スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    自分にソックリな人見たことありますか。

    世の中には自分と容姿が似ている人が3人いるという。

    「この前お前にめっちゃ似てる人みた!!」

    ということを言われたことはなかろうか。私の場合、なぜかそれが多いw平均的な顔立ち、容姿なのだろうか。


    つい最近、旅人から「とる目撃情報」を得た。

    場所は





    ポルトガル。


    遠すぎるだろw

    そしてその方たちは丁寧にも隠撮してくれたので自分のソックリさんを拝見することができた。




    確かに似ていた・・。


    先日、同じ小学校・中学校だった地元の友達から突然連絡が来た。その子は可愛い子なので当然悪い気はしない。今はカナダにいるらしいが、恐らく成人式以来会っていないし、連絡も取ってないので8年ぶりということになる。
    そんな子が、



    「この前とるくんにめっちゃ似てる子に会った!!!!」

    と、わざわざ連絡してきたのである。



    世の中とは不思議なものである。何事かとw

    しかし、自分に似ている人物というのは気になるものであり、見てみたい!と誰もが思うことでしょう。当然のように「彼の写真を送ってくれ!」とリクエストしたら見事に写真付きでメールが返ってきた。




    image_1345954689552320.jpg


    どうでしょう?

    韓国系カナダ人だそうです。



    ミャンマーでは韓国人に間違われることが多いです。どーもとるです。

    今日は散髪やら買い物やらに行ってきました。行った場所はかつてのヤンゴンNo.1ショッピングセンター「Dagon Centre」と、今やNo.1ショッピングセンターの名を欲しいままにする「Junction Square」です。

    当社のミャンマー人現地スタッフでさえ乗らないというローカルバスをすいすいと乗り継ぎ行ってきました。
    なんてったって、タクシーとの価格差は10倍以上ですからね。バッパーらしくローカルバスを駆使♪ミャンマーは治安もいいし安心して乗れます。ぃや、むしろ個人的にはどの国でもタクシーよりバスの方が安全だと思ってます。(グアテマラなどバスごと銃撃される場所は除く



    正直前回の散髪は失敗だったので、前回行った店には行かず、ショッピングセンター内にある「質が良いと思われる」美容院をチョイス。(この予想はマレーシアでは尽く崩壊した。)

    「英語話せますか?」

    と聞いたら、


    即効で N O と返ってきたのでミャンマー語で「短くして。」と伝える。


    少しだけ短く?と聞かれたので、「いや、とても短くして。」と伝える。



    以上、カットに関する会話終了w


    ようするにいつもの「おまかせコース」ということです。

    彼が使うハサミは鋤はさみ一本のみ・・。鋤はさみ一本だけで商売しているとは逆に職人魂を感じる。



    サクサクサクっとカットは終了・・。

    最後にブィイイィイーーーーンとドライヤーで髪の毛を飛ばして完成。




    おおおぉぉおお、結構いいんじゃない?

    (撮影者のスキル不足でわかりにくいですが)
    P8260485.jpg
    Ko Min Min Kyawっていう名前らしい。次回も彼に頼もうと思う。3500チャット(300円ぐらい)



    ふらふらしてたら自分の名前を見つけた。


    P8260483.jpg


    「財と運は亨を通る」(訳:自分


    うん、悪い気しないw




    今日は一日中外にいたので2軒カフェに行った。

    一軒目はDagon Centreの前にある「Ice Berry」という名前のカフェでミャンマー人で物凄い賑わいを見せる店。内装は極めて普通ですが、ミャンマー人にとってはナウいんでしょう。照明は暗めで、採光もうまくなく、とてもミャンマーらしい、センスのないミャンマー人が好みそうな店で納得しました。最近ミャンマー人のセンスのなさがわかってきました。まぁ何をもってセンスが良いとか悪いとかいう話はまた次回。

    ブラックコーヒーを頼んだらライムが添えられて出てきた!!
    こんなことは未だかつてない・・コーヒーにライム?
    P8260487.jpg
    これと「エッグタルトっぽい」ものを頼みましたが、コーヒーと共に当たり障りのない感じでまぁまぁでした。コーヒーと合わせて600チャット(60円以下)




    今日の主な仕事は靴探し。
    これにはほんと毎回苦労します。。日本でも結構苦労しますが、日本なら値段と質が比例していて納得した買い物ができるので欧米系の靴メーカーなら値段が高くても素敵なものが多いので問題ありません。

    さてここはミャンマー。

    自分のサイズがある時点が奇跡なわけです。
    何店舗か見て回ったとこ、ヨーロッパサイズで44か45がマックスで大体そのサイズの靴は1つか2つしかその店にありません。

    一部解除になったとはいえ、未だに欧米から経済制裁を課せられているミャンマーでは欧米靴メーカーの店舗など皆無・・。あるのはタイから輸入されたアメリカの無名メーカーがせいぜい・・しかもそれが1万円とかするのです!!!!



    ありえん。

    わずかな希望を基に靴探しをし、キツいながらもなんとか履けてデザインも納得するのが見つかりました。キツいですけど、仕方ないです。。もうこれは運命です。
    アジアの嫌なところベスト5に入る用件ですね。自分が悪いんですけどw
    初めてカナダ行ったときに何に感動したかというと、


    全てのデザインの靴が履ける。


    ということでした。


    足がデカくて得するのって水泳選手ぐらいでしょ。



    Junction Squareで入ったカフェでもブラックコーヒー頼んだら、ライムが添えられて出てきた。。
    P8260489.jpg



    うーん、ミャンマー。


    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2012/08/27 02:09 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマー人妻を紹介しようと思う。オススメ中華料理屋情報を添えて。

    突然ですが今日はミャンマー人の妻を紹介しようと思います。


    P8250479.jpg


    どうですか?



    ヤンゴンライフを楽しみすぎて体調を崩しています。どーもとるです。


    彼女はメイドのミンティーです。写真だとゴリ系ですけど、(ぃや実際そうかもしれんw)気の強いメイドさんで私好みの良いキャラしてます。




    オフィスの近くに、「Yin Fong」という名前の海鮮系中華料理屋があります。接客や店の装飾などは二流ですが、素材の鮮度は一流。

    ミャンマーにはこんなでっかいエビがゴロゴロいます。雨降ったあとの水たまりとかにね。
    これはTiger Prawnという海のエビで一尾200グラムとかあります!ステーキ1枚分ですね。
    P8200441.jpg

    これは散々私がアピールしているデカシャコ。「Mantis Shrimp」
    こちらも一尾200グラム~300グラム。体長は約30cm 見れば見るほどキモチワルイ生き物ですが、味は唯一無二。伊勢海老超えイケるかもしれません。
    P8200445.jpg

    ミャンマーの野菜炒めランキング暫定一位の「コラカーニュ」
    空芯菜も好きですが、2ゲーム差でこちらの方が上。シャキシャキしてて他の野菜にはない食感がたまらないです♪
    P8200446.jpg


    味は一流、総合評価二流のオススメ中華料理屋「Yin Fong」はBaho Rdにある、Asia Royal Hospitalのすぐ近くにあります。ここは日本の寄せ鍋のような鍋もあって激(゚д゚)ウマーです。味は一流ですが、二流レストランに分類されるため価格が高くなくて最高です。一度も自分のお金を使ったことがありませんがw
    No.11, Home Street, Sanchaung Township
    706021
    09 730 56687
    09 730 56989




    ミャンマーのシーフードは質が良くて有名ですが、中でもSoft Shell Crabというものが有名です。


    「柔らかい殻のカニ」


    アジアではベトナムやタイ、シンガポール、中国などでは認知度が高く、欧米では割と当たり前の高級食材です。
    なぜか日本では知名度が低く、知らない人の方が圧倒的に多いと思います。私も当社に入社するまでは知りませんでした。

    そしてこのカニ・・



    当社の主力商品でございます!!(番宣)

    そしてなにやら世界一の養殖規模だとか・・。


    先日、念願かなって協力企業の養殖場に行ってきました。
    P8210448.jpg

    この小さい黒いゲージの中ひとつずつにMad Crabという種類のカニが養殖されていて、それがいつかのタイミングで脱皮をするんです。
    その脱皮したところを捕獲したのがSoft Shell Crabです。脱皮後はとても柔らかくて、全身がフニフニしてます。それを冷凍加工することによって、調理後は殻ごと食べれるんです!


    カニが殻ごと食べれるんです!!


    カニが殻ごと手を汚さずに食べれるだなんて革命的じゃないですか?


    殻も口の中に残ったりすることはなくてとても食べやすいです。

    新鮮ならば素揚げが一番。適度なカニミソと身のコンビネーションがサクっと楽しめます。
    P8210461.jpg



    まさかの食天国ミャンマー。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/08/25 23:10 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    ヤンゴンの豆取引所に潜入してみた。

    朝帰りした日にメイドさんに会うと気まずいったらありゃしない。どーもとるです。



    「昨日どこ行ってたの?帰ってこなかったよね?ニタニタ」

    洗濯、掃除、食事全てお願いしてるので彼女たちは私の生活をよく知ってるわけです。。ヤンゴンライフも3ヶ月が経ち、最近は順調にプライベート全開であります!だいぶ住んでる感が出てきました。




    さて、先日豆取引所に行ってきました。

    弊社、海産物しか扱ってないんですけど。

    ジャングルにも度々行くし、今度は豆かよと。


    立会い売買!談笑してるようにしか見えませんがw
    P8180433.jpg


    実はミャンマーの豆輸出量はカナダに次ぎ世界第二位なのです。
    日本へはBlack matpe、Butter bean、Sesameなどが輸出されています。Black matpeはケツルアズキと呼ばれるもので、発芽させるともやしになります。Butter beanはもっぱら製餡材料に使用されていて、大手食品メーカーなどが買っている模様。
    世界から日本によく輸出されている豆と言えば、大豆ですが、これについてはミャンマーでも国内需要が多いにあり、将来的には輸入する必要があると言われているため、日本には輸出されていないようです。
    あんこの材料にミャンマー産の豆が使われているなんてこのなんちゃって調査を始めるまで知りませんでした。面白いですね。世の中どこでつながっているのかわかりません。

    サインボード。取引所っぽい!
    P8180432.jpg


    弊社のミャンマー人Managing Director; U Maung Sittは驚くほど顔が広いのです。ありとあらゆる分野のトップとコネクションを持つ彼に頼めば大抵のことは解決しますw政府関係の高官ともアポがすんなり入ったりします。オフィスでは彼と同じ部屋で机を並べていて、いつも大変よくしてもらっています。

    左から、豆商工会の偉い人。U Maung Sitt. My brother Mr Raymond.
    P8180435.jpg



    知らないことを知るのって面白いですね。
    これからも貪欲に行きます!



    ぁ、ブログ村ランキングに参加しました!ミャンマー版があるのを聞きまして。
    世界一周してた時を思い出します。ブログやってたおかげでいろんな人と知り合えたし、多少のデメリットもありますが、メリットの方が圧倒的に大きいと思います。
    そんなわけでクリックお願いします♪


    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/08/20 00:10 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    キンタマを喰らう。

    最近サクっとローカルバスに乗れるようになりました。どーもとるです。


    ヤンゴン市内を遊び歩いてるうちに徐々に通りの名前や方向感覚が身に付いてきて、行き先を聞いてローカルバスに飛び乗ってます。普段は同僚や、会社専属ドライバーがいるのであまりバスに乗る機会はないんですけど、休みの日に個人で動く場合はよくローカルバスを使っています。タクシーの10分の1以下ですからね!物価高のヤンゴンではモヒンガー(朝食に食べるミャンマーを代表する麺料理)と同様に依然安く据え置かれていて助かります。



    さて、最近同じ会社の若いミャンマー人の男の子と遊ぶ機会が多々あります。そんな彼がダウンタウンにある「外国人もよく来る」というインド料理屋さんに連れて行ってくれました。それもそのはず、このレストランはド・ローカルにもかかわらず、ロンプラに推奨されている店なのです。ガイドブックをあまり見ないイメージの欧米人ですが、彼らはロンプラを重宝しています。私も南米やアフリカ、ヨーロッパでは大変お世話になりました。

    正直、日本以外で食べるインド料理は好きではなく、インドで美味しいインド料理に出会ったことが皆無なのでそれがトラウマとなっていて気が進みませんでした。
    そーいえばミャンマーには



    ヤギの脳みそカレー。


    というものがあったことを思い出して、訊ねてみたけど、残念ながらこの日は入庫していなかった。

    しかしその代わりに、



    ヤギのキンタマカレー。


    というものがあるらしい!!これは行くしかないでしょ。もう気持ちは脳みそを食べるモードになっていたんだ。それがキンタマに変わろうが差して問題はない。


    待つこと10数分・・




    おぉおぉぉお!!なんとも原型を感じさせる姿ではないか。

    P7280403.jpg

    味の方は・・至ってフツーw
    ちょっと癖があってレバーに近い味覚、食感でした。しかし、「今ヤギのキンタマを食べてるんだなぁ。」と想像すると味が8割減するのであまりよく味わうことなく飲み込んだ。

    ちなみにキンタマカレー以外の大皿の小さなスペースに入れられたノーマルカレーは美味しかった。インド大使館の職員もこの店来るらしい。この時初めてインド料理が割とイケることが判明した。どこの国も評判の良いレストランで食べれば美味しいのです。



    食事の後はランニングのための靴探しに彼と彼の彼女に付き合ってもらった。
    大抵アジアにおける靴探しは難儀する。その最大の理由は



    自分の足のデカさ。

    日本でも散々苦労しているが、ここはミャンマー。相当の苦労が安易に予想される。


    とりあえず靴屋に入る。
    好きなデザインを見つける。
    店員にこのモデルの一番大きいサイズをくれ、という。
    案の定余裕で小さい。
    ではこの店で一番大きいサイズの靴をくれ、という。
    28cm~29cm程度のものはたった1足のみ。
    依然小さい。
    店を出る。

    この単純作業を5、6店舗ぐらいやったら


    奇跡的にいい靴を発見!!

    「NIKE Air Force-1」高校生のときにやたら流行ったモデルだ。私はAce83というモデルが好きだったので、少しごっつい感じのエアフォースは履かなかった。しかし経済制裁下のミャンマーでNIKEがあるわけがない。どうやら中国から入ってきたもののようだ。何はともあれこれ以上のものは求められないので即買い。

    新品なはずなのにこの汚れ方・・これぞまさにミャンマークオリティ。1200円ぐらいでした。
    P7280404.jpg




    別の日に前から気になっていた「Coffee Circles」というカフェに行った。明らかに西洋化されたカフェでここがヤンゴンであることを忘れそうになる。

    P7290406.jpg

    雰囲気はさておき、味の割りに値段が高いのでもうここで食事を取ることはないと思う。しかしながらコーヒーはなかなか美味しかった。ブラックコーヒーが飲みたく頼んだが、よくありがちな「エスプレッソお湯割り」を出してきた。
    本来エスプレッソとして飲むコーヒーだが、これが意外と美味しかった。

    やたらデカいマグカップとマグカップに対しての量がおかしいコーヒー。これまだ一口も飲んでませんから。これぞまさにミャンマークオリティ。一杯200円程度とミャンマーの物価では異様に高い。これは朝食4、5回分に相当する値段。
    P7290408.jpg



    スニーカーは無事に手に入ったので次は革靴を買わねば。
    また時間がかかりそうです。。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/08/06 01:27 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(1)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。