スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマーから日本へのお土産が本気で困る件。

    一時帰国が迫っていて、修学旅行前日の小学生のような、スキーに2泊3日で行く前夜のようなワクワクしすぎて寝付けない日々です、そんなもうすぐ29歳のとるです、どーも。

    そう、私まだ20代なのですよ!ギリギリの崖っぷちですが。

    まぁ私は年齢などはあまり気にせず、心の若さを重要視しているので30だろうが、60だろうが気にしていません。最近日本には心が年老いた若者が多いですからね。海外にはそのような若者老人は少ないと思いますが、日本には多くいることと思います。アベノミクスがどーのこーのしたって社会構造までは変えられませんし、金融緩和してインフレになり、資産価値が上がったところで資産を持っているのは多くが高齢者ですから、結局資産を持たない若者たちは物価の上昇と、増税に苦しむだけだと思います。しかしながら職業にもよりますが、日本でサラリーマンをしていても支出を管理することができれば、大卒で30歳までに1000万円の現預金は作れるかと思います。それを年10%で運用して100万円。(インフレ=物価の上昇=通貨の下落ですからモノに変えるのが常識)年収が500万だとして600万。共働きなら1200万円です。それぐらいあれば未来を悲観することもないかと思いますが、なぜか暗いニッポン社会。

    幸せの尺度はお金じゃないと私は考えますが、それも人それぞれ。質、量どちらでもいいですが、豊かな経験がなければ資本主義経済下ではお金がなければ幸せを実感することは難しいでしょう。



    何が言いたいかといいますと、新政権が誕生して、経済政策、外交政策など期待感は確かにあります。株価上昇などを筆頭に目に見えて効果は出てきてはいますが、先に述べたようにこれは小手先の解決策であって、根本的な解決にはなっていません。
    最近は株価上昇、地価の下げ止まり。などでワッショイ!な記事をよく見かけるので今の日本はまだまだ手放しに喜べる状態ではないことに触れておきたかったのです。

    日本は戦後、戦争特需や東京オリンピックなどの高度経済成長を達成し、経済的には先進国の地位を確保しましたが、ヨーロッパに比べて先進国としての歴史は非常に浅いです。いわば、先進国の中の途上国なのです。その事実を受け入れて、先進国としてまた、途上国のようなハングリー精神を持って強い国になっていかなくてはいかないと思います。日本国内で泥仕合をしている間に海の外では違う言葉、違う文化、違う人種同士がガチンコ勝負を繰り広げています。競争から降りるのもひとつの手だと思いますが、小国ならそれが可能ですが、日本は人口も経済規模も非常に大きい国です。横綱に優勝は至上命題なのです。


    私は今ミャンマーにいますし、これからも数年、数十年の時間軸でミャンマーに住まうつもりですが、何年住んでもミャンマー人にはなれませんし、私は死ぬまで日本人です。日本人として世界に役立ち、すなわち日本にも得になるようなことをしていきたいと思います。抽象的すぎますがw




    ぇーっとタイトルについて書きたいと思いますw

    ミャンマーに住んでいてふと困ることがたまにあるのですが、その一つがミャンマーのお土産です。
    ミャンマーのお土産って本当にないんですよね。そら長いこと鎖国していましたから、他国へのお土産を持って帰る人なんていなかったわけです。お菓子類はたくさんありますがどれも完全にミャンマー化されたもので、例えばやたらと量があるとか、油でギトギトとか、開けてないのに中が薄汚れているとか・・枚挙に暇がありません。

    よく「脂っこい」と言われるミャンマー料理ですが、YesでもありNoでもあります。こちらは「チャーザンジョー」Vermicelliと野菜を一緒に炒めたシンプルな料理ですが、甘辛いタレが最高に美味しいです。ローカルレストランなら二人前で1000チャット(110円)ぐらいでしょうか。
    P3221142.jpg

    こーゆうものが持ち帰れたらいいのですがw


    この前ミャンマー人の方と話していて、ミャンマーのもので何が好きか。と聞かれ、

    「モヒンガーと、オンノウカオスエ。」と答えたら




    インスタントがあるよ!!

    と。

    モヒンガーは知っていたのですが、オンノウカオスエがあるのは知りませんでした。
    心優しいミャンマー人が買ってきてくれました♪
    欲しい方、あげます。先着ですのであしからず。いないかw
    P3221143.jpg



    しょーもないお土産を買っていっても仕方ないのでピンと来るものがあったら買って帰ろうかと思います。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/03/27 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    ラペットゥもあるよ!

    オンノウカオスエのインスタントがあるのですね!
    オンノウカオスエは、外国人が好むビルマ料理の一つですよね。

    うちがお土産に買うのは、もっぱら、インスタントのモヒンガーとモヒンガー用の麺、ラペットゥのセット(お茶の葉とドライナッツのミックスがパックになってて、あとはトマトとオイルくらいを足せばラペットゥができあがり)です。
    あとは、自宅使用むけに、大量の干しえび(これは、友人とかに渡すお土産にはできないですね)。

    いつもスーツケースが、食べ物で一杯になりますよ!
    [ 2013/03/27 07:14 ] [ 編集 ]

    floatingさん

    ラペトゥ悪くないですねー。あとひまわりの種とか、にんにくと炒ったピーナッツとか、ヤギ肉ジャーキーとか、、て酒のつまみばっかw干し海老美味しいですけど、地味に高いですよね!クッキーとか、甘めのお菓子類がないんですよねー。
    [ 2013/03/27 12:07 ] [ 編集 ]

    ひまわりの種

    ひまわりの種は、私は食べると眠くなります。
    (栄養価が高いから?)
    炒ったナッツ類、おいしいですよね。
    ヤギ肉ジャーキー、しぶい。
    干しえびは、夫の好物のため、夫の母がおいしいのを調達してくれるのです。いつも、ありがたくいただいております。

    甘めのお菓子。。。確かに、一般受けするお土産向きの甘い物は無いですねえ。
    今回夫は、干しマンゴーの巻いたのを買ってきましたあが、これも、日本へのお土産にはちょっと難しいかもですね。
    [ 2013/03/29 07:21 ] [ 編集 ]

    floatingさん

    今日は大学の先生からミャンマー人も知らない何かの干し肉を頂戴致しました・・。
    家族は誰一人食べそうにありません!!
    [ 2013/03/29 20:58 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/246-ba9ae756






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。