スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    日本料理屋「いずみ」のオープニングへいってきた。

    ブログを書く時間がなくてあわわわわ。どーもとるです。

    通常土曜日にまとめて5件とかアップしていたのですが、ここ最近土曜日は朝から漁港へ行ってエビのセリを見て、その後はその足でエビの加工工場へ行っているのでブログを書いている時間がありません・・。夜は夜で基本的に毎晩予定がありますし・・。そんなわけで最近は3日に1記事アップできればいい感じになっています。
    先日ブログを通じて連絡をくれた方にお会いしたのですが、ミャンマーに関する情報は圧倒的に少なく、ブログの果たす意味合いは大きいとお褒めの言葉を頂戴いたしました。まぁ私は趣味でやっていることなのであれですが、求められるということは嬉しいですね。誰かが言っていましたね、人間一番ツライのは無関心であることだと。



    さて、ヤンゴン市内には日本料理屋が相当数あります。日本人の数に対してその店舗数は多いように思います。

    ちょっと様子見たほうがいいんじゃないかな・・というのが素人目の素直な感想ですが、新しく日本料理屋がオープンしました!

    「いずみ」
    Tower-A(8G) Diamond Condominium, Pyay Road, Kamayut Twonship
    01 122 1262
    P8231268.jpg



    ここから先は写真でお楽しみ下さい。


    P8231269.jpg

    P8231270.jpg

    P8231271.jpg

    P8231272.jpg

    P8231273.jpg

    P8231274.jpg

    P8231275.jpg

    P8231277.jpg

    P8231278.jpg



    オープニングだったので値段を伏せた状態で頂きましたが、これがいくらで出てくるのかが生死の分かれ道となりそうです。
    現状、日本人が店舗にいるところで「ぇ、こんな値段で出しちゃっていいの!!?」とその値段の安さに驚く店はKOSANしかないように思います。似たような価格帯でやっている店は多くありますのでそこといかに差別化を図っていくかが重要になりそうです。



    現在ヤンゴンでは日本人向けのレストランは熾烈を極めております。



    ・・・

    競争が厳しいのはブログ業界も一緒かもしれませんねっ(ガクブル

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/08/27 20:59 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    タクシーに適正価格で乗る方法。

    ここ1週間ずっと調子悪い。どーもとるです。

    いやーおかしいですねー。酒も絶って、早く寝て、ロキソニンも飲んでいるのに風邪が全然よくなりません・・。慢性的な扁桃炎と、鼻水と、咳と・・。明日にはよくなる予定ですけどね!(ニコっ



    先日フェイスブックでタクシー料金についてつぶやいたらまずますの反響がありました。
    なので、以前もちょろっと書きましたがもう一度書いてみたいと思います。

    途上国のタクシーは基本的に事前交渉制です。ミャンマーもご他聞に漏れず。
    ガイドブックなどには「メータータクシーが安全。」と書いてありますが、私はメータータクシーは逆に信用ならんので乗りたくないです。その土地をよく知っていれば話は別ですが、知らなければ遠回りされてもわからないからです。実際にバンコクで一度これをやられたことがあり(バスターミナルへ行くのにその周りをぐるぐるw)、事前に交渉して値段が決まっていればこのようなことは起こりえないのです。タクシードライバーだって、値段が決まってしまったのならそれ以上もそれ以下もないわけですから出来るだけ早く客を降ろして次の客を捕まえたいはずです。


    ・・・メータータクシーの料金は距離が関係している。

    ・・・交渉制タクシーの料金は時間が関係している。


    つまり彼らは距離よりも顧客の回転率を意識しているのです!

    自分がタクシー運転手になってみればわかることです。
    どうしたら効率よく金が稼げるか。どういう客が上客か。


    ミャンマーはメーターではないのでどれだけの距離を走ったか、ではなくて1時間で何人の客を乗せれるかが勝負。
    ちなみに1時間タクシーを貸し切ると7000チャットなのでざっくり計算して私は10分1000チャットとしています。


    8割ぐらいの確率で彼らの( ・∀・) イイネ!
    間違えました。言い値はこちらの予測額、もしくは希望額よりも500チャットか1000チャット高いです。(料金の変動幅は基本的に500チャット刻み)

    なので、料金を聞いた上で8割ぐらいの確率でこちらが言うセリフは、
    「ゼーチーデー!(高いぉ!)」


    それから彼らは言い訳を言います。
    主な言い訳は以下の3つ↓

    ①「ディーゼー ガ ゼーチーデー!(燃料代が高いのっ!)」

    ②「カー ペイッテー!(渋滞してるのっ!)」

    ③「バイ ナーデー・・。(お腹が痛いんだ・・。)」



    彼らの言い訳を論破する方法ですが、

    ①ディーゼル、ガソリン代が高いのは事実なのでガスで走っているタクシーと交渉しましょうw

    ②「アクー マ ペイッ ブー ノー!(今、渋滞してないって!)」※本当に渋滞している場合は大人しく引き下がりましょうw

    ③「ネーダイン タウンガーヤー ネ ヤーデー。(毎日、1500で大丈夫なんだけど。)」
    ※ネーダイン=毎日
    タウンガーヤー=1500
    ネ=~で
    ヤーデー=大丈夫です


    一番使えるフレーズは③ですね。
    これは私もよく使うフレーズです。毎日同じ場所から乗ることなんてありえないのですがw
    ネーダイン(毎日)は若干大袈裟なので、マネェガ(昨日)に変えてもおk

    もしくは所要時間を完璧に予測できるならば、バラウッレー?(いくら?)なんて聞かずに「タウン ガーヤー ネ ヤーラー?(1500でおk?)」といきなり言ってしまうのも手。
    私はこっちの方を多用しています。もうこっちから値段決めちゃうってゆーw
    だって、自分の中ではもう値段が決まっているんだから交渉の余地なしでしょ?


    初乗りは基本1500チャットですが、5分程度(徒歩20分)の距離であれば1000チャットで乗ることも可能です。
    この際は、まず先に

    「タ タウン ネ ヤーラー。(1000でいいでしょ。)」

    と先制パンチを食らわして、きっとごにゃごにゃ言ってくるので、②のフレーズ

    「カー マ ペイッ ブー ノー!(渋滞してないし!)」を使い、さらに

    「アヤン ニーデー ボッ!(めっちゃ近いじゃん!)」と畳み掛ければ、


    ウザったそうに「わかった、乗れよ。」と言ってくれるはず♪



    ちなみに先ほど料金設定は基本的に500チャット刻みと書きましたが、切り詰めれば1分100チャットなので、100チャット刻みの交渉も可能ですw
    10分はかかるけど15分はかからないと思われる距離を1200チャットで乗ったことが何度かありますw



    途上国ではよくあることですが、外国人と見るやふっかけてくる輩が多々います。それに対して金払いの良い外国人も多々います。
    先日友人が、2000チャットで行けるだろうと思われるところまで4000チャットの言い値に同意したのには驚きました・・。これね、その場だけで見ればお互い納得しているので別にいいんですが、他の人が煽りを受ける可能性があるんですよね。ホテルの前に待機しているタクシードライバーなんかがそうですね。信じられない値段を平然と言ってきますよ。
    私、その国にお金を落とすことは大賛成ですが、良い落とし方と悪い落とし方があると思います。


    隣国のバンコクと比べてヤンゴンのタクシーは高すぎます。


    バンコク・・道綺麗。車綺麗。クーラー有り。超快適。初乗り32バーツ?(約100円)
    ヤンゴン・・道洪水。車ポンコツ。クーラーなし。最悪。初乗り1500チャット(約150円)

    これで強気でこられたら憤慨ものでしょ!

    彼らを甘やかしてはいけません!




    そうはいっても適正価格に叩いた挙句、ミャンマー語の勉強に付き合ってくれたりした良心的ドライバーには言い値よりも多く払ったりしていますけどねw
    不便な点はいろいろありますが、私は人が好きなので先進国よりも人と接することが多い途上国は自分に合っていると思います。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/23 02:26 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    第十回ラーメン道の告知とラーメン暫定ランキング。

    睡眠∞モードに入ると大変。どーもとるです。


    先日の日曜日に睡眠∞モードに突入致しまして。

    どういうことかと言いますと、寝ても寝ても眠いのです!!
    眠すぎて夜ご飯を食べるのを忘れたほどですw
    この恐怖の∞モードに突入することが一年に1度ぐらいあります。普段授業中にしか寝ない私もこの時ばかりはコアラに勝てるかもしれん。という変な自信に満ち溢れますw

    コアラの驚異の睡眠時間。
    参考資料はこちら!


    先週まで9週連続で水曜日か木曜日にヤンゴンにあるラーメンを食べ歩く「ラーメン道」というイベントを企画させて頂きました。
    ノリで始めたこの企画ですが、参加延べ人数はなんと




    150名!!

    いやー本当に有難うございます。私と(勝手に私設秘書の)アッキーでノリで始めたこの企画ですが、これほど多くの方に参加して頂けるとは思ってもいませんでした。感謝です。イベントというのは参加者がいなければ盛り上がりませんからね。私とアッキーのふたりで毎週ラーメンすすってもねぇwま、それはそれでいいのかもしれませんが(は


    そんなわけで皆さまの評価を総まとめして、
    暫定順位を発表したいと思います!!



    醤油ラーメン部門暫定一位

    しあわせすし


    まさかの寿司屋がヤンイチですw
    オーナーいわく、ラーメン屋だけ別出店する予定。とのことなので期待大です!




    味噌ラーメン部門暫定一位

    味好ラーメン


    博多ラーメンと宣伝している当店ですが、「辛味噌ラーメン」が圧倒的な美味さです!




    とんこつらーめん部門暫定一位




    ここがヤンゴンで一番とんこつラーメンに近いとんこつラーメンを出しているのでw




    ジャンクラーメン部門暫定一位

    ハローHello


    ここのTenshin ramenには度肝を抜かれました・・。



    ラーメン好きな方で圧倒的に支持される味はとんこつです。
    未だヤンゴンにはこの需要に応える店がありません。


    ならば


    作ってみようかと。

    最後のラーメン道、第十回はとんこつラーメンを自作します!!
    場所はもう確保してあるのですが、その前に研究をしますので日付はまだ未定です。一応、9月の1週目を予定しています。研究の様子などもレポートする予定ですのでお楽しみに!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/20 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(7)

    第九回ラーメン道~勝~ラーメンよりもちゃんぽんを喰え。

    マイペースすぎる幹事でお馴染みのとるです。みなさん、ごきげんよう。


    毎週たくさん人集めてよくやるよねー!

    ラーメン道以外にもちょこちょこ企画してるよねー!

    俺にはできないわー。すごいことだよー。


    と度々言われることがあります。

    いやー私は企画するだけで、後は参加者の人たちで盛り上がってくれればいいんですよ。そういう場を提供しているだけなので、私が仕切ってなにかをすることはありません。二次会だって、自由性ですしw私は予定があればふつーに帰りますw



    それってハイパーマイペースな人じゃないとできないよね。



    ・・・

    ご名答!



    第九回ラーメン道では日本料理屋の「勝」さんにお邪魔しました。
    場所はアウンサンスタジアムの西側、シティマート一号店のやや北にあります。
    P8151258.jpg


    この日はキャンセルに次ぐキャンセルでこれほどキャンセルが出たのはラーメン道初でした・・。
    気合いを入れて、15名~20名で。と予約しましたが、10名ぐらいになりそうで不安な気持ちでスタート。


    予定の19時時点で自分を入れて二人w
    それからひとり、またひとり・・と増えて19時半頃には



    17人になっていました!!

    P8151233.jpg

    いやー嬉しいですね。
    イベント告知と人数の把握は毎回Facebookでやっていますが、参加表明した人の大体2倍弱ぐらいの人数になりますね。
    というかあれ、「行かない」的なボタン押しづらいですよね。イベント主催側からすると行かないボタンもしっかり押して欲しいのですが、、Facebook見てない場合だってありますし。
    でも参加者側になってみればその押しづらさといったらw


    差し入れも登場!
    黒糖焼酎初めて飲みましたが、芋焼酎のような感じでした。
    P8151236.jpg


    九回もやっているとラーメン道なのに皿うどんを頼む人とか出てきますw
    P8151237.jpg

    味噌ラーメン。
    無難にまとめてきています。
    P8151239.jpg

    とんこつラーメン。暫定ヤンイチ決定!
    P8151241.jpg

    スープだって喜んで飲みますよー!
    P8151250.jpg



    とんこつラーメン、とんこつしょうゆラーメン、味噌ラーメン。どれを食べても無難な勝のラーメンですが、




    ちゃんぽんが断トツの美味さです!!!!

    この日、参加者の約半分がちゃんぽんを頼んでいましたw
    もはやラーメン道じゃありませんw


    ラーメン道改め、麺道。




    第九回ラーメン道はセミフィナーレということでした。
    9週連続企画の9週目は九州料理屋の勝さんで。前回の第八回が偶然8月8日になったように2週連続の鳥肌実でした。

    kouen_irai.jpg
    ※鳥肌実先生



    もういい加減ヤンゴンにあるラーメンは食べ尽くしましたので、
    第十回を最後とします!!

    詳しくは明日のブログで。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/19 09:55 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(3)

    貧富の格差ってこーゆうことを言うのだと思う。

    原因不明の帯状疱疹が気持ち悪い。どーもとるです。

    こちらに来てから度々表れる症状・・太ももの裏に帯状疱疹。初めは処方された解熱剤の副作用説が有力ですが、先日は薬を服用していないのに突如表れました・・。ちょっと風邪気味だったので免疫力の低下かなぁと思いますが、日本にいるときは全くなかった症状なので不思議です。発症すると数日間、めちゃくちゃ痒いです!現状ではメンソレータムで対抗中。




    将軍の家でワインを2本空けて良い感じになった後に同僚とその友達と行った場所がすごかった件。



    なんだこの箱ー!!!!

    P8131223.jpg

    P8131224.jpg



    そしてね、停まっている車がどれもやばいです。。

    P8131222.jpg

    P8131221.jpg

    車に詳しくないのでよくわかりませんがレクサスのランクルタイプの5リッターぐらいのやつが普通に何台も停まっていましたw

    ちらっとネットで調べてみたら1000万円・・。
    ミャンマーだったら2000万円ぐらいでしょうか(ガクブル

    BMWとかメルセデスとかも日本の駐車場に停まっているカローラのようにごくごくふつーに停まっていましたw



    白い壁の箱はクラブっぽい雰囲気でした。中には入りませんでしたが。

    もうひとつの右手にあった箱はKTVでした。女の子のルックスが他のKTVとは比べものにならない・・。さすがVIP御用達の場所です。まぁそれでも接客態度はミャンマークオリティですけどねw


    ハイテクカラオケ機器。
    ミャンマーでは珍しい無線でサクサクです♪日本語の歌もある呈でしたが表示のみで、結局なかったです・・。
    P8131225.jpg



    2時間ぐらいいたのですが、隣りにいただけの女の子にチップ10,000チャット(1000円)要求されました・・。



    チップはね、要求するものじゃありません。
    ※エジプトの砂漠で出会ったブラジル人が言ってたw

    お金はね、価値に対する対価ですよ。
    ※たしか堀江さんが言ってた気がw


    特にこーゆうところで働いているミャンマー人はこのような概念がないですね。ドヤ顔で腕組んでチップ要求してきますからね。
    そんな高圧的な態度で来るなら料金システムの中に入れてくれよ、とw


    マッサージ店へ行ったときには好んでチップを渡しますが、彼女たちは1時間以上もせっせと働いてチップは1000チャット(100円)~ですよ。それに比べて・・。同じミャンマー人だとは思えませんね。




    100チャット(10円)とか200チャット(20円)の乗車賃でクーラーもないし、サスペンションがいかれていて、ぐわんぐわん揺れるバスに乗っているミャンマー人もいれば(私もヘビーユーザーですがw)、数百万円、数千万円する車に乗っているミャンマー人もいます。土壌国といえど、どこの国にも金持ちはいると思いますが、ミャンマーは異様に多いように思います。相対的には非常に低いですが、絶対数が多い。
    再三ブログで書いていますが、昨今のミャンマーは金持ちはどんどん金持ちになり、低所得者は据え置き。彼らの収入はあまり増えず、物価は上昇の一途なので当然所得が少なくなります。低所得者は基本的に固定給なので彼らの収入には限界があります。
    不動産の所有者は金持ち連中ですから彼らがトチを転がして地価が上昇して賃料が上昇してその煽りを受けるのが低所得者なわけです。
    金持ち連中は大体いくつもビジネスチャンネルを持っています。どれかひとつのビジネスに絞っている人はあまりいないように思います。

    このようにして貧富の格差は拡大の一途・・。

    人口構成の大多数を占める低所得者たちの暮らしが一向によくならないミャンマー。
    どうなんでしょうね、この状況。

    他の都市のことはわからないので一概にミャンマーとは言えませんが今のヤンゴンには違和感を覚えずにはいられません。。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/16 00:00 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(8)

    ボージョーアウンサンマーケットに日本人がお土産屋さんを開いたという噂を聞いたのでいってきた。

    ミスター物忘れでお馴染みのとるです。

    先日はお金を忘れましたw
    これは何も初めてのことではなくて・・。
    実は第一回のラーメン道でw

    ご存じの通り、ラーメン道は私が主催している会でございます。主催者が第一回目の会でお金を持って来るのを忘れるという失態w



    この時はですね、
    恥ずかしながら現役女子大生に助けてもらいました!!


    一瞬とはいえ、大学生にお金を借りる社会人・・。




    そして先日仲間うちで鍋を食べに行ったのですが、会計の時に学生が二人いたので、じゃあ社会人は多めに払うよ。と言った矢先、お金を忘れたことに気が付きましてw



    そして再び前述の現役女子大生にお金を借りるという恥ずべき行為w




    いつもありがとう。この場を借りて再度御礼申し上げます。




    8月5日にヤンゴンで数えるほどしかない観光スポットであるボージョーアウンサンマーケットに日本人がお土産屋さんをオープンさせました!

    マーケットの一番南側にある回廊の東端にあります。
    P8111216.jpg

    ふつーにおいしいお茶の葉クッキー。
    P8111212.jpg

    お茶も3種類ほどありました。
    P8111213.jpg

    お香。とても良い香りで日本の雑貨屋さんを思い出しました。
    P8111214.jpg

    P8111215.jpg



    いやはや、まさかボージョーアウンサンマーケットに日本人経営の店がオープンするとは驚きです。
    ミャンマー土産って本当になくてみんな困っているんですよね。特に食品。
    ミャンマーの食品は、まぁ特徴的で面白いと思いますがとても受け入れられるとは思えませんwあと包装が小分けになっていないので配りにくいですね。需要は確実にありますし、お土産品にケチる人はあまりいないと思うので良いもの作ればそれなりの値段で売れると思います。

    こちらのお店はミャンマー産のものを使い、包装も現地のメーカーに発注しているようです。いいですね、このような関係は非常に応援したくなります。お香の方のパッケージングはかなりミャンマークオリティですが、それも愛嬌ということでw
    クッキーのパッケージングはしっかりしていますね。こちらはミャンマーでも有名なメーカーに発注しているそうです。

    ミャンマーには資源は豊富にあるので組み合わせ次第で生み出せるものが多くあるように思います。私もなにかミャンマーにしかないもので、ミャンマーの価値を上げるものを創造したいなぁ、と漠然と思っています。
    この日、お店にいらした方とお話させて頂きましたが、「とりあえずやってみた。」と。

    これ非常に大事なことだと思います。多くの人は考えているだけで行動に移せない人が多いですからね。

    これってまさに・・




    ドリムクションの原点!!

    自分ももっと行動していこうと思います♪
    Dream + Action = Dreamction

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/15 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    今のヤンゴンでイケる商売は国際価格で勝負できるか否かなのか。

    ケータイを使いすぎて上司に呼び出しを喰らいました。

    「1週間以内で10,000チャット(1000円ぐらい)も使っているようだけど、なぜだ?ミャンマーの通信費は高くないだろうに。」

    「すみません、、エロサイトを観すぎました・・。」




    なんて、言えるはずない!!


    どーもとるです。

    原因はですね、最近家のネットが全くつながらないのでよくテザリングしてるんですよ。そして大体夜ベッドに寝ながらつないでいるのでそのまま・・zzz

    ちなみに通信費ですが、プリペイド式で3Gだと1分4チャット(0.4円)、2Gだと2チャットとか言われていますがよくわかりません。
    通話も1分50チャット(5円)とかのレベルだと思います。そんなに高くないのは確か。




    昨今、ヤンゴンでのビジネスは益々厳しくなってきています。
    人口構成の最下層部分がもっとも多いミャンマーですが、ここのボトムアップが全くなされておらず、いわゆる中間層というものが全く形成されていないと思われるのが原因です。そうなると外国人や現地の金持ちたちをターゲットしたビジネスが増えるわけです。この層をターゲットにしたビジネスが増えることに疑問を感じる必要はないのですが、ここのごく一部の上位層でのみお金が回っていて、人口構成の一番分厚い部分にお金が回っていないのが非常に気がかりです。GDP構成要素で国内消費が多くを占める国の経済というは単純に国内消費が活発な国ということなので非常に力強いです。アメリカは約70%、日本は約60%、韓国は50%を切っています。韓国は貿易依存の極めて高い国ですから、この産業に属している人は内需産業に比べて良いと思いますが内需は・・orz

    ミャンマーのように国土も広く、人口も多い国にとって国の発展には旺盛な内需消費は不可欠だと思うのでミャンマー政府ももっとそこを意識した政策を打ち出して欲しいものです・・。



    たまには真面目な話もいいでしょうw



    最近ダウンタウンにできた話題店。「bbq」
    韓国では人気ナンバーワンのフライドチキン?の店らしいです。
    P8111207.jpg


    入店すると

    アニョハセヨー!!!!

    という大きな掛け声に迎えられます。。




    違和感大。

    韓国料理店で「アニョハセヨ」ならわかりますが、韓国資本ってだけでこの店は韓国料理じゃないです。ピザとかチキンを出すファーストフード店ですよ。

    これってね、例えば日本のロッテリアで「アニョハセヨ」とか、マックで「Good morning.」とか言われるのと同じです。




    違和感大。

    店内は非常にキレイですー♪ミャンマーにいることを忘れますw
    P8111211.jpg


    この日はブログやFacebookを通じて知り合ったご家族と正式な初対面でした。若い世代はもちろん、お子さんがいらっしゃる家族にも馴染みのあるメニューが多くて良い店なのかぁ、という感じ。


    チキンオシの店。ということでチキンを食べてみた。
    P8111208.jpg

    うん、まぁ味は文句ないです。


    ベジタブルピザ。だったかなw
    P8111209.jpg

    こちらも無難な感じにまとめてきています。


    マンゴースムージー。もう旬ではないのでローカル店では飲めなくなってきたマンゴージュース。鉄板!
    P8111210.jpg


    食べ物はごくごくふつーの味なので、雰囲気代が3割、4割ぐらい乗っている感じですね。食事をした場合の客単価は12,000チャット(1200円ぐらい)と予想。1200円といえば、東京で満足するランチが食べられる値段ですよね・・。ここミャンマー・・。




    続きまして、そのまた近くにあるパークソンの1階に入っているカフェに行ってきました。
    Dutch deliとか書いてあるのでオランダにあるカフェなんでしょうか。
    P8111217.jpg

    店内シックな感じで外国を感じます。
    P8111218.jpg

    内装は文句ありませんが、驚くべきはその価格!



    ホットコーヒーが3ドル超えです!!

    クッキーだって、1枚1ドル超えててですね・・。

    そもそもドル表記ってのがちょづいてますよねw


    もちろんミャンマーチャットでの支払いも可能です。


    3ドル超えホットコーヒーはラージサイズですけどね。それでもねー・・。
    P8111219.jpg


    このカジュアルな店づくりでこの価格はないと思います!1ドル高いですよ。このサイズで3ドル超えって私が大好きなコーヒーチェーン店、エクセルシオールより高いですからね。どうなってんのやら、最近のヤンゴン。
    高級ホテルのトレーダーズよりも高いってどういうことですかw味だってマシンで淹れているので至ってふつーですし。

    高かった分、一緒に行った方と1時間以上くっちゃべり、その方が帰られた後も手紙を書いたりして元が取れたと思えるまで居座ってやりましたけどねw




    今日は国際価格で提供している飲食店を2店舗紹介しました。上位層をターゲットにしている彼らの商売ですが、この異常な不動産価格下ではとても利益が出ているとは思えません・・。安く買って高く売るのは商売の基本ですが、今のヤンゴンではこれが非常に難しいように思います。モノが安くないので、高く買って高く売るしかないんですよね。しかしながら、高く仕入れたものをさらに高く売るのは簡単ではありません・・。
    考えれば考えるほど難しい昨今のヤンゴン。特に箱を持ってやるビジネスは非常に厳しいと思います。


    そこから考えて、箱がそんなにいらなくて誰にでもできるような多角化できるビジネス・・

    今はまだそんなにヤンゴンにない・・

    日本ではごくごく当たり前の・・





    たこ焼き屋。どうでしょう。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/14 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(6)

    日本のお土産からミャンマーに必要な産業を考える。

    ずっとミャンマーにいると国際的な感覚が失われそうな気がしてなりません。どーもとるです。

    国際的な感覚、とはかっこよく言い過ぎましたw日本人から見ての国際的な感覚ですね。
    このバランス取るのって難しいと思います。こちらにいるのですから、こちらに合わせなければいけないことが多いのですが、それでいて外国人としての感覚を持ち続ける。例えば、わかりやすい例を挙げると季節感です。ミャンマーには大きく分けて夏季雨季冬季の3つがあります。季節はあるのですが、「季節感」というものがありません。日本は嫌でも感覚が研ぎ澄まされる気がありますが、こちらには皆無です。ヤンゴンの木々は年中青々としていますし、冬は少々ひやっとしますが、それでも最低気温で20度を少し切るぐらい。季節以外の部分でもメリハリがあまりないので仕事の仕方も気が付いたら雑になっていたり・・。

    危機感があるうちはまだ大丈夫だと思いますけどね。




    最近日本からの訪問者が数人同時に来て日本のモノがどっさり。

    どれも宝のように見えるw
    P8101203.jpg



    私の影響で?お茶を習い始めた愛人ジョアンナが持って来てくれたお菓子がオサレ。

    P8101204.jpg

    これですよ!これ!!
    この素晴らしいパッケージングですよ!


    P8101205.jpg

    ミャンマーにはこのような繊細なパッケージングが皆無です。
    P8101206.jpg


    日本では技術は当然のこと、独創的なアイディアが求められますが、ミャンマーには技術もアイディアもありません。
    新品でも包装は汚いし、ビニール類は力ずくでないと破れないし・・。


    ここに需要は確実にあると思われます。


    しかしながら不動産価格高騰中のミャンマーで自前工場を持ち包装工場を造るのは現実的ではないので一旦はOEMがいいでしょうね。




    家でレトルトのカレーを食べようと思い、鍋にお湯を沸かしていたらメイドさんたちが興味津々。


    「お湯だけ沸かして何してるの?」

    「その袋はなに?」

    「中に何が入ってるの?」

    まぁ見てなさい。そのうち美味しいカレーができるから。



    レトルトの銀色のパックを温めること5分。はさみを使わずに難なく素手で袋を破り、白いご飯の上にカレーをぶっかける!




    メイドさんたち一同唖然・・・w



    銀色の袋の中からカレーが出てきたと!

    これはなんだと!




    日本のパッケージングをミャンマーで広めて利益が出るのかわかりませんが、日本のパッケージング技術とアイディアは素晴らしいと思います。利益はさておき需要は確実にあると思います。ヤンゴン市内イチのスーパーマーケット、City Martに並んでいる品物さえも酷いですからね・・。

    何事もバランスって難しいですが、日本企業にはそこをなんとかクリアしてもらいたいものです。
    もしくは自分がやるかw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/13 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(6)

    八月八日、第八回ラーメン道~味好ラーメン~日本人経営の話題店が満を持しての登場。

    エンゲル係数の高さが異常。どーもとるです。

    最後に家で夕食を食べた日が思い出せないので手帳を見てみました。

    ペラ。

    ペラ。

    ペラ・・
    ※1ペラ1週間



    7月14日が最後!!!

    感覚的に一月に1、2回しか家でご飯食べてないなぁと思っていましたが、リアルにそんな感じでしたw

    これね、別に無理して予定を入れているわけじゃないんですよ。毎週木曜日のラーメン道は自分が発起人なのであれですが、他は誘われることが多いですね。あとは常にどなたかと食事をしているので、その場で盛り上がって、「じゃあまた別の日にー!」なんて話になったりw

    ヤンゴンには娯楽がない。と言われますが、タイ料理を食べる会とかローカル食堂部などの食事会が私にとって一番の娯楽ですかね。果たしてこれを娯楽と呼んでいいのかわかりませんがw
    基本的に固定メンバーが存在しないので面白いです!大体の人がFacebookやってますし、共通の友達も何人かいたりするので話が割とスムーズに進みますね。先日もよく名前を聞くある方のページに飛んだら




    共通の友達34人


    同級生か!!

    日本にいたら共通の友達何十人って地元が同じの人ぐらいしかいませんよね。旅をしているときは旅つながりでそーいう人もいましたけど。


    今のヤンゴンはそれほど狭い世界と言えるわけです。これってプラスでもあるし、マイナスでもありますよね。

    コソコソすることができませんからw

    私はオープンエアーの風に乗るタイプなので、情報公開大歓迎です!変なことするつもりなんてありませんし、それはこのブログを通してもおわかり頂けると思いますし、まぁ実際に会った印象と違うとは言われますが何も隠すことはありませんよ。先日は初めてお会いしたおねぃ様方から失恋について突っ込まれまくりましたw




    そろそろグランドフィナーレを迎えるかもしれないと噂されるラーメン道ですが、第八回はなんと

    八月八日木曜日でした。


    たまにこーゆうミラクルなことが起こりますよね。これに気が付いた時、ひとりで興奮していましたw
    これは狙っても難しいでしょう。一週も休むことなく、八週連続で来ていますからね。そもそも完全に個人的な思いつきで始めたこの企画ですからw


    そんな末広がりの8が並んだラーメン道。
    ヤンゴン市内で唯一日本人が経営するラーメン屋さんにお邪魔しました!

    味好ラーメン
    No.42, Bo Yar Nyunt St
    Tel 09420098866
    P8081180.jpg

    こちらのラーメン屋さん、日本人が経営している。ということで日本人の過剰の期待に応えられずにいる。という下馬評。日本人は日本人に対して厳しいですからねー。日本食料理屋さんはどこもレビューに怯えているようですよ。
    私もオープン仕立てのときに一度行きましたが、その味たるや・・。

    しかしながら最近ポジティブな意見を聞くようになったので、それでは。ということでお邪魔することに。


    最近ラーメン道の参加者が多くて、前々回が22名、前回が20名。ということでいつも席不足を心配しておどおどしているので、
    今回はラーメン道初の事前電話予約をさせて頂きました!


    「19時ぐらいから30分ぐらい飲みながらつまみながらやって、19時半ぐらいからラーメン頼んで20時ぐらいには失礼したいと思います。人数は15名~20名ぐらいの予定です。」

    という一方的な要求を快く引き受けてくださったKatoさん、すぺしゃるさんくす!



    水餃子。
    P8081182.jpg

    ニラ!って感じの味でした。もう少し肉な感じが出るといいですね。


    焼き餃子。
    P8081185.jpg

    とんこつラーメン同様、叩かれまくっている餃子ですが、ふつーに美味しかった・・。最近アウンミンガラーの羽根つき餃子を食べていないのであれですが、ここの餃子ヤンイチかもしれません!少なくともこの日はヤンイチクオリティでした!


    からあげ。
    P8081184.jpg

    ミャンマーの筋肉質な鶏肉に飽きた方には感動を与える柔らかさ。ブロイラー万歳!



    そして、主役たちの登場。

    味噌ラーメン。
    P8081186.jpg

    さっぱり系ですが、美味しかった!!
    以前来たときよりも遥かに味噌感が出ていて普通に美味しかったです!


    味噌ラーメンの美味しさを2段ほど超える、辛味噌ラーメン。
    P8081190.jpg

    これは間違いないです!!!
    スープを一口飲んだ瞬間、誰しも「うまーーーーい!」と感動の歓声。
    文句なしのヤンイチです。


    そして4番でエースの・・




    とんこつラーメン!
    P8081189.jpg


    これに関してはノーコメントでお願いします。





    ぁ、ひとことだけ。
    こいつが最強の助っ人になりますw↓

    img_124946_12392362_2.jpg


    ぁ、間違えました。



    P8081188.jpg




    ぁ、もうひとこと。
    さらっと飲み干すことが可能ですw↓
    P8081196.jpg




    とんこつラーメンはさておき、辛味噌ラーメン美味しかったですねー。今後味噌系ラーメン食べたくなったらここにこよ。醤油ならしあわせすしですね。



    見事に下馬評を覆した、味好ラーメン。

    今後はとんこつラーメンの改善に期待ですね!ご馳走様でした!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/12 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    思い続けて早一年。ストランドホテルのハイティーへいってきた。

    紅茶よりもコーヒーが好き。どーもとるです。

    紅茶も好きですけどね。紅茶ってものすんごい種類ありますよね。日本では紅茶専門ってあまり見かけませんが、カナダには割とふつーにありました。紅茶の茶葉が透明のビンに入ってずらーーーっと棚に並んでいるのです。店で独自にブレンドしたりしていて店内には良い香りが充満・・。

    ヤンゴンではAcaciaがそのような雰囲気でしょうか。紅茶の香りはしませんが、先日ビンに書いてある名前を見たら、



    ジャクリーヌ

    とか

    キャサリン

    とか

    エリザベス

    とか女性の名前ばかり書かれていましたwここもそのうち徹底リポートしたいと思います!




    ヤンゴン市内でハイティをやっている場所は私が知る中で3か所。
    サボイホテル、アカシア、そしてストランドホテルです。
    ※Savoy Hotelのハイティは体験済み。ブログ


    ストランドホテルというのは英国植民地時代から存在し、当時は東洋の一のホテルとも言われた格式高きホテルで、一泊最低料金が300ドルとか400ドルもするホテルです!
    泊まることなどできないので、バーとかカフェの利用にとどまっていますw

    そこのハイティに前から興味があったのですが、タイミングが合わないのと行く人がいなかったので遠ざかっていましたw
    まぁ行く人って誰でもいいんですけど、その誰でもってのも・・まぁ難しいですよねw



    日曜日の昼間で、どれぐらい混んでるのかなぁと思って行ったら


    客おらずw

    完全に肩すかしを喰らいましたw



    コースは何種類かありましたが、Classicというのにしました。
    これで一人前17ドル。ハイティは基本、量が多いので注文する際には注意が必要です!それとコーヒーを別で頼んで合計21ドル。

    P8041142.jpg


    ミャンマーコーヒーを頼みましたが、おいしかったー!
    納得の4ドル。ポットで出てくるのでむしろ安いかも。ストランドのミャンマーブラックコーヒーおすすめです。雰囲気も良いですし♪

    P8041143.jpg

    サンドウィッチやタルトや何かですが、まぁ悪くはありませんが、良くもないですね・・。辛口かもしれませんが、この値段ならもっと頑張れるだろ!という感じ。
    この質ではせっかくの伝統、歴史、格式などがもったいない気がしました。ヤンゴンで最高のものでなく、かつて東洋一と言われたのですから、現在でも東洋一のものを出す!ぐらいの気概が欲しいかったですね・・。


    アカシアのハイティは良い評判を聞いたので期待ですね!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/11 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(7)

    2013年ミスヤンゴン外国語大学とミャンマーの美的センスが疑わしい件。

    「仕事はしているんですか?」という問いに対して返す言葉がありません。どーもとるです。

    みなさん、社会人学生をあまりいじめないでくださいねw



    昼間は基本的に毎日学校です。ちゃんと勉強しているかは別として大学には行っていますw
    語学学校とは違って、私が通っているのは「大学」なのでたまにイベントがあります。

    先日は、



    カラオケ大会



    ミスコン

    がありました!なんとなく日本の学園祭の雰囲気です!露店とか懐かしいなぁ。大学三年の頃にはコネと権力によりベストポジションを確保して、たませんを売りまくりましたw

    ミャンマーにはクリエイティブなことが皆無なので日本の学際とは比べものになりませんが、祭り好きの私にとってはウキウキする行事です♪

    P8071144.jpg

    各学科が自分たちの学んでいる国の歌を歌うのですが、そのクオリティたるや・・orz


    実は私もエントリーしたのですが時既に遅し。ということで出場することはできませんでした・・。



    校歌も各学科の代表者で合唱。

    P8071146.jpg


    あれ・・?



    アッキー!!!!

    P8071152.jpg

    ハイパーだるそうに歌ってましたけどねwこの日は3回も歌ったそうです。おつかれさま!




    続いて行われたミスコン。

    P8071155.jpg


    これはミャンマーの伝統的な立ち方なんでしょうかw
    P8071158.jpg

    自己紹介とかありまして。
    名前と学科と学年言うだけでしたがw
    ふつーさ、趣味とか言いますよね?これがミャンマークオリティですね。
    P8071159.jpg


    自己紹介が終わった後は個人審査に移ります。

    これがまた、、ミャンマークオリティ。


    P8071167.jpg

    P8071168.jpg

    P8071169.jpg


    ポージングもツッコミどころ満載ですが、ミスコンなのに

    とりあえず暗すぎです!w

    P8071170.jpg



    良いか悪いか、好きか嫌いは別としてミャンマー人の貧乳具合とおしりの大きさを堪能させて頂きましたw

    手前の彼女が優勝したようです。化粧濃すぎ。その後、通常のメイクの時に会いましたが、認識することができなかった上に全然可愛くも綺麗でもなかったです!
    P8071175.jpg



    ミャンマー人の美的センスは疑わしいですね・・。


    私、あごの下に割と大き目なホクロがあるんですけど、あごひげだけでなくホクロからも毛が生えてきます。毎朝ひげを剃るときに当然ここから生えてくるホクロも剃っているのですが、ある時会社のミャンマー人スタッフに言われました。


    「ミスターアサノはあごにほくろがあるよね?そこから毛が生えてくるでしょ?なんで剃っちゃうの?」

    ・・この質問の意味がよくわからなくて「どういう意味?」と聞き返したら、




    ホクロから伸びる長い毛ってかっこいいじゃん。




    !!!!!!?

    ※イメージ図
    img_521327_5283281_0.jpg


    まじか!!!!!

    ホクロ毛が美の対象なのか!!!!!!



    確かに前々から思っていました。ミャンマーでやたらと見かけるホクロ毛伸ばしっぱなしの人。ひょっとしたらミャンマーだけではなくてアジア全般にこの美的センスは共通していると言えるかもしれませんが、これはこちらに来てから1年2か月ちょっとで最大のカルチャーショックだったかもしれませんw


    美的センスがここまでも違うって・・。美意識に対しての根幹が揺るいだ瞬間でした。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/10 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    ここのカルボナーラ、ヤンイチかも。「La Maison」

    どーもとるって名前じゃありませんから。どーもとるです。

    最近ネット上でもリアルの世界でも「ぁ、どーもとるさんですね!」なんて言われたりしますが、私は「とる」ですからね。何度も言いますが。
    でもね、




    いじられるの嫌いじゃないですw


    シャン国へいってきたシリーズは好評でした。
    旅にはお別れしたつもりでしたが、やっぱり自分は旅が好きなんだなぁと心底思いました。バックパッカーに戻りたいとは思いませんが、好きなもんは好きです。
    私、極度のプラス思考なのでどこへ行ってもなにをしていても基本的に楽しめます♪生まれたときから楽天家、マイペースと言われていましたが意識するようになったのは90歳を超えてまでテニスをやっていたとても尊敬する祖父から言われた言葉でした。



    楽しめるかどうかは自分次第。

    この言葉は今でも私の心に響いています。これからも人生を楽しく歩んでいきたいと思います!しかしながら実の父は祖父のことをよく思っていないようで、「好き勝手な人間」とか「家族を顧みず、自分のことしか考えていない」とかフルボッコですwまぁ立場が違えば、ということでしょうが私の中に祖父の言葉と存在は死ぬまで存在すると確信しています。




    なんだか話が真面目になってしまいましたw
    あんまり真面目にやっているとそれもそれで突っ込まれたりするんですよねー。



    真面目でいいと思いますが、何か問題でも。


    はい、西洋料理レストラン紹介いきます!
    前に何度か行ったことがあるレストランですが、先日初めて食事をしたのでレポートを。


    「La Maison」
    No.20, Kaba Aye Pagoda Rd. わさびの隣にあります。
    コロニアル調の洋館を改修した西洋料理店。
    P8031138.jpg


    土曜日の夜に行きましたが、





    店内貸切状態w

    お客さんが全然いないので心配でしたが結構まともな料理が出てきました。


    エビのサラダ。エビの素材良し。
    P8031139.jpg

    ソフトシェルのタマリンドソース和え。悪くない。無難にまとめてきたなーという感じw
    P8031140.jpg

    カルボナーラ。
    P8031141.jpg


    ここのカルボナーラが予想に反して美味しかったです!!
    茹で具合が絶妙。ア・ル・デ・ン・テ!

    ベーコンもふつーのやつで安心して食べることができましたw(そもそものハードルが低い説
    今までセドナのやつがヤンイチでしたが、ここが暫定一位です。値段が5000チャットか5500チャットだかでコスパ良し。

    お酒ですが、コロナビールが4000チャット。グラスワインも4000チャット。ドラフトは置いてありません。酒がちょっと高いかなぁと思いましたが、二人で二杯ずつ飲んで一人あたり20,000チャット(2000円ぐらい)でした。
    酒代が半分だから料理は高くないかなぁという感じ。良い点は場所が広くて客もいないので静かでゆったりできることですね♪もう閉店してしまったそうですが、かつてInya Rd沿いにあったInya 1のようなレストランです。特別な日には使えませんが、サクっとちょっといい雰囲気で食事をしたいときにいいかなぁ。



    ヤンゴンって全体的に建物が古くて汚い街ですけど、綺麗なところも意外とあるんですよねー。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/09 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマーセレブたちが集まるファッションショーにいってきた。

    何している人ですか?という質問に対して、ブロガーです。と本気で答えはじめようと思っています。どーもとるです。

    あながち間違ってないですよねw在籍しているのは水産加工会社ですが、今はまだ特定の仕事を与えられているわけではないので、ミャンマー人スタッフからも「あなたの仕事はなんですか?」と訊ねられる始末!9月末に大学が終わるのでその後は特定の仕事が与えられる予定ですけどね。エビ関係になる模様です。



    エビ。とは全く関係ないのですが、先日有名ファッション雑誌主催のファッションショーに御呼ばれしました。
    場所はストランドホテル近くにあるイベント会場。
    P7281047.jpg


    おぉ!なんだかそれっぽい感じです。

    P7281049.jpg


    恐らくこの場に日本人はいなかったと思われます。白人はちらほらいました。あと奇抜な恰好をした人。




    P7281048.jpg

    彼のファッションには我が目を疑いましたw男の背中なんて見たくねぇよw

    ミャンマー攻めてきますねー。




    1時間遅れのバリバリミャンマータイムで始まったファッションショーは、ファッションショーというよりかは・・
    目標を失った、ただのイベントでしたw

    P7281081.jpg


    デルモも全然綺麗じゃないし、服もイマイチなのでぼけーっとしていたら、




    サイサイ登場!!

    P7281057.jpg

    初めてまともに見ましたが、意外と老けてますねwかっこよかったけど。

    P7281063.jpg



    サイサイからの~




    チャンチャン登場!!

    P7281078.jpg

    ミス・コピーと呼ばれる彼女は外国人歌手の歌をパクリまくっていることで有名ですwとりあえず化粧が濃かったです。最近結婚したみたいですね。



    サイサイもチャンチャンもミャンマーミュージックシーンではハイパー有名です。有名なんですけど、歌唱力の方はイマイチで、全然感動とかなかったですw


    8ゲーム差で北朝鮮レストランですね。



    イマイチすぎるファッションショーを挟みながら協賛企業の広告やら、ダンスやらがありました。最後はモデルとともに・・





    お調子者が登場だ!!!

    P7281084.jpg


    これ誰でしょうw

    ツッコミどころが満載のパフォーマーでしたw

    P7281083.jpg



    全体的にシラケた感じで終わったファッションショー。いろんな意味でまだまだですねーミャンマーは。同僚の奥さんがスポンサーの1社だったので誘ってもらったのですが、彼女は「こんなファッションショーじゃない!!」と憤慨しておりましたw

    21時からは近くのUNION Barを貸し切っての交流会?でした。スコットランド人のおばちゃんと少し話した程度でNothing Specialでしたがw、こーゆう違う世界を見るのは楽しいですね♪どんどん活動の幅を広げていきたいものです。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/08 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    酒と言ったら○○でしょ。

    ミャンマー来てから異常に飲めるようになりました。どーもとるです。

    元々お酒は好きなんですけど、DNA的にそんなに飲めるタイプじゃありません。パッチテストやると赤くなるし。(てへ
    最近気づいたんですけど、酒の中で自分に合わないのは赤ワインです。赤ワインは重くてガブガブ飲めません・・。なんだろ、あの渋味がダメなのかなぁ。日本にいるときはもっぱら日本酒で、ひとりで飲み行くときは決まって日本酒を飲んでいました。
    ミャンマーに来てからはもっぱらミャンマービール。炭酸が苦手なのでビールも以前はそれほど飲めませんでしたがミャンマーに来てからガブガブ飲めるようになりましたwよくご馳走してくれる方が芋焼酎以外は酒じゃない!と豪語する方で、実は芋焼酎は苦手だったのですがガブガブ飲んでいたら麦焼酎だと物足りなく感じるようになりましたw

    私は元々それほど飲めないので、酒を飲める量が増えることなどない。と思っていましたがガブガブ飲んでいたら飲めるようになるんですねw


    日本からいらっしゃる方が「お土産は何がいいですか?」と親切に訊ねて下さった際には、



    日本酒で。

    と即答w


    つい先日、名古屋の緑区からいらっしゃった方には地元の酒蔵の日本酒をお願いさせて頂きました!大高に神の井酒蔵というところがあるのです。

    大変美味しく、懐かしい気持ちと共に頂きました!ソッコーでなくなりましたがw
    P7281086.jpg




    先日、北海道さんにお邪魔した際には北海道の日本酒を頂きました。


    男山、鬼殺し、北の勝。

    日本酒は名前もかっこよくて好きです。国士無双とかね。Japan Wingという政府関係の晩餐会で出される日本酒がありますが、これまた粋な銘でボトルもかっこいいです。なかなかお目にかかれませんが。

    ぁー人形町にある行きつけの飲み屋に行きたくなってきました・・。


    いやそれで驚いたのが、この前の北海道さんには5名でお邪魔したんですけど、北海道の酒がうまくてうまくてガブガブやっていたら、中徳利が13本・・。1本2合ですから、2升と6合です!!

    うち、お二人はそれほど飲まれていなかったので3人で2升ぐらいですかねー。(汗)時間は3時間ぐらいだったと思います。
    飲んだだけではなく、ハイパー鮮度が良くてハイパー美味しい海鮮料理も頂きました。これだけ飲んで食べてですから一人あたり100ドル越えかなぁ・・と思いましたが、80ドルでした!やっぱりコスパ高いです!もし日本ぐらいの給料もらっていたら一人で頻繁に来ますねー。

    もしですよ、もしw

    かなり遠い、もしですw



    がんばろっ。




    日本にいるときは4合ぐらい飲んで結構フラフラになっていましたが、ミャンマーに来てからおかしいですねw

    あれだけガブガブ飲んで次の日二日酔いなしですから、それだけ良いお酒だった証拠ですね。
    先日は19年物のウィスキーとコニャックをご馳走になり、ガブガブいったのですが、その時も二日酔いなしでした。



    良いお酒万歳。


    ぁ、そうそう。ヤンゴンにはまだサクッと日本酒を飲みに行けるところがありません。
    銘柄も極々限られていて淋しい限りです・・。日本酒サプライヤーの誕生を心から願っています!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/07 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    第七回ラーメン道~ハローHello~ラーメンの種類はラーメン道最多。

    ラーメン道のおかげで最近太ってきた気がする。どーもとるです。

    ラーメン道は19時スタートですが、遅れてくる方もいますし、いきなりラーメン頼んで帰るだけではアレなので、何かつまみながら飲みながらのらりくらりとやって20時~ラーメンを注文し始めて21時解散。こんな流れでやっています。



    ヤンゴンでラーメン道やろう!

    と、話していた発足当初は本当にラーメンだけ食べて解散するつもりでしたがw
    いざやってみたら、多くの人に来ていただける企画になりまして。前回の第六回は22名で今回の第七回は20名でした!運営はアッキーに手伝ってもらっていますが、基本的に私が川上から川下までやっています。ま、短い川ですがw

    でも短い川なりにこれだけの人数となるとやることは多くなります。



    ・・・

    何が言いたいかというと、

    誰か手伝ってくださいw




    第七回はハローHelloという寿司屋にお邪魔しました。
    P8011102.jpg

    ラーメン道で寿司屋に行くのはヤンゴンでは珍しいことではないw
    ※暫定ヤンイチラーメンはここ!(しあわせすし)

    やたらと「つ」がデカい。
    P8011103.jpg



    ここのお店も前回に引き続き初めて来ました。
    ウワサによるとラーメンの種類が多い、と。

    どれどれメニューを拝見。
    P8011093.jpg



    ・・・あれ?



    麺メニューに・・



    ラーメンが・・





    ない!!!!

    ※第六回のLittle Tokyo本店にはラーメンがなかった件w
    ブログ



    これはまたしてもやってしまった感がw



    とりあえずアッキーに小声でささやく・・

    「ラーメンないんだけどココw」

    「ぇ、ありますよ!ほら!」



    P8011109.jpg

    助かったー!ラーメンは種類が多くてメニューが別だったんですね。

    この中でダントツ惹かれたものが・・



    P8011110.jpg

    なんだぜ、コレ?

    のっかってる卵焼きがデカすぎて麺が見えねぇぜ?※突然ですがここからはローカル男さん口調でお届けしますw


    待つこと30分・・





    P8011125.jpg

    なんだぜコレーーー!!!

    ぶよぶよした物体が所狭しと押し込まれてるぜー!!

    P8011126.jpg


    しかもこのぶよぶよした物体、、




    一枚岩だぜ-!!
    P8011128.jpg


    ミャンマー人の発想力恐るべしだぜ。。



    味は・・





    ジャンク!!


    目隠しされてこれ食べさせられたら完全にこう叫ぶぜ・・。




    ジャンク!!!

    P8011128.jpg



    はい、ローカル男さんありがとうございましたー。(棒読み




    他のラーメンも毒味させてもらいました。

    まーぼーらーめん→醤油ラーメンに豆腐。
    たんたんめん→全体的に水没。
    ねぎらーめん→ノーコメント。
    ちゃーしゅーめん→スープがかつおだし疑惑。

    P8011116.jpg

    P8011122.jpg

    P8011129.jpg


    ちゃーしゅーめんを食べるアッキー。
    P8011130.jpg



    私が食べたジャンクラーメンはジャンクと思えばアリでしたw

    まぁジャンクの時点でおかしいですけどねwヤンゴンには結構あるんですよ、ジャンク系ラーメン。意図したジャンクラーメンも意図してないのにジャンクになってしまったものもありますがw

    場所はナーナットォラン(Narnattaw St)、レーダンのSK Hotpot、Shwe li、Musesなどがある通りにあります。Asagiriも近いですし、あの辺りにはレストランが多いですね。
    当日店の5分の4は我々がジャックしていましたが、残りの1には絶えずお客さんが入っていました。意外とファンがいるジャパレスなんでしょうか。


    細巻を均等サイズに切れない店なんですけどねw

    P8011108.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/06 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    シャン国へいってきた。その5~タウンジーを100%満喫~

    タウンジーに来たらコレを喰え。


    トーフーヌェ。



    なんでしょうかね、トーフーヌェって。

    トーフーは豆腐ですよ。私の名前は一字間違えるとTofuになるので、幼少の時分はよくからかわれましたし、今でもたまにそれに気付いた輩がいじってきますw




    トーフーヌェはタウンジーではハイパーメジャーな朝ごはんのようです。ヤンゴンでいう、モヒンガー的な存在でしょうか。
    あかりさんおススメのお店が何店舗があるのですが、我々寝坊しましてw

    朝9時半にはどの店ももう売り切れですよ!


    タウンジーの人たち朝早すぎ。



    しかしながら幸運なことに、最後の砦が開いていまして。





    民家!!
    P7220920.jpg

    こーゆうところ大好きー♪「ぁ、おばちゃんやってる?」的な感じのところ。


    これがトーフーヌェにぶっかけるドロッドロの豆腐です。ホットケーキミックスみたいw
    P7220921.jpg


    味の素入れないでねー。この人にはパクチー入れないでねー。とあかりさんが細かく注文してくれた。きゃっきゃっ♪
    P7220923.jpg



    これがトーフーヌェです。
    P7220924.jpg


    かなり未知な見た目でしょ?w味もね・・未知ですから。


    重力に激しく対抗するトーフーヌェ。
    P7220925.jpg

    麺料理なのですが、よーするにスープが豆腐なんですw
    味は・・甘辛い感じでしょうか。クセはありませんが、ドロっとしていて食べ心地の良いものではありませんw



    トーフーヌェとシャンカオスエを食べて(食べ過ぎw)、あかりさんが用意してくれた車で外国人立ち入り禁止かもしれないところへ向かう。

    シャン州は土地が豊かでいいところですねー。標高が高くて乾燥しているので清々しくて最高です!
    P7220970.jpg

    P7220968.jpg

    タウンジーから車でちょっと行ったところにチェックポイントがあって、そこから先は少数民族の自治区になっているそう。どこまで自治が行われているのか詳しくはわかりませんが、村長がYesと言えばYes. Noと言えばNo.そんなところのようです。ミャンマーにはきっとこのような小規模な自治区が無数に存在すると思われます。シャン州で有名なのは、ワ族やコーカン族の住むところでしょうか。シャン州は今は英語でShan State.と書きますが、以前はShan States.だったそうです。州の中にさらに州がある。そんな感じでしょうか。シャン州自体、非常にアイデンティティの強い土地ですが、その中にさらに独立した部族がいくつも存在しているのです。現にシャン州には3つの言葉で書かれた看板があったりなかったり。非常に奥が深いです。これはヤンゴンを中心とした、7つの管区内に住んでいてはわからないことかもしれませんね。多くの人の中の認識でミャンマー=ヤンゴン。ヤンゴン=ミャンマーのように思われているかもしれませんがそれは大きな間違いです。ヤンゴンはヤンゴン。ミャンマーはミャンマー。一緒に見えて全く違います。



    しゃべりすぎましたw


    タウンジーから車で1時間ちょっと。あかりさんオススメの洞窟寺院に到着!
    P7220945.jpg


    かなり大きな洞窟で、連休中だったためか非常に多くの人がいました。入り口に英語で「外国人20ドル」と書かれていましたが、何食わぬ顔をして通過w
    現地人は無料なので外国人20ドルってやりすぎでしょう!
    P7220953.jpg

    P7220957.jpg



    中にお坊さんがいました。

    P7220956.jpg

    日本でこんな光景に出会ったら、なんちゃらの科学か何かと思いますが、ミャンマーではごく普通です。ミャンマーに長く住んでいたら彼らに対して自然と頭が下げられるようになるんでしょうか・・。




    帰り途中のローカルレストランで昼ごはんを食べて、タウンジー市内の山頂にあるパゴダへ行ってきました。

    P7220973.jpg


    ここから見える景色が・・





    圧巻。

    P7220974.jpg


    清々しい気分になった後はあかりさんも行ったことがないという、動物園に行ってきました。

    ひょうきんな立像がちらほら。
    P7220987.jpg

    P7220980.jpg


    彼にも驚きましたが、私のツボにはいったのがコレ。

    P7220990.jpg



    なんだかわかりますか?



    設計図のようなコレ。

    P7220990.jpg




    動物園の地図です!!!!



    やばいでしょ。このエンターテイメント性のなさ。
    これ、ミャンマー人でも子どもだとわからないと思うのですが・・。
    P7220990.jpg



    そしてここの動物園のアイドルは・・




    クレイジーウェッウンです。
    ※ウェッウンはミャンマー語で熊の意味。

    あかりさんの情報によると、クレイジーウェッウンはヒトを二人殺しているようです・・。ひとりは飼育員を。もうひとりは誤って檻に入った人をあの世に葬ったようです・・。




    おでましだ!

    P7220988.jpg

    ゲージ越しでもヤツの殺気は感じましたよ・・。もうヒトを殺したくしょうがない。そんな感じでした・・。でもツキノワグマですから、ヒグマに比べたら子どもですよねw




    極小動物園を思う存分満喫した後はヤンゴンにもあるCafé de Angelの本店へ。

    P7220992.jpg

    ウィンナーコーヒー。
    P7220994.jpg

    ウィンナーコーヒーって不思議な名前ですよね。これ初めて聞いた時に、「コーヒーにウィンナーが付いてくるってどうゆうことだ・・。」と真剣に考えたものですが、ウィンナーとはViennaのことで、日本語ではウィーンですね。ウィーンのことを英語で「ヴィエナ」と呼ぶことを知った時も驚きましたけどw
    あとミュンヘン。日本語ではミュンヘンですけど、英語だとMunich.ミュニックですよwこれミュンヘンに行くまで知りませんでしたからw

    「Where will go after here?」
    「I’m planning to go to ミュンヘン!」
    とか自信満々で言っていましたが、誰もわかってくれませんでしたw


    たまにジャンクなものが食べたくなるのです。
    P7220997.jpg



    あかりさんの親切さに甘えてタウンジーの麓にあるバスターミナルまで車で送ってもらいました。
    行きと同じ会社のVIPバスでヤンゴンへ。

    ここで受付をしていたのが、、




    ジェロニモ。

    o0290045011209096713.jpg

    激似でしたw
    おばちゃんなんですけどね。



    最後の最後まで楽しくてとても充実した旅行になった。
    一緒に行ってくれたアッキーとマーリー。
    様々な手配をしてくれたあかりさん。センターを案内してくれたななこちゃん。
    ムーチーもそうだし、ホーストレッキングを安全に楽しくしてくれた現地のおっちゃん達・・。

    やっぱり旅っていいですね。


    なんか、



    ぁ、自分いきてるーーーー!!!


    って感じがして。
    ちょっと頭悪い感じですけど、この気持ちってハタチの時に初めて一人でバックパックひとつで行ったペルー旅行のときからずっと変わらない。
    旅って雨が降ったり雪が降ったり風が吹いたり、良い出会いもあるけど騙されたりもして、山あり谷ありいろいろありますけど、人間らしいというかひとりじゃなにもできないんだなって当たり前のことに心の底から気付かせてくれます。


    人生もこんな風に歩んでいきたいなぁと思います。


    世界で一番好きな言葉。
    ありがとう。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/08/05 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    シャン国へいってきた。その4~NPOで働くブロガーを訪ねて~

    今回シャンへ行くことを決めた理由のひとつに、あかりさんに会いに行く。ということがありました。
    あかりさんのブログ

    彼女とはブログを通じて知り合ったのですが、一度も会ったことがないのに結婚式に呼んで下さったり、仲良くさせて頂いています。



    やったー!わーい!的な感じでサクッと結婚式に出席させて頂きましたが、冷静に考えたら

    一度も会ったことがない人の結婚式に出席するってよくわからんですなw


    ブログって不思議ですね。いろんな出会い方がありますからね。そういえば、高校生のときにチャットで知り合ったのをきっかけにその後何年かして実際に付き合った人もいました・・(遠い目



    あかりさんは現在タウンジーに住んでいて、農業を中心とした活動をして活躍されています。その活躍が谷を越え、山を越え、国を越え、海を越え、、、





    TVに出演してしまったほどです!!


    新聞ぐらいなら私も・・出たことはありませんがw
    TV出演、しかも特集組まれるってなかなかないですよね。

    たまたまその農場がインレー湖の湖畔にあって、農場へ行く。ということでピックアップしてもらい、農場を案内してもらいました♪


    インレー湖のボートがたくさん停まっている橋を越えて道なりにまっすぐ。
    最初の分かれ道を左へ曲がりしばらく行くと右手にミャンマーの国旗と日本の国旗が掛かれている看板が目に付きます。
    実はここの前、去年来たときも通っているのですが、その際は「ふーん。」と思いながら素通りしていましたw



    農場は50エーカーもあり、そこらじゅうに野菜や果物がなっています。
    P7210850.jpg

    P7210852.jpg

    P7210853.jpg

    P7210856.jpg


    そこで初めて見かけたマンゴー。



    その名も、ピャーイー。
    P7210859.jpg

    マンゴー大使の私も見たことがないマンゴーです!残念ながらまだ熟しておらず食べることはできませんでしたが、また新たな品種に出会いました。マンゴーは奥が深いですねー。サイズも大きかったし、是非食べてみたかった・・。



    こちらには現在鹿児島大学院からインターン生の女の子が来ていて、彼女が案内してくれました。
    こちらは農家のワタナベさん。
    P7210860.jpg


    養鶏場もありまして。
    P7210864.jpg


    ここの養鶏場の驚くべきことは、
    臭いニオイが全然しないことです!!!

    土着菌のおかげなのでしょうか。このローアングルで撮影しても息止めなくていいですw
    P7210867.jpg

    タウンジーでもヤンゴンでも販売されているようで、お金持ちというかモノの価値がわかる人には非常に人気が高いとのことです。
    日本食レストラン北海道さんはこちらの有性有機栽培卵を使用。



    いぬ、自由すぎだろw
    P7210873.jpg



    農場の麓、道路に面したところにはカフェも併設。今なら大学院生のおねぃさんもいます♪
    P7210884.jpg



    お昼までしっかり頂いてしまって、タウンジーに移動!

    移動途中にあかりさんが「仕事が1件ある」ということで何もないところに突如降ろされた我々。




    そこに何もなければ面白さは自分で作り出す。どーもとるです。



    辺りを見回したら、、




    煉瓦造りの橋桁をはっけん!

    P7210893.jpg

    P7210888.jpg

    P7210889.jpg


    良い景色に出会ったら・・



    ジャケ写でしょ。

    P7210890.jpg



    再び車に乗り込んでタウンジーへ。インレー湖とタウンジーは1時間程度離れています。
    インレー湖は標高1000メートル、タウンジーの町は標高1400メートルのところにあり、素敵なのは山の中腹とかではなく、山頂付近に人口30万人の都市があるのです!眼下には見渡す限りの平地があるのになぜそんなところにある町が大きくなったのか不思議です。
    この時はわかりませんでしたが、きっとケシの栽培との関係が強いのかなぁと推測します。今はタウンジー近郊ではケシ栽培は行われていないみたいですけどね。



    タウンジー市内にあるアンテナショップ。
    P7210894.jpg

    野菜おいしそー!
    P7210895.jpg


    良いオトナがぞろぞろと・・。
    知らない町は歩いているだけで楽しいですよねー!
    P7210906.jpg


    ローカルマーケットにて。
    P7210909.jpg

    絶賛冷やかし中w
    P7210916.jpg



    ここでなぜだかわかりませんが、ゲーセンに行く流れになりまして。

    P7210919.jpg


    店内頑なに写真撮影禁止だったので一枚も写真はないのですが・・





    踊り狂ってきました!!!!


    これが想像以上の楽しさで、地元の人がたくさん集まってきてね。ヤンゴン仕込みのくねくねダンスを見せつけてやりましたよ!
    前々から気になっていた5Dも体験できて楽しかったですー。




    充実した日々。万歳。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    シャン国へいってきた。その3~ミャンマー人って何人だろう~

    ミンガラーバー!という言葉はミャンマー人同士では使いません。どーもとるです。

    でも、日本人として朝「おはようございます」って言わないのは気持ち悪くないですか?なので私はミャンマーにはない文化だと認識しつつ、ミンガラーバー!と言っています。



    インレー湖、ミンガラーバー!

    P7210812.jpg


    宿の屋上はレストランになっていて、朝食はそこで頂きます。非常に気持ちがいい。みんなで食べるとモヒンガーしか食べさせてくれないので、ひとり6時に起きて朝ごはん。
    P7210816.jpg



    ちゃちゃっと朝食を終わらせて、散歩へ。
    ミャンマーの朝は早いので特にマーケットなどへ行くのは朝がいい。


    ミャンマーらしい風景に出会いました。
    P7210821.jpg


    やっぱり朝のマーケットは活気があっていい!いるだけで楽しい♪周辺の村から様々な民族や野菜たちがやってきます。
    P7210825.jpg

    P7210832.jpg

    なんだこのいろ・・。
    P7210823.jpg



    ミャンマーは少数民族が非常に多く住む国で、7つの管区と7つの州から成っています。管区は主にビルマ族が住む場所ですが、シャン州などは名前の通りシャン族が多く住む場所です。ここで驚いたというか、実感として衝撃だったのが



    全然知らない言葉がバンバン飛び交っているのです!



    ヤンゴンのローカルマーケットではこのようなことは起こり得ないので衝撃的でした。みんなそれぞれの民族の言葉で会話しているのです!
    インレー湖周辺にはパオ、インダー、パラウン、ガヌゥそしてシャン族が暮らしています。ビルマ語と似ているものもありますが、その大半は全く違うもので、言葉が違えば字も違うのです!シャン語はビルマ語よりもタイ語に近く、お互いが言っていることがわかるそうです。確かにシャン語は聞いていてタイ語のようなに感じます。

    このおばぁちゃんはインダー族。ビルマ語が公用語なので基本的に皆ビルマ語は話せます。
    P7210838.jpg

    おばぁのトーフーチョオ(豆腐揚げ)うまし。外はカリっと、中はトロっと。
    P7210837.jpg



    ミャンマーという国は不思議な国です。ビルマ族は自分のことをミャンマー人と言うかもしれませんが、シャン人はシャン人。インダー族はインダー族。と答えるでしょう。実際彼らのIDカードには民族名が記載されている欄があり、民族としてのアイデンティティが非常に強いです。言葉も文字も別なのだから当然ですが、じゃあミャンマー人ってなんでしょうね。7つの管区と7つの州から成るミャンマー。この国を統治することの難しさを体感しました。


    「アイデンティティ」

    海外に出ると必ず考えさせられる概念です。自分は何をしようが死んでも日本人ですからね。日本人としてできること、日本人としての誇りを持って彼らのように生きていきたいと改めて思いました。



    タウンジー市内で見かけた看板。上がビルマ語で下がシャン語。書体は似ていますけど、全然違います。シャン語は一切読めません。なんとなく読めそうな気がしますが・・全くわかりません!ま、一緒に見えますけどねw
    P7210917.jpg



    朝ごはん食べたばかりだけど、せっかくなのでシャンカオスエを食べる。
    P7210834.jpg

    P7210833.jpg

    劣悪な環境で売られる魚たち・・。このイメージがあるから多くのミャンマー人は生魚食べないんだよね。
    P7210839.jpg



    朝ごはんを2回も食べてお腹パンパン・・。のそのそと町の外れへ歩き出す。

    P7210840.jpg


    缶拾い少年たち。いろんな仕事があるものです・・。
    P7210842.jpg




    長くなったので続きはまた明日。明日からは有名ブロガーが登場します!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    シャン国へいってきた。その2

    シャン国へいってきた。その1からの続きです。



    馬に乗って現地人とくっちゃべった後は、町歩き!

    ニャウンシュエの町は小さいなので特に見どころはありません。



    が!



    見どころは自分で見つけるのです。

    P7200750.jpg



    その土地に行ったらとりあえずマーケットへ行く。
    ミンガラーマーケット。覚えやすい名前でよろし。
    P7200751.jpg


    マーケットには様々なものが売られていて、彼らの生活がよく見えるので好きです。ローカルマーケットでもスーパーマーケットでも、私は外国のマーケットが好きです!行ったことのない国へ行ったら、マーケットと博物館の優先度は高いですね。
    マーケットでは生活感が肌で感じられ、博物館ではその国の成り立ちがわかります。ミャンマーの国立博物館へ未だ行ったことがないのはナイショw
    P7200752.jpg


    1年前にここへ来たときはミャンマー語が全く話せず、まぁマーケットの雰囲気は楽しめましたが、多少言葉ができると楽しめ方が全然違います!



    コレ、マチスでしょ!

    違うわよ。イングェよ。

    まじで?セイタロンはないの?

    もうこの時期はないねー。

    ※マチス、イングェ、セイタロンいずれもマンゴーの種類の名前
    日本人からしたらマンゴーはマンゴーですが、マンゴーといえど種類がたくさんあって味も形も香りも全然違うのです!



    モノの値段を片っ端から尋ねて物価調査を独自にしたりねw

    たまご一個いくら?とか。




    ま、ただの冷やかしですw


    でもこうやって現地の人とコミュニケーションを取るのが好きで面白いんですよね。ミャンマー語話す外国人なんてそうはいないからみんな優しくしてくれますし、こちらは勉強になります。ありがたやー。


    これナガ族の冠だそう・・。さすが、おぞましき民族。
    P7200753.jpg



    ふらふら歩いていたらオサレなカフェを発見。
    「the french touch」
    P7200754.jpg

    去年はなかったこのカフェ。フランス人のデザイナーだか、なんだかがオーナーで綺麗な英語を話すミャンマー人がマネージャーとして働いていました。


    いかにも欧米人が好きな感じで、案の定客は欧米人しかいませんでした。
    P7200756.jpg

    コーヒーとクロワッサンのセット3000チャット(300円ぐらい)
    P7200758.jpg

    店内焼きたてのパンの良い香りが漂い良い感じ♪
    インレー湖は標高が1000メートルほどあるので気候も良いです。ヤンゴンは土砂降りでも北の方はあまり降らないようで、雲は多いものの降られることもなく、このカフェはテラスがあって、窓を開けっ放しにしていて開放的。


    この環境で食べるクロワッサン・・

    フランス人プロデュースの・・

    パリパリっクロワッサン・・




    至福のとき。

    P7200765.jpg



    どれどれ私も。

    P7200768.jpg




    うまいっ!!!!

    P7200778.jpg




    素敵な休憩を挟んで再び歩き出す。


    狩猟民族をはっけん!!

    P7200781.jpg


    釣りのリールを改造したボウガン。返しが付いていない矢ではあまり意味がない気がしますが、彼らは真剣でした・・。
    P7200783.jpg


    シャンと言えば農地です。
    P7200787.jpg


    本来ね、インレー湖に来た人はボートトリップに行くのですが、私たち三人は三人とも以前に行ったことがあるので今回は行きませんでした。
    でもインレー湖といえばボートトリップです。この船着き場の景色、好きです。インレーを感じる。
    P7200788.jpg



    冷やかしているだけではなくて、ちゃんとお金も使います!
    シャンの麺といえば、シャンカオスエ。味の素風味でしたが美味しかったです!鶏肉入り1000チャット。(ヤンゴンの2倍水準
    P7200790.jpg

    散々冷やかしてわかりましたが、インレーは物価高いです!どれもヤンゴンの2倍~3倍ぐらいしますね。ヤンゴンで売られている野菜、果物の多くはシャンから来たものですが不思議です。需給の問題でしょうか。




    夜は宿の近くにある「Lotus」
    優しい味の店です。全然あぶらっぽくないので日本人でも安心ですね。気が付いたら外国人でテーブルが埋まっていました・・オフシーズンなのにね。早めにいきましょう!
    P7200804.jpg




    夜ごはんを食べた後は散歩と言う名の冷やかしへw


    アングリーバードの練り物にやたら突っ込んで店の小娘を困らせたりw
    P7200806.jpg


    ちゃんと買い物もしましたよー。
    P7200811.jpg




    がっつりかつのんびりとすこやかに遊んだ一日目終了。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事

    シャン国へいってきた。その1

    怒涛のブログアップ力。どーもとるです。

    ここ数日、久しぶりに毎日零時更新ができています。ま、いつ途切れるかわかりませんがw



    7月中旬にあった連休を利用してシャン国へ行ってきました!

    シャン国じゃなくてシャン州でしょ?

    えぇ、そうです。シャン州です。でもね、感覚的にあそこは州じゃなくて国ぐらいの相違がヤンゴンとはありますよ。私はそのように感じました。具体的なことは、きっと後述します。きっとねw



    今回は「フラれ輩三人旅」ということで、傷心旅行なるものがなんなのかわかりませんが、私はキャッチコピーを付けるのが好きなので、そーいうこととしますw

    チケットの手配はアッキーがしてくれました。(最近ほんとによく出てくるなぁ、アッキーw そりゃないウワサも立ちますわ!

    夜行バスでインレー湖を目指します。三列シートのVIPバスで片道17,500チャット(1800えんぐらい)4列シートのノーマルバスと300円だか、400円ぐらいしか変わらないのでVIPバスをお勧めします。
    P7190643.jpg

    アッキーのキメ顔、ちょw
    P7190657.jpg

    ちょっとした車内サービスあり。
    P7190646.jpg


    三人ともテンション高めでワッショイワッショイ!していたら後ろに座っていたミャンマー人に叱られましたw
    おしゃべり大好きなミャンマー人に叱られる日本人三人組w

    そうですよね、夜行バスですもんね。静かにするのが常識ですよね。



    ところでバスに乗ってから気が付いたことがありまして。





    パスポートわすれたw


    なんかねー、こちらに住んでいると日本に住んでいる感覚になってしまい忘れがちなんですよねー。原則パスポート不携帯だとバスにも乗れませんし、ホテルに泊まることもできません。ま、これはミャンマーだからではなくて世界の常識です。

    そりゃ、「この人世界一周してないよ!」と言われても何も言えませんわw



    なにはともあれ時既に遅し。ということでバスには乗ることができたし出発!


    115マイルで美味しくも不味くもないモヒンガーを夜遅くに食べさせられ・・。
    P7190658.jpg



    ヤンゴンより北へ走ること12時間・・。



    早朝6時すぎ。シュエニャウンに到着!!

    バスが着くところがシュエニャウンで、インレー湖湖畔の町の名前がニャウンシュエです。



    ややこしすぎ。


    シュエニャウンからニャウンシュエまではタクシーで移動。時間がホットならば乗合いバイクタクシーがあります。

    ニャウンシュエに入る前に料金所で入域料を払います。USD5
    10月からはUSD10になるということで、ミャンマー観光省やりすぎ感が否めません!
    P7200664.jpg

    P7200665.jpg


    インレー湖には去年の4月、ミャンマー在住を決める旅で来たことがあってそれ以来となります。しかしながらこの1年非常に濃かったのでもう何年も前のことのような感覚です。ほんと早いけど、いろいろありますよね1年の間に。

    宿泊先は前回と同じ、リメンバーイン!当時一部屋15ドルのところに二人で泊まっていましたが、今回は25ドルでした・・オフシーズンでこの価格。ミャンマーやりすぎ!
    P7200666.jpg

    この宿は清潔でスタッフも親切で居心地がいいんですよねー。
    シャレの利いた猫もいるしw
    P7210847.jpg


    通常到着日の朝食は付きませんが、リメンバーインならでは心遣いで食べさせてくれました!
    メニューの説明をする現地添乗員のワタナベさん。
    P7200667.jpg

    なかなか選択肢のある朝食ですが、私の場合は自動的に・・




    モヒンガーとなります。

    モヒンガー大使故にモヒンガー縛り(泣
    P7200668.jpg



    去年ここを訪れた際に、私はあるミャンマー人女性に恋をしました。
    去年のブログ。自分の髪のもじゃもじゃ具合がやばいw


    その女性は旅行会社を営んでいて、るんるんで真っ先に会いに行きました。


    同じ場所に、


    同じ出で立ちで、


    彼女は、、


    ムーチーは、、、





    いたーーー!!!!


    いやー嬉しかったですね。向こうもこちらのことを覚えていてくれて。
    去年は用事もないのにここでよく油を売ったものですw


    そんなわけで今回も前回同様、ホーストレッキングをお願いした!

    馬のいる場所までは馬車で移動♪
    P7200677.jpg


    アッキーは馬に乗るのは初めてだそうで、見て下さいこの不安そうな顔!
    P7200683.jpg


    そんなアッキーの気持ちを知ってか知らずか特に説明もなくホーストレッキングすたーと!


    田舎の子どもたちの純粋さハンパない。
    P7200684.jpg



    このホーストレッキング、本当におすすめです!洞窟に行ったり、坊さんの話を聞いたり、近くの村に立ち寄ったり、畑を横切ったりしながら、、
    P7200686.jpg

    P7200696.jpg

    P7200697.jpg

    P7200701.jpg

    P7200704.jpg


    丘の上にあるワイナリーを目指すのです!
    P7200710.jpg



    そのワイナリーとはRed Mountainのことです。
    ここの白、特にLatest Harvestは香りがよくていいですよ。それ以外の白はかなり辛口です。赤とロゼは飲まない方がいいですw
    P7200715.jpg

    4種類のワインが2000チャット(200円ぐらい)でテイスティングできます!安い。
    P7200718.jpg

    意外と食事も悪くない。
    P7200729.jpg

    P7200730.jpg


    ツアー時間は基本3時間ですが、馬を貸し出している家でくっちゃべったりしていたら5時間半も経っていましたwこれでひとり15,000チャット(1500円ぐらい)
    P7200742.jpg

    真のローカルフードを何かと振る舞われるw
    P7200744.jpg

    P7200745.jpg



    ありがとうムーチー!

    P7200749.jpg



    長くなったので続きはまた明日。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。