スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    流行語大賞が発表されましたが。

    個人的流行語大賞は


    モヒンガー


    どーもとるです。日常会話では「ローカル」も乱発してますけどね。



    流行語大賞の発表とか、年の瀬を感じますね。師匠も慌ただしくする、師走です。

    常夏の国・ミャンマーでは全然年末な気がしません。去年の12月はチリ→アルゼンチンでした。南半球は北半球と季節が真逆なので、クソ暑かったですw特に昼間のブエノスアイレスなんて暑すぎて外出する気が失せました・・。ブエノスでは街の雰囲気などから多少クリスマスや年末年始を感じましたが、やはり寒くないとピンときません。鍋なんか囲みながらね。

    一年中同じような気候だとカラダは楽ですが、感性が磨かれません。

    そーゆう意味で日本の四季は貴重ですし、恋しいですね。


    日本にいたときは感性が磨かれる感覚を感じることが多々ありましたが、ここミャンマーではそーいった機会になかなか出会いません。
    というか、日本にいるときもお茶の影響が大きいです。お茶をやっていなかったら気づかなかったであろうことは特に感性において多いです。お茶を習っていると自然と季節を意識するようになりますし、芸術・哲学の世界ですから非常に探究深く、奥行き、裾野が無限大です。



    みなさんご存じの通り、今年の流行語大賞・大賞は「ワイルドだろぉ」だったわけですが、ずっと日本にいなかったのと、日本にいてもテレビを全く見ないのでこの面白さがイマイチわかりませんw

    トップテンに入った言葉を見てみると、

    ◆維新
    日本維新の会代表代行 橋下徹さん
    地域政党「大阪維新の会」が「日本維新の会」を結成、国政政党として国政選挙へ乗り出し、坂本龍馬の「船中八策」に倣って、「維新八策」を発表した。ちなみに「維新」という言葉を掲げた団体の例は珍しいものではなく、1992年発足の「平成維新の会」(代表大前研一)が記憶に新しい。

    大前研一がそんな名前の団体を旗揚げしていたとは初耳ですが、1992年で記憶に新しい?w20年前が記憶に新しいとはこの方バブルの頃に相当良い思いをされたのでしょうね。バブル世代を羨ましく思う、失われた20年世代の私でございます。。


    ◆終活
    週刊朝日編集部/故・金子哲雄さん
    人生の最期を自分の望むように自分で準備すること。10月2日、41歳で急逝した流通ジャーナリスト金子哲雄さんは、生前から自分の通夜や葬儀・告別式、墓の準備を万全に進めていた。「終活」という言葉は、週刊朝日で2009年連載された「現代終活事情」で知られるようになり、『現代用語の基礎知識』には2010年版から登場。

    なんですか、この悲しい言葉は!この言葉、本当に日本で流行したんですか?


    ◆第3極
    第3極を構成する皆さん
    二大政党制の下で、二大政党の次の勢力になりうる政党のことを指す「第3極」。たとえば社民党は2004年ごろから「第3極としての社民党」を声高に叫んでいたが、ここへきて、政権党が低迷し、自民党にも昔ほどのパワーが感じられず、新党が乱立。二大政党制という大前提の崩壊さえみえてきた。

    今回の衆院選は票が割れそうですね。民主壊滅は決定的だとしても第一党が予想される自民党にも過半数を獲る力はないでしょう。そうなると連立ということになりますが、自民党がどこと組むのか。議席数次第ですが、石原閣下のいらっしゃる日本維新の会でしょうか。石原慎太郎も平沼赳夫も元は自民党ですからね。

    前回選挙で大躍進したみんなの党は日本維新の会のあおりを受けて今回は厳しくなりそうですね。公明党はいつものように組織票がどかんと入り安泰。共産党、社民党の立場は苦しくなるでしょう・・両党とも今以上に議席を減らしたら合併するかもしれませんね。彼ら似た者同士ですし。

    社民党にはまったく賛同できませんが、福島瑞穂の批判は切れ味があって好きですw

    「自民党と民主党は、カレーライスかライスカレー(の違い)。社民党はオムライス!」

    うまいこと言いますよねwオムライスが食べたくなりました・・。


    旧社民党、現在民主党の辻本清美も切れ味鋭いです。
    鈴木宗男に対して

    「あなたはねぇ、疑惑のデパート言われてますけど疑惑の総合商社なんですよ!」

    非常にうまいこと言いますwそれにあのドヤ顔ですから参ります。
    しかし、実刑判決を受けても政治家にはなれるんですね。谷亮子が当選した際に「政治家は金メダル取れないが、金メダリストは政治家になれる。」と誰かが政治家という職を揶揄していました。本来は名誉職であるはずの国会議員ですが、堕ちたものです・・。


    そんなわけで政治の場はつまらないお笑い番組を見ているより、よっぽど笑えますw



    12月5日より、ミャンマーで在外投票が始まっています。9日までの5日間ですが、16日の開票より前に大体どこに票が流れているか内部者はわかるのでしょうか。
    また、在外者の投票先と日本国内の投票先の違いが知れたら面白いですね。私は、海外に住んでいる人の方が、日本に住んでいる人より保守的な思考を持っていると思うのですが、どうでしょう。
    日本にいて自分が日本人だと意識する機会は少ないですが、海外だと頻繁に直面します。

    生まれてから死ぬまで日本人なんですよね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/12/06 12:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/145-ea67dfc9






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。