スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    百花誰が為にか開く。

    毎日誰かしらと会って、何かしらのことをしているのでブログネタはたくさんあるんだけど、逆にありすぎて書けん!どーもとるです。


    当ブログはいろんな方々に見て頂けてるようでそれは喜ばしいことなんだけど、弊害もある。
    俺のことを知らない人が読む分には全く問題ないんだけど、直接知ってる人が読者だと問題が出てくる。読者が同世代の場合はさほど問題はないけど、もっと上の世代の方が見ることを考えると言葉遣いを気にしたり、内容も精査しなければ、、と考えてしまう。
    ネットの良さというのはその匿名性で、相手のことを気にせずに自分と向き合うことができるのが大きな利点だと俺は思っている。実社会ではみんな何かしらの仮面をかぶっているけど、匿名が保たれることを前提とすればネット上では仮面をかぶる必要がないので、素が出せて人間味が溢れる。それがネットの、匿名であるということの魅力だと思う。

    しかし、実社会でもつながりがある人とネット上で接することになれば、当然彼らのことを意識することから逃れることはできず、その分言いたいこと・思っていることが書きづらくなる。

    その葛藤が非常にあるんだけど・・




    自分らしくいきたいと思います。

    ま、わたくし表と裏にさほど差がない人間ですからw

    自然体が一番。

    無理して背伸びして自分を大きく、良く見せようと思ってもね、そのうちアキレス腱切れますよ。
    たまに無理して背伸びしなきゃいけない時もあるけど、基本的には自然体の自分を強化していくのが一番良いと思ってる。素直で自然体でいなければ負けを認めることはできないし、反省できなければ成長することはできないと思うので。



    先日1年以上ぶりにお茶のお稽古に行ってきました。
    先生のおうちの庭にある梅が綺麗に咲いてました。
    P3173087.jpg


    所作がきちんとできるか心配で仕方なかったんだけど、いつもしていた通り、お茶室に入る前に深呼吸をして心を鎮めたら不思議とすっと気持ちが楽になった。麩を開け、ご挨拶をした後に床の間の前へ。左足から畳の四隅を切って進む。1畳あたり3歩で進む。特に頭で考えることなく自然と体が動いた。


    床の間には、「百花為誰開」と書かれたお軸が掛けてあった。
    ひゃっか たがためにか ひらく と読む。

    花というのは誰のために咲くのではない。時期がくれば自然と花開くものである。という意味である。

    土地を耕し、種を蒔き、水をやり、たくさんの陽を浴びて育ち、いずれは大輪となる。


    無理やりどうにかしようとしても無駄なのである。やるべきことをきちんとしていれば自然と大成する。人もこれに同じだろうか。



    お茶を頂くだけのつもりだったけど、先生が稽古を付けて下さるというので、緊張と共に喜んで稽古を付けてもらった。

    基本的には薄茶の平点前だったけど、「ちゃとう」というお点前を初めてした。
    薄茶を点てる前に、床の間に茶を献上するというもの。天目茶碗を漆塗の台に乗せて、お点前をする。茶碗を台に乗せるってすごくない?そうそうできないお点前です!

    薄茶平点前は無難にできました。美味しいお茶を点てることだけに集中してたんだけど、所作が気になってしまったりして雑念が入ってしまった。。お茶というのは奥深くて難しい。

    お茶室は座る位置によって景色が全く異なるけど、亭主の位置から見るお茶室が一番好き。茶道には日本の美が詰め込まれていて本当に美しい。全てが美しい。

    日常生活の様々な場面で日本らしさを感じることは多々あるけど、一番それを感じる場所がここ。畳、ふすま、床の間、掛け軸、花入、茶花、障子、炉、木炭、濡れ灰、茶釜、茶碗、茶杓、柄杓、蓋置き、茶器、ふくさ、亭主と客、会話、香り、、数え上げたらキリがないけど、全てに日本を感じる。それぞれが持つ魅力が絶妙に調和している空間。


    茶と禅というのは結びつきの強いものらしい。両者とも言葉ではなかなか伝わりにくい。ではどうしたらいいか。

    まずは黙ってやってみるのがいいようだw

    それで何を感じるか。感性というのは人それぞれなので。


    とにかく自分は茶道に出会えて本当によかったと心から思っている。こんな未熟者が茶道を語るだなんて身の程知らずもいいとこなんだけど、一人でも多くの人に茶道に関心を持ってもらいたいと思ってね。日本がここにあるんです。




    お稽古が終わって、その晩は先生のところでご馳走になりました♪
    帰国してからずっと楽しみにしてた晩餐!先生のご主人が作るチャーハンとラーメンは自分の中でお袋の味ならぬ、オヤジの味なんです!
    P3173088.jpg

    日本って、お茶って、ほんと素敵だなぁ。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/03/21 02:56 ] 日本。 | TB(0) | CM(2)

    ごめんお茶もやけどラーメンとチャーハンっていいな〜と思ったw
    [ 2012/03/21 08:23 ] [ 編集 ]

    俺、さん

    ラーメンとチャーハンてクリンナップですよねw
    [ 2012/03/21 10:51 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/12-45ae3047






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。