スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ムスリムのタクシー運転手がトチ切れて身の危険を感じた件。

    気がついたら半袖焼けしてました。はずかしー!どーもとるです。

    腕と顔は浅黒いのでこれが日本人と思われないひとつの理由ですかね・・。見た目はいいんですよ、何人でも。中身が大事ですからね!



    私、バスがある時間帯やバス路線を行くとき、時間に余裕があるときなどは積極的にバスを利用しています。
    しかしながら仕事になるとさすがにタクシーを使いますし、夜10時を過ぎるとバスの数が急激に少なくなるのでその際は仕方なしにタクシーです。

    先日、仕事関係のアテンドで夜のヤンゴンを徘徊していたのですが、帰りにダウンタウンからタクシーを拾いました。
    4000チャットで行けるところをゲストもいたので4500チャットで交渉成立。

    ゲストをホテルに送り、帰路へ。


    不運なことにタクシー運転手が通ろうと思っていた場所が工事中で通行止めになっていました。そのために少し遠回り。
    そしたらタクシーのオヤジが声を荒げて、

    「クソっ!道がふさがってやがる!通れねぇじゃねーか!回り道するから500チャットプラスして5000チャットな!(交渉の猶予なし)」

    まぁ確かに同情する部分はありましたし、500チャットの上乗せぐらいなら良しとして、

    「わかった。5000チャット払うよ。」

    と私が言ったあとの数分後にオヤジが、

    「なんだコレ!遠いじゃねぇーか!こんなに遠回りして5000チャットじゃあんたの場所まで行けねぇよ!!あと500チャット払え、5500チャットだ!!」

    おい、待てよ。とw


    そもそも4500チャットで交渉成立した後に良心で5000チャット払うと言ったのに、それにさらに500チャット割増かよ!さすがにこれはないでしょ。タクシーの値段は事前交渉でFix。これが常識ですよ。


    さらにオヤジは声を荒げて捲し上げる。

    「1ガロンいくらか知ってるか!?4000チャットだぞ!4000チャット!!」

    「いやいや、知ってるけどこの距離なら1リットルで行けるだろ。1リットルは900チャット程度だ。しかもこの車、小さいし日本車だから油そんなに使わんだろ。」

    「5000チャットなんかじゃ行けねぇよ!5500チャット払え!!あんた何人だ!?日本人か!?韓国人か!?」


    ・・・

    私はお金を払うのはいいんですが、払いたくない相手というのがいます。彼はまさにそーゆう人どストライクでした。声を荒げて脅したり、お金を受け取る立場で顧客が満足していないにもかかわらず、やたら強気の人。
    こーゆうタイプの人間には1銭たりとも払いたくありません。これは金額の大小ではなくてモラルや気持ちの問題です。交渉時に人種を聞いてくる人間もクソったれです。交渉に人種は関係ありません。

    彼の凶荒な話し方や高圧的な態度に何度もキレそうになりましたが、こちらがそれに乗ったら事件になりそうだったので大人しくしぶとくあくまでもこちらは冷静に話をしました。話がおかしな方向に行き始めてから今すぐにでもタクシーを降りたい気持ちになったのですが、まだあと半分の15分ほど走らなくてはいけないのにここで降りても「5000チャット!!」とかヌカすのでそのまま目的地付近まで行くことに。

    家から歩いて5分ほど離れたところで降りました。

    降りたあとも「5500チャット押し」は続き、相当めんどくさい状況に。はじめに言いましたが、5000チャットという値段は悪くないです。叩けば4000チャットのところを5000チャット払うと言っているのですから金額的に全く悪くありません。

    「今日はお互い運が悪かったんだよ。あなたも悪くなし、私も悪くない。通行止めだったのがダメだった。」

    となだめても全くなだまらず・・。

    5500チャット払わなかったらブッ殺すぞ!!ぐらいの勢いでかかってきたので、最終カードを使いました。





    「警察行く?」

    ソッコーで引き下がりましたw



    もちろん会話は全てミャンマー語でしたが、話の内容と彼の外見、決め手はルームミラーにぶら下がっていた飾り物から彼がムスリムだということはわかりました。
    彼の日常の不満が私に向けられたのかなぁとも思います。ミャンマーでのイスラム教徒の地位は低く、明らかに差別の対象となっています。仏教徒が大多数を占めるミャンマーでは少数派の声が弾圧されることは多々あります。特に仏教徒とイスラム教徒との溝は深いです。
    このような背景があるので彼のことを理解できなくはないですが、それをこのような形で表現するのはナンセンスだと思います。


    基本的に私はイスラム国が好きですし、当然ムスリムに対しても親しみを持っています。しかしながら、国や彼らが置かれている状況によってその印象は大きく変わることを身を持って実感しました。

    宗教ってなんなんでしょうね。どの宗教も平和な世界を目指していると思うのですが、殺し合ってばっかりですよね。



    結局今回は5000チャットで済みました。500チャット(50円)払うか払わないかで何をこんなに揉めているんだ、と冷静に考えれば思いますがまだまだ私も若いということでw
    そーいえば、ケニアで50円程度を払い渋った挙句、掛けていたメガネを強奪されたことがありましたw
    その時は世界一周中だったのでメガネを奪われたのはかなり痛かったです・・。そして日本で買ったやつだったので5000円ぐらいしたかと思います・・金銭的にも痛いwそれでもその人はお金を払いたくない人どストライクだったので後悔はありません。
    楽しかったケニアのブログはこちら!


    でも50円で命は奪われたくないので本当にそうなりそうだったらとっとと払いますw




    いろいろありますねーミャンマー。お手柔らかに頼みます!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/11/30 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    良き人生を送るために運動しましょう。

    10キロの距離を1時間かけて走ったらソッコーで筋肉痛になりました。筋肉痛が早く来るのは若い証拠、どーもとるです。

    1月に行われる、第二回ヤンゴン国際マラソンにエントリーしていまして。前回は10キロだったので練習なしにささっと楽しんで走りましたが、今回はハーフの21キロに挑戦。思い返せば21キロも走ったことはありません。高校ではボート部に所属していて、毎夏恒例のロング漕というので毎日20キロ漕いではいましたが、その距離を走ったことはありません。
    10キロ程度ならばぶっつけ本番でいけますが、さすがに21キロとなると・・まぁ走れるとは思いますが練習しておいた方が当日楽しみながら走れると思うので最近はジムで走るのを中心にトレーニングしています。

    私、道具や戦略を使ったチームプレイを要するような運動は大好きですが、ただ走る。というのは大っ嫌いです・・。決して足は遅くないですし、持久力もありますが、ただ嫌いですw
    1時間も走り続けるだなんてもう考えただけで嫌でしたが、実際走ってみたら意外と楽しみながら走れましたwジムで走るのは慣れが必要ですね。ずーっとおなじ風景で飽きますしw幸運なことに私が行っているジムでは世界のニュースやナショジオ、映画やサッカー(プレミアリーグ)も観られるので英語の勉強も同時にできてグッ!



    走るだけ。ですが、楽に走るコツがあることに気が付きました!

    あと、走る前のエネルギー補給も大事ですねー。



    健康体を維持するためには食事と規則正しい生活が必要ですが、何よりも運動が必要なのかなぁと思います。
    既に亡くなった私の祖父は90歳すぎてもテニスをしていました。彼は午前中テニスをしたあとに自転車で体育館へ移動し、そこでさらに卓球をする。という超人的活動していましたw

    どれだけお金があっても、どれだけ時間があっても、健康でなければ何もできません。そして健康でなければ精神が病みます。

    健康である。ということは全ての源であると言えると思います。




    そんなわけで私は走ります。

    どんなブログだ、コレw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/29 14:57 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ふらっといってきた居酒屋龍太が良かった件。

    あっという間に時が過ぎてゆくー気が付けばもう師走。私も師と共に走ります、どーもとるです。

    実際に走るのは1月ですけどね!ハーフマラソンですよ。ビビってハーフにしましたwハーフと言えど21キロですから結構ありますよねー。前回は10キロだったのでね、今回は2倍にしてみました。次回はフル?いやいやいやw
    スポーツは大好きなんですが、器械体操とかただ走るとか、そーゆう運動は嫌いなんですよねー・・。



    オープンしたばかりだと思われる居酒屋「龍太」へ行ってきました。
    ボージョーアウンサンと40番の角にあります。場所は極めてわかりやすいです♪
    PB242046.jpg


    この日お会いした方にお土産を頂きました。栃木のお酒です♪
    PB242047.jpg



    さてさて肝心な料理ですが、、


    鶏レバーのたたき。レバー感がグッド!
    PB242049.jpg

    串森。ミャンマーの地鶏を使用されているそうです。ウマウマ♪
    PB242048.jpg

    鶏だし茶漬け。やさしい味です。
    PB242050.jpg

    焼きおにぎり。これ今まで食べた焼きおにぎりの中で一番美味しいかもしれませんw本当は2つ単位での注文ですが、無理をいって1つのみ注文させて頂きました。
    PB242051.jpg


    他にもトンペイ焼き、ホルモン野菜炒めなどを頂きましたが、どれも美味しかったです!!それに値段も手ごろでした。ダウンタウンに住んでいたらサクっと通いたくなるようなお店ですね。



    写真撮るの上手ですよねー。料理がすごく美味しく見えます!などなど嬉しいコメントをもらうことが度々あります。基本的に一発撮りでサクサク撮っていて、特殊なカメラを使っているわけでもないのですが、アングルが良いそうです。オリンパスのToughシリーズが相棒ですが、Canonの一眼とかNikonの一眼で撮ってみたいなぁと常々思っています。カメラメーカーさんからの協力依頼、お待ちしておりますw


    なにはともあれ、龍太さんごちそうさまでした♪

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/28 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    外国人のおじいちゃんおばぁちゃんがきっと好きな宿「Classique Inn」

    日本人に日本語で話しかけると怪訝な顔をされるときがあります。私も日本人です。どーもとるです。

    ガイドブックに「日本語を流暢に話す現地人には気を付けること。」なんて書いてあるが故にー!!
    最近、ロンヂー姿が多いですからねー。一週間のうち6日間はロンヂーです。かなりの確率でロンヂってます。



    さて、来年私の両親がミャンマーに来る。ということでヤンゴンの宿はどこを取ろうかと。ネットでカチカチしていたら評判の良い宿を見つけました。

    泣く子も黙る、ヤンゴンのビバリーヒルズのど真ん中、Golden Valleyにある「Classique Inn」というところです。
    PB242040.jpg

    ちょっとした中庭があって、白人が英語でガチの講義をやっていました。なんの講義だかは不明。
    PB242041.jpg

    一軒家をホテルに改修してありアットホームな感じが良い◎
    PB242042.jpg

    PB242043.jpg

    これはナガ族の刺繍を使ったソファ。お洒落。
    PB242044.jpg

    あらよっと。
    PB242045.jpg


    あらかじめ予約をしておいたものの、現金で支払いを済ますまでは予約が確定しません。これミャンマーの常識ですw
    顧客である我々がホテルまで直接支払いに行くという、、もうおかしいでしょこれ。
    まぁこんなおかしなシステムにも慣れましたがwというか仕方ないですよね。。

    オーナーらしきおばぁちゃんが10分後に登場。このおばぁちゃんのキャラがまた強烈でして。


    「ん~・・2月の11日と14日ね・・えっと、、いくらでしたっけ?」

    俺に聞くなw



    ラブリーなおばぁちゃんとラブリーなやり取りを交わし、無事に支払い完了。この日、満室で部屋の様子はわかりませんでしたが、雰囲気はかなり良かったです!

    ちょっと値段は張りますが、まぁ許容範囲ですし私も泊まったらきっと気に入ると思います♪
    http://www.classique-inn.com/

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/27 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    先天性HIV感染者孤児院へいってきた。

    仕事で会ったチャイニーズマレーシアンに、中国人かと思った!と言われました、100%純血日本人のとるです。

    ぇ、なに。中国話せるんですか?

    話せませんからwww

    私、日本語と少しの英語と少し少しのミャンマー語しか話せませんからね。人を見た目で判断してはいけませんよ!



    もうっ。まぁいいんですけど。ネタになってw




    先日Facebookで知人がサクッと投稿していた写真。

    それは米屋の領収書。全てミャンマー語でしたが、なんとなくわかります。どうやら100キロも米を買い込んだ模様です。ひとりで100キロの米を買う人が日本にいますか?wいませんよね。ここミャンマーでもそんなにいませんよ。しかも彼はミャンマーに住んでいません。日本に住んでいます。出張でちょくちょく来ている模様ですが、頻繁ではありません。

    では彼はなぜそんなに多くの米を買ったかというと、





    歴史上最大級の台風がミャンマーを襲うらしい!!!!

    というデマに騙されたわけではなく、その後の彼の投稿でわかったのですが寺院に寄付されたそうです。

    功徳が積めるだかなんだか知りませんが、ミャンマー人はやたらと寄付が好きです。寄付をすることは珍しいことではなく、コンビニに行くような気持ちで寄付に行ったり・・いや、それは言いすぎですが、特にお金持ちは非常に好んで寄付をします。

    私は学生時代、大学2年の秋から大学4年の春卒業するギリギリまで訪問介護のアルバイトをしていました。大学での専攻は法律だったので医療や福祉の業界とは全く関係がなかったのですが、あることをきっかけに福祉業界と接点ができたために平日・休日昼夜問わず福祉の業界と近いところにいました。(一か月の労働時間が240時間を記録したこともw
    福祉業界の多くの団体は財務的に独立することが難しく、資金源を国の財政や寄付に頼っています。労働力に関しても費用が発生しないボランティアに頼ることも度々あります。

    そんな福祉業界で働きながら思ったことが、資金を寄付や政府の財源に頼り、労働力もボランティアに頼っているようでは持続的に良好なサービスを提供することが難しいだろうということです。
    個人的には寄付やボランティアといった行動には賛成できるのですが、その先のことを考えると、うーーーん。となってしまうのです。まず、このような行為は自分が経済的にも精神的にも時間的にも豊かでないと現実的ではありません。

    考えても仕方ないので、気持ちで動くときもあります。今回がそのときでした。



    普段いろいろとお世話になっているミャンマー人の友人に連絡を取り、私の意向を伝えてある施設を紹介してもらいました。

    Happy Haven Humanitarian Projectという施設で先天性HIV感染者の孤児を養っているそうです。2005年に設立されたとのことです。
    3つか4つの建物で117人の子どもたちが共同生活を送っています。
    PB242039.jpg

    医療研修をしっかり受けた人が日常のケアにあたっているそうで、医師により定期訪問もあるそうです。
    PB242033.jpg

    教育もここで行われているそうですが、教育省から認定を受けているわけではないので適切な教育が行われているかは疑わしいです。独立を支援する職業訓練なども行われているそうです。
    PB242034.jpg


    インドのコルカタにマザーテレサが作った施設が幾つかあります。末期患者の施設、孤児の施設、障碍者の施設などがありますが、当時私は日本で障碍者介護をしていたのと子どもが好きなので障碍者孤児の施設に1週間ほどボランティアとして働かせてもらったことがあります。その施設の状況はまぁ酷くて・・。
    しかしながら酷いというのはあくまでも私目線であって、そこで暮らしている子どもたちは元気いっぱいだったので彼らがどう思っているのかは定かではありませんが、日本から来た私にとっては衝撃的でした。。
    そこの施設と比べたら遥かに良好だと思いますが、その時の記憶が蘇りました。
    PB242038.jpg

    PB242036.jpg


    私が行ったときはちょうど昼寝の時間で多くの子どもたちは寝ていましたw
    昼ごはんを11時半に食べ終えて、12時から14時までは昼寝の時間だそうです。次回の訪問の際は昼寝時間以外の時に来たいと思います。
    AIDSの発症を抑えるために薬を12時間おきに服用しているようで、その薬は政府から支給されているようです。正しく服用すれば一生発症することはないそうですが、12時間おきに一生薬を飲み続けるのは簡単なことではないと思います。



    寄付をする上でお金を渡すのはそっけないですし、そのお金の用途があまりにも不確定なので「物を寄付したい」とリクエストしましたが、「お金ならば必要なものが買えるし、不要なものをもらっても無駄になってしまう。」と言われてしまったので結局お金になってしまいました・・。自己満足と言えばそうなのですが、納得いかないので今回は予定していた予算の半分を現金で納めてきました。残りの半分は今回彼らが必要なものを聞いてきたので次回訪問時にはこのリクエスト表に基づいて物資を購入し、届けたいと思います。
    PB252052.jpg



    寄付やボランティアという行為は、一見相手のためにする行為のように思えますが、私は自分のためにする行為だと思っています。寄付やボランティアはしてあげるのではなくて、したいからするのであって、ひょっとしたら相手が求めていないかもしれないので、させてもらうという気持ちで私はしています。

    と、かっこよく言ってみたものの一言で表せられるほど簡単なものではないのでこの辺りで〆!



    考えること。そして行動することが大事なことではないかなぁと何事に対しても思う今日この頃。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/26 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    しめやかーに行われているタイ料理を食べる会。

    ヤンゴンのレストラン情報、ここにあります。Dreamctionって相変わらず覚えにくいですか?どーもとるです。

    ふと思ったのですが、「Dreamction」よりも「どーもとる」の方が知名度高いかもしれませんねwブログの名前変えようかしらん。「どーもとるです。」に。
    そもそも私は「とる」と名乗っているつもりなのですが、最近「ぁ、あなたがどーもとるさんですか!」と言われることがしばしば・・。ま、いじられるのは嫌いじゃないですよw



    ヤンゴンにはタイ料理レストランが結構あります。大体タイ人がオーナーでどこも美味しいのですが、私はSabai@Inyaに行ってばかりであまり他のレストランに行ったことがありません。最近、周りにタイ料理好きが増えたのでしめやかーに「タイ料理を食べる会」というのをやっています。

    Mai Thaiという老舗タイ料理屋にいってきました。
    場所はU Wisara Rd沿い、West Shwe Gone Daing Rdと交わる辺りにあります。Tel:01 383662, 01 375158
    PB212021.jpg

    結構大きめです。
    PB212022.jpg

    いけすないす!
    生簀があるかないかはレストランの良さを計るひとつの判断基準となります。
    PB212023.jpg


    予約なしでいきましたが、幸運なことに個室をあてがわれました!
    PB212025.jpg


    個室には常にひとりウェイターがいて、注文もすぐにできますし、飲み物もすぐついでくれますし、汚れたお皿もすぐに替えてくれるので気分よく食事ができました♪



    野菜大集合ワロタw
    名前に惹かれて注文!
    PB212024.jpg


    PB212026.jpg

    PB212027.jpg

    PB212028.jpg

    PB212029.jpg


    写真以外にもトムヤンクンを頼んだり、それなりな品数をオーダーしましたが、どれもウマい!


    ビールもまぁ適度に。品数が多かったのでガブガブはいっていませんが、ゴクゴクと。
    計6人で行きましたが、これだけ食べて飲んで一人あたり・・





    11,000チャット!!


    これはイイ!美味しいし、サービスも○!個室でしたしねー。

    ここのレストランはハラルということで豚肉がないのが残念ですが、頼んだ料理全て美味しかったです!ミャンマービールも瓶でしたが冷えていましたし。かなり満足できたタイ料理を食べる会でした♪

    さて、次はどこへ行こうか。
    おススメのところがあればコメントお願いしまーす!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/24 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマー人がコロっと変わった瞬間を見た!

    コロコロかボンボンか。ジャンプでしょ。どーもとるです。

    サンデーとかマガジンとか今でもあるんですかねー。私が幼少の頃はジャンプ全盛期で、ファミコンジャンプ。とか少年週刊誌が謎にゲーム化された時代でもありました。



    先日、インターネット接続の件でミャンマーの大手通信会社に行ってきました。本来は全て電話で済ませられるはずなのになぜか顧客である私が呼ばれる、というなんともミャンマーらしい感じですw


    よく考えてみてください。


    「ひかり回線引きたいんですが・・。」

    とNTTに電話をしたら、

    「ならばとりあえず弊社までお越しください。詳細はそのときに。」


    と言われるのですよ?w
    そして実際に行くのですよ、NTTの本社に!!



    もう考えられないでしょ。これがミャンマーの常識のようです。

    意味不明ですw
    弊社スタッフに「私たちが顧客なんだから、こっちから向こうに行くのはおかしいでしょ。掛け合ってなんとか行かずに済むように話してみて。」

    と言ったところで全く埒が開かないのでわざわざタクシーに乗って行ってきました。

    弊社のミャンマー人スタッフに同行してもらい、行ってきたのですが担当のおばちゃんの態度の悪さが異常。
    とてもサービス産業に属している人とは思えない・・。

    肘をつきながら顧客を横目に、Facebookをカチカチ。(明らかに仕事ではない様子

    笑顔ゼロで対応。話し口調も非常に悪い。



    ミャンマー人のスタッフが全てやり取りをこなしてくれたので私は一言も言葉を発せず黙って聞いていました。

    一通り聞きたいことを聞き終えて、じゃあそろそろ帰ろうか。となった時に担当者に話しかけられました。もちろんミャンマー語で。



    ぇ!あなた日本人だったの!!?ロンヂー履いているし、ミャンマー人だと思ったわ!!!!


    そっから、おばちゃんの態度が急変!!


    アクセル全開、笑顔満点。

    私がミャンマー語を多少話せ、読み書きができると知ったときからものすんごい変わりようでw
    変わったのはそのおばちゃんだけではなくて、フロアー全体の雰囲気が急に明るくなりましたw



    なんなんだこれはw


    帰りのタクシーでミャンマー人の弊社スタッフが辟易としていました。そら、そーですよね。


    Double Standard.


    良くも悪くも理解しながらうまくやっていきたいと思います。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/23 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    見るからに高そうなレストラン「Standard」へいってきた。

    コーヒーって食欲を抑える作用があるのご存知でした?でも苦いから甘いものが食べたくなるってゆー矛盾。どーもとるです。

    私、結構ミャンマーコーヒー好きです。初めは、特徴のないコーヒーだなぁと思っていましたが、この手のクセのない味は日常使いにはもってこいです。あまりにも味に特徴がないので「スマトラ・マンダリン」「スラウェシ・トラジャ」「ハワイ・コナ」「エチオピア・モカ」などなどブランド力のある豆には成り得ないと思いますが、私は野性味あふれるアフリカの豆や酸味が特徴的な中米の豆などは好きではないので、ミャンマーのコーヒーは好きです。凄腕焙煎士がいたら、良い味が出るかもしれませんね。



    コーヒーの話はさておき、見るからに高そうなレストランへいってきました。「Standard」
    City Mart, Market Placeの近くにあります。
    PB202017.jpg


    以前、同僚と「どんな感じか見いってみよー!」と意気揚々と来た際には、ミャンマー人金持ちがばーすでーぱーてぃとやらをやっていて入店することすらできませんでした・・。

    ガラス張りのオープンキッチンが映える内装で若干照明が暗いですが、雰囲気は高級レストラン。日本だったらスーツにネクタイ。少なくとも襟付きのシャツで、ジーンズはダメ。といった感じの場所ですが、


    ここに短パン・Tシャツ・ビーサンで来た自分w



    ほんとの金持ちか、ほんとの貧乏人かのどちらか。という出で立ちです。



    幸運なことに客は私たち以外にいなかったのでよかったですw



    まぁ高いのは予想していましたが、メニューを見開いて絶句w

    まず、American fine dinningってなんですかwアメリカ料理ってなにかありましたっけ?ハンバーガー、ホットドッグ、チリコンカン、、カリフォルニアロール?



    品数が異常に少ないレストランで、値段もハンパじゃなかったので下から3番目ぐらいに安い、「Grilled Sea bass」をオーダー。

    下から3番目に安くていくらだと思いますか?




    26ドルです!!!!!


    モヒンガー63杯分!!!!!


    しかもこれにTax5%のサービスチャージ10%かかりますからねー。


    割と早めに出てきた。
    皿はやたらとデカいが、魚自体はそれほど大きくはない。
    PB202018.jpg


    見た目は悪くない。
    一口目、ソースも何もつけずにパクっと。




    不味い!!!!!!


    いやー魚の鮮度が最低ですねー。

    サーモンも味見しましたが・・。肉も味見しましたが・・。



    大変残念な結果に終わりました。。



    お金を払うのはいいのですが、それに見合った仕事をして欲しいものです。



    冷静に考えてみたら今まで1皿の料理に対して26ドルも払ったことがないかもしれませんw
    26ドル・・2600円・・名古屋だったら、ひつまぶしレベルですね。あぁ食べたいwひつまぶし食べたいw

    東京に戻った時にはいろんな方にご馳走になっていますが、よく連れて行ってもらうのが日本橋本町にある「大江戸」創業200年を超える老舗でここのうな重は5000円ですwまぁこれはいつもご馳走になっているのであれですが・・。いつか私もお昼に5000円のうな重を誰かにご馳走できるようになりたいものです。
    そういえば、帝国ホテルのなだ万で昼をご馳走になったことがありますが、ここのランチは5000円からだった気がしますw

    そのスケールになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、いつかはこの可愛がって頂いているご恩を世の中に還元していきたいと思います。



    なんだかまとまりのないブログになってしまいましたが、激動激しい現在のヤンゴン。しっかりと芯を持たないと流されてしまいかねないのでたまには瞑想をして原点回帰する必要がありますね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/22 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマー人のコミュニケーション能力。

    ローカル飲み屋にいた猫をあやしていたら突如ガチで引っ掻かれて流血しました・・。それでも猫が好き。どーもとるです。

    元々犬派だったんですけどねー、あの猫の自由さと体型がいいですよね。あと綺麗好きでニオイも犬と比べてないですし。猫を一度飼ってみたいなぁーと思いますが生物をしっかりと飼った経験がないので躊躇しています。というか、今の居住環境では無理ですねw以前はゴールデンが庭にいましたが。



    弊社はヤンゴンの提携工場でムキエビの加工をやっているのですが、作っている物自体は全く難しいものではないのですが、3社共同(工場運営会社、委託加工会社、弊社)で仕事をしているのでホウレンソウを円滑にすることが容易ではありません。現場にいる外国人は私とマレーシア人の同僚ふたりしかおらず、他は全てミャンマー人です。公用語はミャンマー語です泣(これがキツイ・・

    委託加工会社には約100人のミャンマー人が働いていて、それプラス日雇いの人間を100人雇用しているので総勢200人。これに工場運営会社と弊社社員が合わさり、210人程度の人間がこの仕事に関わっています。
    工場には弊社自社工場のあるメイクからスーパーバイザーを8人派遣しています。現場を仕切っているのは彼らですが、このメイクから来たスタッフと委託加工会社の工員がしょっちゅう衝突。

    彼らは同じミャンマー人ですが、ヤンゴンとメイクでは同じミャンマー語でもイントネーションや話し方が全然違います!性格も違うようで、職場環境も大きく異なります。


    メイクは工場が数えるほどしかありませんので、職業の選択がありません。

    ヤンゴンは工場がたくさんありますし、労働者側に職業の選択があります。


    なので、メイクでは仕方なくそこで働くしかなく、それなりの給料であれば多少キツく言われても「はい、はい、わかりました。」と働くわけです。
    ところがヤンゴンではこのような背景はありませんのでキツく言われると一気に労働意欲が萎え、それは反抗心へとつながるようです。


    これはまぁ理解できるのですが、それ以外に宗教問題があります。仏教徒とイスラム教徒ですね。ミャンマー人は大半が仏教徒ですが、イスラム教徒も割といます。公式発表している数字よりも多いように感じます。それでイスラム教徒のミャンマー人が、仏教徒のミャンマー人を指導する。ということになれば当然うまくいくわけがありません。彼らは理由なしに感情の根底から憎み合っていますからねー・・。


    さらに、

    ミャンマー人は序列を重んじます。


    例えば、一般労働者がリーダーを飛ばしてスーパーバイザーに不平を言ったり、さらにはスーパーバイザーの上の管理者や経営者に不平不満を言った場合には、




    もう大変なことになりますw

    それがいかに論理的なこと、急を要することでも、その順序を破った。ということだけで烈火の如く怒り狂います!



    先日もある案件で副大臣と話していても埒が開かないので、大臣と直接話をして合意にこぎつけたら副大臣が「メンツを潰された。」とのことで大激怒して大変だったそうです・・。それを全身全霊で受け止めてくれた、ローカルボスに感謝。



    あと工場でよくあるのが、「あなたのことが嫌いだから一緒に働きたくない!」「口も聞きたくない!」とか面と向かって言います。言われた方ももちろん同じ気持ちですから、当然すぐさま喧嘩勃発です。

    子どもかっ!とツッコミたくなりますが、これが現実なのでまぁまぁまぁ・・となだめるのが管理畑の仕事でもあるのです・・。人の好き嫌いはあって当然だけど、仕事なんだから仕事はきっちりやろうよ・・というのは全く通じませんね苦笑




    ま、そんなわけでミャンマー人の扱いは非常に難しいです。

    こんな中にろくにミャンマー語が話せない外国人(私)が入っていくわけですからもう、、お手上げですw
    日本でもコミュニケーション能力は多くの仕事で要求され、この能力が高ければ良い仕事ができると思います。それはミャンマーでも同じで、言葉のスキルよりも相手を思いやる気持ちや、意見が衝突したときの対処法、よくコミュニケーションを取ることによってお互いにとってベストな方法を選んでいくこと、などが重要です。
    この意識が大半のミャンマー人には皆無ですね・・。以前も触れたことがあると思いますが、能力の高いミャンマー人は海外にベースがあったり、既に自分でビジネスを展開している、サラリーマンだとしても大企業の役員もしくは同等のレベルの方が多いです。いわゆる「一般的な勤め人」にはなかなか「できるタイプ」はいません。




    以上、現場よりリアルな現状をお伝え致しました。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/21 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマーらしい有り得ない出来事。

    日本からのお客さんを案内しての国内出張最終日。

    朝食をみんなで食べ、魚の水揚げを見学し、さぁあとは11時半の便でヤンゴンへ戻るのみ。

    というところで、恒例のフライト1時間遅れ。


    メイクには飛行機はありません。

    ヤンゴン→ダウェイ→メイク→コータウン

    という順番に飛行機が飛びます。帰りも当然同じです。
    この路線を飛ばしている航空会社はMyanmar AirwaysとAir Kanbozaの二社のみです。

    今回はAir Kanbozaを利用しました。なぜならこちらの方がより正確でキャンセルがないからです。



    正確。といっても遅れるのが常なので1時間や2時間の遅れは大したことありません。

    11時半の出発予定だったフライトは遅れに遅れて、時刻は14時。



    航空会社から連絡が入り・・





    今日のフライトはなくなりました。キャンセルです。


    えぇー!!
    お客さんは同日乗り継ぎで日本へ。同僚も同日乗り継ぎでマレーシアへ。というスケジュールだったので大変。

    とりあえずお客さんはその日のフライトをキャンセル。ANAのダイレクト便だったのですが、これがFIXチケットだったので変更不可。ということで明日のチケットを買い直し・・。片道料金なんと



    1400ドル。

    はうわー。支払いはヤンゴンにて現金で。


    数日の出張でひとり1400ドルなんて持ってるわけないですよねーw



    さぁ、どうする。ここは弊社が現金を一時的に貸して、後日送金してもらうことにしようか。もしくはオンラインで取ればクレジットカードで決済できるけど、ネット環境が悪すぎて不安すぎるし・・。日本にある旅行代理店に頼んだらなんとかしてくれるかもしれない・・。などなど。ドタバタ。

    同僚は同僚で自分の明日のフライトを確保するのに必死でテンパってるし、今日のホテルはどうするんだ、とかあーだこーだ。



    もう、カオス。

    そんなカオスな状況下でも着々とやれることをこなし、なんとかひと段落。



    時刻は3時半。

    結局フライトは明日になってしまったし、今日は特段仕事もないのでメイクの町を散策したり、パゴダに行ったりしましょうか。と話していたところAir Kanbozaから連絡が・・




    今日飛びます。16時チェックイン、17時半テイクオフです。


    なんだとコラwww

    お客さんの新規チケット代、1400ドル×3=4200ドルどーしてくれるんだYO!!


    Air Kanbozaはもちろん、そんなことは知らん顔。全く酷い話です。
    ホテルもキャンセルと予約を繰り返し・・。




    いやーほんとにミャンマーを感じました。

    できる。といったり、できない。といったり、あっちいってこっちいって・・。

    まぁ怒っても仕方ないので怒りませんが、こーゆう事によって時間と労力とお金が無駄に使われていくのですね・・。途上国と先進国は違う。と言ってしまえばそれまでですが、ここは大いに改善すべき点で、よくミャンマー人は「ここはミャンマーだから。」「ミャンマーは外国とは違う。」と言いますが、使う場面によってはこの言葉は正しいですし、誤りでもあると思います。この辺りをミャンマー人と外国人がお互いに理解し、改善していけたらいいなぁと心から思います。

    例えば先日工場で働く弊社ミャンマー人スタッフが「大事なお祭りがあるので夜にシュエダゴンパヤーに行きたい。会社の車で送迎してもらえませんか?」

    このようなリクエストには全力で応えたいと私は思います。


    ここはミャンマーですからね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/20 00:00 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(2)

    空路遥々2時間。1年ぶりに自社工場へいってきた。~番外編~

    途上国って基本、信号機ないですよね。自社工場のある町で久しぶりにザ・途上国を体験しました、どーもとるです。

    メイクの町ってホントになんもないんですよ。町をぐるっと車で(なぜか自分で運転してw)、回りましたが、信号機を見たのは1度だけ・・。



    そんな何もない。と言われるメイクですが、最近ショッピングモールができた!との情報を入手したので行ってきました。お客さんを連れて私の運転でw

    PB132006.jpg


    メイクはタイとの国境に近く、交易があるのでタイ製の服などはヤンゴンよりも安く手に入ります。


    「ねぇ、これってタイ製?」

    「いや、ミャンマー製だよ。」

    「・・ここにMade In Thailandって書いてあるけど。」

    「ぇ!あ!知らなかったー!!」


    ・・・とことんミャンマーですねw
    それにしてもヤンゴンとメイクは同じミャンマー語でもイントネーションが全然違ってなかなか通じないし、聞いていてヘンな感じがします。


    プリクラがありました!
    PB132007.jpg


    スーパーマーケットをぶらぶら。

    こんなところにもシュエパズン!!
    PB132009.jpg

    プリングルスはヤンゴンより安い気が・・。
    PB132008.jpg


    かりんとうみたいなお菓子を買って、開封しようとしたら簡単にガサッ!!と一気に開いてしまい、足元がかりんとうまみれに・・。さすがミャンマークオリティ。
    PB132010.jpg



    上の階にフードコートがありました。

    PB132011.jpg

    PB132012.jpg


    フルミャンマー語wさすがローカルw




    いやーほんとにメイクは何もないですねーw
    ただ、町が海というか川というか、水辺にあるのでのんびりしていて雰囲気はいいです。1年ぐらいなら住んでもいいかなぁと思いましたが、メイクに住みたい。なんて会社に言ったら永久就職当確なので言えませんw

    間違っても観光で行くとこではないと思います!

    片道の飛行機代100ドルが無駄になります!



    明日は最終日に起きた有り得ない出来事編ですー。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/19 00:00 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(0)

    空路遥々2時間。1年ぶりに自社工場へいってきた。~その2~

    飛行機って乗っているだけで疲れるのはなぜでしょう。どーもとるです。

    昨日は飛行機乗るの好き!とか言っといて、今日は乗ると疲れる。とか言って、こどもかっ!と言われそうですが、いいんです。こどもでw先日日本のどこかで高校生か何かが子供銀行発行の紙幣を使って両替をしてタイーホされていましたね。たばこ屋のオヤジが見事騙された後に御用となったようですが、オヤジのメンツ丸つぶれですよね・・。



    メイクの自社工場の朝ごはん。
    PB142013.jpg

    メイクは水産の町だけあって、海鮮がめちゃくちゃおいしいです!イカとか刺身レベルのものを蒸して調理するのでハンパじゃないです。あとヤンゴンではなかなか出てこない海魚がたくさん♪やっぱり川魚よりも海魚ですよー日本人は。



    今日はいよいよ本番!ということで朝からピリピリした雰囲気でした。

    本番。ってなんなのかは詳しくは言えませんが、まぁよーするにウチの工場でどのように管理されて製品が作られているかのチェックですね。工場をくまなく見た後に、工程表などを元に「これはなんですか?」「この製品はいつ加工されて、いつ水揚げされて、誰が誰から買って、どのように管理していますか?」などなど非常に細かく質問されます。その質問に答えるためにしっかりと記録を取っているのですが、非常に詳細に訊かれるので、日本語での質問を英語に訳し、英語での答えを日本語に訳し・・となかなか骨の折れる仕事でした。。
    日本語はもちろん問題ないのですが、私の英語は所詮高校レベルの英語ですし、社内公用語が英語なのでこちらに来てから英語を多く使うようになった程度で、しかもミャンマー語も同時に勉強していますので・・かなり集中しないとスムーズにできません。弊社の工場長はインド人なのでインドなまりが酷いですし、本社の担当者はチャイニーズマレーシアンでマングリッシュネイティブですし・・と、このような障壁がある中での通訳w


    かといって、100%ネイティブスピーカーが来られてもキツイと思いますがw



    質疑応答の繰り返しによる会議は6時間以上に及び、終盤のいっとき英語が全く頭に入ってこず、一瞬焦りましたwその時ばかりは久しぶりに意識して

    集中!!


    詳細な質問がいくつかありましたが、聞かれたことの90%以上は全て紙ベースで記録してあり、それらの証拠と共に的確に答えることができました。同じ会社ながら工場で働いている彼らがとても頼もしく思えました。2200人も働いているのですからチームワークがいかに重要かということがよくわかりました。

    間に入るのも大事な役目ですが、先頭に立って仕事ができるようになりたいなぁと改めて思った経験でした。



    明日は番外編です!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/18 00:00 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(4)

    空路遥々2時間。1年ぶりに自社工場へいってきた。~その1~

    やっぱり飛行機乗るの好き。どーもとるです。

    普段住んでいるところから一瞬として世界が変わるあの感じがいいですね!陸路でのんびり国境超えたりするのもいいですが、飛行機でひょいっと飛んでそこは別世界。みたいなのも好きです。ケニアからエジプトに飛んだ時は大平原のサバンナから、砂っぽいイメージ通りのカイロに飛んだ時は印象的でした。フライト時間は3時間ぐらいだったかな。


    まぁ大体、1時間か2時間ぐらい飛べば住んでいる人が変わり、言葉が変わり、宗教が変わり、風景が変わり、、とあらゆる変化があるものです。



    ヤンゴンから飛行機で南に2時間行ったところに「Myeik」という港町があります。
    英語だとこのように表記するので読み方は「メイク」ミャンマー語でも「めいく」と書いてありますが、なぜか発音は
    「ベイッ」


    なぜw


    植民地時代は「Mergui」メルグイと呼ばれていたそうです。今でも地図によっては「Mergui」と書かれています。

    この港町。水産業以外にほんとになんにもない町ですが、弊社の自社工場があり、2200人もの人間が働いているのでたまーーーに行く機会があります。今回は本社から「日本人のお客さんが行くので是非同行して下さい。」との要請があり、行ってきました。よーするに通訳ですね。
    私、マレーシアの会社に勤めているのでお客さんは東南アジアを中心にいろんな国の方がいらっしゃいます。その中に日本人のお客さんもいらっしゃいますが、英語が苦手な方もいらっしゃるのでそのような際には私が呼ばれることが多いです。

    先ほど2時間も飛行機で移動すればあらゆることが変わる。と書きましたが、

    ヤンゴンとメイク。



    そりゃ、違いはたくさんありますが、ヤンゴンもメイクのあるタニンザーリもビルマ族の多く住む管区なのでそこまで大きな違いはありません・・。ミャンマーの国の大きさを改めて実感。

    ローカル感たっぷりなメイク空港。
    PB152016.jpg


    滑走路に・・

    PB152014.jpg




    犬二匹w

    PB152015.jpg



    着いた初日は主題の仕事は特にせずに工場見学などが中心でした。
    お客さんの希望で対岸にある「カニ島」へ。

    PB131996.jpg



    さっそくカニがお出迎えです!
    PB132005.jpg


    元々綺麗なところですが、1年ぶりに来てみたらさらに綺麗になっていました。
    PB132004.jpg

    PB132002.jpg

    ソフトシェルの養殖池が53個あります。
    PB132000.jpg

    餌付け中。
    PB131999.jpg


    これが度々ブログでも登場しているソフトシェルクラブです。脱皮した直後です。上が殻で下が本体。ぷにぷにですよ!
    PB131998.jpg




    工場見学とミーティングを繰り返してこの日は終了。

    明日はいよいよ本番。ということで通訳がうまくいくか心配する暇もなく浴びるほどビールを飲んで爆睡w久しぶりにビール飲みながら寝ましたw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/17 00:00 ] ヤンゴン以外の場所。 | TB(0) | CM(0)

    日本料理屋「いずみ」のTKG!

    日本料理屋へ行けば顔見知りの方がいるようになりました。どーもとるです。

    こちらは知らなくても向こうからご挨拶頂いたりして恐縮です。ブログのチカラはすごいですね!そんなに顔写真も出してないと思うのですが・・不思議ですw



    さて、先日オープニングに呼ばれたっきりの「いずみ」へ行ってきました。場所はレーダン、AGD銀行のすぐ近く、Diamond Condoの1階にあります。
    PB101993.jpg


    オープニングの時はメニューに値段が書かれていなかったのですが、最近良い評判を良く聞くのでやってきたわけです。

    メニュー。
    PB101985.jpg

    PB101986.jpg



    安い!!

    ひと串あたり、650チャットとサイズは小さいものの味も値段も納得です。
    PB101988.jpg

    PB101989.jpg

    PB101990.jpg


    この日は休肝日で、ノンアルコールでしたが、お客さんに日本酒を頂きました!うれしー。精米歩合50%の吟醸原酒です。どんな味がするのか楽しみですー♪
    PB101987.jpg



    〆は鶏ガラベースのラーメンと、、
    PB101992.jpg





    TKG!!!

    PB101991.jpg

    これが食べたかったんですよー。シロメシに生卵♪


    15%のサービス・税金がかかるので注意が必要ですけど、美味しくいただきました♪日曜日の夜に行きましたが、まぁまぁの客の入りでした。ぁ、あと煙臭くなるのがマイナスですかねー。


    またごちそうになります!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/16 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(6)

    下町「サンチャウン通り」を歩いてみた。

    趣味はひとり街歩き。どーもとるです。

    1週間に一度しかない休日は気になっているローカルスポットに一人で行くことが多いです。別にひとりで行きたいわけではないのですが、自然とひとりの状態が多いという・・決して自虐ネタではありません。

    「今日もひとりなう」とかやっていますと心配して下さる方がいらっしゃいます。



    なので、

    というわけではありませんが、先日はふたり街歩きをしてきました!



    誰と?

    ナニジンと?

    男?女?

    相手は何歳?

    仕事は?



    聞きたい方は有料となります。

    情報は有料ですよ!みなさん!



    さて本題に戻りますが、ミニゴンと呼ばれているエリアがあります。ガバーヤーStとピーRdが交わる交差点。この辺りのことを「ミニゴン」と呼びます。ミニゴン、ミニゴンとみんな言っていますが、ミャンマー語をよく見てみると、ミはMiではなくて子音yが入り、さらに母音はeなのでMyeです(汗
    日本語にはない音なので日本人には難しいですね。


    ま、細かいことは置いといて。


    この交差点近くに、Sanchaung Stという通りがあります。(サンチャウン通り)
    PB101964.jpg

    一度ここをじっくり歩いてみたかったのです。
    PB101965.jpg


    一緒にいたミャ・・いや、相手から「この先なんもないじゃん!」と言われたのですがめげずにw


    服屋とか靴屋とか。
    PB101966.jpg

    PB101967.jpg

    PB101968.jpg

    コンビニなんかもあります。
    PB101969.jpg

    果物屋。
    PB101971.jpg

    飲み屋も♪
    PB101970.jpg


    家を人力で壊していましたw
    PB101972.jpg


    このサンチャウン通りと並行に走る細い道が北側に一本ありまして。
    その通りに、日本人にはお馴染みの「竪琴パン」があります。
    PB101973.jpg

    PB101975.jpg

    店内焼き立てのパンのハイパー良い香りが立ちこめています♪久しぶりに店主と会い、雑談。



    この辺りなかなかローカルなところですが、Hair & Beauty Spa for Men!!

    PB101976.jpg

    マジかw外から店内が一切覗けないこの感じ。間違ってもフラっとは入らんだろうにw



    こんな車がこんなところに。謎w
    PB101977.jpg


    ふらふら歩いているうちにシャンカオスエ屋を数軒見かけて、この辺りがシャンカオスエで有名かどうかは知りませんが、気になったので食べてみた。

    500チャット(50円)ぐらいだったかな。味はふつー。
    PB101978.jpg



    これなんだかわかりますか?

    PB101979.jpg


    これ。
    PB101980.jpg




    ミャンマーとらでぃしょなるシャンプーだそうです!!

    髪にいいとかなんとか・・。



    極彩色が目を惹くヒンドゥー寺院。
    PB101981.jpg



    最後はぐるっと回ってミスタースノーアイスで〆!

    PB101982.jpg



    私はマンゴーか、抹茶がよかったのですが、相手のミャ・・いや、相手の希望によりチョコに。これで1800チャットは安い!美味しいですし。チョコはいまいちでしたがw
    てか、頼んどきながら「甘いの嫌い・・。」とかマジ、ミャ・・いや、なんでもないw
    PB101983.jpg


    ここ数か月、物凄く忙しいようで店主は「もう仕事したくない・・。」と言っていましたw彼は他にもビジネスをやっているようであまり忙しいのは彼にとって都合が悪いようです。しかしこれは嬉しい悲鳴ですよね。彼がこの場所を買った時から恐らく価値は上がっているでしょうから、いま畳んでもマイナスは出ないでしょう。



    さぁ、次回はどこへ行こうか。メボシはつけてあります♪

    PB101984.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/15 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    シャン料理の朝ごはんといえばコレ。

    絶賛毎日ブログ更新中。正直、しんどい。どーもとるです。

    よくそんなに書くネタがありますねー。と言われますが、それは私も思いますw
    最近はネタはあっても時間がない場合が多いですねー。



    どこの朝食が一番いいのか探すのにハマっています。一日の中で一番朝が空いているのでとても貴重かつ、おいしい朝食に出会えた時の満足感はハンパじゃないです。

    夜に度々利用している、アヘンスープの店「口福」


    ここが最近Breakfastを始めた、と。


    場所は中国大使館すぐ近く。Baho Rd沿いです。
    PB090008.jpg


    何を食べようかなぁと思いメニューをパラパラ見ていたら・・



    トーフーヌエを発見!!

    これ、シャン州ではハイパー有名な朝食です。感覚的にモヒンガー超えの消費量です。
    以前はもったりした食感があまり好きではなかったのですが、なぜか最近好んで食べています。


    見た目は悪いですが・・

    PB090009.jpg


    混ぜ混ぜしてー・・


    味は・・・




    ファンタぁーーースティックっ!!

    様々な調味料がトーフと奏でるハーモニーはクセになります♪


    揚げパンにつけて食べたり♪

    PB090012.jpg



    牛筋スープ麺も美味でした♪
    PB090010.jpg



    それにここの水餃子。



    ヤンイチです。
    皮がぷるぷるしていて、薄い皮がたまらなく良い!

    PB090011.jpg



    朝は7時台ならば道もそれほど混んでいませんし、素敵な時間が楽しめます♪

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/14 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(0)

    1年マルチビザとStay permit取得かんりょ♪

    1年間のマルチビザとStay permitが取得できましたー!

    PB090014.jpg


    これでいつでも気軽に国外に行けますー♪
    今まではStay permitは持っていたのですが、一回国外に出てシングルエントリーで入国してしまうとこのStay permitが無効になってしまうのです、、
    なぜかマルチビザを持っていれば無効にならないので同時にマルチビザも取得。


    ちなみにこれ全てミャンマー国内で手続きしました。


    しかしながら、弊社のスタッフが全てやってくれたので詳細は一切不明ですw
    なので聞かれても答えられませんのでご了承願いますw


    バングラへの直行便が飛んだらサクっとダッカに行きたいなぁ。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/13 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    高級タイ料理レストランPattayaに行ってきた。

    工場が遠すぎて会食遅刻があたり前田のクラッカー。どーもとるです。



    前々から気になっていたタイ料理レストランPattayaに行ってきました。
    当然この日も遅刻。。定刻より50分の遅刻でした。。

    ミャンマーのタイ料理はどこもレベルが高いです!中でもこのPattayaは値段も高く、味も良い。との前評判。

    期待は高まります♪

    看板よく見えませんがw
    場所はインヤー湖湖畔北にある、アメリカンクラブに向かう途中の道の左手にあります。
    01 663109
    PB080007.jpg


    店内の雰囲気はまぁふつーでした。

    金曜の夜でしたが、満席で顧客のほとんどがタイ人でした。

    仲の良い数人のメンバーでの会食で、私は遅れて参加したためメニューを見るチャンスがありませんでした。というかチェックするのを忘れてましたw



    飲んでばかりであんまり食べませんでしたが、味は至ってふつー。
    ※スープは美味しかったです!


    値段は高め。


    サービス×



    ということで期待しすぎたのもありますが、二回目はないかなぁという感じ。タイ料理はやはりSabai@Inyaで間違いないですね。カジュアルに、安く上げたければLegacyですね。ここはまだブログに書いていませんが、そのうち書きますw
    Sabai@DMZは最後に行ったのが1年半ぐらい前なのでよく覚えていませんwまた行かねば。Bankok Kitchenも気になってはいるのですが、まだ行ったことはありません。



    ・・・

    タイ料理道っていいかもしれん。


    ヤンゴンにあるタイ料理屋を制覇する企画!どうですか?

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/12 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(4)

    当ブログ特典(ドリ割)のおさらい。

    先日ある数名の方から、「Dreamctionのブロガーは知名度がある!」という話を聞きました。それと「Dreamction割引」もちょくちょくご利用頂いているようです。

    嘘かホントかわかりませんが大変嬉しく思います♪



    ページ左側に表記してありますが、ここで今一度まとめてみたいと思います。




    エイチャンターホテル

    予約時に「Dreamction」と書き込めば各部屋5ドル安く泊まることができます。
    5ドルと言えば、4850チャットなのでモヒンガー12杯分ですね!
    1泊するごとにモヒンガーが12杯ついてくるというのは大変なことです。一週間泊まったら84杯ですよ!!これをミャンマー人に振る舞ったら一瞬で英雄扱いされますねw




    Shinon

    ボージョーアウンサンマーケットにある日本人経営のお土産屋さんです。パッケージとか品物のセンスが良いです。
    会計時に「ドリムクション」と言えば無料で4ドル相当のミャンマーティが付いてきます。さらに30ドル以上で10%引き、50ドル以上で15%引きとその割引率はハンパじゃないです!50ドル買ったら7.5ドル引きですから、モヒンガーが・・w




    テレコムスクエア

    Wifiルーター、携帯電話のレンタルサービスです。
    持ち運びが便利でいつでもどこでもインターネットができるWifiルーターをレンタルすると、一日あたり3ドルの予備バッテリーが無料で付いてきます!さらに携帯画面クリーナーをプレゼント。




    あと、これは特典ではないですがソフトシェルクラブを小ロットで販売しています。日本向け、アメリカ向けのものなのでローカルで売っているものとは質が違います!もちろん値段も違いますがw
    こちらは1キロ単位で販売していますが、数量が多ければ多いほど値引きできます。(配送費の関係上)



    ヤンゴンだけでなく、ミャンマーのレストラン、ホテル、お土産屋その他いろいろなサービスを提供しているところとどんどんつながっていけたらなぁと思っています。お気軽にコメント、ご連絡下さい♪

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/11 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    久しぶりにフルアテンドした。

    ミャンマーの不動産価格と反比例するようにブログランキング急降下中ですが、元気にやっています。どーもとるです。

    最近なかなかブログを書く時間がなくて各界から心配の声が上がっています。



    更新頻度落ちてますよねー。

    ミャンマーにいないんじゃないですか。

    ネタがなくなったのかも?

    死んだ?



    生きてますよ!!


    毎日エビとミャンマー人と格闘してますー。
    それにしても工場のオペレーションって大変ですね。自社工場ではなくて提携先の工場で、他社の工員を使ってエビの加工をしているのでなかなかこちらの思い通りにならず日々奮闘中。工場に弊社からも管理者を派遣しているのですが、英語が全く話せないミャンマー人であるのに加え、メイクというヤンゴンから飛行機で2時間も離れたところ出身の人間なのでミャンマー語が全然違うorz
    先輩というか同僚というか上司というか、まぁRaymond-sanのことですけどw彼が責任者で私はアシスタントという感じ。彼はミャンマー語ペラリストなので言葉の問題はありませんが、たまーに私一人で工場に行くことがあって、150人超のミャンマー人を見ないといけないのです。

    そんなときはいろいろ不安ですw

    そもそも私、証券会社出身でエビの加工に関する知識とかゼロですからね!言葉だってまだまだ全然・・。しかし、メーカーの現場ってこんな感じかーというのが肌で感じられて面白いです!メーカーでメーカーらしい仕事がしたくて前職を辞めたのでエビが好きかは別として本望ではあるわけです。

    工場がやたら遠いところにあって、終業時間が割とバラバラで遅いときは9時半とか。なので会食への遅刻が常習となっていまして、申し訳ない気持ちでいっぱいです・・。



    最近の月曜日~土曜日はこんな感じです。


    先日、グループ会社の人間が視察に来たので久しぶりにフルアテンドしました。車を予約し、ホテルを予約し、日程を組み・・。

    先方の要望に応えてレストランとショッピングモールを中心に回りましたが、


    「ヤンゴンってそれぞれの場所が近いんですね。」



    それは私が場所、道順、時間を全て計算して組んだからですよ!!



    ちょうど食品展示会が開かれていてそちらにも案内しました。

    PB070001.jpg

    入口すごい人・・。
    PB070002.jpg

    USAどーん!アメリカってこーゆうの好きですよね。
    PB070003.jpg

    試食試飲いっぱい!ミャンマー人ってこーゆうの好きですよね。私も好きですがwタダより高いものはない!
    PB070004.jpg

    シンガポールでシェフやってます的なミャンマー人。実演は良い見せ方だと思います。この人の話すミャンマー語、かなり英単語が混ざってて面白かったです。「アヤン famous ピッバーデー!」とかねw ※訳 かなり有名になっています。
    PB070006.jpg


    日本の友人が健康食品や日本酒を販売していましたが、結構手ごたえがあったそうです。このような展示会は個人事業の人にはよさそうですね。大手が望んでいるようなオーダーはあまり来なさそうだなぁというのが印象でした。ある程度大きなロットを扱えるディストリビューターを探す場合は一本釣りの方がいいと思います。




    2日間朝から夜まで12時間フルアテンドしましたが、いい息抜きとなりましたwたまのアテンドはいいですね♪

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/10 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    来たくてミャンマーに来ている人と、来たくなくてミャンマーに来ている人。

    フルタイムになってから日々格闘中。そろそろ長期の休みが欲しくなってきた、どーもとるです。

    11月の下旬にある祝日を絡めて国外へ逃避行に行こうと思っていたのですが、ゲストが来るわ来るわで有給なんぞ言ってられずorz
    雨季が明けてからのこの時期、水産業界はハイシーズンとなります。日本の会社が年内にいろいろ決めたい。と思うのはどこの会社も同じでして、11月に品物を見て、12月に価格交渉、船積み・・これで年内の仕事はいっちょ上がり!という感じでしょうかね。なので11月は既存顧客、新規顧客の訪緬ラッシュです。自分の仕事がコレ!といまいち決まっていないので、「はい、これやってー」「ぁ、これもよろしくー」「今日はセリねー」「明日は工場ねー」「今日は会食あるからアレンジよろしくねー」「日曜日、ミーティングに出てねー」などなど、、

    まぁやることがたくさんあるというのはいいことだと思いますけどね!




    ところでです。
    掲題の件ですけども、私はミャンマーに来たくてミャンマーに来ている人間です。そら、いろいろ不平不満はあります。特に仕事面ですね。それでもまぁ来たくて来ているわけですし、住みたくてここに住んでいるわけです。
    一方で、いわゆる「駐在員」の方。私も外資系の会社でサラリーマンをやっているのでカタチ的には駐在員ですが、私は弊社会長に「ミャンマーに住んで、仕事がしたいです!」と自ら進言して入社しているので社命で来ているわけではありません。気持ちとしては自営業の方と同じです。ところが社命により赴任している駐在員の方の多くは来たくてミャンマーに来ているわけではない。と思います。もし自分が海外転勤するならどこがいいかなぁと考えたら迷わずチリ。ぁーでも銅山とかはツライなぁwサンティアゴとかパタゴニアなら大歓迎です♪間違ってもインドには行きたくないですね・・。アジアならシンガポール、バンコク、香港ならいいですがそれ以外は、、まぁなんだかんだでプラス思考が奏功して楽しむ自信はあるのですが。
    それにしても行ったり来たり、言っていることとやっていることが全く違うミャンマーで駐在員として働くのはさぞかし辛かろうと思います。日本の会社がミャンマーにかける過剰な期待と、現場を全く知らない本社からの過剰なプレッシャー・・想像しただけでもしんどいw

    人それぞれ立場は違えど、前向きに楽しくやっていきたいなぁ、と個人的には思っています。悲観から良いものは生まれないと思っているので。




    先日、というかいつもですがwバスに乗っていたらこんな光景に出会いました。

    PB031953.jpg


    男同士イヤホンを共有ですよ!!公共の場で、サラっと!!いいですよねー。ミャンマー。男同士非常に仲が良くて。


    ・・・ぁ、そーいう意味ではなくw



    家の近くに数軒ローカル飲み屋があります。
    2つの飲み屋が立て続けにあるのですが、

    左側が「More than」という店で、右側が「Eagle」という店です。

    PB031963.jpg



    More than Eagle

    シャレが利いてて最高に好きですw
    これふつーEagleからクレーム付くと思うのですが、仲良く存在しているところを見ると、双方共に英語がわかる人がいないんでしょうねw

    微笑ましいところ、まだまだたくさんありますよ。ヤンゴン!
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/06 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    ミャンマー料理が苦手な日本人は多いですが。

    犬も当たれば棒にあたる。これどーゆう意味ですか、どーもとるです。

    ミャンマーには野良犬が多いですからね。彼らを見てこの言葉が思い浮かびました。ググれカス!って話ですかねw



    ヤンゴン外国語大学を卒業した後も日本語科の先生たちと交流が続いています。平日に一緒に飲みに行く先生もいれば、日曜日の昼間にミャンマー語を活字と共に教えて下さる先生もいます。私が日本語を教えることもあるので教師と生徒というよりは友達に近い感覚です。先生から何の意味もないメールが夜10時に来たりしますしねw

    度々日曜日にミャンマー語を教えて下さる先生は私の住んでいるところとさほど離れておらず、バス一本で行けるので非常に楽です。それで一番利用している場所がヤンゴン市民ならば誰もが知るであろう、ムーンベイカリーです。これは・・カフェですかねwミャンマーで数少ないチェーン展開しているブランドのひとつです。基本的に何を食べても不味いので飲み物はおそらく




    水が一番おいしいです。

    パンやプリンなどちょこちょこ挑戦はしているものの、未だに「ん!これは!!」というものにあたったことがありません・・。


    この日、朝ごはんを食べずに集合時間の10時に行ったらお腹が空いていることに気が付いて初めてメニューを見てみました。

    韓国人オーナーらしく、ビビンバとかあります。あとスパゲティ2500Ksとか。これはコストよりもリスクの方が高い気がするので敬遠w

    当然ミャンマー料理もありまして。
    ミャンマー料理は脂っこいイメージが強いようで、まぁ実際ものによっては脂っこいですが、そうでないものも当然あります。統計などとったことはありませんが、日本人は苦手な人が多い気がします。一方で私はミャンマー料理ほどローカルフードでバラエティのあるものは世界にない!と思っていまして、高級ミャンマー料理というものがない反面、低価格で食べることのできるローカルフードの充実度はハンパじゃないです!ローカルのおかず屋さんに行けば多くのおかずがバットにずらーーーっと盛られていて、ざっくり40種類ほどでしょうかね。これはおかずなので白米と一緒に食べます。それに加えて麺料理の充実もすごいです!茹で、焼き、味付けもものすごく種類があります。インド料理もメジャーなので街中で食べられますしね。私はあまり好きではないので食べませんがwブリヤーニは美味しいですね!



    ま、そんなわけで私は全くミャンマー料理には抵抗がないので、ミャンマー料理の欄を眺めていたら



    「そういえば、コーイーカオスエ食べたことないな。」


    ということに気が付きまして。

    コーイーとはミャンマー語で「あんかけ」という意味で、まぁあんかけ麺ですね。値段も1200チャット(120円)ということでリスクも少なそうですし注文。



    おぉ!具だくさん!!
    PB031959.jpg

    PB031962.jpg

    PB031961.jpg



    不覚にも・・



    美味しい。と思ってしまいました。。

    まさかココ(ムーンベイカリー)でこんな風に思う日が来るなんて・・。



    次からはこの店でミャンマー料理を開拓してみることとします!いや、あえてのスパゲティかw

    ぁ、間違っても狙って食べにいくような味ではありませんのでご了承願いますw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/05 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(2)

    ミャンマーの家具。

    趣味はひとり街歩き。ほんとは誰かと歩きたい。どーもとるです。

    休日のぽっかり空いた時間に思い付きで「そーだ!あそこへいってみよう!」と思うのでそんな急に誰かを誘うわけにもいかず、スポットの時間だったりするので結局ひとりでバスに乗ってサクサクみて回って自己満足して終わるんですよねー。



    今日はそんなひとり街歩きの一場面を。

    しばらくヤンゴンに住んでいると、「これを買いたいときはあそこだ!」「あれが欲しいときはきっとあそこにある!」など推測がつくようになります。地図屋とか看板屋とか寺関係の装飾屋とか・・ぁ、通常これは需要ありませんねw

    タムウェ交差点の近くにある家具屋が立ち並ぶ通りがあります。
    PB031955.jpg



    品質がいいかどーかは別の話ですが。



    ミャンマーは天然のチーク材で有名で国際マーケットでは「天然のチーク材」と言ったらとんでもない値段が付くそうですよ。そんな価値を知ってから知らずか、ミャンマーではこのチーク材を使った装飾や家具を多く見かけます。最近はだいぶ伐採され、数は減っていると思いますがそれでもやたらと見かけます。

    チーク材で作られた椅子。
    PB031956.jpg


    チークは見た目通り非常に頑丈で水にも強く、造船の材料としても使われるそうです。
    こちらのテーブルは6万円。日本だったらいくらでしょうね・・。
    PB031958.jpg


    この応接セットは25万円です!日本だったら100万円ラインとか?
    PB031957.jpg

    チーク材の貴重さと丈夫さはよくわかりますが、こんな重厚で場所を取る応接セット置ける家ってそうそうないですよねw

    でもミャンマーの政府機関やお金持ちの家に行くと必ずと言っていいほど見かけます。ミャンマーというのは不思議な国です。お金が沸いて出てくる国。


    それがGolden Land、ミャンマー。



    みんなで街歩きする会でも作るかな。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/04 00:03 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    ミャンマータイムが早すぎる件。

    早起きは生まれつき得意。どーもとるです。

    小学生の頃の夏休みは毎朝5時起きでした。日の出とともに活動開始、むしろたまに喰い気味で活動していましたw早朝の朝露の滴る冷え切った森はクワガタ獲りのチャンスなのです!木と木の狭い間を堅い小枝を使ってガリガリやると、コツっと何かが当たる感触。この時のトキメキったらありませんよ!
    小学校低学年にもかかわらず、早朝にひとりでサイクリングしたり。この時間帯、新聞配達の人ぐらいにしか会いませんでしたw

    乳児の時はハイパー早寝早起きだったようです。


    そんなわけで今でも早起きは得意なわけですが、さすがに幼少期ほどの有り余るエネルギーはなくなりましたwあの時は自然に起きていましたが、今は多少気合いが必要ですw
    生まれつき早起きが得意な私ですが、ミャンマー人は容易に私の上をいきます!



    パゴダへ行こう→集合時間6時。


    朝ごはんを食べよう(日曜日)→現地集合8時。



    そして先日、ド平日に港へ向かっている時に爆音が。

    未だ朝8時前。


    何事かと。





    結婚式!!!!!
    PA291951.jpg

    結婚披露宴が朝8時って早すぎるだろwww


    しかもこの強力な巨大スピーカーで爆音垂れ流し。当然のように音割れw
    PA291952.jpg



    いやー、まさか朝の8時に結婚披露宴とは・・。



    というか冷静に考えたら朝が早いのではなくて、

    設定時間がおかしいのだと思います。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2013/11/01 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。