張しましたねw

    一限の50分を予定していたのですが、移動時間などがあり、講演可能時間は30分に短縮!50分の講演時間を予定して資料を作っていたので少々戸惑いましたが、その辺りは持前の臨機応変さで順応。無難に終えることができました♪

    生徒よりも先生方の方が熱心に聞いてくださっていた気がしましたw
    事実、講演の後に「もっと深い話が聞きたかった。時間が短すぎてもったいない。」という声もあったそうです。嬉しい限りですね。



    講演の前後に授業もやりました!

    2年生が3コマに3年生が1コマです!
    2年生の授業では笑いを取るのに苦労しましたが、3年生は私が慣れてきたこともあってごく自然にできました。
    3年生の授業では自己紹介をスラスラっとミャンマー語でした後に日本語を話し出したら大爆笑!!
    そら、そーですよね。色黒でロンヂー履いてますし、ふつーにミャンマー語で話した後の流暢な日本語ですからw

    DSC06740.jpg


    どんどん質問してもらうように授業を進めたのですが、



    彼女はいますか?

    との質問に



    彼女っぽい人が二人います。

    と答えた時は衝撃が走りましたねーw



    彼女っぽいってなにーーー!!?ぽいって!!!!



    まぁきみたちもあと5年ぐらいすればわかるよ。

    と上から目線で答えておきましたw
    JKノリいいですね。もう気付けば高校卒業してから12年・・。

    DSC06744.jpg



    まさか自分が高校で講演するなんて思ってもいませんでしたし、授業で教壇に立つだなんてもってのほか。
    本当に貴重な経験をさせて頂きました。彼らには、

    とにかく行動することが大事なんだ。考えることは誰でもできる。行動しないと何も始まらないし、変わらない。過去が今を造り、今が未来を創るんだ!

    ということを熱っぽく伝えました。



    これがまさに

    Dream + Action = Dreamction



    次はあなたの街をインスパイア!!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/04/18 10:58 ] 日本。 | TB(0) | CM(7)

    死ぬまでにしたい10のコト。

    朝ごはんにカレーうどん。これって常識ハズレですか?どーもとるです。

    いや、だってそこの名物がカレーうどんって言われたら朝だろーが夜だろーがとりあえず食べるでしょうに!名物カレーうどんについてはまた後日。



    高校三年生から大学三年生まで3年半付き合っていた子がいました。
    その子とよく行っていた生パスタを売りにしたイタリア料理レストラン。




    気が付いたら潰れていましたw



    本当に美味しく、雰囲気も素敵なレストランだったので二人にとってとてもショックでした・・。


    それから時は流れて今。


    いつもと変わらぬようにFacebookを流し読みしていました。
    友達の友達、それは私の友達ではない人が「パスタリン新栄町店」にチェックインしていました。



    ん?パスタリン・・ひょっとしてあのお店?



    さっそくその友達の友達にこーこーこーゆう理由で、という話をして聞いてみたら・・




    ビンゴ!!!!

    マジで鳥肌立ちましたねーこれには。



    それ以降、日本に帰ったら必ず行く。と決めていました。


    そして念願叶って行ってきたのです♪

    当時レンガ造りの薄暗い階段を降りて店に入ったすぐ右手に訪問台帳が置いてあって、お客さんがそれぞれ想い想いに自分のメッセージを書き込むんですよ。そこに何度かふたりで書き込んだことがありまして。

    P4141746.jpg


    さすがに見つからないかなぁ、と思っていましたが数ページめくったら・・



    P4141747.jpg


    これ自分がかきましたー!!!!!!!!

    名前とか一切ないですけど、このデザインは100%私ですw



    さらにめくり進むと・・。




    P4141748.jpg


    これは当時彼女と一緒に観た映画で、内容は大したことないシュールな映画でしたが、そのタイトルが強烈で非常によく覚えています。


    死ぬまでにしたい10のこと [Blu-ray]

    新品価格
    ¥2,458から
    (2014/4/15 08:13時点)





    いやー実に11年前ですよ。

    P4141749.jpg


    完全にタイムスリップしました。好きだったなぁあの子のこと。ま、フッたのは私からなんですがw



    ここのカルボナーラが世界で一番好きです。
    もちもちの麺と、全くくどくないクリームソース。
    P4141751.jpg

    こはだのなんちゃら。うますぎ。
    P4141750.jpg

    チキンマスタードなんちゃら。うますぎ。
    P4141752.jpg



    相変わらず無口で職人気質なマスターともカウンター越しにお話ができてとても幸せでした。



    ところでこの「死ぬまでにしたい10のこと」という映画。

    洋題は



    My Life Without Me



    邦題と違いすぎるだろw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/04/16 00:00 ] 日本。 | TB(0) | CM(5)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。