スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマー人女子とお出かけしてきた。~その2文化の違い編~

    ※昨日の続きです。


    12時に別れて次の予定が夕方だったのでそれまでひとりで街をぶらぶらすることに。
    最近爆弾事件のあったトレーダーズホテルでアイスティを飲んだり、そういえば今まで行ったことがなかったルビーマートへ行ってみたりその辺りをひとりで散策していたのですが、なかなか暑かったので、どこかゆっくり涼めるところはないかなぁと思って思い浮かんだのがマッサージ屋。

    そういえば今まで行ったことがなかったセントラルホテルの上にあるマッサージ屋。そこへ行ってみようと。
    フットマッサージ、1時間6000チャットで良心的。まぁまぁ客の入りがよくて若干待たされました。


    担当の子はカヤー族の子で26歳。マッサージ屋にいる子の中ではかなり上の年齢ですね。ダウンタウンにみんなで住んでいるそうですが、18人だそうです!一応部屋は一人に対してひとつあるそうなのでまぁ悪くないですかね。フットマッサージ1時間やると600チャット(60円)みたいです。1日5人担当して3000チャット(300円)。月に休みが二日らしいので、×28日で84,000チャット(8400円)
    これ以外に家賃と食費が店から出るとしたら全然悪くないですね。むしろいいですね。

    まぁそんな話や、カヤー州にはライコーという都市があって外国人は行けないそうですが、あなたならミャンマー語話せるし大丈夫よ!私兄弟がいなくて、お父さんもなくなって今はお母さんがひとりでそこに住んでいるの。今度一緒に行く?バスでヤンゴンを朝出れば夜につくよ!
    ふんふん、そうかそうかと雑談。



    そのときに電話が鳴って。
    さっきまで会ってた子から。

    寝起きの声→「今おきたー・・今どこにいるのー?」

    「ん。今マッサージ屋にいるけど。」

    「はっ!?なに!?どこにいるって!!!!?」

    「いや、だからマッサージ屋だって。」

    「女の子の声が聞こえるけど!!あvpのえあるhげ9あおいjk!!!」


    ・・・

    「ちょwよく聞こえないからまた後で電話するわw」




    数十分後マッサージ屋を出たあとに電話。


    「ぁ、今おわったーこれから友達と会うよー。」

    「ねぇ、私怒ってるの知ってる?」

    「ぇ、、なんで?」

    「なんでマッサージ屋行くの!!!」

    「ん?・・外暑かったし、疲れたから休みに。」




    彼女の言い分はマッサージ屋に行く人は悪い人だ。悪い人しかマッサージ屋には行かない!と。

    いやいや確かにエロマッサもありますけど、ふつーのマッサージ屋だってたくさんあるでしょーに!大体エロマッサ中に女の子からの電話を取るバカがどこにいるんだよw
    ※確かにマッサージ屋は何かを期待させるような怪しげな店が多いw
    PA191893.jpg


    彼女的にはマッサージ屋の女の子との会話も気に入らなかったらしく、男の人がやっているマッサージ屋ならいいそうですwそんなとこあるんかいなw逆に怖いわ!

    とりあえず文化の違いを拙いミャンマー語で説明。全く変な意味はないし、女の人だってふつーにマッサージ屋行くんだよ。と。
    しかしながら彼女は納得していないようで、「で、今後マッサージ屋行くの、行かないのどっちなの!?」と迫られました・・。「いやー行く・・かもね、ははは」と流しときましたが、冷静に考えたら彼女でもなんでもない友達関係の女の子になんでこんな迫られてるんだとw
    ミャンマー人は嫉妬深くて有名ですが、、




    ミャンマー、マジかー!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/10/25 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(5)

    メール届いていないよ~

    昨日はヤンゴン川を船で渡って、サイカーに乗って田舎へ行ってきたよ。
    300人の孤児の面倒をみている偉いお坊さんに面会して、お話を伺って
    お布施をしてきたよ。村は、牛、馬、ヤギが放し飼いで、バケツで池の水を
    汲んで飲んでいるようなところで、大都市ヤンゴンからわずか10分で別世界なのには
    驚いた。子供のころの記憶がよみがえってきたよ。日本も昔は貧しかったんだよ。
    でも、人々は助け合っていたよね。
    世知がない日本を離れて、ミャンマーにきて、何か日本人が置き忘れてきた大事なものに触れられた気がした。日本酒もってきたので、連絡ください。ホテルのインターネット事情は悪いので、
    携帯080-3470-3202に連絡貰った方がよさそう。

    [ 2013/10/25 07:42 ] [ 編集 ]

    JNさん

    10月21日に以前頂いていたアドレスに返信したのですが・・。
    先ほど電話しましたが出られませんでしたね。もう一度メールを送っておきますのでご確認願います。
    おっしゃる通り、ヤンゴン川を渡ればそこは別世界。日帰り旅行には良い場所だと思います。焼き物の窯もありますし。日本酒楽しみにしていますー!
    [ 2013/10/25 12:48 ] [ 編集 ]

    マッサージはイメージ悪いですよね

    ジャパミャン夫婦の夫です
    初コメさせて頂きます

    ミャンマーではマッサージというと勘違いされますよね

    それより、二人きりのデートとか親のいるとこへ旅行とか
    慎重にされたほうがいいと思いますよ

    旅行に二人で行っただけで、親に強制的に
    結婚させられることになった
    実話ありますよ。(笑)


    これからも臨場感たっぷりの
    ド・ローカル記事を勝手に期待しております。
    [ 2013/10/25 13:23 ] [ 編集 ]

    poohさん

    コメント有難うございます!
    二人きりのデートですか・・怖いです笑 親のいるところに旅行だなんてもう結婚まっしぐらですね笑
    なかなか難しいですよねーミャンマー人との自由恋愛。
    めげずに頑張りますよ!(なにを
    [ 2013/10/25 15:17 ] [ 編集 ]

    電話入っていないよ

    メールも電話も入っていないよ。
    jhome625@mail.goo.ne.jpにどーもとる君の電話番号を
    入れてもらえば、こっちから連絡するよ。さきほと、ミャンマーの
    知り合いと試しに電話をしたらつながったぜ。何かおかしいね。
    これが、ミャンマーなのかな。ところで明後日の午前中まではYuzana Hotelに滞在しているよ。
    [ 2013/10/25 23:05 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/418-64e4fa1a






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。