スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ひとりじゃらんじゃらんin KL裏路地編。

    最近武井壮が気になる。どーもとるです。

    あの人の語るスポーツ論に物凄く共感できます。まずはやってみよー!ということで3週間前からバランスボールを使ったトレーニングをしています。ボディバランスの良い人はボールの上に立つことができ・・



    話が逸れそうなのでこの話はまた今度w


    休日にひとりでふらっと行ってきたKLセントラル。
    ショッピングモールと駅が合体していてモール内にはGODIVAがあったり、いかにもKLらしいところです。

    その一方で、モールから歩いて外へ出て反対側に渡ってみたら・・



    PB090010.jpg

    ディープな雰囲気!!

    こーゆう雰囲気のところの方が俄然テンションがあがります♪

    どーやらインド系の人が多く住んでいる場所のようです。
    ここなんてすごいですよ、この狭い正方形の空き地にホテル、レストラン、その中に両替所、2階には美容院が面しています!!レストランの中に両替所があるってのがもうめちゃくちゃですよねw同じオーナーなんでしょう。
    PB090011.jpg

    小腹が空いたのでこのドローカル感満点のレストランへ入ってみる。
    PB090012.jpg


    ロッティチャナイというもちもちした食感の生地が美味しいインド料理。カレーの辛さが容赦なかったです・・。
    PB090014.jpg

    PB090015.jpg

    PB090013.jpg


    7.8リンギット=265円
    ローカル万歳!


    PB090017.jpg

    ローカル系のインド料理屋やマレー料理屋は席について注文すると紙切れに値段を書いて無愛想に渡されます。あとで店を出るときにレジで会計。これだと支払い時にもたつかないし、効率いいですよね。この手のレストランでは追加のオーダーがないからでしょう。


    何度見ても、どこで見ても、いつ見ても美味しそうに見えないインドのお菓子たち。
    PB090018.jpg


    タンドリーチキンを焼くための窯ってあるんですね!
    PB090020.jpg



    こんな感じの寂れたドローカルの場所と、
    PB090021.jpg


    高層ビルとのギャップがいかにもKLらしい。
    PB090022.jpg

    PB090024.jpg



    いろいろと発見があったし、この企画またやろうと思います!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/11/15 18:40 ] クアラルンプール便り。 | TB(0) | CM(0)

    ひとりじゃらんじゃらんin KL

    最近のお気に入りはカモミールティー。女子かっ!どーもとるです。

    ヤンゴンにいるときに比べてプライベートの時に街に出ることが極端に少なくなりました。なのでリアルに友達がいませんw
    まぁ友達はそのうち出来るとして、出不精はいかん!と思い、バックパッカー時代を思い出して目的なくふらっと出かけてみました。



    実は家の真裏に駅があるという。
    PB090001.jpg

    東南アジアで絶大な人気を誇る、微炭酸スポーツ飲料はんどれっどぷらす。
    ゴクゴクは飲めませんが、すっきりした飲み口で好き!
    PB090003.jpg


    大幅遅延することで有名なKOMUTAR
    2分の遅延は余裕で合格圏内ですw
    PB090004.jpg



    30分弱でKLセントラルに到着。片道RM1.6(50円ぐらい)のコストパフォーマンスには感謝しかない。車内も冷房ガンガンで揺れもまぁまぁ少ないし(一直線だからw)、快適です♪
    PB090005.jpg


    ここは駅名の通りでここから四方八方に電車とバス路線が延びています。
    いつも経由するのみで探索したことがなかったので少し探索してみました。



    ショッピングモールと直結。
    海外ブランドばっか。これがまさにマレーシアのモールの姿でどこへ行っても同じでうんざりします、、これを魅力と取ることもできますけどね。なんとゆーか、他力本願な気がしてなりません。そうはいってもヤンゴンみたいに頑なに外資に開放しなければいつまで経っても質は向上しないと思いますが、、そのバランスを取るのが難しいのでしょう。
    PB090007.jpg



    マレーシアにはやたらとカフェがあります。
    しつこいぐらいカフェがありますw未だ気に入るカフェには巡り合えていないんですけどねー。

    なぜかこーゆう感じのコンクリート打ちっぱなし的なデザインのカフェが多い気がします。
    PB090006.jpg

    ここはレトロ+SFなコンセプトでしょうか。
    PB090008.jpg

    結局入ったのはその隣りにあったカフェ。なんとなく座り心地のよさそうな椅子に見えたので。おや、元気な妖精が写り込んでしまいましたねw
    PB090027.jpg

    PB090026.jpg



    カフェラテを飲んで初めて「イケるやん!」と思いましたw
    エスプレッソとミルクの比率が絶妙でした。セットで10リンギット、340円。このクオリティでこの値段なら悪くない。
    PB090025.jpg




    次回はKLの違う顔を紹介!

    いきなりドローカルになります(ボソ

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2014/11/10 00:25 ] クアラルンプール便り。 | TB(0) | CM(4)

    マレーシアの物価の差が凄まじい件。

    中国系シャン人っぽい。とふらっと入った美容院で働いているミャンマー人に言われました、どーもとるです。

    マレーシアには至る所にミャンマー人が潜んでいます!中でもビルマ族だけでなく、チン族、カチン族などの少数民族も多いですね。その美容院で働いていたミャンマー人の女の子とミャンマー語で会話していたのですが、シンガポールは高い教育を受けていないと仕事に就くことは難しいけど、マレーシアならば仕事が多くある。とのこと。独自調査によると、飲食店での給料が700リンギ以上なので、ミャンマーの2倍以上ですね。美容院などの技術職はそれよりも高いと思われます。


    ぁ、今日は物価の話でした。

    途上国では外国人の行くような店と地元の人たちが行くような店は値段が2倍、3倍それ以上違うのは通常のことです。
    マレーシアをどのような発展具合にカテゴライズするか難しいところではありますが、途上国ではなく、先進国でもないカテゴリーですw
    趣味と市場調査を兼ねていろいろな飲食店に行くように心がけているのですが、私は特にカフェが好きで、幸運なことにマレーシアにはカフェ文化があるように思えます。ショッピングモールに行くとコーヒーショップの数がやたらと目を惹きます。最近なんとなく現地に好まれるカフェがわかってきましたが、ざっくり言って


    欧米系ですね。

    黒板に白のチョークでメニューを書き、なんとなく内装が白と黒基調、座り心地の悪いパイプ椅子、路面店の場合は大きい箱で2階部分はロフトになっているのが鉄板。


    ・・・。

    大体イメージできましたか?w


    欧米というか、アメリカ的ですかねこれは。ヨーロッパはもっと独自性のあるカフェのイメージです。西ヨーロッパはドイツ、ベルギー、オランダしか行ったことないのでアレですがw
    アメリカもカナダも限られた都市(シアトル、NY、バンクーバー)しか行ったことがないのでアレですがw


    先日行ってきた、Garage 51というカフェ
    20141101_141358.jpg

    20141101_141324.jpg

    その名の通り、車庫を改装したカフェで周囲には自動車修理工場が居並びます。
    店内にはドラム缶が転がっていたり、キッチンが20フィートコンテナの中にあったり、その上が客席になっていたり、コンセプトがはっきり伝わってくるカフェでなかなかカッコいいです。

    私、カフェではあまり食事を摂らない派で基本ブラックコーヒーしか飲みません。そしてこの手のカッコいいカフェのブラックコーヒーは概して不味いですw大体がエスプレッソマシンで淹れているので、エスプレッソのお湯割りなんですよね。エスプレッソ最強神話には断固して反対ですwなんちゃらフラペチーノとかエスプレッソの方がいいのはわかりますけどね、、

    このカフェの値段は忘れましたが、一杯結構いい値段します。ブラックで10RM程度でしょうか(330円)
    先日この手のカフェに行って、日頃の反省からブラックではなく、アイスモカをオーダー。


    17リンギ(570円)超えでしたw

    アイスにするだけでプラス3リンギ(100円)ってどうなんでしょう。どんなけ高い氷やねん!と。
    あと、実際は15リンギだったのですが、これに10%のサービス料(大したサービスされた覚えなし)と6%の税金が加算されるのです。
    このカフェは一番安い食事(サンドウィッチか何かだと思います)が、20リンギ!ということで、アイスモカとサンドウィッチを頼んだら35リンギ+16%で40.6リンギ!!

    1360円!!

    OMG、ここは東京かっ!!


    しかもコーヒーも美味しくないし、食事だって至ってふつー。

    確かに雰囲気はクールな感じですが、そこまでの価値はないと思います。。
    と、いつもどこか納得しない感じでもんもんとしておりますw



    一方でローカルの食事はびっくりするぐらい安いです!
    マレーシア料理で一番有名だと思われる、ナシレマッですが路上でおにぎりみたいな形をして売っているものはなんと、



    1リンギです、、33.5円

    これだけではさすがに少ないので満足いくほどに食べるとなると、愛用している中華系のぶっかけ飯テイクアウト屋になるのですが、白いご飯におかず三品盛り付けて、



    6リンギです、、200円ぐらい

    しかも美味いですw文句のないB級グルメ的うまさですw




    文句ないぶっかけ中華飯x3食=アイスモカ1杯


    このアンバランスさがマレーシア。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2014/11/02 18:30 ] クアラルンプール便り。 | TB(0) | CM(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。