スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマーにスタバ上陸疑惑。

    ミスターアウトでお馴染みのとるです、どーも。


    ブログ村にIn順位とOut順位というものがあります。Inは私のブログから「ミャンマー情報」のバナーをクリックしてブログ村へ飛んだ場合に加算されます。Outはその逆で、ブログ村から私のブログへ来た場合に加算される数字です。ブログの順位は通常Inで表示されるのでバナーのクリック数が多ければ順位が上がります。ただ、人によってはInよりもOutを重要視している人もいます。私はなんとなくInが多いといいなぁーと思っていますが、Outが多い当ブログ。InかOutかどちらでもいいですが、ミスターInよりもミスターOutの方がキケンな香りがするのは間違いないですね。これに関してはあながち間違っていないかもしれませんw
    ミャンマー来てから大分大人しくしていますけどね。ヤンゴン村に怯えているのでw



    スタバができた。

    という怪しすぎるウワサをたまに耳にします。


    ある人はあれは完全にスタバだ!

    といい、

    ある人はそんなわけないだろ!

    といい、



    早い話、自分で確かめに行ってきましたw

    場所はここです。法外な宿泊費をぶんどっているChatrium Hotelの脇の道、Pho Sein Roadにあります。
    P3131110.jpg


    外からみても全然わかりませんね・・。果たしてここにスタバがあるのでしょうか。スタバといえばあのマークですよね、緑と白のメドゥーサ?マーメイド?

    しかしなぜかシアトルにある1号店はトレードカラーが白と茶色で、あのキャラクターも違うデザインです。私、全然スタバのファンではなくてむしろアンチなのですが、8年前に行きました。私は常々言っていますが、



    エクセルシオール派です!


    エクセルシオール好きな人に会ったことがないのですが、私は日本のコーヒーチェーンの中でここがダントツで好きです。好きが高じてマグカップも買いましたし、ここで供される「本日のコーヒー」(本日と謳っているわりにいつも同じブレンドコーヒーw)のバランスが神懸かっていて、私のひとつの夢であった「スタバを超えるコーヒーチェーン店を作る」という夢をいとも簡単に打ち砕いたのですw基本的に広々としたスペースを提供する店のコンセプトも好きです。(道玄坂店を除く)



    話を戻します。

    スタバが入っていると思われるビルの表札に・・




    スタバのマーク!!!!

    P3131109.jpg


    スタバと思われる店は1st Floor、日本で言ったら2階に入居している模様。



    入店・・。




    店内にスタバのマーク一切なし!!

    雰囲気も完全に・・



    ミャンマーです。


    カップルシートがありました。
    P3131111.jpg


    メニューもふつーの喫茶店で全くスタバな感じはせず・・。
    とりあえずブラックコーヒーを注文。

    カップもソーサーも至ってふつうw
    P3131112.jpg


    味はー・・



    んーまぁまぁ。

    恐らく深入りの豆を使っているのでこの手の豆はブラックで飲むよりもカプチーノとかラテで飲んだ方がコーヒーの香りや味が飛ばないので適していますね。

    店員さんとの会話はミャンマー語だったので詳細はわかりませんが、どーやらこの店は



    スタバの豆を使っている店。

    ということのようです。



    実際に業務用的なスタバの豆が販売?されていました。

    ブラックコーヒーは確か1杯2000チャット。ここのコーヒーならば私はSavoy Hotelのコーヒーか、Café de Angelのコーヒーを好みますね。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/03/20 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(8)

    バンコクには、丸井のトレードマークもコピーしている丸井ビルのコピー(!)がありましたが、ミャンマーのスタバも、なんちゃってスタバではないんでしょうかねー?クレームがこない程度に、こっそりとスタバマークを貼ってるとか。
    [ 2013/03/20 08:04 ] [ 編集 ]

    INとOUTの違いが漸く判りました。

    とるさん、こんにちわ。
    食の事ばかり取り上げているとお父さんに心配される(笑)そうですが、今回も食の話題で、私には大変ありがたいです。

    チャトリウムの脇の道で営業時間が23:00迄?
    あそこの通りでそんな遅い時間帯迄、お客さんは何処から来られるのでしょうか(?)
    お店はゆったりとしていて落ち着けそうで中々ポイントは高いですね。

    それからこの手のシートはカップルシートと言うのですね。
    初めて知りました。
    Sharky’sで私の座ったシートもカップルシートだったんだと(笑)

    又、隣りのzicafeと言うのも気になりますね。
    イタリアのカフェってどんのかな?と。

    とるさん、又食のプログを期待しております。
    [ 2013/03/20 09:28 ] [ 編集 ]

    カプチーノ

    こんにちは。Floatingです。

    スタバ情報ありがとうございます。
    コーヒー中毒としては、とてもありがたいです。
    ぜひ、ヤンゴンスタバ(もどき?)も試してみたいです。

    前回ヤンゴン訪問時は、コーヒーをたのむといつも、コーヒーの香りはどこへ行った?という感じのコンデンスミルク入りコーヒーがでてきましたので、次回に期待です!

    あ、そうそう、夫に髪の毛を切るというビルマ語を聞いて見ました。
    本当、フニャッ(フは小さいフ)という感じでした。
    ありがとうございます。

    これから、もう少し、まじめにビルマ語を勉強したいと考えています。ご教示ください!
    [ 2013/03/20 09:33 ] [ 編集 ]

    はなわさん、ふっちーさん、floatingさん

    >はなわさん いや、これこっそりどころか、ビルの正面玄関にどかっ!と貼ってありましたよw

    >ふっちーさん 一人Sharkey'sでカップりシート!店員さんは「いつ相手が来るのだろう・・。」と思ったことでしょう。
    Zicaffeはイタリアにあるチェーン店か何かかなぁと思います。この店はZicaffeの豆とスタバの豆を使っているように思います。私はエスプレッソが好きではないので両方共ダメですw

    >floatingさん こんにちは!旦那さんと行かれるならSavoy Hotelがいいと思います。正直ハイティーは微妙ですが・・。
    ミャンマー語の動詞には語尾に「ッテー」というのがつきますので「髪を切る」は「フニャッテー」ですね。さらに可愛いw
    ちなみに男性が「はい?」と聞きなおすときは「カミャ?」で名古屋弁チックです!女性の場合は「シン?」です。旦那さんに言ってみたら喜ぶと思いますよ♪「What?」よりも愛嬌があって私は好きです。
    [ 2013/03/20 10:00 ] [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2013/03/20 18:45 ] [ 編集 ]

    たくまさん

    初めまして。どなたかのブログのコメント欄でお見受けしました。そうですね、それならばお会いしましょう!来週前半ならば都合がつきます。ご連絡下さい。toru081@hotmail.com
    [ 2013/03/20 20:30 ] [ 編集 ]

    行って来ました。

    グリーンヒルホテルへ行った帰りに行って来ました。
    店の名前は“K”なのですね。(食堂からカラオケ迄全て含めて)

    カップルが一組居て、真ん中のテーブル席(仕切り壁有り)で思い切りいちゃついておりました。
    やはり1人で行くカフェでは無かった様に思えました。
    でも、こういうバッチ物と言いましょうか、私はこう言う話題が好きで、機会があれば遂行ってしまいます。(笑)
    [ 2013/05/02 17:20 ] [ 編集 ]

    ふっちーさん

    ミャンマー人はいちゃつくときはとことんいちゃつきますからねー。あのカフェはカップル専用なのでしょうか・・。
    [ 2013/05/04 12:27 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/239-94d23b66






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。