スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    異常気象にうんざりする日々。

    異常気象マジFuck!どーもとるです。


    ごめんなさい、思わず汚い言葉を使ってしまいました。

    雨季が終わり、カラっとした快適な季節に突入するかと思われたヤンゴンでここ最近異常気象が続いております!

    雨季のときのようにバケツをひっくり返したような雨が突然降りだしたり、一晩中雨が降っていたり、と冬も夏もすっ飛ばして雨季に再突入の様相を呈しております。

    先日、ダウンタウンのローカル食堂で昼食を摂っていた際に突然雨が降り出しました。晴れ間が差していたのですぐに上がるだろうと思い、しばし待機。

    雨が弱くなったところでアポの場所へ向かって移動・・


    が!


    道が水没しとるやないか!!

    PB292524.jpg

    基本裸足のミャンマー人はいいですけど、こちらスーツパンツに革靴なんですけど・・。
    PB292523.jpg


    ちょっと雨が降るだけでこの状態です。これダウンタウンですよ?東京で言ったら新宿とか渋谷です。もうヒドイ(泣)
    PB292526.jpg

    革靴履いてる自分が悪いんだよなぁ・・と思いながらアポがあるのでなんとかして行かなければなりません。この場所からアポの場所までは徒歩2分の距離なんですが、進行方向は完全に水に浸かっております。。



    さて、どーしたものか。



    道路をよく見たら、唯一中央線付近のみ水捌けが良いことが判明!!(お粗末な道路整備により緩やかに盛り上がってるだけw)
    PB292525.jpg



    中央突破。


    左右ギリギリに迫りくる乗用車、大型バス・・

    そんな中を彼らに負けじと駆け抜けました!


    気持ちは完全に島津義弘。

    pad-shimazu.jpg



    アホだなぁーと思ったらクリック↓よろしく↓

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2012/11/30 12:41 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    ヤンゴン中心部に住むミャンマー人の家。

    毎日零時の定期更新!どーもとるです。


    最近毎日零時台に更新してますので、宜しくお願いします。記事が貯まってきたら一日2回ブログ更新とかしたいですね。
    前の世界一周実況中継。でも2回はやったことないと思います。



    さて、ヤンゴンには「ミニゴン」と呼ばれる場所があります。ピーロード沿いでダゴンセンターというショッピングセンターがある辺りです。
    ジャンクションスクエアができる前は、ここはヤンゴン随一のお洒落スポットだったと聞きます。

    このミニゴンはSanchaung Townshipという町に属しています。

    ミニゴンの近くにSanchaung Streetという通りがあります。駐在員御用達の竪琴パンの近くの道です。
    この道、地元の人しか知らないような道ですが、様々な店が軒を連ねてなんだか雰囲気がいいのです!


    Sanchaung Streetに関しては今度時間のある時に徹底調査しようと思いますのでお楽しみを!あその道一本だけで雑誌の特集組めそうです。そんな雑誌がどこにあるんだって話ですがw

    ならば、出版しちゃいますか?
    興味のある方、一緒にやりましょう!私はモヒンガーとSanchaungを担当しますw



    そんな素敵なSanchaung Streetから一本入ると住宅街です。
    ヤンゴン市内の住宅街はどこもこんな感じで5階建て~8階建てぐらいのアパートがずらーーーーっと並んでいます。当然のようにエレベーターは付いてないので上に行けば行くほど不動産価格は安くなりますw
    PB242440.jpg

    そしてなぜか鉄格子。
    PB242441.jpg

    南米を彷彿とさせる厳重さ。
    これを見ると治安が悪いんじゃないかと思いますが、そんなことありません。じゃあ、なんでどこの家も鉄格子つけてるの?と聞かれると返す言葉ありませんw

    どなたか教えてください!

    普通に考えたら泥棒、空き巣対策だと思うのですが、そんなに頻発してるのでしょうか。



    ミャンマーのファッションセンスはすごいです。。ミャンマー的にイケてる服はシースルーを多用してます。。
    PB242442.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/30 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    やってきました散髪シーズン。

    最近、友人の誰それが結婚した。という話を聞かなくなりました。適齢期なのにおかしいですねー。かなりの確率で結婚式には参列できませんが、結婚したら連絡ぐらい欲しいものです。どーもとるです。



    私、ミャンマーで2回ほど髪を切ったことがあるのですが、いつも気が気じゃないです。まぁ髪型ごとき開き直ればどーでもいいのですがw

    いい加減前髪が伸びてきて、一昔前の藤井フミヤみたいになってきたのでバッサリ切ることにしました。


    「Ko Ko Salon」ヤンゴンでかなり知名度のあるチェーン店です。
    PB242443.jpg

    PB242444.jpg


    中国のカタログ?うーん。左はいい感じだけど、会社的にパーマはダメな感じだし、右はピンポンのキャラみたいだし・・。
    PB242445.jpg


    イマイチいい髪型がなくて唸っていたら席へと案内されて、結局口頭で「これぐらいの短さにして。」と言ってオーダーは決まってしまったw



    数十分後・・

    ガチガチに髪が固まるムースを施されて終了です。


    こーして、

    ミャンマー人には評判の良い髪型となりました!!



    もう一度言います。



    ミャンマー人には評判の良い髪型です。

    もう坊主にしよっかな・・。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/29 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(6)

    人気検索キーワードを公開。

    飲みサークルの基本はイッキ飲み。どーもとるです。


    私は飲みサークルに所属しているわけではないのですが、会社の会食は基本イッキ飲みです!

    ビール
    ワイン
    ウィスキー

    の三択です。ヒドイ時にはこれにパイチュウ(白酒)と中国で呼ばれている蒸留酒が追加されます。。
    基本的にお酒は好きで、なんでも飲めるのですが、イッキとなると話は別です!特に赤ワインのイッキとかあの渋味が良い感じに吐き気を誘ってきます。。白ワインはサクっといけるのですが、それ故に飲み過ぎに気を付ける必要があります。冷酒と同じですね。ビールのイッキも炭酸がキツイですけど、アルコール度数がダントツに低いので炭酸さえ克服できれば楽です。ウィスキーは喉が焼ける。パイチュウは即死レベルですw

    でも、大学のときにバカ飲みした経験があってよかったです。

    あの経験がなかったら今頃きっと死んでますw
    飲み会で死なない飲み方ってありますからね。子どもに教えたいことの上位。


    いずれにせよ、中国の文化か何か知りませんがツラい!らいつーです。。


    そういや、前職の上司がよく俯きながら「らいつーだよ・・。」って言ってましたw



    不要なハイプレッシャー乙!

    t_m_r.jpg



    いつもながら冒頭が長くなりました。
    タイトルの件ですが、世の中には「アクセス解析」という面白い機能があるのですよ。これを設置すると、自分のブログのことがよくわかるのですが、検索キーワード解析が面白いです。

    検索エンジンを使ってブログに辿り着いた人がどーゆう言葉を打ち込んだか。というのがわかるのです。

    みなさん、当ブログにはどんなキーワードで辿り着いていると思いますか?


    それを公開します!!




    これは貴重な情報です。情報は貴重です。





    1 ヤンゴン 風俗
    2 ヤンゴン 風俗
    3 とる ミャンマー
    4 ミャンマー 夜
    5 ミャンマーの夜


    ・・・

    変態ばかりかっ!!



    そんなブログじゃないんですけど・・?

    しかし3位に「とる ミャンマー」って驚きです。そんなに知名度あるんですか、私。(テヘペロ)


    これからも変態検索キーワードに負けじと頑張りますっ。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/28 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマー名産・ソフトシェルクラブ購入情報。

    ミスターソフトシェルのとるですどーも。


    私、実はミャンマーに来るまでソフトシェルクラブの存在を知りませんでした。

    ヨーロッパやアメリカなどの先進国はもちろん、中国やシンガポールなどの中華料理店でも絶大の人気を誇るこの食材。


    殻のまま食べれるので、手を汚さずに食べることができます。

    カニを手を汚さずして食べれるのです!!


    結婚式や、公式の場で手や服を汚したくない場面では重宝されます。


    日本での知名度はあまりにも低いのですが、世界では高級食材として知られています。
    好きな方は非常に好きな食材である一方、あまり好まない方もいらっしゃいます。確かに身自体にあまり味はなく、カニの種類によっても身の詰まり方が違いますし、鮮度や調理方法も重要なので当たり外れがあるかもしれません。

    しかし、カニみそがあり、身の詰まったソフトシェルクラブは美味しいですよ。

    私は素揚げが好きですが、タイ料理にあるようにカレーソースと炒めるのも悪くないです。


    ソフトシェルクラブはカニが脱皮したところを2時間以内に捕まえて、彼らの成長を止め、加工する必要があるため半養殖です。
    完全養殖の研究はされてますが成功していません。

    なので、稚蟹を捕まえてきて成長させる必要があるのですが、アジアではこの稚蟹の多くがミャンマー産です!
    タイやベトナムにも養殖場がありますが、それらはミャンマー産の稚蟹なのです。


    そんなわけでミャンマーはソフトシェルクラブの一大供給地として有名です。


    私がミスターソフトシェルかどーかはさておき、


    「ソフトシェルってどこで買えるの?」

    という質問を度々受けます。

    弊社は100%輸出なので、ミャンマー国内では買えません。どこかの魚屋、もしくはレストランでソフトシェルクラブを扱っているところならば交渉次第で買えるかもしれません。


    日本で買う場合ですか?



    ネット通販の天下・アマゾンさんです!!

    【殻ごと食べられる渡り蟹】ソフトシェルクラブ ホエールサイズ【(約100g/匹 10匹/パック)】

    新品価格
    ¥3,675から
    (2012/11/27 15:05時点)



    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/27 15:39 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマー風チャーハン。

    オープンエアの風に乗る。ネッツ!どーもとるです。


    日本ってやたらと○○風の味付けってありませんか?
    南フランス風、アンダルシア風、ミラノ風、台風。ぁ、これは違うか。

    なんだこのオヤジギャグ。


    オヤジギャグで思い出しました。オヤジギャグの師匠的な方がいるのですが、事あるごとにオヤジギャグを連発するんですよ。面白いかはさておき、頭の回転が速くないと言えないですよね。その方とはもうずいぶん会ってませんが、久しぶりに思い出したら恋しくなりました。



    今日はミャンマー風チャーハンの紹介です。

    ミャンマーはインドと中国に挟まれた位置にあり、隣りは経済発展著しいタイ王国です。地理的要因からしてミャンマー風のものが多いです。

    ミャンマーカレーはそれを代表するもので、「カレー」と呼ぶのにカレーの味は一切しないし、全く辛くなく、油でぎっとぎとです。

    ミャンマーのチャーハンですが、これがまた変わっています。
    ミャンマー語で「タミンチョ」

    タミンはごはん。チョーデーは炒めるという意味なので、まさに焼き飯です。ナシ・ゴレン的な感じですね。

    ミャンマーのチャーハンはめちゃくちゃシンプルです。
    そして炒めてないと思うのですがw
    PB232435.jpg

    植物油を入れて炊きこんだ米だと思うんですよねー。豆が入ってるのが特徴的です。味付けは、うっすら塩味。大体どこの店で食べてもシンプルな味付けで私は結構好きです。キャベツの漬物と、ピリ辛の唐辛子ふりかけがアクセントになります。
    一食500チャット(50円)
    PB232436.jpg

    食後のラペイェ。一杯300チャット(30円)
    ミャンマー風ミルクティーです。練乳を入れるのが特徴。茶葉が効いてる店のラペイェは美味しいです。
    PB232438.jpg

    この店、結構気に入ってます。ドローカルな割にお洒落な外観。
    PB232434.jpg

    しかし、飲食物を供するガキんちょは猫をなでなでした手でケロっとした顔して接客にあたっています。。さすがミャンマークオリティ。こうして胃腸が鍛えられるわけです。
    PB232437.jpg


    場所ですが、「Asia Royal Hospital」の真ん前です。
    PB232439.jpg

    あれ、これってこの前紹介したモヒンガー屋と同じ場所じゃね?と思った方、




    正解です!!

    並びにありますw
    行動範囲狭すぎ!と思った方は↓クリックお願いします↓

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/27 00:04 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    宴の後のお決まり。

    ミスターアテンドのとるです、どーも。


    先日、数社・数か国が集まる飲み会がありまして。

    日本語・英語・中国語・ミャンマー語が忙しく飛び交う、飲めや歌えやの大宴会。
    基本的に祭り好きなのでカオスな感じは嫌いじゃないです。

    散々ドンちゃん騒ぎして、ゲストをホテルまで送り届けようとホテルの方向に車を走らせたのですが、後部座席から張りのある声が届きました。



    「女の子がいるところ!!」

    はいさ、はいさー♪



    NOと言わないこと。

    どなたか忘れましたが、大手商社の方がおっしゃってました。
    なるほど。勉強になります。

    商社がやってることって正直よくわからなかったのですが、ミャンマーに来てからよくわかるようになりました。駐在の方はそれはそれは大変だと思います。最近、こーゆうご時世ですから接待とか過剰なアテンドは少なくなってきていると思いますが、それでもなお健在です。
    そしてこれは日本だけの文化ではなくて、アジアの文化だと思います。アジアのどこの国の人も「宴会の後」を楽しみにしている人は多い。


    ぇ、次はなに?なにがあんの?(ニタニタ

    こんな感じですw


    ゲストが少人数ならば何も問題ないのですが、カラオケルームを1室貸し切って10人越えるともう意味不シチュエーションw

    女の子によって値段も違うし、時間も違うし、ゲストも酔っているのでよくわからないこと言うし・・。3言語を駆使しながらあーだこーだと・・。



    全てを解決し、ホテルまで送り届けた後の達成感はかなりありますw



    私が夜のヤンゴン情報を書くと何故か叩かれる傾向にあるのですが、需要が圧倒的に勝っていると思うので最新相場情報を書きます。


    カンドヂー湖の南にある、みなさん御用達の「JJ」ですが

    普通の子
    朝6時まで50,000チャットもしくは70ドル

    ステージで歩いてる子
    朝6時まで100,000チャットもしくは100ドル~120ドル

    これは言い値です。
    なお、ホテルに連れて帰る場合はホテルから追加料金を要求されます。ホテルによると思いますが、大体一人につき20ドルです。

    さらにこれはもっとも注意しなければならないことですが、
    日本製の避妊具をご用意下さい。

    JJの下で簡単に買えますが(1個1000チャット)、ミャンマー製のものは破れると評判です。

    そして、彼女たちは避妊具の類を一切持っていないときがあります!!とんだ不届き者です。

    先日、高級ホテルのロビーでそれらが置いてあるかどーか尋ねましたが、置いてありませんでした・・。
    噂の一人歩きかもしれませんが、ミャンマーはHIV感染者が多いと聞きます。自分の身は自分で守りましょう。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/26 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(4)

    最近やたらとヤンゴン市内が騒がしい件。

    いつもブログを読んで頂き、有難うございます。多くの方が「ヤンゴン風俗情報」を欲しているのは存じております。私も全力でレポートしたいところですが、なぜかこのネタを書くと見知らぬ方から叩かれるのでしばし封印です!!とか言っときながらしれっと書くかもしれません。

    どーもとるです。


    最近、街中が騒がしいんですよ。音が割れるほどの大音量の全然イケてないミャンマーソングが幅を利かせています。


    これは一体何ごとかと。

    最近、オフィスの向かいでもこれをやり始めてうるさくて仕方ないです!イライラするほどです。

    いい加減シビレを切らし、ミャンマー人のスタッフに聞いてみたところ、
    今月28日の満月祭に向けて寄付金を集めて何か物を買ったりして田舎に戻り、分配するんだそうです。


    こんな感じの即席寄付会場がそこらじゅうにある最近のヤンゴン。
    PB212429.jpg

    電気供給力ないのに巨大スピーカーを数台完備してミャンマーソングを垂れ流し。
    PB212432.jpg


    本当に煩くてなんとかして欲しいんですが、寄付を募ってる女の子と目が合ってしまい、寄付してしまった。。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/25 00:02 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマーの衛生事情。

    完全にタイトル負けする内容ですが、ご了承くださいw


    巷ではミャンマーの衛生状態について、

    ボロクソ言われています。


    これは本当かどーか・・




    本当のようです!!

    「ようです。」としたのは私は路上でローカルフードを食べまくっていて、先日はカブトムシの幼虫みたいなやつも食べましたw
    お寺に置いてある水だってガブガブ飲みますし、氷があるなら是非入れてくれ!といった感じです。

    しかし、一般的にはミャンマーのローカルフードをバクバク食べることは危ないようです。ビジネス視察のアテンドの際に行くレストランはどこもかなりマシな衛生管理をしているレストランですが、そんなところでさえもお腹を下す方がたまにいらっしゃいます。


    途上国で下痢にならないために避けること箇条
    ・野菜を含めて生ものを食べない
    ・火のよく通ったものを食べること
    ・氷を食べない
    ・綺麗なコップを使うこと
    ・手洗いの徹底

    そんなところでしょうか。
    実際、世界一周中の2か国目に訪れた東ティモールでは、物凄く気を付けてました。現地は暑かったのですが、氷は食べませんでした。
    しかし、そんな私をよそに現地で出会った日本人の女性はレストランでジュースを頼む際に「氷いっぱいいれてね!」と念を押すようにオーダーしていてその逞しさには感心したものです。



    知らない間にその人のようになってました。


    ミャンマーのローカル店ではお茶が飲み放題です。
    ですが、湯呑みが完全に使い回しです!w前にどこのオヤジが飲んだかわかりません!w
    PB212430.jpg

    割としっかりしている店は、あっつあつの煮沸消毒したと思われる湯呑みをトングでつかんで持ってきますが、そんな気の利いた店はそうそうありません。

    路上の店は当然冷蔵庫など持っていませんので危険度はさらに上昇します。バクテリア繁殖のための環境がそこにある。といった状況です。

    そんな悪い衛生環境をカバーするために、ミャンマー料理は油でぎっとぎとのようです。こうして、油でバクテリアから守ることができても、脂っこすぎて胃がもたれるというなんとも滑稽なことが起こるのですw

    確かにものによっては脂っこいミャンマー料理ですが、種類が豊富なので選べば脂っぽくないものも食べられますよ。私はそれほどミャンマー料理は脂っこいとは思いません。選べばw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/24 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    Google mapを見ていたら超絶面白そうな地域をみつけた。

    なんでそんな疲れた顔してんだ?おまけに酒臭いぞ!とアサイチで上司から言われました、どーもとるです。


    休肝日と定めたその日。1店舗はビールを2杯飲んだだけで、あとはライムジュースとか飲んでました。2店舗もあまり飲まないことを意識して飲んでました。3店舗では普通に飲んでました。4店舗で赤ワイン登場w5店舗目で再びビール。帰宅は4時。

    結局飲んだし、nearly朝帰りかよ!



    先日、ミャンマーの地図をGoogle mapで見てたんです。

    改めて「ふんふん、ミャンマーってこんな形してんだ。国境線はこーゆう感じねー。」と思っていたのですが、ミャンマーの最北端にカチン州という州があります。ここは今でも政府軍と州軍?がドンパチやっている州なのですが、この州が接している国は中国・雲南省とインドと・・


    ん!なんだこの点線で囲われた地域は!!

    Arunachal Pradesh



    あるなちゃるぷらでしゅ?

    国であれば国境は線が引かれているので点線で囲われているということは、自治区か何か。もしくは独立を主張している国か。


    再びGoogle先生で調べてみた。

    アルナチャルプラデシュ州はインドに所属しているものの、中国が領有権を主張しており、二国間で係争中のようです。1914年にヒマラヤ山脈沿いに英領インドとチベット政府の間で国境線が引かれた。これが有名なマクマホンライン。しかし、現在中国はチベットを独立国として認めておらず、中国側はこの国境線は無効であると主張。その紛争の地となっているのが、まさにアルナチャルプラデシュ州。当州の南にある「ナガランド」はインドがイギリスから独立する前日に独立宣言をしたものの、国際社会から無視されてしまい、今に至っているという悲運な過去も持つ。ナガランドも面白そうです。よみうりランドみたいw

    image015.jpg

    4566785201.jpg

    Roing.jpg

    西はブータンに接しており、宗教はチベット仏教の影響を受けつつも精霊崇拝の文化が色濃く残る。チベット系の顔をした人が多いそうですが、多数の少数民族が暮らす地域で一説によると、ある言語を話す人が800人しかいない民族もあるそうです。

    ネットで調べていると何人か日本人でも行ったことがあるようですが、個人で行けるのか、ガイドと同伴しなければいけないのかなどは全くの謎。

    日本語ではあまり情報が出てこなかったのですが、英語で調べてみたらウィキペディアの次に、



    こんな立派な旅行会社のページが!

    arunachal.jpg


    秘境だと思ってたのになんだかがっかりしてしまいました。。

    そうはいっても、この地域に行く人はそうそういないと思います。
    行き方ですが、中国側からは不可能に近いでしょう。ミャンマーから山伝いで入国できそうですが、そんなところにイミグレがあるとも思えないのでリスクは高い。
    結果、インドから行くのが王道で一番いいと思います。しかし、この地域に入るにはインドビザの他にPAP(Protected Area Permit)と呼ばれる許可証が必要で、有効期間は30日間、料金は50ドルとのこと。

    サクっとはいけそうにないですね、、


    世界には秘境めいた場所が星の数ほどありそうですね。
    秘境つながりでたどり着いたのですが、日本でもこのような場所があるそうです。何故か九州が多くヒットするのですが、源氏から逃れた平家の落ち武者が隠れ住んだ地域があり、そこに住んでいる方は平とか平野という名字の方が多いそうです。半ば都市伝説化してますが、興味深いですよね。

    治安の悪いところはごめんですが、「秘境」という言葉には惹かれますね。

    Roing-Arunachal-Pradesh-View.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/23 00:01 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(3)

    愛すべきミャンマーの朝食。

    ミャンマー人のソウルフード「モヒンガー」が私のソウルフードになりかけています。どーもとるです。


    ミャンマー麺料理カテゴリーの中ではオンノウカオスエ(ココナッツベースの麺料理)が一番好きなんですが、これは当たり外れが結構大きいのです。あとシャンカオスエ(シャン人のソウルフード)も好きですが、これも店によってかなり違ってどれが王道なのかわかりませんw
    ナマズで出汁を取るモヒンガーも店によって味は違いますが、なんせ店の数が多いし、麺料理やってる店には大抵あります。しかしミャンマー最大の飲食チェーン店「YKKO」になぜモヒンガーがないのか不思議です。

    ヤンゴンでは気が付けばすぐそこにモヒンガー屋があります。

    モヒンガー普及率はかなり高く、パラグアイ・ウルグアイのテレレ並み。アルゼンチンで言ったらマテ茶並みの普及率です。

    ・・・

    例えがマイナーすぎました、ごめんなさい。


    先日「インスタントモヒンガー」を見つけたので日本に帰る際には買って帰ろうかと思います!東京にあるリトル・ヤンゴンと呼ばれる場所では一杯800円のぼったくり価格でモヒンガーを提供しているそうです。現地価格の20倍相当・・世界一高いモヒンガーが東京にあります!逆に興味が沸きますね。



    さて星の数ほどあるモヒンガー屋ですが、今日は最近お気に入りのモヒンガー屋を紹介します。

    場所はBaho Rd「Asia Royal Hospital」の正面。
    PB202423.jpg

    屋根のない店ですw雨季はどうしてるんでしょうか・・。
    PB202428.jpg

    モヒンガーのスープは大きく分けて、透明感のあるスープとドロドロ系のスープの2種類があります。モヒンガーを語る上でまずそこの店のスープについて語ります。(自分的にw

    透明感がありすぎると味にパンチがないし、ドロドロすぎても食感があまりよくありません。そこのバランスが難しいのです。ま、作り手のミャンマー人がそこまで意識してるかどーかはわかりませんがw

    これがクリアスープ派モヒンガー。通常、具は極小玉ねぎとバナナの木の茎が入ります。それに豆を揚げたものか、揚げパンをトッピングできます。野菜の天ぷらを置いている店もあります。
    PB202425.jpg


    そして、モヒンガー屋では「替え玉」ならぬ、

    替えモヒができます!!

    麺を追加オーダーするなら「替え玉」でいいと思いますが、スープを飲み干して、スープだけ追加するのでこれは「替えモヒ」でしょう。

    替えモヒに揚げパンをトッピング。
    PB202426.jpg

    合計500チャット(50円)でしたw
    通常一杯400チャットなので、替えモヒは100チャットということでしょうか。安いですねー。物価高騰中のヤンゴンでは庶民の力強い味方です。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/22 00:03 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    TVチャンピオンのチャンピオンが作る洋食。

    テレ東応援してます。どーもとるです。


    いろんなTV局がありますが、テレ東ってカラー濃いですよね。TVチャンピオンとか懐かしいです。あの番組は90年代のバラエティー番組を象徴する番組でちらっと思い出すと今でも見たくなりますね。大学に入った辺りから全くテレビを見なくなり、東京で働いていたときには家にテレビすらありませんでした。
    なので、90年代は私の短い人生の中でもっともテレビを見ていた時期であり、翻せばそこでテレビメディアに関しては情報が止まっているとも言えますw

    90年代はバブルが崩壊した後で、景気の悪化・不良債権問題・就職氷河期・終身雇用、年功序列の見直しなどを中心に失われた10年と言われた時代ですが、J-Pop全盛期でCDがシングル・アルバム共にバカ売れしてミリオンセールス連発してたり、印象に残るCMが多く(深津絵里出演のJRのCMが秀逸)、テレビや雑誌(少年ジャンプ全盛期)、Jリーグ発足(ヴェルディ川崎強すぎ)などを含めてメディアと消費者がうまく結びついていた時代だったのではないかと思います。

    いやー懐かしいですねー90年代。

    なんて言ってると、バブル世代の人みたいですが私は彼らと一回り前後違うわけです!あれ、おかしいですね。



    そうでした、チャンピオンの話でした。

    なんとTVチャンピオンで優勝したシェフがヤンゴンにいるのですよ!!

    すごいでしょ?ミャンマー人のチャンピオンですよ?まさかテレ東がネタ切れで「モヒンガー王選手権」なんてやってないですよ。

    しかし正直なところ、何選手権で優勝したのか聞きそびれてしまって不明なのですがw彼は今ヤンゴンで洋食屋さんをやっています。

    お店ブログはこちら!

    こちらのお店の「カニクリームコロッケ」の評判が良いことは前々から知っていて、ずっと気になっていたのですが、なかなか機会がなかったのです。

    ついにお目見え!!
    PB182419.jpg

    これはどこからどう見ても「カニクリームコロッケ」です。
    PB182421.jpg


    そして美味い!!

    思わず、「うまっ!」と叫んでしまいましたw
    2個で4500チャット(450円)は私が毎朝食べているモヒンガー11杯分に相当するので高いと思いますが、味から勘案すれば納得です。


    こちらはバカ盛りのオムライス4000チャット。これもバターが絶妙に効いててめちゃくちゃ美味しいです!完全に日本のオムライスです。量も味も満足度が高い一品。
    PB182422.jpg

    いやはや、チャンピオンの腕前を思い知らされました・・。今後ひとりM’sするかもしれませんwしかし、あの場所バスが走ってないんですよねー。バス路線から少し歩かなきゃいけないのがネックですね。ローカルバスを主に交通の足に使ってる日本人なんてそうそういないでしょうがw
    ※場所は日本大使館の近く、チャトリウムホテル(旧ニッコーホテル)の前、カンドヂー湖の北側に面しています。「ユートピアタワー」というゴーレムみたいなタワーの1階に入居しています。

    ぇ、ゴーレムがわからないって?

    これです。



    とくぎ・めいそう(HPが500ポイント回復します)
    無題

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/21 00:02 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    泥棒市場に行ってきた。

    夜になると元気が出てくるのは気のせいでしょうか。どーもとるです。


    昨日だって深夜1時半からミッションインポッシブル2を観てしまいました・・次の日起きるのがインポッシブルになってしまいます。
    ストーリー的には裏切りに次ぐ裏切りがあって最後に丸く収まるシリーズ1の方が面白いんですが、アクションシーンが多彩でヒロインが良い感じにエロいシリーズ2もいいですね。ジョン・ウーが鳩使いすぎだったり、執拗なまでの恋愛シーンは不要だと思うんですけどw

    てか最新作のシリーズ3が観たいです!!

    ミャンマーの海賊版業界に頑張って頂きたいものです。



    さて、先日「泥棒市場」なるところへ行ってきました。
    PB182417.jpg

    場所はボージョーアウンサンマーケットから南へ延びる道、Shwe Bontha StのUpper Block沿いです。
    いわゆるフリーマーケットですね。本当に盗品が多いかどーかは不明ですが、ボロっボロのものが平然と並べられていますw
    PB182418.jpg

    ここで中古の品質の良い日本製の電化製品を売ると飛ぶように売れるそうですよ。日本のフリマで手に入れた型落ちのものをここに持ってくるだけで結構な稼ぎになりそうです。時間があって、滞在費ぐらい稼ぎたいと思っている旅行者の方、連絡待ってますw
    PB182416.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/20 00:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(6)

    オバマブームに沸くヤンゴン。

    最近のヤンゴンでは出会った時の挨拶は「オバマ」どーもとるです。


    実際、ミャンマー人同士ではミャンマー語の「こんにちは」を意味する「ミンガラーバー」という言葉を使いません。「元気ー?」とか「ご飯食べたー?」とかが一般的な挨拶ですが、ここ数日そこかしこで「オバマ!オバマ!」と言っています。

    ヤンゴン国際空港には数日前からアメリカ空軍の軍用機が停泊。
    PB172407.jpg

    アメリカが経済制裁を科している国と言えば、北朝鮮・イラン・イラク・キューバ・ベネズエラなどバリバリの反米国が列挙されるわけですが、なぜかそこにミャンマーも入っているのです。
    最近はかなり緩和方向にあり、完全に撤廃はされていませんがペプシコやコカ・コーラが工場を作って広告キャンペーンをガンガンやっていたりと、厳しい経済制裁はされていません。

    ミャンマーが「開国」し始めたことにより、急速に緩和傾向にある経済制裁ですがかつてはそれなりに厳しいものでした。その理由として、ミャンマーではヘロインの原料となるケシの栽培が大規模に行われており、その規模はアフガニスタンと世界の二強を形成。さらにはミャンマーから流通されるケシはその大半が中国やタイでヘロインと姿を変え、世界のヘロインは8割がミャンマー産と言われる始末。結局それらは先進国で消費されるわけであり、本末転倒な気がしますが、アメリカから厳しい経済制裁を科せられていた理由の一つがコレです。
    さらに、社会主義国ということもあり、中国や北朝鮮と密接であり、冷戦時には完全にそちらよりの国でした。1990年にはアウンサンスーチー率いるNLDが選挙で圧勝したにもかかわらず、軍政府は選挙結果を拒否。やたらと「Democracy」とか「Human Rights」とかいう言葉が好きなアメリカ的にはこのような国は許せないんですよねw


    結局経済制裁って、

    アメリカがその国を好きか嫌いかってだけです。


    「言うこと聞かねぇなら別にいいよ。お前のところから何も買ってやらんし、資源の輸送だって全面停止するからな!」

    「おまえ、すんごい武器隠し持ってんだろ!探し出してやるから待ってろ!ミサイルぶち込んで、海兵隊員送ってガサ入れすっから。」


    ジャイアン恐るべし・・。


    ヤンゴンの北の方に、たいそう綺麗なお墓があります。

    第二次世界大戦中に戦死した連合国軍兵士を弔ったお墓だそうです。
    PB182408.jpg

    第二次世界大戦中のUnited Soldierということは、我が国と彼らは敵国同士であります!
    ここには27,000人の兵士が眠るそうです。特にインド人兵士の墓石が多くあった気がしました。
    背景を考えると複雑な場所ですが、芝の手入れや、設計などが素晴らしい。
    PB182413.jpg

    ここもヤンゴンには数多くある、ミャンマーを感じない場所のひとつです。
    PB182411.jpg

    このシンメトリーの造り、直線的な列柱が大英帝国を感じさせる。
    PB182414.jpg


    特に何もない場所ですが、綺麗なところで目を惹かれます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/19 15:23 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    飛行機が来ないと帰れない。

    最近カラダの調子が良くなくて、歳を感じてます。どーもとるです。


    まだ20代なんですけど、腰が非常に疲れやすくて神経性の痛みが腰を伝って膝裏に・・。これってひょっとしたらヘルニアの症状でしょうか?
    まぁ運動したら良くなる思うんですけどね、なかなかそのチャンスがありません!



    さて、ミャンマーの地方空港はその空港発のフライトというものがありません。なので、どこからか飛行機が飛んで来ないと、乗れないわけです!

    飛行機一機もありません・・。
    PB172404.jpg

    アナログ感漂うチェックインカウンター。
    PB172401.jpg

    博物館にありそうな計量器。
    PB172402.jpg

    寂れたメイク空港。
    PB172403.jpg


    上記で述べたように、一応フライト時間は決まっていますが、飛行機が来ないことにはどうすることもできないのです。なので、フライト時間というものはあってないようなもので、地方発の飛行機はかなりの確率で遅延が発生します。。

    しかし、今回はいい意味でその予想を裏切ってくれて、オンタイムでした!

    今まで食べた機内食の中でダントツに不味い機内食を出す、Myanmar Airways.
    PB172406.jpg


    そーいえば、驚くことがありました。
    メイクの空港に着いた瞬間にパスポートを没収されます!
    没収されたパスポートは帰りのフライトまで空港預かりとなります。


    つまり、これは陸路または海路での出国・他国への入国ができないということです。

    ミャンマーにはまだまだ閉ざされた部分は多いです。


    しかし、タイとの国境の町で有名なタチレイというところがありますが、この町では頻繁に人々が行き交いしているのでミャンマーから容易に陸路OUTできると思うのですが、どうなんでしょう。出国の際もしくはタイ入国時にイミグレにパスポートを預けなければいけないのでしょうか。謎です。

    その逆ができるのかも気になりますね。タイからミャンマーに陸路で入って、ミャンマー国内を回って、ヤンゴンから空路OUTとか。

    どなたか試してみてくださいw
    時間があれば私自身がやってみたいと思いますが。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/18 13:13 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(6)

    カニの楽園へ行ってきた。

    田舎での生活も悪くな・・いや、ヤンゴンがいいです。どーもとるです。


    ミャンマーにはヤンゴンとマンダレー以外に街は存在しないと揶揄されています。私、第三の都市・モウラミャインと、第四の都市・パテイン、首都のネピドーにも何度か行ったことがありますが、



    マジでなにもないです。


    陽が暮れた。

    夜になった。

    じゃあ寝るか。


    そんな感じですw



    現在私がいるメイクもご多聞にもれず・・。ただ、この生活は健康には確実にいいですよね。


    弊社工場のある場所の対岸にある「カニ島」と呼ばれるところへ行ってきました。

    500エーカーを超える敷地に56もの養殖池がある、広大なソフトシェルクラブ養殖場です。
    全ての道はコンクリートで舗装されており、道にはゴミひとつ落ちておらず、めちゃくちゃ綺麗な場所です!芝も綺麗に刈り込まれていて、沿道にはヤシの木などが整然と植えられています。
    PB152378.jpg

    PB152380.jpg

    噴水などもあります。
    PB152381.jpg

    カニたちが暇を弄ばないために売店もあります!
    PB152383.jpg


    ここはまさにカニの楽園と呼ぶに相応しい場所。


    こんなに広大な場所をこれほどまでに綺麗に保つことは「衛生管理」と言う言葉がないミャンマーでは大変難しいことです。
    ミャンマーを知れば知るほど、ミャンマー人を教育することがいかに難しいかということがよくわかります。

    彼らは叱るとすぐ辞めてしまいますし、かといって甘やかすとモノを盗んだり、仕事をサボったり、ウソをついたりすることは平気でしますからね。


    ソフトシェルクラブって名前の通り殻の柔らかいカニのことを言います。脱皮した彼らを2時間以内に捕まえるわけです。時間が経てば経つほど彼らの殻は硬化してしまいますので、それはソフトシェルではなく、ふつーのカニになってしまいます。

    では、どのように彼らが脱皮する瞬間を捕まえるのか。




    人海戦術ですよ。

    24時間監視で、1時間ごとにチェックします。
    PB152374.jpg

    すごい仕事ですよね、、私学生の頃に24時間365日働く在宅介護のバイトをしてましたが、「24時間」と聞いてそれを思い出しました。相手がカニと人じゃ随分違いますが、「24時間365日」という響きはかなり強いものがあります。

    そして「人海戦術」と聞くと思い出すのが、ラオスでの不発弾処理体験です。ラオスにはベトナム戦争時に米軍によってバラまかれたクラスター爆弾が無数に埋まっており、その数は1億発を超えます。それを未だに金属探知機によって人力のみで発見、爆破処理しているのです。その現場に行ったことがあるのですが、それはもう気の遠くなるような作業です。カニと不発弾とじゃ随分違いますが、「人海戦術」という響きは(以下同文



    潮の満ち引きによって、対岸に帰れなくなってしまうので供されたぶどう飲料を一気飲みして帰りの船に飛び乗りました。
    PB152384.jpg


    港から見る夕焼け。アジアを感じます。
    PB142366.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/17 00:01 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(1)

    ミャンマーで初めて国内線に搭乗。

    飛行機ってやっぱり速いですね。どーもとるです。


    陸路で国境を越えながらの旅もいいですが、私は飛行機で一気に飛んでしまう旅も意外と好きです。ヘタレバッパーと言われるかもしれませんが、タイムスリップというか、ほんの数時間の移動で全く異なる人々が住む場所、文化、気候、などの変化を一瞬にして全身で感じ取れるのが面白くて好きです。

    特に1か月間、東アフリカの黒人だらけのところにいて、ケニアのナイロビから3時間ほど北へ飛んでエジプトのカイロに着いた時に、既に上空から見える景色が全く違って、その変化にワクワクしたことを今でもよく覚えています。

    今回は国内線で、ヤンゴンから南へ約2時間ほど飛びました。




    変化一切なし。

    やはり、同じ国内だからでしょうかw
    そこにいる人、食べ物、気候、特に変化なしですw


    Myanmar Airという航空会社だったのですが、供されたランチボックスが激マズでした。。

    サンドイッチの味がしないサンドイッチと、フレーク状の謎の具が挟まったパン(この具、アジアでよく見かけます)、かろうじて食べられるバナナケーキ。

    今まで食べたことのある機内食でダントツに不味かったです・・不味すぎてきっと忘れることはないでしょう。



    飛行機でヤンゴンから南へ2時間ほど行ったこの場所はMyeik(メイク)という名前の場所で、緯度的にはバンコクよりもさらに南で、プノンペンと同じぐらいの緯度になります。

    ミャンマーの国土は広く、マレー半島にまで広がっているのです!
    これは意外と知られていないことだと思います。

    アンダマン海とベンガル湾に広く面した海岸線が恰好の漁場の場となっています。ちなみに私もミャンマーに来てから初めて「アンダマン海」という名前の海を知りましたw

    なにはともあれ、このメイクに弊社の工場があるのです。

    工場直結の弊社専用Jetty.
    PB142350.jpg

    PB142353.jpg

    これは港ではまぐりをぐつぐつやっているところです。
    PB142351.jpg


    満潮時でないと大型船は入ってこれないのですが、丁度漁を終えて帰ってきた船が停まっていました。

    なんとその船、マグロを獲ってきたとのこと!!

    PB142358.jpg


    「マグロ」と聞いて反応しない日本人はいないでしょう。



    指をくわえて見ていたら、「よし、今晩の夕ご飯に刺身を食べよう!」とボスが言ってくれて、買ってくれた!!

    獲れたてのマグロ1匹お値段、なんと5000チャットです!!(500円)


    PB142360.jpg


    マグロの割には小ぶりですが、驚異的な安さですよね。現地価格恐るべし。

    これはTrash Fish. 直訳したら「ゴミ魚」ですがw
    Fish mealと呼ばれる家畜への飼料になります。
    PB142357.jpg

    その「ゴミ魚」の脇で、糸一本で釣りをするおかぁさんw
    これで綺麗な黄金色をしたイトヨリ釣ってましたから、驚きです。
    PB142356.jpg



    しばし、魚たちに囲まれての生活をします。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/16 00:01 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(2)

    飛行機がキャンセルになった衝撃的な理由。

    風邪薬を服用している時にお酒飲むのはよくないですね。しかし男には飲まなきゃいかん時があるのです。どーもとるです。


    風邪薬+お酒なんてダメに決まってます!でもちょっとよくなってくると飲んじゃうんですよねー。ミャンマービール軽いし、ウィスキーだってコーラと割れば大丈夫かなぁーなんて・・



    ダメ、ぜったい。



    私、出張で南の方へ行く予定がございまして。
    ヤンゴンから南へ2時間ほど飛行機で行ったところに自社工場があるのです。

    実は今までそこに行ったことがなくてこの機会を大変楽しみにしていたわけですが、出発前日になって



    明日のフライトは全てキャンセル。

    と、言われまして。。

    ミャンマーではフライトが遅れたり、キャンセルになったりすることは日常茶飯事なのですが、その理由は大体天候の悪化か、整備不良です。

    しかし今回キャンセルになった理由が衝撃的でして。




    機体がありません。

    とのことw


    現在ハイシーズンのミャンマーでは南へ行く便(マイナー路線)に飛行機を回すぐらいなら、確実に稼げる北へ行く便を増便したいわけです。
    まぁ、商業ベースである理由はわかりますが・・



    ちゃんとしろよ。

    と言いたいですねw



    不採算路線を廃止しまくったJALさん、どうか機体をミャンマーに回してやってください。。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/15 00:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマーで大人気のアニメキャラクター。

    「腹が減ってリキが出ねぇ・・。」

    おっす!おら、悟空!


    ぃえ、とるですどーも。



    アニメは世界的中で人気のあるコンテンツのひとつです。国によって趣味趣向が違うので流行るものと流行らないものがあると思いますが、ポケモンは世界中どの国でもヒットしてると思います。ドラえもん、ドラゴンボールなどは映像が古すぎるのでリメイクしたらいけるかもしれませんね。バングラの友人の子供は忍者ハットリくんが好きでした。マニアックすぎるwハットリくんがイケるならパーマンもイケるかもしれませんね。

    あと、日本のアニメだとわかりやすいものはやはり忍者とかサムライ系のアニメですね。今でいえば、



    ナルトです。

    これはまさに外国人の心を鷲掴みにするアニメ。日本的にであり、アクションシーンも満載で、友情あり。と。

    ワンピースは日本ほどの人気は海外ではないと思いますね。



    そんなミャンマーで並居る強豪を抑えてダントツの人気を誇るアニメがあります。


    アングリーバードです!!!!


    キレる鶏。なんじゃそらw

    しかし、このキャラクターの人気は凄まじく、街中至るところでみかけます。

    調べてみたら、ゲームのキャラクターのようですね。
    なるほど。ミャンマーでは意外とゲーム産業が盛んです。アプリからアーケードまでミャンマー人は暇な人が多いのでみんなゲームを楽しんでいます。Facebookでもゲームの誘いがミャンマー人からめちゃくちゃ来ますwショッピングセンターに行っても混んでいる場所といえば、フードコートとゲーセンです。これは意外とビジネスチャンスかもしれませんね。

    この前CD屋でAngry BirdsのDVDを見つけたので買ってみました。
    PB112330.jpg



    ・・・


    クソつまらん!!!!


    というか、意味不明な内容でした・・。物語りを期待したのですが、その類は一切なし・・。彼らがぴーちく言葉を交わし、建物を壊したり、爆発したりして終了。

    ま、500チャット(50円)だったのでよしとしますか・・。

    アングリーバードはゲームをプレイして楽しむべきものだと悟りました。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/14 00:02 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマー人の結婚式をハシゴしてみた。

    結婚が遠い。どーもとるです。


    結婚願望は高校生の頃からずっとあるんですけどねーやってることと言ってることが全然違うので非現実的であります!「結婚したい。」と家族に言うと鼻で笑われます!



    11月はミャンマー人が結婚しまくる月です。10月末の安息明けを機に一斉に賑やかになるミャンマー。

    そんなわけでこの日は結婚式をハシゴ!

    ミャンマー人の結婚式に出るのは初めてだったのでワクワクしていたのですが、




    まさかの遅刻!!!!


    ついた頃には会場はがらーーーんとしており、参列者は既に帰り、かろうじて記念撮影が行われてるだけでした。。

    PB112305.jpg


    守備力が低そうな謎の帽子を被らされる外国人二人。ちなみに私と当事者の関係ですが、会社の同僚の奥さんの会社のスタッフの姉。とのことです。遠すぎるぅ!!私、巨人みたいに写ってますが、ミャンマー人が小さいのですよw
    P1000103.jpg



    記念撮影とヤムチャを軽くつまんで次の会場へ!

    弊社スタッフの結婚式です。
    ミャンマー人らしく、僧院で執り行わる結婚式。
    とても結婚式会場に見えませんw洗濯物が干してある式場がどこにあるねんw
    どーやら二階がその場らしいです。
    PB112312.jpg


    しかし、




    また遅刻ぅ――――!!!!


    行ったときには既に式は終わっており、自由な感じになってましたw
    ごはんよそい係がうろちょろ。
    PB112307.jpg

    ミャンマーの豚カレー。油含量が鬼。
    PB112309.jpg

    庭にてみんなで記念撮影。
    PB112310.jpg



    結局ミャンマーの結婚式ではどんなことをするのか全く見ることができずに終了。。まぁ今後も機会はあるでしょう!

    そこにいた猫が可愛かったからよしとしよう。

    PB112329.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/13 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    Yangon International Hotelという厳かな名前のホテル。

    最近、ブログ村ミャンマー情報のアクセスが全体的に上がって来てる気がします。ブログ村管理者ではないので具体的なことはわかりませんが、注目されることはいいことだと思います。

    ブロガーなんてみんな目立ちたがり屋ですからね!!

    いつかプロ野球の始球式に登板したい。場所はもちろん神宮球場です、どーもとるです。



    前から存在は知っていた「Yangon International Hotel」とにかく電飾に品がなく、怪しげなんです。


    ラスベガスかっ!

    PB082302.jpg


    実際ベガスには行ったことがないので知ったかぶりですが。。

    電力供給能力が乏しいヤンゴンでこの電飾はなかなか挑戦的と言えます。その姿勢は嫌いではないですが、センスという言葉は見当たりません。

    エントランスは広く、天井が高くて少し照明は暗いですが、まぁまぁのレベルと言えるでしょう。一応3つ星ですが、ミャンマーの格付けは信用度ありませんので目安になりませんw



    JAPAN!!

    PB082303.jpg


    ひろみGOか!


    go.jpg

    あれ、すんごい古いのが出てきてしまった・・。それにしても郷さん凄い髪形ですね、それとこの曲名は未だ鮮烈。


    ここのホテル、数年前まではお化け屋敷のようなところだったみたいですが、今は割とまともになっています。他のホテルと比べて80ドルは妥当かと思います。

    このホテルのいいところと言えば、同じ敷地内に多くの店や施設があることです。私が度々行っているクラブ、Pioneerもここにあります。日本料理レストランのだるまがあるのも日本人にはいいかもしれませんね。オーナーはミャンマー人ですが、経験豊富な人がやっているので許容範囲の物を出すことでしょう。


    さらにこのフライヤーをよくみたら

    Billion Gold Restaurant・・



    億千万レストラン?


    ひろみGOか!!(再

    top.jpg



    完全に名前負けしてるヤンゴンインターナショナルホテルですが、総合的にみたらいいと思いますよ。
    ま、名前を早急に「Yangon Domestic Hotel」に替えるべきだと思いますが。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/12 00:02 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマー来たらとりあえずモヒンガること。

    負けないことっ

    逃げ出さないことっ

    投げ出さないことっ

    モヒンガること。


    大事MANモヒンガー、モヒンガー担当のとるです、どーも。



    モヒンガーってのはミャンマーの代表的麺料理で主に朝に食べます。これを動詞化したのが、


    モヒンガる。


    です。勝手につくりました、来年の流行語大賞狙ってますのでどーぞ宜しく。



    この前ある方と話してたんですが、


    「最近ビジネス視察かなんだか知らないけど、ミャンマーにたくさん人来てますよね。」

    「彼らっていいホテルに泊まって、朝から晩まで打ち合わせやら会議やら商談で、きっと夜も会食でしょう。」

    「それってミャンマーに触れてないですよね?」

    「ミャンマー来てミャンマー料理すら食べないってどうなんでしょうね・・。」



    ミャンマーでは金持ちもモヒンガー食べてますよ!!


    真面目な話ですが、ヤンゴンでモヒンガーを特集したら面白そうです。てか自分がやりたいですw

    「第一回ヤンゴンモヒンガー選手権!!」

    とか、TVチャンピオンのノリで。
    なんかさっきから完全に90年代な雰囲気が漂う記事になってますね・・90年代といえば私まだ小学生でした。あれ?なにかおかしいですね。



    ホントに全く同じモヒンガーって存在しないんですよ。日本のラーメンみたいって言ったら日本ラーメン協会の人に怒られそうですが、そんなイメージでおk
    ただ、日本のラーメンのように付加価値の高いものではないので商業ベースでは難しいかなぁと思います。

    ただね、私は通常一杯300チャット~500チャット(30円~50円)で出すモヒンガーを、他の店と同じように外で提供し(もちろん扇風機すらない環境w)、衛生状態もごく普通のミャンマー(褒められたものではないw)、であるにもかかわらず、



    一杯2000チャットで出す店を知っているのですよ!!!


    なお、その店には2度行ったことがありますが、いつもその価格に納得がいきません。トッピングをちょこちょこっとしたら3000チャット近くなりますからね!!
    ※場所情報は有料(モヒンガー)となります。知りたい方は直接私までご連絡下さい。一緒に行きましょうw

    そんなモヒンガー情報ばっかり集めてなにするんだYO!と思った方はクリック↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/11 00:01 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマーの医療ビジネスについて考えてみた。

    -97°でも水が液体のまま存在する惑星が宇宙にはあるそうです。
    「エンケラドス」それは土星の衛星のようですが、水の中にアンモニアを含んでいるために0°以下でも水が凍らずに存在しているそうです。

    風邪で頭がおかしくなったかもしれません。どーもとるです。



    ヤンゴンに来てから病院にかかることが多いです。
    Asia Royal Hospitalで一度医師による診断を受けましたが、その時の受診料は33ドルだったと記憶。
    先日のAsia Pacificという診療所では一週間分の薬代を入れて33ドル。

    外国人からしてみれば「ふーん。」という料金ですが、ミャンマー人目線で考えたら大変です!33ドルといえばモヒンガー70杯分ですからね!
    ※モヒンガーはミャンマーの代表的朝ごはん

    一度病院へ行ったらモヒンガーが2か月以上食べられなくなると考えたら、ふつーのミャンマー人は病院行かないでしょうねw

    オフィスで働くミャンマー人の月給が100ドルですから、1度の問診が給料の3分の1に該当!

    これは大変な額です・・日本人の平均給料に当てはめたら12万円ぐらいですよ。


    それもそのはずミャンマーには公的医療保険制度というものが存在せず、100%自己負担なのです。まぁ3割負担でもまだとんでもない料金だと思いますが・・。

    日本という国は本当に恵まれていますね。しかし近年は恵まれすぎていて国民も政府もおかしな方向へ行ってしまっている気がします。結局は己次第だとは思いますが、様々な観点から考察、比較、客観視することによって自己を高めていく必要があるのではないかと思います。


    そんな医療費が高いミャンマーですが、Asia Royal Hospitalなんてどの時間に行っても混んでいます!それは非効率な事務処理のせいなのかもしれませんが、とにかく混んでいます。おかげで病院の前の道はいつも大渋滞です。

    世界的に見ても医療市場は非常に成長力のある分野です。2001年~2010年の年平均成長率が8.7%、市場規模は約520兆円とは驚異的な市場です。日本のGDPをも凌ぐ規模・・。

    そーいった背景からドイツのシーメンスや韓国のサムスンが「病院の輸出」に力を入れているようです。

    参考記事
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121106-00000000-fsi-bus_all


    ミャンマーの病院ではマレーシアや韓国のメーカーが強いようですが、日本勢にも十分参入の余地はあると思います。厚労省、経産省、民間一体となって働きかけて頂きたいですね。

    しかしながら、本当にお金のない国ですから大型投資が成り立つのかどうかは疑わしいです。。なので、まずは駐在員や金持ちミャンマー人相手の小規模な診療所経営がいいと思いますね。やたらと親日なミャンマーですから、日本人医師に対するイメージもきっと良いことでしょう。

    調べてたらわかったことですが、ミャンマーにおける医療教育は全て英語だそうです。通りでどの医師も英語が話せるわけです。
    以前から思っていましたが、日本の市場規模が大きく、日本語が発達しすぎている故の弊害ってありますよね・・。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/10 00:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    前から気になってた店、天スタに行ってきた。

    ヤンゴンで味噌カツが食べれる。


    そんなウソのような情報を以前から入手していた。

    味噌カツといえば、私の好きな食べ物ベスト5に入ってくるツワモノである。(ベスト5がなんなのか自分自身でもわかりませんw

    ヤンゴンで味噌カツを供するといわれるその店は、そもそも日本の中華料理チェーン店らしい。今となっては資本を引き上げ、ミャンマー人が経営しているらしいが、味噌カツが食べられる!ということで張り切って行ってきた。


    「天理スタミナラーメン」

    略して天スタ。というその店はBaho Rdにあります。
    PA202038.jpg



    NG
    120928213904_50659a688d0cc.jpg

    懐かしい画像が登場しましたね。今だからこそやりたくなりますね、ファミコン。
    正確に言えば、私はスーファミ世代なのですが、ファミコンもかじっております。5歳の誕生日プレゼントは「壊れたファミコンの修理」だったと記憶。

    そーいえば、甥っ子1号が12月で5歳になるそうですが、今の世代にそんなボロいものあげたらフルボッコにされそうですねw



    天スタに入店後、パラパラっとメニューを見て「味噌カツ丼」を注文。
    メニューには丼しかなく、丼の時点で既にゲンナリなわけですが、致し方ないですね・・。


    数十分後・・


    出てきたのがコレ。
    PA202039.jpg


    ぇ、これってただのカツ丼じゃね?(汗


    味噌カツを卵でとじるなんて聞いたことがない!邪道にもほどがある!味噌カツへの冒涜だ!しかも色がどう見ても味噌カツじゃない!!

    店員に散々抗議して、確認したにもかかわらず

    「いえ、これは味噌カツ丼です。」

    と一歩も引かない。


    仕方なく食べてみると、、




    味噌の味!!!!


    確かにこれは味噌カツ丼である。

    しかし、私が想像していたサクサクの衣に八丁味噌。の味噌カツとは大きくかけ離れていて残念だった。。
    後日その話を友人にしたら、「さすがにヤンゴンに八丁味噌はないでしょ!」と言われましたが、味噌カツといえば八丁味噌なのです!


    味噌カツファンは怒りのクリックを↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/09 00:04 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマーの病院事情。

    処方された薬を後からネットで調べるのが日課です。どーもとるです。


    元々カラダはあまり強くない方で日本にいるときもインフルエンザにかかったり、度々風邪を引いていました。そうは言っても年に1回、多くても2回ほどで世界一周してるときも発熱を伴った風邪は2回ほどだったと記憶。一周中は夜遊びもしなかったし、治安が心配なことから夜の外出は控えていたのでアクティブに動いていたとはいえ健全だったのかもしれません。

    しかし5月からヤンゴンに住んでますが、この半年以内で風邪引きまくってます!基本的にノドから来る風邪が多いのですが、半年間で既に3回か4回ぐらいやられてます。。

    空気が悪いのが原因でしょうか。下痢はしないんですけど、扁桃腺が腫れたり、熱が出たりと人生の中でこれほど頻繁に体調を崩したことはありません。。


    ヤンゴンにも診療所や病院が何軒かあります。

    しかし、医療水準は決して高いとはいえず、金持ちはバンコクの病院へ行くそうです。ヤンゴンで「ぁー足切断ですね。」と言われた人がバンコクへ行って切断せずに済んだ話などを聞いたことがあります。。生活する上で医療は重要な部分のひとつですよね。

    そんなヤンゴンで有名な病院といえば、「Asia Royal Hospital」です。Sanchaung Town ship, Baho Rdにあります。
    タクシーの運転手でここを知らない人はいないでしょう。それぐらい有名です。

    ミャンマー人にも非常に人気のある病院で、「とりあえずココいっとけ!」的な病院でありますが、人気がある故にやたらと待たされます。外国人の場合、優先して診てくれる感じはありますが、いずれにせよ時間がかかります。

    通常熱が出たときは着込んで寝て治すのですが、今回の風邪は手ごわくて治るどころか悪化しそうだったので病院へ行くことにしました。
    Asia Royal Hospitalには以前に何度か行ったことがありますが、上述したようにやたらと待たされるのでどこか他にいいところないかなぁ、というような話を同僚にしたら、「Pearl Condominiumの前にある、Asia Pacificっていうクリニックがいいよ!」というのでそちらに行ってきました。


    受付で問診票に必要事項を記入し、待つこと5分・・ドクターに呼ばれた!早いっ!

    問診も非常にスムーズで「相変わらず医療用語は難しいなぁ。」と思ってるうちに終了。

    薬の処方も、会計もめちゃんこ早くて30分以内に全てが終わりましたw
    日本の医師はどうだか知りませんが、ミャンマーの医師はみんな英語が話せるので外国人に非常に優しいですね♪お土産のような薬袋。
    PB072300.jpg

    抗生物質を5日間分、その他の熱を下げる薬やカラダのだるさを取り除く薬、痰や鼻水を抑える薬を7日間分もらって、28,000チャットでした。
    その内、診断費は15,000チャット(1500円)で、数年前から比べると2倍~3倍割高になっているそうですが、満足できる内容でした。

    ちなみに、Asia Royal Hospitalでは2日分か3日分ぐらいしか薬をくれません。。なんかあったらまた来て!という感じで。まぁこれに関しては医師によるかと思いますが。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/08 00:03 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(1)

    ついにミャンマー人の結婚式に招待された。

    タダより高いものはない。どーもとるです。


    私の会社の机にはいろんなモノがやってきます。
    ヒトが来ない代わりにモノがやって来るんですね、、(自虐

    ミャンマーの3時のおやつのパンチ力ハンパないです。。
    コーイーカオスエ。あんかけスープが美味しい♪
    PB032229.jpg

    これはお客様から。天下のとらやです!
    PB062297.jpg

    こちらもお客様から。この伊右衛門、抹茶が入ってて香りが高く美味しいです。ミャンマーにもお茶を飲む習慣があるので、お茶を飲む機会というのは非常に多いのですが、やはり日本のような品のある味には出会えません。
    PB062299.jpg

    いずれもこちらでは手に入れることができないものなので嬉しいですね。先日は日本酒も頂きました。


    他にもとうもろこしやら、カシューナッツやらケーキやら様々な差し入れがやって来るのですが、先日



    結婚式の招待状が来ましたーーー!!!!


    日付、会場、当事者など全てがミャンマー語で書かれており全く理解できませんがw

    PB062298.jpg


    当日の様子は後日報告しますのでお楽しみに!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/07 00:02 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    田舎に行ってミャンマー産天然酒を飲んできた。

    ミャンマー来てからよく風邪引きます。どーもとるです。


    日本にいるときより、旅してるときよりも頻繁に風邪引いてます。なぜでしょう。ヤンゴンがホコリっぽいのが原因ですかね。菌がウヨウヨしてるんでしょう、きっと。日本からいらっしゃる方、私は風邪薬を欲しておりますw願わくばロキソニンがいいですw



    先日、ミャンマー人スタッフのBoBoから

    「Thanlyinへ行って、タンイェを飲まない?」

    と誘われました。


    Thanlyinって場所も知らないし、タンイェってゆー飲み物も知りませんが誘いには90%乗るタイプなので二つ返事で行ってきました。


    ミャンマーではぴーかん照りのときにも傘を差します。
    PB042233.jpg


    Thanlyinという場所はヤンゴンから南東の方角へ行ったところにある田舎町でした。


    雰囲気いい!竹に囲まれたその場所はとても涼しく過ごしやすい場所でした。
    PB042236.jpg


    そして例の物が出てきました。ひとカメ600チャット(60円)。安すぎて怖いw

    PB042237.jpg



    飲んでみる・・




    マズっ!!!!

    てか、くさいっ!!!!!


    どんなニオイかと言うと何にも似つかぬニオイで表現できないんですが、自然発酵させたときに発生するであろうニオイです。。

    少しとろみがあって、甘いです。そして臭いですw
    きっとアルコール度数は3%程度ですね。


    こちらネズミのから揚げ。ネズミって言われても鶏って言われても正直わかりませんw
    PB042238.jpg

    すごいギター。
    PB042265.jpg


    そこにいたヌコ!!

    PB042242.jpg


    しかも二匹もいたーーー!美形で毛並が超良い彼ら。ミャンマー人よりも綺麗にみえたw
    PB042269.jpg


    その酒のニオイがなさすぎて全然飲む気にならず、私は寝てましたw


    場所を変えてダム湖へ。
    ここで先ほど飲みすぎたBoBoが見事なマーライオンっぷりを見せてくれたのですが、見苦しいので写真は載せないこととしますw私が来てるTシャツはミャンマー語の「あいうえお」Tシャツ。きっとミャンマーで着るのはNGですが、日本だったら有だと思ってます!
    PB042278.jpg


    お昼は「Happy Country 2」というホントに1があるのか気になる店で食事。
    ローカルレストランなのにもかかわらず味も盛り付けも素敵でした!
    PB042286.jpg



    夕方にはヤンゴンに戻ってきて、People’s Parkで〆!
    ここは土地が広くて私が好きな場所のひとつです。
    PB042291.jpg

    まだまだ未知なる場所やモノがたくさんありますねー。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/06 16:17 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(6)

    ヤンゴンに無駄に最新式のバスが登場。

    どこまでローカル極めるの?これは最大の褒め言葉です。どーもとるです。


    絶賛ローカル路線爆走中でございます!たまに脇道にそれますが、基本はローカル路線上でございます。



    この日は平日の昼間でパンツスーツ姿でしたが、ダウンタウンからオフィスまでローカルバスで帰りましたw
    ミャンマー人スタッフでさえ乗らないというローカルバス。

    行きたいところの名前とヤンゴンの地図が頭の中に入っていれば大体のところはローカルバスで行けます。ヤンゴンでは一番運転の荒い車両がバスなので、タクシーを使うのとそんなに時間は変わらないと思います。車掌さんが物凄い剣幕で行き先を連呼しているので場所の名前がある程度わかっていれば、そのバスの路線が頭の中で描けるってわけです。

    精算の仕方は車掌さんに100チャットだか、200チャットを乗車後に手渡しますが、最近カード式のバスが登場したという情報を入手!!

    ミャンマーでカード式のバスを導入するメリットがあるのでしょうか・・端末はどうするんでしょうか?ローカルバスを使ってるミャンマー人の教育レベルを考えたらきっと理解できませんよw私も理解できませんもの、その意図が。

    なんてことを思ってたら、乗ったバスに付いてた!!

    PB022228.jpg


    バスの作りがマレーシアのバスっぽいんですが左ハンドルだし、ハンドルの位置を変えた形跡もないのでどこのバスでしょう。韓国でしょうかね。というか、カードどこで買うんですか?w案内とか一切ないんですけどw

    30分ほど乗っていましたが、案の定使ってる人誰ひとりいませんでしたよ。。

    しかもこのバス、乗車賃が高かった!

    通常立ちっぱなしだと100チャット、座ると200チャットでこの時は車内が込んでいたので立ちっぱなし。なので100チャットを車掌さんに渡したら、「足りん。あと100チャットだ!」的なことを言われました。




    ま、10円か20円かって話ですけどねw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/04 00:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    美味いオンノウカオスエ食べたければここだ。

    現在の髪型が大不評です。どーもとるです。


    日本でどんな髪型をしてたか、忘れてしまいました。いっそのこともう一度パーマをかけてやろうかと策略中ですが、それだけはやめとけ!といろんな人から止められます。ま、サラリーマンやってるかぎりは冒険できませんよね。

    ぇ、今の髪型でも冒険してるって?



    黙らっしゃい!!



    ミャンマーは麺料理が美味しいです。汁なし、汁あり、小麦緬、米粉麺、辛いもの、中華系の味付けのものなど様々な麺料理があります。さらに店によって味がかなり違うので挑戦のし甲斐があります。

    ぁ、でも普通の方は「しかるべき場所」でしか食事されないと思うので、そう考えると選択肢は多くないかもしれませんw
    私は路上の店でもどこでもお構いなしなのであらゆる場所であらゆる食べ物を食べてますが、ミャンマーで一度も下痢になったことがありません!お寺に置いてある水だってガブガブいっちゃいます。先日氷が桶にどかん!と入った水を飲んだときはさすがにヤバいかなぁと思いましたが、全く問題ありませんでしたw

    衛生状態は隣国のインド・バングラに比べたら遥かにマシですよ。。比べるところが酷すぎるかもしれませんがw


    ミャンマーではどの麺料理を食べても美味しいですが、中でもモヒンガーとオンノウカオスエは外せません!モヒンガーはハイパー有名ですが、オンノウカオスエは少々マイナーかもしれませんね。

    オンノウカオスエはココナッツミルクベースの麺料理で、嫌いな人は嫌いかもしれません。私も以前はタイ料理などに使われるこの「ココナッツミルクベース」の味が嫌いでしたが、知らない間に好きになりましたw

    オンノウカオスエはモヒンガーやシャンカオスエ、ナンジートゥなどミャンマーを代表する麺料理と比べると出現率が低いです。

    他の麺料理同様、オンノウカオスエも店によってかなり味が違うのですが、先日美味しいオンノウカオスエを出す店を見つけました!



    現在、オンノウカオスエ部門 暫定一位

    PB022225.jpg

    値段も400チャット(40円)とローカル価格です。一緒に頼んだライムジュースが500チャットでした。。
    食堂の場所は、ダウンタウンのMahabadoola RdとBo Aung Kyaw Rdの角。ショッピングセンターの向いです。店の名前は「Shwe Line Pang」シュエリンパン。ミャンマーではありふれた名前のシュエです。黄金という意味ですね。ミャンマーではやたらと「Shwe」という言葉を見かけます。
    この店は接客も愛想があっていい感じです。

    激物価高(特に不動産)のヤンゴンですが、良心的ローカル価格はまだまだ健在です。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/03 12:27 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    はろうぃん@ヤンゴン

    西洋文化に違和感を覚えずにいられません。どーもとるです。


    日本って、バレンタインとかクリスマスとか西洋のイベントを輸入するのが好きですよねー。そして10月31日といえばハロウィンです。

    10年ぐらい前まではハロウィンパーティはそこまで普及していなかったと思いますが、近年になってやたらハロウィンハロウィン言ってる気がします。まぁマスコミや広告代理店が消費意欲を煽って金儲けしようとしてるだけかと思いますが。

    そのうちイースター!とか言い出しそうですよね。


    ぁ、感謝祭は既にありましたね。


    紳助と和歌子の名コンビは永遠。
    kanshasai.jpg


    私はハロウィンパーティに全然馴染みがなくて、毎年この時期になるとハロウィンの背景をウィキペディアで調べてますが、すぐ忘れてしまいますw

    ヤンゴンでもにわかにハロウィン!ハロウィン!という声が聞こえてきたので、とりあえずクラブに行くことにしました。

    クラブが盛り上がる時間は、場所と曜日にもよりますが大体23時~24時です。その前に行っても淋しい感じなので、それまではどこかで一杯やりながら時間を潰すのが常。

    この日はミャンマー人の遊び友達と外で一杯やってから出陣!ここの野外バーいいですよ。
    Sayar San RdとKabar Aye Pagoda Rdが交わるところにあるホテルと同じ敷地にあるSports Barという名のスポーツバーですw
    PA312222.jpg


    Dj BarとGTRは喧嘩事件が発生したために現在閉鎖中です。なのでPioneerに行ってきました。ここでさらにミャンマー人の友達と合流。

    店員が仮装してたり、内装がハロウィン仕様だったり、平日にも関わらずすんごい人がいたりしましたが、個人的にテンションが高くなくNothing Specialでした。
    PB012224.jpg


    年末年始は、年末だー!!年始だー!!うぉぉおおお!!!って盛り上がりますが、ハロウィンってのはいまいち盛り上がりませんねw


    やっぱり私、日本人です。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2012/11/02 00:13 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。