スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    経済発展は格差を生むか。

    100年ぶりに鉛筆削り使った。どーもとるです。



    鉛筆削り。しかも手動だよ!教室の前の方(大体先生の机の後ろが定位置)に1つだけある電動のウィーーーン!ってやつじゃなくて、手動でシュ!シュ!ってやるやつだよ!

    なんかすんごい新鮮だった。楽しかったw
    あれ、一周させるだけで完璧に削れるんだね。そして使い方覚えてて安心したw




    今日はちょっと深い話を展開しようと思います。

    私、途上国が好きで東ティモールとか誰も行ったことがないところにも行ったことがあります。途上国のラインってわかりづらいんだけど、一人あたりGDP3000ドル以下の国のことを指すのかなぁ。一般的に3000ドルを超えると自動車の販売台数が急激に伸びると言われています。アジアでいうとインドネシアがそのラインを超えてきたところかな。ただ、これはあくまでも平均値なので都市部では当然にもっと所得水準は高い。
    ミャンマーの場合だと国全体では800ドル程度と言われているけど、ヤンゴンにおいては2000ドルを超えているとも言われる。

    途上国というのは概して都市部と農村部の経済格差が激しい。例えば、バンコクとメーホーソンが同じ国だとは思えない。
    当然ながら、自分が途上国を好きな理由のひとつが、農村部にある。とにかく田舎なのだ。未だに牛を使って田んぼや畑を耕している。彼らにとっての日常が自分にとっては非日常でそれが楽しくてしょうがない。ピックアップトラックの荷台が改造してあって快適さとは程遠い、人でギュウギュウの乗り物だって楽しい。女性や子どもが道端で人目を気にすることなく水浴びをしていたり、人と人との距離が近くて人間らしさを感じる。
    彼らの日常が非常に新鮮で好奇心に満ちたもので、かつ愛おしいのです。

    バックパッカーなら素直にその現実を受け入れ、浸っていればいいと思う。


    でも今はビジネスマン。商売しなくてはいけないのです。

    「三方よし」とはよくいったもので、本来商売というのはそういうものであるべきだと思う。でもそれを実現するのは非常に難しい。バランスを取るのが難しいのだ。
    ある時はどっちかに偏り、ある時はどっちかに偏るのならマイナスとプラスでバランスは取れているが様々な商売が一方的になりがちな気がする。どちらかが生き残り、どちらかが消滅する。


    ここで一つの例を挙げると、随分前の話になるけど、日本で大店法という法律ができた。正式名称は知らないけど、大型店舗法。つまり、法律的に大型店舗を作ってもいいですよ。ということになった法律。
    この法律が施行されて以降、モールと呼ばれる多くの大型施設ができた。業態はワンストップサービスのわかりやすいもので、そこへ行くとなんでも事足りるということで連日大盛況。

    その傍ら、地域の商店街は「シャッター通り」と呼ばれるようになった。


    単純に客(金)の流れが変わったのだ。
    もちろん商店街の自助努力が足りないのもあるだろう。だけど、規模が違いすぎる。ビジネスの幅も資金力も。
    商店街にはその地域に根ざした食品や伝統工芸などもあるだろう。

    数字を挙げていないので説得力に欠けるが、大型店舗は地域の役に立っているのだろうか。地域における雇用、経済力の向上に加え、数字では表せれない人的交流や土着文化の維持・普及など。

    目先よりももっと長期的に見ていく必要があるんじゃないかなと思う。日本は日本でいいじゃないか。欧米列強に追いつけ追い越せ!の時代はとっくの昔に終わっている。
    日本人、特に若い人は「真面目な話」を避ける傾向にあるけどもっとしたらいいと思うし、するべきだと思うな。年配の方とは割と普通に政治や経済の話になるのに若い人とは全くならないもんなぁ。



    話を途上国の話に戻します。
    これは前から思ってたことですが、途上国を脱途上国化することは100%いいことなのか。所得水準が上がることにより、衛生状態の改善、教育水準の向上などが達成され、生活が豊かになる。このことに疑いはないのですが、大店法を例に出したように、途上国に先進国のモノを導入することによって既存のモノが淘汰されるわけです。市場競争の原理が弱肉強食の野生界と同じですから仕方のないことですが、冒頭でも述べたように自分が好きな「途上国のよさ」が失われてしまうと思うのです。

    先日、工場用地に行きました。そこはまだ更地で電柱すらないところでした。
    広大な土地に牛やカモなどがいて、周囲にはポツン、ポツンと竹で編んだだけの高床式の家があって、まさにアジアの途上国的な風景が広がっているのです。

    でもそこは工場用地なので国が発展することによってその牧草地は工場に変わっていくのです。

    では今あるその「途上国的な風景」はどこへ行ってしまうのか。そこで暮らしている人はどうなるのか、彼らはそのことを知っているのだろうか。




    彼らは確実に路頭に迷う。




    誰が悪くて誰が良いとかそうゆうことではないのだけど。
    開発や教育に関しては国の方策なのでなんとも言えないけど、個人的にいつも葛藤を抱えています。


    彼らが納得した生活をしていけることを願うばかりです。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村



    追記
    タイムリーに面白いものを見つけたので貼っときます。


    村上龍が聞く 金融経済のスペシャリストからの回答。

    質問
    「国の経済成長と、個人の幸福の関係をどのように考えればいいのでしょうか。」

    http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/economy/question_answer725.html
    [ 2012/05/29 01:20 ] ヤンゴン便り。 | TB(1) | CM(8)

    ザリガニ

    途上国の方たちとは比べものにならないけれど、実家の周りの風景が20年強の間にすごく変わってしまったことを思い出しました。
    私の家や身内の商売からしては、そこからのお客様も増えて、ありがたいことなのだけれど、窓を開けたら田が拡がっていてる風景がコンクリートしか見えない。
    家の前でザリガニ釣りができる小川。
    子どもの遊びで得る豊かさにも関係すると思う。

    [ 2012/05/29 12:03 ] [ 編集 ]

    なんか左寄りのバイアスかかりまくってるんじゃない?
    「確実に」路頭に迷うかな。そこに雇用も生まれると思うけど。雇用関係も搾取される関係だから結局路頭に迷う、と言うなら何も言えません。
    それと、都会と田舎でバンコクとメーホンソン比較しちゃダメでしょ。
    特殊な地域だし。
    [ 2012/05/29 12:20 ] [ 編集 ]

    田舎の人たちが何を求めてるかは人それぞれだろけど、基本、やっぱり豊かになりたいと思う。
    発展したせいで冒頭の”良い風景”はなくなってる気がするけど、発展のお陰で、僕たちはそういう風景をみてる立場にいる。(飛行機使ったりね)
    そんな立場から発展したら良い風景がなくなるからって開発しないのはああああ、でもああーーーー!!!
    はい、葛藤(笑)
    どうあるべきか。発展の仕方が、例えば建物なら欧米風がベストであるのか。必要なことができれば最適化は不要だったりね。発展の仕方を工夫できればね。
    [ 2012/05/29 12:28 ] [ 編集 ]

    mosgreen、俺、さん、おぎくん

    >mosgreen
    あなたには都会も似合うけど、田園風景の方が空気が合いそうね。ザリガニ釣りやったなぁ。田んぼの脇にある農業用水路で。

    >俺、さん
    ぇー共感してくれると思ったら意外です。途上国のあののんびりした雰囲気嫌いですか?
    農村に暮らす彼らは自給自足の仕方は知ってても、工場で働く術は知らないでしょう。私が工場主だったら雇いませんね。ただ、彼らが犠牲になることによってより多くの雇用が生まれる話はわかります。確かに少数派にスポットライトを当てるのはLove&Peace!のヒッピー的思考かもしれませんね^^;
    みんなが幸せになれる策はないのでしょうか。ない、としても私は追い求めていきたいですね。

    >おぎくん
    そうそう、いろいろ考えちゃうよねー。答えは自分で見つけるしかないけど、当分見つかりそうにないなぁ。
    [ 2012/05/29 23:07 ] [ 編集 ]

    >ぇー共感してくれると思ったら意外です。途上国のあののんびりした雰囲気嫌いですか?

    人の生活は自分の好き嫌いでは論じられないだろw
    そんな事言い出したら原発は危ないから嫌い!のおバカ主婦と同じだぞ。

    >農村に暮らす彼らは自給自足の仕方は知ってても、工場で働く術は知らないでしょう。私が工場主だったら雇いませんね。

    製造業に関わる機会が増えれば、現実と想像が剥離していることに気づくと思うよ。まず、君が見てる農村は自給自足の農村なのだろうか。そこから確認した方がいいと思う。
    [ 2012/05/31 12:52 ] [ 編集 ]

    俺、さん

    途上国の農村は100%とは言いませんが、少なくとも先進国における農村よりも自給自足に近いでしょう。特に貨幣経済がまだ浸透していないミャンマーはそうだと思いますよ。

    背に腹は代えられないって話ですか。確かにそうですね。開発が進んでいく中でそのような問題は出てくると思いますが、それはあくまでも開発が進むという条件付きでしょう。
    そうそう、原発の話。当初は再稼働大賛成だったんですが、最近自分の中で変わってきました。
    [ 2012/05/31 21:57 ] [ 編集 ]

    自給自足っていうのは多品種少量生産で、高効率の農業だよ。後進国の農村先進国比較でも自給自足ではない。
    背に腹はかえられないという話じゃない。いかに農村が現金収入を必要としているか。 工員とはどういう人か。その辺りを見て欲しい。
    [ 2012/06/02 03:46 ] [ 編集 ]

    俺、さん

    アツイですね。
    お互い対象にしてる地域や場所が違えば本末転倒ですね・・。全ての農村が同じ状況など有り得ないのでそこまで言い切ることはできないと思いますが。
    工員がどういう人かは、今度工場行った時に聞いてみます。「背に腹はかえられないという話ではなくて現金収入が必要」というのが理解できないのですが、どういうことですか?
    あとMSNのアカウント、もう使ってないですか?^^;
    [ 2012/06/02 22:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/52-d68f763c


    まとめtyaiました【経済発展は格差を生むか。】

    100年ぶりに鉛筆削り使った。どーもとるです。鉛筆削り。しかも手動だよ!教室の前の方(大体先生の机の後ろが定位置)に1つだけある電動のウィーーーン!ってやつじゃなくて、手動でシ...
    [2012/05/29 06:59] URL まとめwoネタ速neo




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。