スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    水かけ祭りで狂喜乱舞。

    今日のお昼はシャン・カオスエ。
    何種類ものタレがかかった、油そばのような麺料理。ミャンマーには○○カオスエというものがたくさんあって、さらに店ごとで同じカオスエでもかなり異なる。激ウマです。スープ、漬物付きで50円。
    P4143723.jpg



    今日は耳を負傷中のさっしゃんを置いて一人突撃!

    やっとるやっとるー!今日もハンパない騒ぎようのマンダレー。
    こんな感じのステージが3キロの直線上に50メートル置きにあります((((;゚Д゚))))
    P4143742.jpg

    ミャンマー人しかいないのにこの盛り上がり方は凄いと思う!ガイジンの姿はほんとに見かけません。
    P4143756.jpg

    ステージ前のカオス具合がやばい!!
    P4143751.jpg

    自撮りしてみたけど、もはや誰かわからんw
    P4143745.jpg



    大盛り上がりのNIVEAステージ。
    P4143772.jpg


    おねぇさーーーん!!(叫)

    P4143774.jpg



    なぜか女装が人気で気持ち悪い(||´Д`)o
    P4143741.jpg



    常にステージから放射される水を大量に浴びてるから、よく前が見えないんだけど、そんな中でも一際強烈な放水がっ!!!!


    これはマジ殺人的w

    P4143761.jpg



    街全体がお祭り騒ぎの中、一切踊ることなく冷静にゴミを集める人もいます。これがミャンマーの現状でしょうか。
    P4143766.jpg




    何はともあれめちゃくちゃ面白いマンダレーの水かけ祭り。こんなに激しいだなんて全くの想定外!ミャンマーをなめてました。。だって普段はあんなに素朴で静かなんだもんwどーやらこの時期だけ人種が変わるようですw


    飲みすぎたのはお前が悪い!

    P4143778.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    [ 2012/04/15 14:16 ] ミャンマー@マンダレー | TB(0) | CM(2)

    水かけ祭り当日。

    ミャンマーでヤンキーグッズがバカ売れしそうな気がする。どーもとるです。



    本日水かけ祭り当日!水かけ祭り・ティンジャンは5日間ぐらい行われるんだけど、その中でも今日が一番の盛り上がりを見せると言われる日。

    マンダレー王宮の3キロ四方のバカでかい堀沿いにいくつもの即席ステージが設置されてすんごい騒ぎになる。人とバイクと車が多すぎて全然前に進まない!
    P4133711.jpg

    P4133712.jpg

    ミャンマーの騒ぎ方ハンパない!外人の姿はほとんど見なくてミャンマー人しかいないのに巨大スピーカーで音割れするぐらいガンガン音楽かけて、水かけて、踊りまくって、街全体がトランス状態!!
    P4133716.jpg


    そして気になるのはやはり彼らw
    P4133707.jpg

    P4133722.jpg

    レディース((((;゚Д゚))))
    P4123649.jpg


    すんごい4ケツwこんな乗り方初めてみた!
    P4133709.jpg



    ステージ付近で車のボンネットに乗ってワイワイしてたら、消防士が持ってるような超強力なホースから発せられた水がさっしゃんを直撃!

    その場でうずくまったさっしゃんは病院送りになりました。。。


    恐るべしマンダレーの水かけ祭り。。

    P4133703.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/04/14 13:36 ] ミャンマー@マンダレー | TB(0) | CM(0)

    水かけ祭り前日。

    水かけ祭りとは、仏教歴の新年に水を掛け合って祝う行事で、タイのソンクラーンが特に有名。同じく隣国の仏教国ラオスでも同時期にピーマイ・ラオという新年を祝う行事が行われる。
    そして、ここミャンマーでも盛大に行われるという。この国ではティンジャンと呼ばれている。タイの水かけ祭りは商業化されて有名だけど、オリジナルはミャンマーだという話もある。確かにタイの人よりもミャンマーの人の方が信仰に篤いように思う。

    ミャンマーではマンダレーの水かけ祭りが一番盛り上がると誰もが言う。そんなマンダレーに狙ってないのに絶妙なタイミングで来てしまった。



    宿の目の前でさっそくやってたwまだ前日なのに!
    P4123637.jpg


    去年はこの頃ちょーどタイにいたんだけど、なんとなく騒ぐ気分になれず、カオサンから抜け出してラオスに行ったんだけど、ラオスでも散々水をかけられまくったことを思い出した。

    マンダレーは王都として知られる街で、街の北部にどでんと王宮が存在している。堀で囲まれたこの王宮の周囲はなんと一辺が約3キロメートルという広さ。一周12キロ・・。
    P4123650.jpg


    前日にもかかわらずなかなか賑やかで歩いてるだけでも楽しい!
    若者が圧倒的に多い。この時期、ミャンマーの若者はマンダレーに来て騒ぐらしい。
    P4123641.jpg



    そしてちょっと尖った若者が多くて面白い。手製のカウル、フェンダーが愛らしすぎる!!
    P4123680.jpg

    やんちゃ集団。
    P4123661.jpg

    彼らの目線の先には・・




    アイドル的グループ!!
    P4123663.jpg



    彼らの愛車のカスタム具合が面白すぎる!!
    やたらF○CKという文字が目立ちます。相当イライラしてるんでしょうね。カルシウムの摂取をオススメします。
    P4123700.jpg

    P4123701.jpg


    泥水に浸かるヤンキーw
    P4123658.jpg


    こちらは国の英雄仕様車となっております。
    P4123697.jpg




    歩いていたら道端で飲んでるオヤジに声を掛けられた。酒を勧められて断る理由など



    ない。

    マンダレーにはマンダレーウィスキーというラベルのウィスキーがあって、町中で売られている。ペットボトルの中身はこれを超絶に薄めたもので不味かった。。雰囲気は美味しかったけどね!
    P4123653.jpg


    前日とは思えぬ騒ぎっぷり!!
    P4123695.jpg


    集中砲火を浴びるさっしゃんw
    P4123678.jpg


    へいへい!オリンパスToughシリーズが大活躍だぜぃ!どんどん水かけて来いやぁあ!!
    P4123668.jpg





    協賛は、


    トーキョーヤンキーです♪
    P4123659.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/04/14 13:26 ] ミャンマー@マンダレー | TB(4) | CM(2)

    久しぶりに過酷な移動をした。

    標高が900メートルと割と高く、非常に過ごしやすい気候のインレー湖を名残惜しくも発つことにした。


    次に向かう都市はマンダレーという町で、ミャンマーではヤンゴンに次ぐ第二の都市だ。

    4月中旬頃に新年を祝う「水かけ祭り」というのがあって、ミャンマー全土が長期連休に入るためこの間、バスの運行はない。ということで列車で移動することになった。




    ミャンマーのイケメンを探してこい。

    とある方から指令が下されたので、列車待ちをしがてらイケメンを探してみた。


    ミャンマーの若者は基本チャラ男なのですwそして背が低くて細い。みんな160~165cmぐらいです。
    P4113630.jpg

    彼はきっとミャンマー1背が高いw俺より後ろに立ってるからわかりづらいけど、190cmぐらいありました。
    P4113631.jpg




    ミャンマーの列車はよく揺れる。と言われていて、タイの列車もインドの列車も揺れと騒音が凄いけど、それらを遥かに凌ぐものだった!
    P4113632.jpg

    横揺れも縦揺れも激しくて、テーマパークのアトラクションのような揺れ方をする!いつ脱線してもおかしくない感じw
    ぐるんぐるん車両が揺れる列車には初めて乗りました。。枕木は極小で、レールも細くて狭いし、レールの上を走ってる気がしない列車でした。。

    ビッグサンダーマウンテンの方が遥かに安全だと確信した。



    そんな列車だから当然スピードが出ず、山道ということもあって激遅です。朝の10時に出発した列車は夜の9時すぎにタージィという駅に到着。ここで降りて次の列車を待ちます。


    次の列車は午前3時発。

    深夜の6時間待ち。

    ダルっ!



    みんなその辺で寝てます。
    P4113633.jpg


    なので私たちも駅で寝ることにしました。
    ミャンマーのクソ田舎の駅のベンチで寝る、さっしゃん。(結婚式とか挙げたい人募集中w)
    P4113634.jpg



    意外と時間通りに来た列車はまさかのタッチアンドゴーで出発!

    こーして早朝のマンダレーに無事到着しました。
    運賃はそれぞれ3ドルずつで、計6ドルと激安だったんだけど、木製のボックス席でなかなかハードな移動でした。。


    旅人って感じです!

    革靴履いてるけどね。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/04/14 13:04 ] ミャンマー@マンダレー | TB(1) | CM(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。