スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ヤンゴンすしブームの草分け的存在「サムライすし」

    三度の飯よりスシが好き、どーもとるです。

    ぁ、スシは飯に分類されますか。そうですよね。



    世界で一番何が好きか。と聞かれれば私は「スシ」と答えます。
    ま、日本にいてスシがそれほど食べたくなることはなく、むしろあまり食べないので本当に好きかどーかは歌川広重ですが(は
    外国にいると無性に食べたくなるのがスシ。それは単純に無いものねだりかもしれませんが、私はきっと日本にいても好きな食べ物はなに?と聞かれたら「スシ」と答えるでしょう。
    もちろん「握り」ですよ?なんちゃらロールもあれはあれで美味しいですが、あれはスシではありません!

    実はヤンゴンには多くのすし屋があります。その9割がミャンマー人経営で、ミャンマー人が握っていますが、まぁ許容範囲です。
    何度もブログでゴリ押ししていますが、Family Sushiが圧倒的に美味しいです。ミャンマーにおける、すしの話はサムライすしの存在なくして語れません。前述のFamily Sushi、Sushi House、だるま、友寿司などは皆サムライすし出身の板前が握っています。多くのすし屋が台頭する前はミャンマーのすし屋=サムライすしでしたが、今ではその存在感は薄れつつあります。しかしながら未だに知名度のあるサムライすし。
    以前は味がよかったようですが、「近年味が落ちた」という話を多くの人から聞いていたので実は一度も行ったことがなかったのですが、場所が移転して店の前をたまたま通りかかったので試しに食べてみました。

    場所は日本大使館の北、Clover Hotelと目と鼻の先です。
    Wingabar St.
    P5170003.jpg

    店内非常に広いです。
    P5170002.jpg

    ネタの鮮度は悪くなさそう。
    P5170004.jpg

    エビはミャンマー。サバはバンコクから。手巻きすしはお腹が空いていたのでw
    P5170006.jpg

    味は・・まぁまぁw

    ネタの鮮度、握り方、シャリのサイズなど全て・・まぁまぁですw


    これはもう、
    まぁまぁとしか言いようがありませんw
    レベル的にはSushi Houseと同じぐらいです。

    やはり握りを食べるならFamily Sushiですね!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/05/23 00:00 ] ミャンマーの食。 | TB(0) | CM(1)

    でっけぇ

    ネタがでかいね。これで、幾らくらいするのだろう。5,000チャットくらいするのかな。
    [ 2013/05/23 06:25 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/290-19596c17






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。