スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマーの村へ行ってみた。

    どんどん現地化してる気がする。どーもとるです。



    素敵な人妻日本人女性から「明日の朝5時半からサンライズ見に行きませんか!」と誘われたので行ってきた。女性からの誘いを断る理由等ない。寝坊して置いてかれたんだけどw


    ミャンマーに着いてからずっと雲が分厚くて、スカっとした天気に出会ったことがない。雲が分厚いと日の出と日没の太陽を見ることは難しい。
    周囲は既に結構明るいのに一向に太陽が見えない、、やっぱりダメかー。と思っていたら


    いきなり太陽が現れた!!

    結構昇ったところにw
    P4023377.jpg



    宿に戻って朝食を取った後に朝早くて眠かったので寝た。

    昼過ぎぐらいに起きて始動開始。ローカル食堂に行った。
    魚の煮物みたいなやつと豚の角煮みたいなやつを指名しただけなのにすんごい量が出てきた!!!!まさにこれがミャンマーなのである。150円。
    P4023381.jpg


    食堂にいたマルコメ。愛くるしすぎる。
    P4023386.jpg

    ロリコンの気持ちがよくわかるーw
    P4023388.jpg




    昨日遺跡は結構みたので今日はローカル色の濃いところにフラフラ行ってみた。まったく観光地じゃないところね。


    何時代ここw
    P4023401.jpg

    村の民が干上がった川底で何かを分別しておった。
    P4023390.jpg

    元気なおばばたち。
    P4023396.jpg

    腹筋が割れてるおじじ。仏のような柔和な顔だ。
    P4023398.jpg


    観光客が行くはずのない村へ行くと、人々は怪訝な顔をしてこちらを凝視するけども、「ミンガラーバー!(こんにちは!)」と声をかければ、驚くほど元気な声と笑顔が帰ってくる。この穏やかな感じは5年前に行ったラオスの田舎に非常によく似ている。あの時のラオスは猛暑の中、子どもから大人まで鬱陶しいぐらい「サバイディ!(こんにちは!)」と手を振りながら声を掛けてくれた。新鮮だけどどこか懐かしい感じをミャンマーで感じた。人々が穏やかでお互いに好奇心を持つ人間関係があり、魅力的だ。

    少々話が逸れるけども、「逝きし世の面影」という名著がある。これは江戸後期、列強諸国が続々と日本にやってきたとき、外人が当時の日本について記述した資料を基に構成されている本で、当時の日本人という民族の如何、文化、風習などがよくわかる名著である。今はなき日本人がそこには確かに住んでいた。そんなことがよくわかる。

    「日本人とはなんなのか。」ということに前々から日本人自体が興味があるらしい。大局的に見れば時代背景によって民族的価値観というのは変化するものなのかもしれない。ただ、その核心というものは変わるべきではないし、どの民族にもあると個人的には思っている。その民族の絶対的価値観というものがよくわかる著書が、新渡戸稲造の「武士道」であり、「逝きし世の面影」だと思う。暇な方だけでなくお忙しい方も是非!もしあなたが日本人ならば。
    新渡戸で思い出したけど、日本円の5000円札が新渡戸から樋口一葉になってしまったのは日本のフェミニスト活動家(大体左翼)の影響だと俺は思ってる。別に一葉が悪いわけではないけど、新渡戸の方が日本にふさわしいと思う。




    結構な人を集める寺院があったので寄ってみた。

    横たわった仏の鋭い目つきが外から見える・・。
    P4023403.jpg

    仏の足もデカイが俺の手もデカイなw
    P4023405.jpg



    オールドバガンからニューバガンに向かう一本道をひたすらチャリで南下してたんだけど、給水がてらよった店の隣がギャラリーだった。ギャラリーと言っても立派な建物などはなく、半屋外の掘っ立て小屋なんだけど。
    ここにある作品たちがなかなか素晴らしくて、そのオヤジは現代美術品も創作しててなかなかの作家に見えた。もし家があって、お金持ってて、日本に帰ることが決まっていたらどの絵かを買ってたなぁ。
    P4023408.jpg




    フラフラしていたら夕暮れどきになったので、夕陽を見るためにとっておきのポイントへ向かった。

    ここが俺の秘密基地。登れるのだ!
    P4023425.jpg


    ここは地元の男の子に教えてもらった観光客が全く来ない場所なのでバガンの平原が独り占めできるのです!今日も独り占めだ♪シメシメwと思っていたら、現地の方が先にいらっしゃいましたorz
    P4023426.jpg



    誰が現地人じゃ!


    結局分厚すぎる雲のため朝陽同様、太陽はまだ結構な高さにあるうちに消えてしまった。。

    農作業を終え家路へ帰る人々。
    P4023429.jpg





    夜は生ミャンマービールをくぃっと!まさかの65円wカンよりもビンよりも生ビールの方が安い。というのはミャンマーの常識。
    P4023431.jpg


    マンダレーの評判があまりよくないのでバガンの滞在期間をもう少し伸ばすことにしました。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/04/03 19:11 ] ミャンマー@バガン | TB(0) | CM(2)

    なぜ可愛い子ちゃんの服は濡れているのだ。
    うーむ。
    [ 2012/04/03 20:32 ] [ 編集 ]

    kashio

    ズバリ、ぶっかけやね!
    [ 2012/04/04 18:59 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/24-fa5e5419






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。