スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    時計の電池が切れた。さてどこへ行こうか。

    答えは簡単。




    路上をほっつき歩くべし!

    4月に一時帰国していたときに腕時計の電池を交換したくて電池の切れた時計を常に持ち歩いていて、時計屋さんを見つけたらお願いしよう。と思っていたのですが、まちの時計屋は絶滅危惧種です。

    ほっつき歩いている程度では全く見つかりません。



    結局、20日間日本にいたものの時計屋に出会う機会は一度もなくヤンゴンへ戻ってきたのです。

    先日ふと電池交換のことを思い出して、電池の切れた時計を持って外へ出ました。ヤンゴンの原宿、と呼ばれるレーダンをほっつき歩いていたら




    ありましたw

    さすがです!途上国万歳!

    店の敷地面積は半畳サイズw吹きさらしなので雨が心配ですw
    P6160263.jpg

    こーゆうアナログ作業にはもっぱら強い途上国。
    バングラデシュでカメラを落として撮影が不能になったときもまちのカメラ屋に持っていったらその場で分解。問題個所を指摘。翌日には完璧に修理されて戻ってきましたw
    こんなこと日本じゃありえないですよね。修理に出したら何週間・・。しかも高い。
    P6160264.jpg


    翼くんと岬くん並みの絶妙なコンビプレーを見せる。

    F1000578.jpg

    P6160265.jpg



    ものの10分で2つの時計の電池交換が終了。
    お値段1つにつき3500チャット(350円)でした・・。日本だったら電池代だけでそれぐらいしそうである。

    物価高騰中のミャンマーですが、まだまだ安くていいものはありますね!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/06/24 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(1)

    恐竜かぁ

    そうだね。時計屋は少なくなったね。先日名駅のビッグカメラで電池交換したら1000円くらいした記憶がある。時計は家電大手量販店で扱うといったイメージに変わったね。完全に絶滅したのはカメラのDPEショップ、デジカメの普及で消滅してしまった。こればかっかりは、どこを探してもない。
    [ 2013/06/24 06:52 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/322-f8c1f8d3






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。