スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    何かと爆上げ中のヤンゴンで教育費までも高騰。

    日本から帰ってきて物価の感覚が狂っていましたが、1日足らずですぐさま修正。どーもとるです。

    単純に日本とモノの値段を比べたらそりゃ安いですよ、ミャンマー。
    ただね、質が全然違うのです!!

    ミャンマーの価格は全くもって理にかなっていません。


    日本では安いものは安いなり、高いものはやはり高品質。というのが常識です。
    この常識が全く通じない国、ミャンマー。

    モノがない途上国では需給の関係で物価が吊り上るのはわかります。私が訪れた国で思い出されるのは東ティモールです。あの国は本当に自国で生産できるものがなく、カミソリ1枚ですら輸入しています。モノに対する需要もそれほどないので必然的にインフレ率は高くなります。

    しかし、ミャンマーは人も多ければモノも多いし、なぜにこんなに高いのでしょうか。値段が高いものの代表格といえば不動産です。場所にもよりますが、余裕のバンコク越えです。ホテルもオフシーズンに入ったにもかかわらず東京のホテルと寸分変わらぬ値段を提示しています・・。

    彼らの言い分は、過去十数年ずっと赤字で苦しんできた。旧法では借地年数が30年と限られており、残りの数年で過去の赤字を取り返す必要があり、背に腹は代えられない。ということですが、それに便乗してかローカルアパートですら値上げが激しいです。ホットシャワーはないし、蛇口さえないし、部屋は薄暗くて通気も悪いし、停電はするし、水もたまにこなくなったり・・という条件で一か月3万円とか4万円とかします。
    私は全環境対応型の人間なのでどこでも暮らせますがw、一般的な日本人が住めるような居住環境の場所なら10万円は出さないといけないでしょうね。


    不動産の価格高騰についてはここ1、2年続いていて、まぁ予想の範囲内というところですが、教育費まで高騰している模様です!

    私、子どもがいないので日本の教育費がどれぐらいかわかりませんが、同僚の子ども(3歳)がインターナショナル幼稚園に通っていて、月謝が約2.2万円。この値段ならまぁ悪くないかなぁと思いますが、なんと今回の更新で値上げされて5万円になったとのこと!


    5万円って約500ドルでしょ?私が現在通っているヤンゴン外国語大学は前期(4か月)が900ドルで後期(4か月)が600ドルなので平均すると月125ドルです・・。

    幼稚園が大学の授業料の4倍!!!


    値上げに関して幼稚園側も理由があるようで、
    その① 入園希望者の増加により、月謝を値上げして既存の園児数を減らす。
    その② 母国語が英語のイギリス人女性を先生として雇用。
    その③ 施設の拡充。


    まぁ真っ当な理由ですが、「ザ・資本主義」って感じですよねー。
    このように親の所得によって教育格差ができ、それはすなわち将来的に所得格差に繋がっていくのですね。まぁ低所得でも高等教育を受ける術はあるにはあると思いますが、それは簡単なことではないと思います。
    もし子どもができたらよーく考えなくてはいけませんね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/04/30 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    トリップアドバイザーにおすすめブログとして認定されました。

    正直、トリップアドバイザーがなんなのかよくわかりません。どーもとるです。

    旅しているときに情報を取ろうとするとぶち当たるサイトであることは確かです。ヤンゴンの街中でもあのフクロウのロゴを見かけることもちらほら・・。
    運営している方に当ブログ、Dreamctionが響いたようで強制的におすすめブログに認定されましたw
    なにやらバナーが2種類あるらしく、私は通常バナーではなくて優良バナーを頂きました!優良バナーは色がシルバーなんだそうです。


                                ↓これが送られてきたバナー↓

    トリップアドバイザー
    ヤンゴン観光ホテル口コミ情報



    確か以前、ミャンマーブログ村の名物ブロガー「ムロさん」も認定されていたように思います。

    ムロさんはもう帰ってしまったようなので、すなわち私が後継者ということでしょうか?w



    これによってアクセス数が上がったりするのでしょうか。
    いずれにせよ悪いことではなさそうですし、人の輪がどんどん広がっていくのは大歓迎なのでこれからもブログを書き続けたいと思います。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/29 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(3)

    ヤンゴン老舗日本料理屋と言えばココ。

    もし長男が生まれたら「壱太」にしようと、今日クソ暑いクーラーなしタクシーの中で思いました。それよりもまず結婚が先だろ!どーもとるです。

    テーマは「外国人が覚えやすい名前」です。ローマ字表記でRとFが入ると自分で発音するのも難しいですし、ローマ字表記のRもしくはFは日本語ではLもしくはHで発音される音なのでややこしいです。
    私はTORUですが、これは最悪な名前ですw
    日本語だったら「とる」で二文字ですし、すぐに覚えられると思いますが、英語だと伝えるのも難しい、相手に覚えてもらうのも経験上簡単じゃなさそうです。

    日本人の名前も外国人からしたら特殊なので、発音しやすくて覚えやすい名前っていいと思います。

    みなさん、そんな経験ありませんか?

    私は名字さえもミャンマー人にとって覚えにくいようで、レストランの予約などはミャンマーネームで取ることが多々あります。その方が確実、安全w




    掲題の件ですが、実はあの老舗超有名日本料理屋に私一度しか行ったことがありませんで・・w
    まぁ理由はいろいろとあるのですが、一番の理由は金銭的理由です。

    ということにしておきましょうかw

    決してそこまで高いお店ではありませんが、ローカル路線をひた走り、速度が速すぎてたまに脱線する私にとっては非常に敷居の高い店です。

    しかし、最近日本の企業の方に同行する機会があり、なんと3日連続お昼を食べに行ってきました!!

    定食。Nothing Specialですが安定度抜群で激ウマ。
    P4240507.jpg

    カツカレー。パンチ力◎ 安定感◎ 割高度◎
    P4250509.jpg

    P4250508.jpg

    値段ですが、やはり私の身銭では無理なレベルでしたw
    6,500チャット~なので約650円。日本だったら普通ですけど、ここヤンゴンですからね!それだけあればミャンマービール5、6杯飲んでたらふく食べられます!

    場所は言うまでもないと思いますが、アウンサンスタジアムの西側、City Mart本店の少し南側にあります。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/28 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(6)

    ついに行ってきた、ヤンゴンで有名なイタリアレストランと言えばココ。

    ミャンマー食べブログでお馴染みのDreamctionサイト運営者のとるです、どーも。

    いやー全然食べ物関係のブログにするつもりはないんですけどね。
    これに関しては様々な方からコメント頂いております。お前のブログは食いもんばっかだな!とか・・まぁその通りなのですがw

    食に関しては関心の高いテーマだと思うので、今後もヤンゴンのレストラン情報などはマメに発信していきたいと思います。



    ヤンゴンは意外とレストランの幅が広いです。ミャンマー料理はもちろん、インド料理、中華料理、タイ料理、日本料理、韓国料理、西洋料理、イタリアン、フレンチ、ラテン・・。まぁ幅が広いだけで奥行きは2メートルぐらいですがw

    今日はそんな奥行きの狭いイタリアンレストランの紹介です。

    居住者に有名なイタリアンといえば、DMZにあるSharkey’s、YUFLの前にあるCafé Di Bar、セドナホテルの1階のイタリアンレストラン、そしてインヤーレイクホテル隣にあるL’Operaです。
    Sharkey’sは大好きですが、Café Di Barに関してはサポートできないので何度も行ったことはありますがノーコメントでw
    セドナのイタリアンもまぁ悪くないです。

    Sharkey’sはカジュアルな雰囲気ですが、それに対してL’Operaはしっかりとしたレストランという感じです。
    テラス席が開放的でお勧め。
    P4230503.jpg

    インヤーレイクホテル自体静かですし、十分な広さもあるのでのんびり滞在するにはお勧めですがL’Operaも雰囲気は上等です。
    P4230506.jpg


    料理ですが、メニューも豊富で文句なし。
    そんなに品数は頼みませんでしたが、ん?と思ったことがなかったので全く問題なかったです。美味しく頂きました。
    料金はやはり少々高め(Sharkey'sよりも若干高い)でしたが、あの雰囲気とあの味なら納得です。適当に頼んだ白ワインが非常に美味しかったです。


    以前お茶をしに昼間に来たことがありましたが、その際はコーヒーとケーキを頼んで8ドルぐらいしましたw
    ローカル喫茶店へ行けば50円ぐらいなので物凄い経済格差ですよね。日々途上国で住んでいることを感じます。

    L'OPERA
    インヤーレイクホテル隣。入り口はインヤーレイクホテル敷地内正面入り口をまっすぐ行ってホテル入り口を手前に右へ。(看板有)
    01 665516, 01 660976, 09421034875

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/27 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマーの電力事情はこんな感じ。

    最近日中気温は40度との噂のヤンゴンからこんにちは、どーもとるです。

    新年を祝う水かけ祭りのながーい連休が21日に終わるとともにミャンマーに帰ってきたのですが、帰ってきた瞬間に訪問者の嵐!なかなかブログを書く時間が確保できませんが、ヤンゴンに戻ってきたことですし、また毎日更新を続けたいと思います。
    ブログランキングも定位置に戻ってきましたwみなさん、クリック有難うございます。



    いろんな方がミャンマーへ視察にいらっしゃっていますが、やはり目に付く酷さといえば




    インフラ。


    ボウフラじゃないですよ、インフラです。
    ま、ボウフラも酷いのですがw

    ぁ、インフレでもないですよ、インフラです。
    ま、実際インフレも酷いのですがw


    インフラ。と言っても交通インフラ、通信インフラ、水力インフラなど多岐に渡りますが、商業ベースの話をすればその全てが壊滅的な国であります。
    一応あるにはあるのですが、「安定供給」という言葉にはほど遠いです。


    今日は少し電力の話をしたいと思います。

    私は電力インフラの専門家でもなんでもないので、専門家の方からの質問は困りますのでご了承願いますw

    ミャンマーの発電は80%水力発電に依存しています。なので、雨季と乾季では発電能力に差が出ます。その差は20%超。
    ヤンゴン以外に住んだことがないので地方のことはわかりませんが、ヤンゴンでは停電が頻発します。高級ホテル、日系大手企業が入居するビルでも当然のように停電が起こります。

    先日空港へ行ったら、午前中なのに消灯時間でしたw

    P4230502.jpg

    P4230501.jpg


    乾季となれば、工場地帯でも政府から送られてくる電力が1日たったの2時間だったりします。
    こんな状態で工場が操業できるのでしょうか・・それでいて企業誘致を積極的に行っていますからね。すごいでしょ、ミャンマー。

    しかし、統計データによると電力が不足しているのはヤンゴン管区のみでミャンマー全体で見たら、供給は需要を大幅に上回り、山間部ではタイなどの隣国に売電しているそうです。
    ヤンゴン管区というのは地図でみればわかるとおり、平野が広がっており、水力発電所のある山間部からはほど遠いのです。ミャンマーの発電所は老朽化が進んでおり、発電効率が悪いのに加えて、送電能力が著しく低い模様で、山間部で発電された電力を効率よく都市部へ送電することができていないのがヤンゴン管区における電力不足の原因のようです。

    ヤンゴン管区では需要に対して供給力が半分ぐらいなので当然停電が起こりやすい状況です。経済発展とともに電力の需要は伸長していくのでそれに合わせた、というかそれを上回る速度で発電能力を上げていく必要があることと思います。

    電力の安定供給というのはヤンゴンだけでなく、東京もそうですし、大都市の宿命であり大きな課題ですね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/26 14:52 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマーの挨拶は不思議でいっぱい。

    アジア人でお馴染みのとるです、どーも。


    アジア人ってどういうこと?って話ですけど、よーするに国籍不詳とみなされることが多い。ということですw

    約1年間のミャンマー生活を経て、約1年ぶりに帰国したら日本人から英語で話しかけられたり、相手方が確実に私の国籍を疑っていたり、、と以前ではあり得なかったことが日常的に起こりましたw

    まぁ以前世界を放浪しているときも日本人に「こんにちは!」と声を掛けたら異常に驚かれたことが多々ありましたが、、。

    正直、国籍に関してはどこに思われてもいいのですが(極東アジアを除く)、声を大にして言わせてもらいますが、




    100%日本人です。


    日本に行けば、日本人から日本人ではないですよね?と言われ、
    ミャンマーに来れば、ミャンマー人からミャンマー人ではないですよね?と言われ、

    もういい、アジア人です。ということにしましたw



    Nationality→Asia

    今度、入出国の際に書いてやるかw




    さてさて、ミャンマー語での挨拶の話ですが、いわゆる「こんにちは」は「ミンガラーバー」と訳されていますが、これは外人向けに作られた言葉であり、元来ミャンマー語にはないそうです。

    しかしながらミャンマー語でも当然挨拶に値する言葉は存在するのであって、それが「ご飯食べた?」とか「元気?」とかです。ただ、英語のWhat's up? How's it going?などに値する言葉はありません。ミャンマー語の「元気?」ネーカウンイェラー?は英語に訳すとHow are you?に値して、毎日顔を合わせる間柄では使いません。したがって、「ご飯食べた?」タミンサーピービーラー?が最も適した日常的な挨拶と言えます。

    バンコク在住のとっぴーさんから聞きましたが、これはタイも同じだそうです。



    さらに変わった挨拶がミャンマーには存在します。
    しばらく会っていなかった人と会った時の挨拶です。もし相手に笑顔があって、元気そうならば、




    太ったね!!

    と会心の挨拶を浴びせますw
    これは実際に太っていなくても、ミャンマーではふくよかに見える=豊かさ、充実度の表れとされるようで、嫌がらせでもセクハラでもなんでもありません!非常に好意的な言葉掛けなのです。
    縄文時代の人たちが豊穣を祈ってデブな土偶ばっかり作っていたのと同じような感覚でしょうかw

    日本から帰ってきて実際に太ったと思いますが、ミャンマーに帰って来てから非常に多くの人に、




    太ったね!!

    と言われます。。こーも言われるとわかってはいるものの気分は決してよくないですw

    言われてばかりだと悔しいので、




    お前はもっと太ったな!!ガハハハハ!!!

    と言い返していますw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/25 10:57 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ヤンゴン国際空港の業務処理速度が驚異的だった件。

    ミャンマーの空港に降り立った瞬間、ミャンマーの香りを感じましたどーもとるです。

    その国によって「ニオイ」ってありますよね。アメリカはドキツイ香水のイメージです。ミャンマーはミャンマーですw日本は無味無臭でしょうか。清潔すぎるというかなんというか、、インドはスパイスかなぁーw



    ミャンマーに戻ってからの初めのサプライズは空港でした!

    飛行機が降り立ってから(Landing)、空港を出るまでにかかった時間はわずかに20分!!
    他にかぶるフライトがなかったのもあると思いますが、全てがスムーズでこの速度には驚きました。
    まぁ小さな国際空港なので時間を短縮することはそんなに難しくはないのですが・・ここミャンマーですからねw

    約1時間遅れで到着した同僚も同様だったそうです。今後お客さんを空港に迎えに行くときには気を付けなければなりませんね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/23 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    日本の麺がラーメンならば、ミャンマーの麺はこれだ!

    ミスターモヒンガーでお馴染みのとるです、どーも。


    ヤンゴンに戻って翌日の朝。是が非でもこれが食べたいと思っていました!!



    モヒンガー。

    P4220496.jpg


    オフィス近くにある、その通い慣れたモヒンガー屋ではもはや特別にオーダーすることなく自分の好みのトッピングが出てくるw(400チャット、40円)
    P4220495.jpg


    P4220497.jpg


    ぁーバナナの幹のシャキシャキ感が懐かしい・・。(日本ではまず食べられません
    P4220498.jpg



    日本にいるときにLittle Yangonと呼ばれる高田馬場でモヒンガーを食べましたが、予想よりかは美味しかったものの、やはりイマイチでした。(500円)
    P4170426.jpg

    この高田馬場はミャンマー料理を食べる。というよりもふつーにミャンマー語が通じる。というのが魅力で特に美味しくもないミャンマー料理を高いお金を払って食べに行くのはナンセンスである。
    私はミャンマー料理は悪くないと思っていますが、それはあくまでも単純にコスパがいい。ということであって、日本食のように必ずしも美味ではありませんw
    安い値段の割に、イケる。ということです。高田馬場で500円のモヒンガーを食べるならば日高屋の野菜たっぷりタンメン(490円)を食べた方が遥かに満足度は高いですw



    朝モヒをしてかなり実感が沸いてきました。自分の定住場所がヤンゴンというのは客観的に見たら不思議な感じがしますが、名古屋よりも東京よりも今はもうしっくり来ています。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/22 14:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    麺から麺へ。

    飛行機が珍しく激揺れで生死を彷徨いました、どーもとるです。


    羽田からクアラルンプールに向かう途中で機体が大きく揺れました。もう数え切れないぐらい飛んでいますが、危機的状況は未だに体験したことがありません。


    激しく揺れる機体・・

    泣き叫ぶ人々・・

    爆睡する自分w


    機体が大きく揺れたのは確かですが、その時夢も連動していたので果たしてそれが現実なのか夢なのか、よくわかりませんw
    夢の中では、エアポケットに入って急降下→機長がなぜかエンジンを止める→自然の力に任せて浮上するのを試みる→失敗→翼がヤシの木にあたる→炎上しながら胴体着陸を試みる・・こんな感じの流れでした。

    現実なのか夢なのかよくわからない中、自分は至極冷静で、というのもこの状況では自分ができることは祈ること以外何一つないので騒いでも喚いても無駄なのです。
    飛行機事故で小さな子どもが生き残ることは珍しくありません。これには彼らのサイズが影響しているようです。なので、最善策は身をかがめることです。そんなことをシュミレーションしているにカラダに衝撃が伝わりました。




    KLCCに着陸。


    日本を出る前に何か美味しいものを食べよう!と思って羽田で食べたのは、せたが屋のつけ麺でした。
    悪くなかったけど、感動はありませんでした・・。
    P4200493.jpg


    早朝6時半にKLに着いて食べたのがカリーミー。
    あまり美味しくなかった・・。
    P4210494.jpg

    個人的にマレーシアに着いたら必ず食べたいものはカリーミーとナシレマッ。ナシレマッはチャイニーズマレーシアンには酷評されているマレー料理ですが私は好きです。以前は大嫌いだったココナッツミルク風味の料理が今では大好きになりました。ぁ、ひょっとしたらこれが私を日本人に見られなくさせているのかもしれませんw


    日本出るときに麺食べて、マレーシアに着いて麺食べて、ミャンマー着いたらまた麺食べるんかなw


    ひとつ言っておきますが、私そんなに麺料理好きじゃないです。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/21 08:51 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(3)

    これぞ日本の美風景。

    ブログ書いてなかったらランキングが暴落して悔しいから久しぶりに書く!どーもとるです。

    いやーお久しぶりですね。毎日更新が滞っていて寂しかったですか?ミャンマーブログ村のトータルアクセスが落ち込んでいるように思えるのですが、私の影響が少なからず・・




    ありませんよね。

    私、本が好きであらゆるジャンルの本を手に取りますが、雑誌には全く興味がなく、前職のときも東洋経済とか日系ダイヤモンドとか経済誌さえ興味がなく買いませんでした。
    しかし先日たまたま見かけた新聞の広告欄に目を惹かれて、即買いしてしまった週刊誌が

    コレ。


    P4160393.jpg

    いわゆる春画というやつで、実際にこれはエロ目的ではなくて漫画のような意味合いが強かったようです。
    市民の生活を描写した浮世絵。技法の観点もさることながら奥が深くて面白いです。




    さて、日々忙しく日本を堪能しているのですが先日、これぞ日本。
    的な風景に遭遇することができました。


    P4160355.jpg

    P4160358.jpg



    同僚のRaymondさんと私の両親の4人で富士山麓へ行ったのですが、天候に恵まれて素晴らしい風景に出会うことができました。

    忍野八海。
    P4160389.jpg

    魚の世界。
    P4160386.jpg

    ここで泳いだらウユニを超える体験ができるかもしれません。
    P4160375.jpg


    カメラ好きの方がカシャカシャやってましたが、水中写真を撮っていたのは私一人でした!!


    衝撃にも強いToughシリーズ、ちょーオススメです。

    OLYMPUS デジタルカメラ TG-820 ブルー 10m防水 2m耐落下衝撃 -10℃耐低温 耐荷重100kg 1200万画素 裏面照射型CMOS 光学5倍ズーム DUAL IS ハイビジョンムービー 3.0型LCD 広角28mm 3Dフォト機能 TG-820 BLU

    新品価格
    ¥15,209から
    (2013/4/18 08:48時点)






    時期に帰りますので、毎日更新はもう少々お待ちください。

    ↓とりあえず、皆さまのクリックで順位を上げてください!↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/18 08:50 ] 日本。 | TB(0) | CM(2)

    満員の電車から溢れ出る人たちを見て思ったこと。

    日本という国は良い意味でも悪い意味でも変わった国です。
    今日は悪い意味での日本を書きたいと思います。これは私が久しぶりに東京に戻ってきて感じたことです。

    東京にいる間は毎日都内をぐるぐるしているのですが、移動は全て電車です。昼間はそんなに混んでいませんが、空いていることはあまりない東京の電車。
    大きな駅だと、入ってきた電車の中には多くのひとがいて、まだかまだかと扉が開くのを待っているひとが扉の向こうにたくさん立っています。そして扉が開いた瞬間にダムの放水のように人が溢れ出す・・。

    そんな東京では当たり前の光景を目の当たりにして思いました、




    なんだかみんな同じ顔しているな。

    東京にいる人は伏し目がちで、重くひんやりとした冷たい空気を身に纏っているように感じました。これは前から思っていましたが、ヤンゴンと比べるとそれは顕著です。みんなミャンマー人よりも確実に良い暮らししているはずなのになぜでしょう。


    明るい未来がない。


    ということなのでしょうが、寂しい限りです。



    先日、旅で知り合った友人と話していましたが、旅ではいかに動物的感覚を働かせて、様々なことに敏感になって、それを楽しむことが重要かつ必要です。
    しかし、東京で働くとこのような感覚は不要であり、逆にその動物的感覚をいかにかき消すか、が生きる術だと。

    人間らしくないですね。


    そう、東京で働いている多くの人は人間らしくないです。ロボットみたいです。
    感情がなく、指示通りに動く動産。ミスをしないのが当たり前の世界。減点方式での評価。

    もうこれは構造的な問題なのでこの大国を変革するのは不可能に近いでしょう。日本経済が崩壊して、先進国から転落することはないでしょうけど、再び「Japan as No.1」と呼ばれることは私が生きているうちはなさそうです。




    やっぱりミャンマーでしょ!

    ドリムクションでしょ!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/06 00:00 ] 日本。 | TB(0) | CM(6)

    とる in トーキョー。ヤンゴンはいつ東京に追いつくか。

    東京生活満喫しすぎてマン喫で夜を明かしました、どるですどーも。

    深夜到着の便で羽田に着いてから東京モノレールに乗って都内へ移動したのですが、車窓から見える久しぶりの東京の風景・・港湾、陸橋、倉庫、オフィスタワー、タワーマンション・・




    ココハ、ミライのくにデスカ?

    前々から東京湾エリアは近代的な場所で「ふへぇ~。」といつも思っていましたが、今はヤンゴンで暮らしていますし、もはや基準がヤンゴンになってしまっているので、ヤンゴン目線で見る東京はいつも見ていた東京、自分の知っている東京とはだいぶ変わって見えました。

    ヤンゴンが東京になるには

    あと100年かかると思います。

    いや、100年でも無理かもしれません・・。本当に凄いですね、東京のインフラ、建築技術というのは。
    まぁそんな話を会社経営者の方と話していたのですが、日本は戦後物凄い勢いで復興したとはいえ、ここまで来るまでに多くの時間を要した。しかし、今は先進国が多く誕生したし、新技術を導入すれば途上国のキャッチアップも早いだろう。中国が良い例です。

    と。その通りだと思いますが、日本は戦中に戦闘機や戦車を自前で造る鉄鋼技術がありましたからね。ミャンマーとはベースが違う気がします。ミャンマーが中国のようにいらぬプライドは捨て、パクるところはどんどんパクる。ということができれば発展速度も早いように思いますが、暮らしていて思うのですがミャンマーにはできないかなぁと。そーゆう民族ではない気がしています。

    インフラ専門家でもない私が言ってもあれですが、ヤンゴンにはごくごく普通の立体交差点がつい最近できたばかりの国ですからね・・しかも距離は極短。


    途上国の成長は未知数ですし、未体験なので確信はないのですが、私はそのように感じています。



    丸の内オフィス街より皇居、新宿方面の眺望。


    東京に比べたら、




    やっぱりニューヨークは田舎だろ。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/05 06:16 ] 日本。 | TB(0) | CM(2)

    ものづくりって素敵 in Japan.

    爆発的なOUT!ブログ村ランキング、ミスターアウトでお馴染みのとるです、どーも。

    前にもInポイントとOutポイントの話はしましたが、Outポイントはブログ村のランキングサイトから私のブログに来た場合に加算される数字です。これは延べ数ではないので、1日1つのIPアドレスに対して10ポイントです。これがですね、一日1000とかあるのですよ!つまり、100人もの人が見ているのですよ!当サイトを。
    有難いですね、もっと真面目にやらないといきませんね。でも真面目に書きすぎて友人からは



    堅すぎる。

    とクレームを頂いていますw



    ご存知の方はご存知の通り、私現在日本におります。東京におります。実家は名古屋ですが、大体帰国した際には東京か大阪におります。世界一周から帰ってきたときも実家には1、2週刊ほどで、東京に1ヶ月おりました。ミャンマーを22日間視察旅行で訪れてからも8割がた東京におりました。そんな親不孝者です。味噌カツは大好きですが、あまりにも地元に帰らないので非国民扱いされていてもおかしくない状況ですw

    35度のヤンゴンから来たわけですが、私が来てからずっと天気が悪く、4日間でまだ一度も晴れ間を見ておりません・・晴れ男なのにおかしな話です!しかも朝や夜は気温が8℃とか9℃とかで吐く息は白く、関節が痛む日々です・・。

    何をしに日本へ来ているかというと、



    100%旅行です。

    そうはいっても、前の会社のお客さんとか、取引先にも行ったりしているので遊んでばかりいるわけではありません。毎日4アポ、多い日は5アポ、6アポと宿を10時に出て、帰ってくるのは零時すぎ。という日々を送っています。もはや、ベースは完全にヤンゴンなのですが、東京にも可愛がってくれる方がたくさんいて大変嬉しく思います。つくづく自分は人が好きなんだなぁと実感する毎日です。

    たくさんの人に会いまくってますが、その中の一人で洋服のデザイナーさんがいます。彼女とは世界一周中にチリの首都・サンチャゴ、エロカフェで有名なサンチャゴの変態露出狂彼女はハト、のアメリカ人がオーナーの安宿で出会いました。どうやら一晩一緒だっただけのようですが、その後もたまに連絡を取り合い仲良くさせてもらっていて、つい先日自分のブランドを立ち上げて独立したそうです。彼女がFacebookで投稿する作品の数々が素敵で是非一度現物を見てみたいと思っていたのですが、奇跡的に展示会をやる、ということで代々木上原のギャラリーに行ってきました。


    一点モノ。

    作り手の顔が見える。


    私は情に厚いタイプなので大量生産されているものよりもこのようなものが非常に好きです。お茶の世界もそうですね。
    東京に住んでたらカバンでも買いたかったのですが、一日外を歩いたら砂まみれになってしまうヤンゴンでは活躍の場がないと思い買いませんでした。

    P4010070.jpg


    そしたら彼女が餞別に!ということで手ぬぐいをくれました!

    ぁ、カメラ新調してめちゃ良い感じです。またしてもOLYMPUS Toughシリーズ。
    P4010075.jpg


    本当に人の縁というのは不思議で面白いと思います。何がどうなって繋がるのか不思議でなりません。誰かが仕組んでいるとしか思えないです。しかしながらその縁を続けていくのか、切ってしまうのか、というのは当人たち次第でありますし、選択肢はあるんですよね。

    たまたまですが、これもまた旅で出会ったつながりで、その方とはアルゼンチンはブエノスアイレスの有名な日本人宿、上野山荘というハイパー居心地の良い安宿があるのですが、そこで一瞬だけ出会った方です。アルゼンチンの名物料理の中に「チョリパン」という食べ物があるのですが、それをそこの有名店で修行をして、東京で開業した方です。

    場所は同じ代々木上原の井の頭通り沿いにあります。
    「Mi ChoriPan」※私のチョリパン、という意味です。
    P4010063.jpg

    P4010068.jpg

    P4010064.jpg

    P4010065.jpg

    P4010067.jpg

    P4010073.jpg

    久しぶりに食べたチョリパンはあの味で、非常に懐かしくて美味しかったです!当然の全部乗せをしたので、値段は1000円でしたが、この1000円という価格設定は高すぎるのではないかなぁと思いました・・周りの飲食店は1000円でランチセットを出してますからねー正直そこまでの競争力はないように思います。味は間違いないのであとは価格のマネージメントですね。



    日本滞在中はブログの更新にこだわっていないのでどれぐらいの頻度になるかわかりませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/04 00:00 ] 日本。 | TB(0) | CM(0)

    味噌カツIn Yangon!

    三度の飯より味噌カツがすき。どーもとるです。


    味噌カツが既に飯だ!というツッコミはやめてなさってよ。



    きっと好きな食べ物ベストスリーの中に味噌カツがランクインします。名古屋では容易に食べられる味噌カツですが、日本国内ですら名古屋圏を出ると、それがソース付きのとんかつになったり、卵とじのカツ丼になったりと、とんかつ定食にみそが付いてくることはまず有り得ません。(そらそーだw

    実はみそかつで有名な「やばとん」の味噌カツはあまり好きではなく、サックサクの衣に自分でみそを付けて食べるタイプのみそかつが好きです。


    ヤンゴンにある知る人ぞ知る、日本食屋「桜」のとんかつが美味しいことは前から知っていました。ここにあの八丁味噌のたれがあれば・・




    持ち込んでやりましたー!!

    隣りにいるのはYUFLの日本語科の先生です。
    P3271175.jpg

    この日はYUFLの日本語科の先生数人たちとランチを食べに行ってきました。
    桜のとんかつと、盛田酒造のみそかつのたれが合わさったその時!

    ふつーのとんかつは完全に味噌カツと化します。

    P3271178.jpg

    P3271177.jpg


    めちゃくちゃ美味しかったです!!



    勢い余って、その夜はFriendshipで飲んだのですが、、




    フレンチフライ×みそ!

    P3271181.jpg



    ・・・



    これは美味しくなかったですw


    続きまして、、




    カオスエチョー×みそ!

    P3271182.jpg



    ・・・



    これはカオスエチョーがみその味に支配されていましたw



    どんなスーパースターでも活躍するには土壌が必要なんですね。



    味噌カツが食べたくてうずうずしている方。一緒に桜へ行きましょう!味噌カツのたれ持っていきますw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/03 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    ヤンゴンで食べる高級アイスクリーム。

    1日1アイスでお馴染みのとるです、どーも。

    世界一周しているときはあちこちの国でアイスを見かける度に食べていました。アイスが安くて意外と美味しい国といえば・・・




    コロンビアです。

    ダントツでコロンビアです!
    この国がなぜ他国を寄せ付けないのかわかりませんが、道端で売っているアイスクリームでさえ美味しく、そしてコーンが堅くて最高です!


    50円ぐらいで3スクープぐらいだったと思います・・アイスクリーム天国コロンビアw

    まぁ日本では滅多に食べたいと思いませんし、食べることもないのですが、海外にいると感覚が変わるのは不思議ですね。
    旅しているときは炭酸系のジュースをがぶ飲みする女子によく出会いましたw



    ヤンゴンでも道端でアイスクリームが売られています。
    種類は割と豊富ですが、失敗がないのが紫色をしたタロ。意外と悪くないのがラムレーズン。値段は500チャット~1000チャット(50円~110円)でしょうか。これはモヒンガー1、2杯分ですから全然安くないですね。というか、日本のコンビニレベルじゃないですか、これ。。



    今日紹介するのは、最高級アイスです!

    私が再三おすすめしているイタリア料理店Sharkey'sがアイスクリームも販売しています。ショーケースからして美味しそうです・・。
    P3271183.jpg

    驚くなかれ、その値段ですがコーンにしたら2500チャット!(270円)しかもこの場合、ストロベリーとパッションフルーツの2種類しか選べません。。違う味を食べたければ3000チャットです!!(330円)
    P3271184.jpg


    ミャンマー生ビールが一杯600チャットなので、

    シングルスクープのアイスクリーム=生ビール5杯

    ということになります。。ガクブル


    生ビールが安すぎる!という意見もあるかと思いますが、この前道端で食べたモヒンガーは200チャット、トッピングつけて300チャットだったので、この辺りがローカル価格と言えるでしょう。
    日本だと生ビールが安い店で480円ですから、その5倍というと・・



    2400円!!!!

    2400円のアイスクリームですよ!なんですかそれ。金粉塗してもそんなにいかんでしょうにw

    この前ミャンマーの不可思議な不動産価格高騰についてちらっと書きましたが、おかしいのは不動産価格だけではなくて、あらゆるところでおかしくなっています。。価格統制がとれていないというか、これがインフレ国たる所以なのでしょうか。

    散々超高級ぼったくりアイスクリームのことを言っておいて、これからもサクっと買うと思いますwだって美味しいんだもん。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/02 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    有名ローカル店に行ってきた。~ミャンマー料理編~

    食天国アジア万歳!しかしながら最近あまり食べられなくなってきました、どーもとるです。

    年齢と共に基礎代謝は低下するので食べる量は減らすべきですよね。若いときと変わらぬ量を食べていれば太って当然。働いていたら運動する機会もあまりありませんしね・・。ま、なんだかんだいって食べるときはモリモリ食べている私ですがw



    有名なミャンマー料理屋に行ってきました。
    「アウントゥカァ」日本人には覚えづらい店名ですw
    場所はSavoy Hotelの近くです。あまりにも有名な店なのでここを知らないタクシードライバーはいないと思います。もし知らなかったらミャンマー人じゃない可能性があるのでお気を付けくださいw
    P3241167.jpg

    ここは本当にローカルですが、なぜか外国人が多く来るんですよねー。もちろん地元客もいますが、本当に不思議なぐらい外国人が多いです。ガイドブックに載っているのでしょうか。
    P3241168.jpg

    P3241169.jpg


    ミャンマーカレーの王道、ウェッターヒン。
    P3241170.jpg

    バズンヒン。
    P3241171.jpg

    私がミャンマーで一番好きな野菜、コラカァニュの炒め物。コラカァニュチョー。
    P3241172.jpg


    このお店に来るのは2回目で、前回来たときの印象はあまり美味しくないな。

    でしたが、今回は・・





    やっぱり美味しくないな。


    自信が確信に変わりました!


    味付けが全体的に塩辛いです!私は油でぎっとぎとのローカルミャンマー料理も割と好きなのですが、ここの料理は塩辛い!コラカァニュチョーだって塩辛い・・。




    もうこの店には来ません。。


    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/04/01 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。