スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマー人のコミュニケーション能力。

    ローカル飲み屋にいた猫をあやしていたら突如ガチで引っ掻かれて流血しました・・。それでも猫が好き。どーもとるです。

    元々犬派だったんですけどねー、あの猫の自由さと体型がいいですよね。あと綺麗好きでニオイも犬と比べてないですし。猫を一度飼ってみたいなぁーと思いますが生物をしっかりと飼った経験がないので躊躇しています。というか、今の居住環境では無理ですねw以前はゴールデンが庭にいましたが。



    弊社はヤンゴンの提携工場でムキエビの加工をやっているのですが、作っている物自体は全く難しいものではないのですが、3社共同(工場運営会社、委託加工会社、弊社)で仕事をしているのでホウレンソウを円滑にすることが容易ではありません。現場にいる外国人は私とマレーシア人の同僚ふたりしかおらず、他は全てミャンマー人です。公用語はミャンマー語です泣(これがキツイ・・

    委託加工会社には約100人のミャンマー人が働いていて、それプラス日雇いの人間を100人雇用しているので総勢200人。これに工場運営会社と弊社社員が合わさり、210人程度の人間がこの仕事に関わっています。
    工場には弊社自社工場のあるメイクからスーパーバイザーを8人派遣しています。現場を仕切っているのは彼らですが、このメイクから来たスタッフと委託加工会社の工員がしょっちゅう衝突。

    彼らは同じミャンマー人ですが、ヤンゴンとメイクでは同じミャンマー語でもイントネーションや話し方が全然違います!性格も違うようで、職場環境も大きく異なります。


    メイクは工場が数えるほどしかありませんので、職業の選択がありません。

    ヤンゴンは工場がたくさんありますし、労働者側に職業の選択があります。


    なので、メイクでは仕方なくそこで働くしかなく、それなりの給料であれば多少キツく言われても「はい、はい、わかりました。」と働くわけです。
    ところがヤンゴンではこのような背景はありませんのでキツく言われると一気に労働意欲が萎え、それは反抗心へとつながるようです。


    これはまぁ理解できるのですが、それ以外に宗教問題があります。仏教徒とイスラム教徒ですね。ミャンマー人は大半が仏教徒ですが、イスラム教徒も割といます。公式発表している数字よりも多いように感じます。それでイスラム教徒のミャンマー人が、仏教徒のミャンマー人を指導する。ということになれば当然うまくいくわけがありません。彼らは理由なしに感情の根底から憎み合っていますからねー・・。


    さらに、

    ミャンマー人は序列を重んじます。


    例えば、一般労働者がリーダーを飛ばしてスーパーバイザーに不平を言ったり、さらにはスーパーバイザーの上の管理者や経営者に不平不満を言った場合には、




    もう大変なことになりますw

    それがいかに論理的なこと、急を要することでも、その順序を破った。ということだけで烈火の如く怒り狂います!



    先日もある案件で副大臣と話していても埒が開かないので、大臣と直接話をして合意にこぎつけたら副大臣が「メンツを潰された。」とのことで大激怒して大変だったそうです・・。それを全身全霊で受け止めてくれた、ローカルボスに感謝。



    あと工場でよくあるのが、「あなたのことが嫌いだから一緒に働きたくない!」「口も聞きたくない!」とか面と向かって言います。言われた方ももちろん同じ気持ちですから、当然すぐさま喧嘩勃発です。

    子どもかっ!とツッコミたくなりますが、これが現実なのでまぁまぁまぁ・・となだめるのが管理畑の仕事でもあるのです・・。人の好き嫌いはあって当然だけど、仕事なんだから仕事はきっちりやろうよ・・というのは全く通じませんね苦笑




    ま、そんなわけでミャンマー人の扱いは非常に難しいです。

    こんな中にろくにミャンマー語が話せない外国人(私)が入っていくわけですからもう、、お手上げですw
    日本でもコミュニケーション能力は多くの仕事で要求され、この能力が高ければ良い仕事ができると思います。それはミャンマーでも同じで、言葉のスキルよりも相手を思いやる気持ちや、意見が衝突したときの対処法、よくコミュニケーションを取ることによってお互いにとってベストな方法を選んでいくこと、などが重要です。
    この意識が大半のミャンマー人には皆無ですね・・。以前も触れたことがあると思いますが、能力の高いミャンマー人は海外にベースがあったり、既に自分でビジネスを展開している、サラリーマンだとしても大企業の役員もしくは同等のレベルの方が多いです。いわゆる「一般的な勤め人」にはなかなか「できるタイプ」はいません。




    以上、現場よりリアルな現状をお伝え致しました。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2013/11/21 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    う~ん

    どーもとる君も苦労してんだな。
    下からあげると、話が進まないし、飛び越えると激怒するか?
    でも、日本でも同じか。俺は聞いていねぇ!ってヘソを曲げる奴って多いよね。
    [ 2013/11/21 17:15 ] [ 編集 ]

    JNさん

    んー。まぁ外国人に対しては良くも悪くもまともな対応をしますが、ミャンマー人同士だと大変のようです。近々具体例を書きます!
    [ 2013/11/21 19:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/441-f97b8dc5






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。