スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大使館に行くのってなんだかワクワクするよね。

    本日、在ミャンマー日本大使館へ行ってきました。

    家屋がデカすぎて写真に収まりきりませんでしたw
    P5290058.jpg

    今までいろんな国の大使館に行ったけど、過去最大のデカさだわ。しかしどこの国も概してアメリカ大使館のデカさは群を抜く。ミャンマーにあるアメリカ大使館は高く分厚い塀に覆われ、小高い丘の上にあって、外観はどこかの国の国会議事堂みたいですwスーチーさんちの近くにあります。ちなみに私が住んでるところもスーチーさんちの近くです(照
    東ティモールのアメリカ大使館も立派だったなぁ。ラオスもしかり。
    でも当然ながらアメリカ大使館に用はないので入ったことはありません。

    日本大使館へはStay Permitの推薦状をもらいに行ったんだけど、



    日系企業に勤めてない人には推薦状を出せません。

    と言われ、さらにヤンゴン外国語大学に行くためにも推薦状が必要なのでそのことについて訊ねたら、



    過去10年、ミャンマー在留の日本人に推薦状を出したことはありません。

    と言われ、用件2つとも撃沈。。




    どぉなっとんじゃ!

    まぁこれは日本大使館が悪いわけではなく、個人に対してやたらと推薦状を求めるミャンマー政府がおかしいのですよ。ミャンマーではよくあることです。


    そんなこんなで大使館とやり取りしてたら、在留届の存在に気づいた。そういやー届出してなかったなと。
    これを届け出ると、、



    選挙権が得られるのです!

    海外にいながら日本の選挙に一票投じることができるのです!


    日本国民であることを感じます(泣)




    オフィスに戻ったら、

    Raymondさんの部屋が札束で埋まってるぅうー!!


    ※注意 小沢一郎の事務所ではありません。
    P5290060.jpg

    札束を目の前に得意気なRaymondさん。
    ※注意 賄賂資金ではありません。
    P5290059.jpg



    そんなこんなで日々ミャンマーを感じてます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2012/05/29 23:53 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(5)

    経済発展は格差を生むか。

    100年ぶりに鉛筆削り使った。どーもとるです。



    鉛筆削り。しかも手動だよ!教室の前の方(大体先生の机の後ろが定位置)に1つだけある電動のウィーーーン!ってやつじゃなくて、手動でシュ!シュ!ってやるやつだよ!

    なんかすんごい新鮮だった。楽しかったw
    あれ、一周させるだけで完璧に削れるんだね。そして使い方覚えてて安心したw




    今日はちょっと深い話を展開しようと思います。

    私、途上国が好きで東ティモールとか誰も行ったことがないところにも行ったことがあります。途上国のラインってわかりづらいんだけど、一人あたりGDP3000ドル以下の国のことを指すのかなぁ。一般的に3000ドルを超えると自動車の販売台数が急激に伸びると言われています。アジアでいうとインドネシアがそのラインを超えてきたところかな。ただ、これはあくまでも平均値なので都市部では当然にもっと所得水準は高い。
    ミャンマーの場合だと国全体では800ドル程度と言われているけど、ヤンゴンにおいては2000ドルを超えているとも言われる。

    途上国というのは概して都市部と農村部の経済格差が激しい。例えば、バンコクとメーホーソンが同じ国だとは思えない。
    当然ながら、自分が途上国を好きな理由のひとつが、農村部にある。とにかく田舎なのだ。未だに牛を使って田んぼや畑を耕している。彼らにとっての日常が自分にとっては非日常でそれが楽しくてしょうがない。ピックアップトラックの荷台が改造してあって快適さとは程遠い、人でギュウギュウの乗り物だって楽しい。女性や子どもが道端で人目を気にすることなく水浴びをしていたり、人と人との距離が近くて人間らしさを感じる。
    彼らの日常が非常に新鮮で好奇心に満ちたもので、かつ愛おしいのです。

    バックパッカーなら素直にその現実を受け入れ、浸っていればいいと思う。


    でも今はビジネスマン。商売しなくてはいけないのです。

    「三方よし」とはよくいったもので、本来商売というのはそういうものであるべきだと思う。でもそれを実現するのは非常に難しい。バランスを取るのが難しいのだ。
    ある時はどっちかに偏り、ある時はどっちかに偏るのならマイナスとプラスでバランスは取れているが様々な商売が一方的になりがちな気がする。どちらかが生き残り、どちらかが消滅する。


    ここで一つの例を挙げると、随分前の話になるけど、日本で大店法という法律ができた。正式名称は知らないけど、大型店舗法。つまり、法律的に大型店舗を作ってもいいですよ。ということになった法律。
    この法律が施行されて以降、モールと呼ばれる多くの大型施設ができた。業態はワンストップサービスのわかりやすいもので、そこへ行くとなんでも事足りるということで連日大盛況。

    その傍ら、地域の商店街は「シャッター通り」と呼ばれるようになった。


    単純に客(金)の流れが変わったのだ。
    もちろん商店街の自助努力が足りないのもあるだろう。だけど、規模が違いすぎる。ビジネスの幅も資金力も。
    商店街にはその地域に根ざした食品や伝統工芸などもあるだろう。

    数字を挙げていないので説得力に欠けるが、大型店舗は地域の役に立っているのだろうか。地域における雇用、経済力の向上に加え、数字では表せれない人的交流や土着文化の維持・普及など。

    目先よりももっと長期的に見ていく必要があるんじゃないかなと思う。日本は日本でいいじゃないか。欧米列強に追いつけ追い越せ!の時代はとっくの昔に終わっている。
    日本人、特に若い人は「真面目な話」を避ける傾向にあるけどもっとしたらいいと思うし、するべきだと思うな。年配の方とは割と普通に政治や経済の話になるのに若い人とは全くならないもんなぁ。



    話を途上国の話に戻します。
    これは前から思ってたことですが、途上国を脱途上国化することは100%いいことなのか。所得水準が上がることにより、衛生状態の改善、教育水準の向上などが達成され、生活が豊かになる。このことに疑いはないのですが、大店法を例に出したように、途上国に先進国のモノを導入することによって既存のモノが淘汰されるわけです。市場競争の原理が弱肉強食の野生界と同じですから仕方のないことですが、冒頭でも述べたように自分が好きな「途上国のよさ」が失われてしまうと思うのです。

    先日、工場用地に行きました。そこはまだ更地で電柱すらないところでした。
    広大な土地に牛やカモなどがいて、周囲にはポツン、ポツンと竹で編んだだけの高床式の家があって、まさにアジアの途上国的な風景が広がっているのです。

    でもそこは工場用地なので国が発展することによってその牧草地は工場に変わっていくのです。

    では今あるその「途上国的な風景」はどこへ行ってしまうのか。そこで暮らしている人はどうなるのか、彼らはそのことを知っているのだろうか。




    彼らは確実に路頭に迷う。




    誰が悪くて誰が良いとかそうゆうことではないのだけど。
    開発や教育に関しては国の方策なのでなんとも言えないけど、個人的にいつも葛藤を抱えています。


    彼らが納得した生活をしていけることを願うばかりです。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/29 01:20 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(8)

    ミャンマー中央銀行へ行って来た。

    すんごい経験してきました。どーもとるです。


    ミャンマーを経済的視点から調査するための方々が日本からいらっしゃいました。4日間の全日程に同行させて頂きましたが、物凄く勉強になりました。
    ただでさえ英語を聞き取るのが大変なのに、専門用語が頻発するという環境で頭がパンクしそうでしたw

    一般企業、半官半民企業、公的機関、現場周りとほんとに多くのところに行くことができました。



    某日、首都のネピドーへ向かって出発!
    防衛上の理由からヤンゴンからネピドーに行政機関が移されたのは数年前。新首都ネピドーはヤンゴンからまっすぐ北に200マイル(320キロ)行ったところにあります。

    ネピドーまでの道はマジで何もないw本当に道路が一直線に走ってるだけ!
    P5240040.jpg


    ネピドーは行政都市だから省庁しかなくて、土地が無駄に広い。大平原の中にずどーーーんっと交通量の少ない道路が走ってて、省庁の建物がどかん、どかんとある感じです。

    ここでは事業案件を承認する省と、



    中央銀行に行ってきました。

    P5240044.jpg


    予定では総裁とのアポが入ってたんだけど、急遽会議か何かがあって総裁には会えず。。。でもそれなりの方から直接話が聞けました。主にミャンマーの金融政策についてですね。
    完全に現金社会のミャンマーでは信用創造というものがないので他国と比べてかなり異質。それでもまぁミャンマーなりにインフレを気にしたりしてやってるようでしたw
    政策金利は10%、貸出金利は15%、インフレ率は3%とのことでしたが、それにしては政策金利が高すぎるので恐らく実際のインフレ率はもっと高い。政策金利の高さからすると、預金金利は1桁台後半。10年間で2倍になります!さらにチャット安になれば・・ま、ミャンマーの場合は預金というよりも投資になるけどw




    工業用地や港湾など何ヶ所か行ったけど、やっぱり製造業って面白いなぁ。ずっと金融の世界にいたから、すんごい不思議。


    おぉ!これが港湾かー!クレーンでかっ!

    中古のトヨタ車がめちゃくちゃ並んでるーーー!!!


    といった感じで、いちいち感激しておりますw



    今回の同行で得たものは非常にたくさんありますが、ミャンマーは市場開放に向けて確実に前進しているということが確信できました。ただ、その方法だったり、スピード感がいまいち不透明なだけで、政府も企業も国民も発展を望んでいる。山間部の少数民族の意見は全く違うと思うけど、ビルマ族の住むエリアでは同じ方向性だろうと思う。
    問題は山積みではあるものの、目指す方向が同じであれば頓挫したり後退したりすることはないように思います。

    経済的に発展する上で欠かせないのはインフラ。道路、通信、電力を中心にミャンマーは圧倒的に不足しています。これらの整備に日本が非常に期待されており、日本には未だ経済制裁を解除していない欧米と比べてアドバンテージがあるので是非このまたとないチャンスを生かして頂きたい。一般企業からの働きかけだけでは限界があるので官民一体となって事業を推進して頂きたいものです。

    が、今の政府にはそんな余裕はないかなぁ。
    彼らの最優先事項は議席の確保ですからね。次回の総選挙は消費税増税の是非を巡る選挙になりそうですが、民主・自民どちらが勝っても増税路線で間違いないでしょう。日本は同じ轍を3度も踏むことになるのでしょうか。「失われた30年」が見え隠れしています。憂国日本。



    土日はロンジーDayと勝手に決めたwオフィスにて。
    P5260057.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/27 18:35 ] ネピドー。 | TB(1) | CM(3)

    日本からの訪問者。

    ミャンマー料理美味すぎ。どーもとるです。


    ミャンマー料理の品数にはほんと驚かされる。昼と夜はメイドさんが作ってくれる料理を食べてるけど、いつも違うおかずが3品、4品並ぶの!そしてその8割が美味い。外国に暮らす上で食事って大事だよねー。ミャンマーは食材も料理の種類も味も豊富だから飽きないと思うわ♪

    火曜日から金曜日までの5日間、日本から大手証券会社の方が2名いらっしゃるとのことで、その方たちと行動を共にすることになりました。

    英語もミャンマー語も話せない俺がなぜ随行するのか謎w


    彼らのスケジュールを基に上司とヤンゴンオフィスのトップの上司と三人でミーティング。

    三人で彼らのスケジュールを確認したんだけど、



    訪問先が凄すぎる(汗)


    Meeting with Central Bank Of Myanmar's Chairman


    ミャンマー中央銀行総裁。


    しかも金融大臣の要請で、とのこと(汗)

    何者だ、日本からの訪問者。。



    そしてヤンゴンオフィスのトップが「Asano-san、今から言う4つの質問を中央銀行総裁にしてきて。」と、課題を(汗)

    ねーねー私そんなに英語できませんって(泣)
    まず、その4つの質問を聞き取るだけでも必死ですから!



    幸いなことに、金融関係の話題だから基礎知識があるし、同行してくれる上司はずっと金融機関にいた人だからハイパー頼りになるってこと。

    すっげー面白そうな案件なんだけど、どーなるんだろうw


    訪問先の数もハンパなくって、きっちきちのスケジュール!一日に4アポとか5アポとかあるからねw鬼だな、日本からの訪問者!




    オウチに帰ったら部屋がめちゃんこ綺麗になってて、クローゼット開けたらぶったまげた!!

    全てが綺麗に収納されてるー!!!!
    Tシャツとか綺麗にたたみ直されてるし!圧縮袋まで綺麗にたたまれてるよ!
    P5210035.jpg

    なんだか小学生の頃を思い出した。おかぁさん・・ポワンヌ。


    メイドさんすごいね。
    いつもご飯美味しい、気が利くし、フレンドリーだし、有難うって言ってばっかだよ。どの国の言葉でも「有難う」っていう単語が一番好き。

    ミャンマー語では「チェーズーティンバーデー。」


    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/22 01:19 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(2)

    ヤンゴンライフの幕開けだ。

    ミャンマー人の名前が本気で覚えれん。どーもとるです。


    ガイジンの名前って概して覚えにくいけど、ミャンマー人は特に!発音も独特だしね。単純にカタカナにできないし、英語とも違うし。。




    無事にヤンゴンに着いて、土曜日だったんだけどみんな働いてるということで空港からオフィスへ直行。
    仕事の進捗次第では週7日出勤になるそうです(汗)


    区切られた部屋に自分の机が与えられた!すぐ隣りは現地法人の役員席ってゆーw
    P5190030.jpg

    一人一人に日本から買っていったお菓子をくばりながら挨拶をしたんだけど、


    マジで名前が覚えれん。

    オフィスには15人~20人ぐらいのミャンマー人がいるんだけどさー困ったなぁ。。




    オウチは前回来たときと同じところです。インヤー湖に面した閑静な場所にある。スーチーさんちも同じインヤー湖の湖畔なんだよ!それなりに大きな湖だから近所ではないけど、近いっちゃー近い。車で10分ぐらいかな?

    部屋ひろっ!右後ろ後方がバス・トイレとなっております。広すぎて弄ぶわw
    P5190031.jpg


    相変わらず美味いメイドさんが作ってくれるご飯。
    P5190032.jpg


    手前のモノ、なんだかわかりますか?
    P5190033.jpg

    フルーツの王様、ドゥリアンです!!!
    台湾に行ったときに一度だけ食べたことあるんだけど、マッタリした感じで特に味もなく、臭いだけだったからもう食べることはないと思ってたけど、出されたものだし、せっかくだから食べてみたら意外と美味しかったというw熟れたやつは甘いのね。
    ま、その奥にある完熟マンゴーで口直ししましたけど。


    雨季が始まったミャンマー。これからマンゴーの季節になるそうです♪
    マンゴー好きにはたまらん!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/20 14:43 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(0)

    初任務決定。

    マンゴスチン美味。どーもとるです。



    日本では高級果物屋でしか見かけないよねーマンゴスチン。南国フルーツ大好きです!マンゴー、パパイヤ、パイナップル、、こっちは安いしね♪

    しかしホテルの部屋にマンゴスチンを持ち込んでから、持ち込み禁止であることを知ったというwドリアン持ち込み禁止はわかるけど、なんでマンゴスチンもダメなんだろう。




    今日はカニの養殖場に上司と行って来た。
    P5180029.jpg


    水産物の完全養殖って相当難しいみたいで、日本でもマグロとヒラメぐらいしかないらしい。
    それで当社は現地の大学と協力してカニの完全養殖について研究してるらしいのだけれど、卵を孵化させるのが難しいんだって。
    水質管理、水温調整、プランクトンの育成、成長環境の整備などなど全てを管理するのは非常に難しいようです。

    人工的に自然環境を作るのは難しいんだね。自然は偉大だ。




    本日突然ヤンゴンでの最初の仕事が課せられました!

    来週、大手証券会社がミャンマーに視察に来るようで、それのサポートをするべし。とのこと。
    彼らのスケジュールを見るとどうやら相当偉い人たちが来る模様・・おそらく幹部(汗)
    幸いなことにヤンゴンの上司の前職はシティバンクで金融業界には精通してるし、非常に優秀なビジネスマンだから自分がする仕事は特にないように思う。まぁ上手く立ち回るのは得意だしなんとかなると思ってるw

    自分で言うのもあれだけど、空気読むの上手いし。空気の読み方は外国でも同じで、この前も飲み会で笑い取れた!空気が読めれば一言で笑い取れるんだよねー。ボケとツッコミに値する英語はないと思うけど、よくみんなボケるし、突っ込んでますw




    いよいよ明日ヤンゴンに向けて飛び立ちます。
    数日間マレーシアで過ごして不安は随分後退したけど、未だに複雑な想いを抱えてます。恐らくこの想いは経験によって自信につながることでしょう。

    これからも自分を信じて行きます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    職務内容決定。

    久しぶりに二日酔いになりました。どーもとるです。


    二日酔いなんてほんと久しぶり。あれキツいね。今のちょー良いホテルは朝食付きでビュッフェなんだけど、毎日メニューが代わるのね。種類も豊富で素晴らしいの!
    しかし



    果物数切れとマンゴージュースしか喉を通らず。

    ある程度酒は飲めるんだけど、元々飲める体質じゃないからアルコール分解能力が低いんだよねー。
    しかし大学時代にイッキ飲みを覚えておいてよかったですw




    日本にいるときに「ミャンマーで何するの?」と多くの人に聞かれました。
    その度に、


    まだ決まってません。

    と答えてましたw
    研修生の身なので実際に具体的な仕事というのはなくて自分自身もわからなかったのです。


    そんな中、ついにボスから職務内容が発表されました!

    P5160004.jpg

    Project Coordination
    New Business Development
    Government Policy Monitoring
    Contract Manufacturing
    General Office Administration

    ・・・


    正直、未だに曖昧ですw




    入社して改めて当社のビジネスの幅の広さに驚く。全く別業種ってのもあるけど、全然覚えれんw扱ってる商材が多過ぎる!俺の所属する部門はFood Divisionといって水産関係の部門になるんだけど、当社には主に5つの部門があって、、


    詳しい説明はさておき、工場見学に行ってきました!
    全く別業種の6つの工場を周ったんだけど、どこも製造業で研究室なんかもあるから当然企業秘密が多くて、最初に行った水産加工の工場しか写真撮れなかった。

    もはや誰かわからんw
    P5170028.jpg

    尋常じゃないスピードでイカを仕分け!
    P5170023.jpg

    こちらはタコですね。魚類の英語名も覚えなきゃなぁ。
    P5170025.jpg



    工場見学なんて、実家の近くにあるヤクルト工場にしか行ったことがないし、それも随分前の話だから実質初めての経験ですごく楽しかった!!人がロボットのように働いてて絶対自分にはできない仕事だなと思ったけどね。

    プラスチック製品を材料から作る工場も案内してもらったんだけど、そこにあるでっかい製造機は神戸製鋼のもので、1億円だって。前職の証券会社で1億円の商品は何度も販売したことがあるけど、金融商品の1億円と製造業の1億円は全然中身が違う。まぁ当たり前の話なんだけど、実際に目で見て改めて思った。金融業って右から左にお金を動かしてるだけでほんと楽な仕事だよねー。それなりに大変なこともあるけどさ、製造業は機械導入して、材料購入して、製品にして・・って工程が物凄くあるじゃん。大変だけど、そこに仕事の面白みがあると思う。工程がたくさんあって多くの人が関わって大変だからこそ、そこにはドラマが潜んでると思うんだよね。


    様々な部門の責任者から直接説明を受ける機会が多くて、「ミャンマーで良い仕事があったら是非教えてください!」って言われるんだけど、完全に自分のキャパを超えているwま、これから成長していきますがね。

    選択肢は多いほうがいいじゃないか。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    会社の待遇が良すぎる件。

    マレーシアの蒸し暑さ尋常じゃない。どーもとるです。


    マレーシアは年間を通じて気候の変動が少ない。というか、ないw
    一応、雨季と乾季があるらしいが著しい違いはない。多少が雨が多いな、少ないな程度。

    そして何よりこの国の蒸し暑さは尋常じゃない。。気温は30度ちょっとなのでそこまで高くないが、湿度が高いため気温以上に暑く感じる。じめっとした嫌な感じ。。

    クーラーのかかった室内から屋外に出ると一瞬でメガネが曇ってなかなか回復しませんw




    早朝にクアラルンプールに着いて、3時間後のフライトでペナンへ。ペナンに着いたのは8時40分頃。会社の人が空港まで迎えに来てくれた。

    会社に向かう途中の道で朝ごはんを頂いて、出社。
    というか、今日の予定は全く聞かされておらず、まさか本社に行くことになるとは・・。空港で髭剃っておいてよかったw服装もカジュアルだけどシャツにジャケットだし。あぶねっ!


    人事部による社内制度の詳しい説明を受けたり、健康診断に行ったり、ボスと軽い面談があったりして一日目は軽いメニューで終了。



    驚いたのが宿!
    会社が予約してくれたところなんだけど、超絶綺麗なフローリングのロビーに、廊下は絨毯が敷かれていて、プールやジムなんかもあるホテル!部屋は29階中の20階。

    P5150003.jpg

    P5150002.jpg

    P5150001.jpg



    待遇が良すぎて焦る(汗)

    安宿に泊まるから差額を現金で支給して欲しいw


    いいところのホテルって洗濯しづらかったり、もちろん洗濯物は外に干せないし、何かと不便なんだよねー。貧乏人にはw
    金持ちはお金払ってなんでもやってもらうんだろうけどさー。貧乏人は毎日手洗いするんだよ!
    安宿の部屋だったらすぐに見つかる洗濯ロープを張る場所だって、高級ホテルにはロープをくくりつける場所がないんだよ!

    それでもロープ張るけどね。


    安宿に慣れてる自分にとっては不便。

    こーゆう点では相変わらずバッパーの感覚が抜けないなぁ。



    今週一杯オリエンテーションをペナンにて受けます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    今日、旅立ちます。

    毎日充実しすぎ。どーもとるです。

    5月1日から本日14日まで東京にいましたが、常に予定があり、空いているのは朝のみ。という生活を送っていました。この間一人でご飯を食べたことがなかった。感謝ですね。

    地球をぐるっと一周してきて、自分は人が好きだということに改めて気づきましたが、その気持ちをより強くしてくれたのが今回の一時帰国でした。



    東京では浅草のシェアハウスにお世話になりました!
    P5063970.jpg


    特にドリムクション幹部のおぎくんは年下だけど心の広いやつで大変お世話になりました。こちらはヨドバシカメラ。
    P5134005.jpg


    なんとパソコンをプレゼントしてくれました!!
    P5134018.jpg





    今日の夜便でマレーシアに飛び、数日滞在した後に19日にヤンゴンに入ります。



    今まで出国した回数は数知れず。パスポートには日本の出国スタンプがたくさん押してあります。当然同じ数の入国スタンプがあります。
    ただ、今回の出国はいつもとは違うのです。次に入国スタンプを押される日が全く決まっていない。予定は未定と言いますが、ここまで未定だと不安になるものです。
    日本人である限り、いつかは日本に戻ってくると思いますが、それがいつになるかわからない。日本には自分が生きていける基盤がしっかりとある。それは明確です。
    これからは異国の地でその基盤を自分自身で作らなければならない。




    とりあえずミャンマーで。

    旅をしてる時は、流浪の民なのでその国や場所が気に入らなかったらすぐに移動すればいいのです。
    しかし、今回は旅ではなく働きながら定住するのです。




    ミャンマーで。

    ま、自分で選んだことなのでなんとかするし、なんとかなると思ってますが、漠然たる不安や東京を離れる寂しさなど心情に与えるマイナス要因が多々あるのです。
    しかし、本当に様々な多くの方が応援して下さるので万事上手くいくと思っています。




    マイナスをプラスに。プラスをプラスに。


    それができるということは今までの経験上知っている。




    何かに立ち向かっていくことは物凄く力のいることだけど、それに挑戦して成し遂げていくのが人生だと思っています。

    どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。

    P5134014.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/14 10:47 ] 日本。 | TB(0) | CM(17)

    旅立ちへカウントダウン。

    前回は観光ビザで入国したミャンマー。

    ついこの前まで軍事政権であり、現在は民主化の流れになっているとはいえ、未だ軍の影響力は強く旧体制は様々な分野に残っている。


    そのような理由からか、ビザに関しても多少厳しいように思う。観光ビザの場合は英語の旅程表が必要だったり、無職である場合は、所得を証明するものなどが必要。ビザ発行は申請日から5営業日。などなど、、

    そして今回は




    ビジネスビザの申請。

    旅人の感覚からするとなんだかすごいビザのような気がする。ワーホリ経験がない自分にとっては嫌でも意識してしまう「ビジネスビザ」という響き。



    品川にあるミャンマー大使館へ。

    友好的だと思えない重厚な扉を開けて敷地内に入る。右手に小さな小屋があり、ここで記名をして貴重品をカバンから抜いて、カバンを預ける。



    自分「ミンガラーバー!(こんにちは)」

    スタッフ「・・・。」


    自分「・・ネーカウンイェラ?(元気ですか?)」

    スタッフ「・・・。」



    アナタ、ミャンマー人デスカ?

    ちょっと待て、お前何人やねんwww



    大使館にいる人はその国の人だと思ってたんだけど、違ったみたいでフィリピン人でした。。



    なにはともあれ建物内に侵入。ビザの申請、受領窓口はひとつのみ。質問などの窓口もひとつのみ。日本人一人と日本語のできるミャンマー人が一人しかいません。
    なので、混むときは超絶混みます!注意が必要。

    ビジネスビザの申請には推薦状と招聘状が必要で、推薦状に関しては大使館のホームページに必要記載事項が書いてあるので要確認。
    http://www.myanmar-embassy-tokyo.net/visainfo/Japanese-Visainfo.htm


    受領日は観光ビザの5営業日に対して、3営業日と良心的。

    もじゃもじゃ時代の写真を引用w
    P5093974.jpg





    ビザが無事に受領でき、航空券も予定通りのものが買えたので一安心して、都内の仲良くさせて頂いている社長さんのところに挨拶しに行ったら、

    TUMIのカバンをくださった!

    P5093976.jpg

    嬉しいですね。有難いですね。大事に使わせて頂きます。




    14日の夜便でマレーシアに行き、飛行機を乗り継いで15日の朝にペナン着。16、17、18とオリエンテーションを受けて、19日の早朝便でヤンゴン入りです。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    シラスジロウ。

    いま日本でいけないのはすぐ人の脚をひっぱることだね。これは大変な奴だと思うと脚をひっぱっちゃう。だから日本で何かのトップにゆく奴は毒にも薬にもならない奴が大部分だよ。
    1950年 白洲次郎



    昨今の白洲ブームで白洲次郎の存在を知った人は多いように思う。自分もその一人である。

    義経や龍馬伝などもいい例で火がつくと大変な盛り上がりを見せる。その一方、醒めるのも早いように思う。(皮肉を込めて醒めるという言葉を敢えて使う。



    白洲次郎は戦前の人物ではあるが、歴史に名を刻んだのは戦後だ。GHQの支配の下、吉田茂の側近として大いに活躍した人物である。

    大した予習もせずに彼と彼の妻・正子が戦前戦後の食糧難を予測して移り住んだ、武相荘という古民家に行ってみた。

    当時は鶴川村と呼ばれたその場所は現在では町田市に属し、最寄駅に小田急線の鶴川駅というのがある。

    P5033911.jpg

    茅葺き屋根の古民家を改装した武相荘には白洲家の価値観やセンスを感じられる仕掛けが無数にある。それらに触れるといかに彼らが自分たちの満足する生活、広義で言えば人生を楽しんでいたかというのがよくわかる。武相荘というのはそのような場所だ。



    庭にタンチョウが!!
    P5033910.jpg



    貴族でありながら野人であった白洲次郎。


    武相荘の土産物コーナーのような場所で「白洲次郎の日本国憲法」という新書を見つけ、タイトルに興味を感じ、反射的に購入して読んでみた。
    筆者の鶴見紘という人が左翼思想の持ち主らしく、随所にいらつく文脈があるのはシャクに障るが、白洲次郎を知るひとつの良い書籍だと思う。


    ブログの冒頭に白洲次郎の言葉を載せてみた。時は1950年。サンフランシスコ講和条約の前年に当たる。この時から現世まで日本の文化は変わっていないように思う。もちろん悪い意味で。

    自衛隊の母体となった警察予備隊は表向きは国防のために組織されたものだけれど、当時のアジアの状況を鑑みればそれは日本の意向ではなく、共産主義を酷く恐れたアメリカの意向にすぎない。アメリカは日本をソ連や中国の進行に対抗する国に作り上げたかった。
    敗戦後アメリカを中心とするGHQは「一切の武力の放棄」を求めたにもかかわらず、その数年後には武力を持つことを強いるわけだ。これほどいい加減な国もないと思うし、これほど言いなりになる国もないと思う。


    白洲次郎はしきりに説いたらしい。

    「日本は戦争には負けたが、だからといって媚びへつらう必要はない、交渉は戦勝国と対等に行うべきだ!」


    彼のような人物がいれば世の中変わりそうな気がする。




    家にいるだけで情報を取ることはできても経験を得ることはできない。外に出て行動をして経験を得ないと何も変わらない。想像の粋を脱し、現実化するためには行動するしかないんだ。
    なんでもかんでも行動すればいい。というわけではないけど、これからも行動することを恐れずにいたいものです。楽しみながらね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/09 08:29 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(0)

    大変お世話になっております。

    やっぱり東京いいね。どーもとるです。


    人口密度の高さ、立ち並ぶ高層ビル、過剰な宣伝広告、おしゃれに着飾った街ゆく人、、

    どこを取っても東京を感じる。大学卒業するまでの22年間、名古屋圏にいたものの、あまり都市部で遊んだことがなかったし、社会人としての人脈もないものだから実は名古屋のことはあまりよく知らない。東京には新入社員として入社してから辞めるまでの3年半しかいなかったのに、名古屋に帰ったときよりも東京に帰った時の方が、帰ったことを実感するのは不思議。それだけ濃い時間を過ごしたということだろうか。




    名古屋から東京へは朝発のバスを使った。
    関越自動車道で起きた酷い事故、GW中ということもあって到着時間が読めず、気が揉んでいたのとは裏腹に2時間の休憩を挟み、たった5時間で新宿に着いた。


    バックパックとスーツなどの荷物を持ったまま、夕方まである友人に会い、夕方からまた別の方と会って久しぶりの再会を楽しんだ。(久しぶりと言っても1ヶ月ぶりw



    今回東京滞在中にお世話になるところは、前回約1ヶ月もお世話になった親友のところではなく、旅で知り合った「おぎくん」の住むシェアハウスにした。場所は下町の雰囲気が残る浅草にあって、シェアハウスの住人も面白い性格の人ばかりで交流が楽しい!

    浅草でテレレ飲んでるのは俺とおぎくんぐらいだw
    「太陽のマテ茶」の次は「月のテレレ」が来るぞ!
    P5013897.jpg

    ぁ、太陽のマテ茶飲みました。これっぽっちもマテ茶じゃありませんでしたwまず色からして違うし!味も全然マテ茶の味しなかった。あの商品はね、昔コカ・コーラが販売してた「ファン」てゆー烏龍茶みたいなお茶を薄くした感じだね。全然マテ茶じゃないけど、まぁ悪くない飲み物かと思います。


    何かと器用なおぎくんは料理もササっと作ってくれる。ブエノスアイレスで一緒に過ごした日々を思い出す。基本チャラいんだけどw
    P5013898.jpg


    そんな彼は夢を語り、行動するグループ「Dreamction」の幹部ですw
    細身のスーツがよく似合う!
    P5023900.jpg




    ミャンマーのビジネスビザを取得するために、ミャンマー大使館と就職先企業と連絡を取りながらやいやい!やってるわけだけど、それ以外の時間は誰かしらと会ってます。

    とある社長さんに浅草の料亭でお昼をご馳走になりました。
    これに天ぷらも付いてきた!
    P5023901.jpg


    さらに、デザートとお抹茶!
    大体、外で飲むお抹茶って味が薄くて、泡立てすぎで、湯量も多くて全然美味しくないんだけどここのは、ちゃんと3口半分の量で美味しかった!欲をいえば、和菓子がよかったな、、練り切りとかw
    P5023902.jpg




    浅草でお昼を頂いた後は銀座に移動して別の方と面談。
    食べ終えてからまだ3時間しか経ってないのに、「せっかくだから。」ということで食事をご馳走して頂けることに!
    上品な天ぷらそば。美味しかったです。が、この前に焼き鳥と玉子焼きも頂き、ビールまで勧められたのでかなりキツかったです。。嬉しい悩みですが。
    P5023903.jpg



    いろんな方から大変可愛がって頂いており、嬉々としております。感謝ですね。
    自分よりも2まわり、3まわり上の方の話は参考になるし、面白い。僭越ですが、随分上の世代の方と話していると心地良いと感じることが多々あります。

    日々勉強、日々精進ですね。



    もちろん遊びも全力です(キリっ

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/05/04 10:20 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(1)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。