スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    予想に反して小寒いガパリの比較的安宿情報。

    ガパリ特集は最後になりました。きっとこの記事が一番有効になるかと思いますw


    外国人向けの高級ビーチとして知られるガパリですが、空港近くにゲストハウスが2軒あります!!

    英語で「Guest House」と書かれていたので外人向けかと思いましたが、ミャンマー人しか泊まれない模様です・・。ミャンマー人価格は10,000チャット。

    ホテル予約サイト・アゴダに何軒か良さげなホテルが載っていますが、一部屋120ドルぐらいで泊まれるので、二人で行ったら60ドルずつ。これはお得感があります。
    私は一人だったので120ドル×2泊も出す気にはなれず、ガパリビーチの中ではかなり良心的なLin Thar Oo Lodgeというところに泊まりました。

    バンガロータイプの海側の部屋はビーチまで歩いて10歩。45ドル。
    海側ではないバンガローは35ドルだそうです。1つのバンガローに二人泊まれるので、割ったらかなりお得ですねー。チャイティーヨの50ドル超えがぼったくりに思えてきますw
    PC072609.jpg


    レストランはビーチにせり出しています。
    PC072610.jpg

    もちろん朝食付き。あまり褒められたものではありませんが、ミャンマー料理と西洋料理があって退屈はしません。
    PC092734.jpg

    Wifiはありませんが、空港への送迎は無料。すんごいスペルミスしますけどねw衝撃のネームカードはこちら!

    スタッフの自然な振る舞いと距離の取り方がミャンマー人らしくて私は好きでした。私がミャンマー語を習っていることを知ると、それからずっとミャンマー語で話しかけてくれて嬉しかったです。

    右が部屋となっているバンガロー。左がビーチ。
    電気は夜間しか来ませんが、水圧弱めのお湯はしっかり出ます。
    PC092736.jpg


    私はバッパー上がりなのでかなり評価が甘いかもしれませんが、なんの不自由も感じることはありませんでした。ガパリビーチにいる観光客は平均年齢が高めで、目が飛び出るようなハイレグ、ビキニ美女はお目にかかれませんが、非常に落ち着いた雰囲気のところです。悪く言えば田舎ですが、タイやバリのビーチのように騒がしくないのでこれはこれで良く、私は好きです。


    ぁ、あと行くまで知りませんでしたが、ハイシーズンにも関わらずガパリ寒いです!

    そんな事前情報なしに、半袖2枚、タンクトップ1枚で乗り込んだ私は、朝夕の寒さに凍えていました・・。
    朝夕はおそらく10度~15度、日中は30度です。

    救いは水温が極めて高いことです。25度ぐらいはある気がしました。時間帯によっては水中の方が断然暖かいのです。なので、泳ぐ分には最高ですね!泳ぎすぎでカラダが冷えることがないので泳ぎたい放題です!



    滞在費を安く上げたいならこの宿で決まり!

    「Lin Thar Oo Lodge」
    Office in Yangon
    01 547216, 01 503721, 09 503721
    Ngapali
    043 42426, 043 42322
    www.lintharoo-ngapali.com

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    [ 2012/12/18 00:00 ] ガパリ2012―2013 | TB(0) | CM(2)

    いきなり!黄金伝説@ガパリ

    一人ガパリも悪くないです。どーもとるです。


    正直強がってますけどね、私一人遊びに長けているので淋しい想いはしません。
    さぁ今日も愉快なブログをお届けします!



    ビーチの朝は波打ち際の散歩から始まる。
    背後から昇ってくる太陽を、まだかまだかと待ちわびながらのんびりと歩く。


    一人遊びその一「貝殻集め」

    ここのビーチに落ちている貝殻はなぜか綺麗な形、色をしたものが多いので選り取りみどりで楽しい。
    PC082645.jpg


    下を見ながら歩いていたらどこからともなく人懐っこい犬が現れてやたら絡まれた。できもしないのに直立しようとして、バランスを崩した前足は私の腹部に、、おかげでTシャツは汚れまくりである。

    マーブルくん。
    PC082642.jpg



    クロく・・クロくん!!!?朝ダッチですか!!!?PC082644.jpg


    オス犬二匹に絡まれ、そのうち一匹をなぜか勃起させてしまったという痛い気な散歩から帰ってきて朝食。

    一人、宿の朝食を楽しんでいたら強烈な視線を感じた・・




    PC082646.jpg



    数分後には横に気配を感じた・・・




    PC082649.jpg


    この犬、首輪をしており、そこには


    「DOG」


    と書かれていた・・。イヌという名前の犬。。



    朝からなかなか笑わせてくれます、ガパリ!
    この日は前日に申し込んでおいたボートトリップに行く日。4時間~5時間で20,000チャット(2,000円)
    ツアー会社で申し込んだので他の客も一緒かなぁ、と思ったら貸切でした!しかもなぜかミャンマー人が3人も乗っている・・。ガイドと船長の二人だけで十分な気がするが、ここはミャンマー。過剰人員が常なのです。

    船に積んであるものを見たら、細くて長い釣竿のようなものが積んであった。よく見たら先端に鉄製の鋭利な槍がついている・・

    「これはFishing Gunだ。」



    チーム・オセロ出動!
    PC082655.jpg


    去年の11月のガラパゴス以来の海に興奮!
    PC082664.jpg

    名人、さっそく仕事を始めます。
    PC082662.jpg


    サクッ!


    このドヤ顔www
    PC082660.jpg


    こちらの名人は網にかかった魚を素手で獲ってましたw
    PC082667.jpg


    ぃやー久しぶりの海最高です!!

    名人が獲ってくれたサザエ。
    PC082672.jpg

    玉虫色の魚。
    PC082674.jpg

    と、

    2時間後の姿w身がキュッキュッと絞まってて美味しかったです♪
    PC082715.jpg



    次のスポットに移動中に海面を飛び跳ねるマグロを発見!!
    名人の目つきが変わる・・即興で仕掛けを作る・・。

    これぞホントの一本釣り!!!!

    PC082677.jpg


    まさかマグロを!!!!?



    こんなんでマグロが釣れるわけないですw期待した私がバカでしたw


    二番目のスポットは最初の場所より幾分も透明度が高かったです。
    PC082702.jpg

    ガラパゴスで鍛え上げた水中撮影技術は未だ健在。水中ではシャッタースピードが落ちるし、泳ぐ魚を撮るのはなかなか難しいんですよ。
    PC082692.jpg

    PC082690.jpg


    私はスノーケリングの時もマスクしかしません。スノーケルがあると潜水しにくいので。フィンがあれば楽ですが、今回はフィンもなし!限りなく自然に近い状態で自然と対峙しましたw

    名人に銛を借りて、「獲ったどー!!」に挑戦。
    名人、魚獲りはうまくても写真を撮るのは下手のようですw息継ぎしてるときに撮らなくても・・。
    PC082697.jpg


    まずは狙う魚を探す・・比較的サイズが大きいやつ、藻を食べているやつ、岩の影に隠れたと思っているやつ、狩りというのは間抜けのやつをいかに見つけるかがコツ。
    狙いを決めたらゴムを力いっぱい引っ張り、できるだけ近づいて、ゴムで締め上げられた銛を放つ!!!!



    ひらり。

    魚たちは数センチ手前でいとも簡単に逃げていく・・。彼らの笑い声さえ聞こえてきそう。

    簡単そうに見えるけど、難しいんですね。浜口おさむを初めて尊敬した瞬間でしたw
    でもあれ、2時間ぐらいやらせてくれればいける気がしました。潜水自体は問題ないですし。日本人なので農耕民族ですが、私には狩猟民族の血が流れているようですwめちゃ燃えました!



    昼は無人島にあるレストランでのんびり。
    PC082706.jpg


    のんびりしてても暇なので一人遊びを開始w

    一人遊びその二「自撮り」


    ジャンプ!!

    PC082711.jpg


    からの~


    ズサーーー!

    PC082710.jpg

    決定的瞬間って面白いですよね。
    ちなみに私のデジカメにタイマー+連射機能というのはないのでこれは別々に撮ってますw



    昼過ぎに宿に帰ってきましたが、まだまだ泳ぎ足りないので浜から泳いでいける岩場の辺りを回遊。
    安全上の問題から海では一人で泳ぎたくないのですが、誰も回りにいないので仕方がないですw
    PC082722.jpg

    砂地だったので水平透明度は高くないですが、垂直透明度で至近距離ならまぁまぁ。
    PC082728.jpg



    夕方頃に宿の近くを散歩して、コーヒーしか飲み物がないネットカフェでWifi繋げて、夜は宿で食べました。トムヤンクンを頼んだのですが、一切辛くなかったですwきっと何かの間違いでしょうw


    ガパリという言葉はイタリアのナポリに似ていることからナポリがミャンマー語に訛ってガパリになったそうです。「リ」しか合ってませんがw
    そして英語でNgapaliと書くので「ン」を発音すべきかどーか迷いますw

    私、ナポリに行ったことがないのでわかりませんが、アドリア海の方が確実に綺麗だと思います。そして、紅海(エジプト・ハルガダ)、カリブ海(カンクンとキューバ)、ザンジバル島(タンザニア)、ガラパゴス諸島を知っている私にとっては特に特別な海ではなかったです。
    透明度や魚の種類などで比較したらそれらの海の足元に及びません。紅海の魚たちは餌付けされているので餌を持って潜ると魚に囲まれます。
    ガラパゴスいる魚たちは動物たち同様、敵がいないためか逃げません。小魚たちが逃げないのは衝撃的です。潜ればそこにウミガメがいて、アザラシがいて、ペンギンがいて・・あれほど楽しい海はありません。
    ザンジバル島の真っ白な砂浜と信じられないような深いエメラルドグリーンの海と突き抜けるような青い空は忘れることができません。

    しかし、それぞれの海にそれぞれの良さがあり、私はガパリの良さもよくわかったのでまたひとつ好きな海ができました。

    なにより、ミャンマーだからいいですね!ここにはミャンマーの田舎ののんびりとした雰囲気が広がっています。是非また来たいと思います。次は誰かと一緒にw




    私が重宝しているデジカメはこちら!
    海・山・川で大活躍のオリンパスToughシリーズ。衝撃にも強く、デジカメに対するひ弱いイメージが覆ります。日常使いでも他のコンデジと遜色ありません。オススメです。

    OLYMPUS デジタルカメラ TG-620 ホワイト 5m防水 1.5m耐落下衝撃 -10℃耐低温 1200万画素 裏面照射型CMOS 光学5倍ズーム DUAL IS ハイビジョンムービー 3.0型LCD 広角28mm 3Dフォト機能 TG-620 WHT

    新品価格
    ¥12,400から
    (2012/12/10 17:39時点)



    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/12/17 00:00 ] ガパリ2012―2013 | TB(0) | CM(4)

    ミャンマー随一のビーチ・ガパリに行ってきた。

    弊社は土曜日も出勤なので、なかなか連休が自然に発生しません。雨季が終わった頃から、評判の良いガパリビーチへ行きたいと思っていました。
    12月に入った頃カレンダーを見たら、2週目の土曜日がミャンマーの祝日で2連休が自然発生!これはもう行くしかない。思い立ったが吉日。ということで、さっそくチケットと宿の手配。

    行きは夜行バスで行こうとしたのですが、ミャンマー人スタッフに治安上キケンだと全力で止められたので、渋々往復飛行機を使いました。。
    国営の気まぐれミャンマー航空のタイムスケジュールに合えば片道62ドルで行けますが、残念ながらタイミングが合わなかったのでエアマンダレーを使いました。片道99ドルです。

    ヤンゴンからガパリビーチのある、タンドウェまで飛行機で45分程度ですが、なんと行きの飛行機、


    バゴーに寄り、


    へーホーに寄り、


    よーやくタンドウェに到着・・。


    ローカルバスかよ!どんなけ寄り道すんねん!
    所要時間3時間でした。。


    ホテルが送迎してくれる。とのことだったので空港から出て、数人のネームカードを持った人の中から自分の名前を探す・・。



    ない。

    想定内の事態に冷静にホテルに電話しようと・・いや、待てよ。さっきのボードにひょっとしたら自分の名前が・・



    PC072607.jpg


    日本人らしき名前ありますか?w

    ありませんよねー?

    まさかMr. Afano Eoruじゃないですよね?



    そのまさかw

    アファーノ・エオールってなんて素敵なブラジル人的名前を頂いたことでしょう。なんのクイズだw
    ミャンマー人のネーミングセンス恐るべし!


    最高の出迎えを受け、時刻はもう3時半で時間がないので海をほったらかしてバイクをレンタルしに。
    最近ガパリに行った方からバイクをレンタルしていろんなところへ行くと良いと聞いたので。

    1時間燃料費込みで3000チャット(300円)
    聞いてた値段よりも若干高い気がしたけど、3時間レンタル。

    リガパー初号機と名付けた、4段式のカブ型バイクの特徴は、


    前ブレーキが全壊

    F1車並みのツルっツルのタイヤ

    ついでにガパリのメイン道路はツルっツルか、ボコっボコの二択です。
    PC072618.jpg


    稲刈りを終えた田んぼで女たちが小魚を干していた。
    ミャンマーのオンナはよく働き、お茶目。乾かしたばかりの小魚は優しいアジがした。鯵だけに。誰がそんなうまい(ry
    PC072616.jpg


    30分ほど走ったら、リガパー初号機の様子がおかしくなった。。ぐにゃぐにゃして真っ直ぐ走りにくい、、これは・・パンク!!

    ツメが甘かったことを後悔し、なんとか修理屋を探し、泥酔して呂律の回らないオヤジに頼み、バイクレンタル屋まで送ってもらった。
    バイクレンタル屋に戻ったらさっきはなかった明らかに状態の良いバイクが1台止まっていた・・。時間がないので、颯爽と走り出す。今度は逆方向へ。リガパー2号機は初号機と段違いに調子が良い!



    華やかなホテルゾーンとは一線を画すドローカルな場所へ行き着いた。

    昭和の遊び「ゴムとび」に熱中する少女たち。
    PC072621.jpg

    田舎に行くと、必ずひとりやふたりこんな感じのお調子者がいるw
    PC072630.jpg

    真ん中に座っている、新庄似のにぃちゃんだけなぜか最後の最後まで撮影拒否をしていたけど、撮ってやったw事務所通して!とか言ってたのかなw
    PC072631.jpg


    ここでベンガル湾に沈むガパリ名物の夕陽を見送った。評判通りの綺麗さでした。
    PC072629.jpg



    陽が落ちて、暗くなってきたのでヘッドライトを点ける。


    カチっ。


    ん?


    カチっ。



    ・・・

    壊れてるー!!


    リガパー2号機の最大の特徴は「無灯火」

    基本的に電気系統がやられていると思われるリガパー2号機はクラクションも鳴らず・・。ミャンマーの田舎に街灯などあるはずはなく、暗黒が周囲を包み込む。。星だけが抜群に綺麗に見えるのが唯一の・・これは救いにならないw
    不幸中の幸いでウィンカーだけは点いたので、右ウィンカーをつけっぱなしにして、ウィンカーによってわずかに光る足元を注意して見ながらの徐行運転・・。危なすぎる・・。

    びくびくしながら、途中に救世主(ヘッドライトをつけたバイクが誘導してくれた)が現れたりしてなんとか無事にバイクレンタル屋に帰還。


    夜は「どこで食べても一緒」という情報を得ていたので、この店がちょうどレストランをやっていたので食べることに。
    ガパリではどこの店でもロブスターが食べれますが、味は大味であまり美味しくなく、値段も25,000チャット(2500円)とそこそこするので食べるつもりはありませんでした。

    が、

    今日のやつは小さいから10,000チャット(1000円)でいいよ、というのでグリルしてもらうことに!焼き加減はミディアムレアで。
    PC072637.jpg


    活きがよすぎてロブスターのヒゲがぶっ刺さった、アボカドとトマトと玉ねぎのピーナッツソース和えサラダ。
    PC072639.jpg

    パックリ割られたロブスター。
    PC072638.jpg


    味付けは塩だけか、もしくはなにもされてませんでした。2種類の出されたソースにディップして食べました。甘味も歯ごたえもそこそこあって、まぁふつーに美味しかったです。しかしヤンゴンで美味しい海老とデカシャコを散々食べてるので感動は一切なしw
    今までキューバとガラパゴスでロブスターは食べましたが、ガラパゴスが一番美味しかったです。というか、グリルしてしまえばどこのやつでも同じで、後は味付けが左右すると思います。刺身で食べたらよくわかると思いますが・・。



    まだまだ続くガパリ。次回は海を攻めます。(キリっ

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/12/16 00:00 ] ガパリ2012―2013 | TB(0) | CM(2)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。