スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    うるし職人を探して。

    ミャンマーのネット超絶遅くて寝そうzzzどーもとるです。




    バガンの土産物屋でよく見かけるものに漆器がある。


    なんともお茶心をくすぐられる品物である。


    前の日記で少し書いたけど、残念なことにどれも質があまりよくない。。具体的には塗りの技術が甘いのだ。彫りの技術はなかなか素晴らしいものがあるのに勿体無い。
    日本で見かける漆器製品、特にお盆などでツヤのあるタイプは鏡のように顔がはっきり映るほど磨きがかかっており、ムラもなく素晴らしい。このように高い塗りの技術のものをここバガンでは見かけることがない。
    稀にそこそこのものを見かけるものの、その確率といったら1%程度。でも伝統工芸として漆器があるならば、腕の立つ職人がいるはずだ!と思い、良い作品を探してみることにした。


    茶器にちょーどいいサイズ。堀自体は素晴らしいが、残念ながら中の塗りがゴテゴテがしててイマイチ。。
    P4043443.jpg

    香合によさそうなもの。パール(真珠)作りと言っていた。これも残念ながら中がプラスチックの容器になっていて、開けると残念な感じ。。
    P4043445.jpg

    竹製の和傘は素敵。19歳の女の子も素敵w
    P4043442.jpg



    漆器の専門学校にも行ってみた。写真に写ってるのはそこのスタッフ。
    作品の工程を説明してくれた。多くは竹から作られていて、5種類ぐらいの竹を割いて、プレスして編んだものに漆を何度か塗り、綿生地をかぶせ、さらに漆を塗り、乾燥させて・・と何度も同じような工程を繰り返し、大きさにもよるが6ヶ月ぐらいかけてやっと完成するらしい。
    P4043452.jpg

    このお盆はなかなかの品質だったけど、それでも日本のものには到底及ばない質・・。ここで見た中ではよかった。
    P4043451.jpg



    さらに何軒か工房を訪問した。
    職人らしい人はあまりおらず、多くがバイトのような女の子たちが彫っていたりしてた。
    P4043457.jpg

    漆塗りは指で行われており、この製法ではどうりでムラができるわけだ・・。
    P4023393.jpg

    少女は可愛いが品質はイマイチ。。
    P4023412.jpg


    彼らに「日本のものを見たことがあるか?」と聞いたら、「もちろん!」と言っていた。彼ら曰く、日本のものは機械で作られているからものすごく綺麗にできていて、ミャンマーのものは全て手作りだからムラができて当然だ、と。

    そんなことはないと思うけどなぁ。日本だって手製でしょ?安物は機械で作られてると思うけど、良いものは職人による手製でしょう。




    結局、いろんな工房回ったけどもの凄く品質の良いものは見つけられなかった。そして、小物の品質は悪く、大型のものの方が品質がいいことがわかった。冷静に考えれば大きさの大小と品質が比例することはわかるけども。
    その中でも、まぁマシだと思われるカップを2つだけ買った。言い値30ドルからの20ドルで買い!



    アイス1本10円w
    P4043448.jpg

    少年たちがチャリをニケツして食べ物を売りに来た。焼きそばひと袋20円wもちろん買いました。
    P4043453.jpg




    お気に入りのWifi Freeカフェにて、テレレを持ち込み堪能wぁ、テレレというのはですね、パラグアイとウルグアイで絶大的な地位を気づいている飲み物です。アルゼンチンやチリで飲まれているマテ茶はお湯で出すのに対して、テレレは水出しです。イエバ茶に様々なハーブが配合されていて、スッキリとした飲み口が特徴的。激ウマです。ミャンマーでテレレ飲んでる人なんて俺以外にいない自信があるw
    カップは今日買ったもの。この絵柄、王朝時代の操り人形が掘られていて全て手作業によるもの。外面は素晴らしいのです。
    P4043458.jpg

    焼きビーフン。野菜たっぷりで150円。うまくて安いって幸せすぎる組み合わせ!
    P4043459.jpg




    今日も夕陽を見るために秘密基地へ行ったら、現地の方がいらっしゃいました。

    P4043461.jpg

    ウソです。
    彼女は日本では義肢装具師として活躍。素敵な仕事ですね。私も元福祉従事者なので時折福祉業界、医療業界のあれこれを話してます。名誉職だと思うけど、自分の仕事のことを「ドサ回り」と呼ぶ面白い人です。ドサ回りなんて言葉久しぶりに聞いたw
    居心地がよくて景観だけでなく、人々も素敵な町だったバガンも今日で最後。次はどんな出会いが待っているだろうか。楽しみで仕方がない!
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/04/13 21:11 ] ミャンマー@バガン | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/25-f483aad3






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。