スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    思いつきでグエサウンビーチにいってきた。

    フィンなし、スノーケルなしのスノーケリングは当たり前。どーもとるです。

    それってもはやスノーケリングではないですよねw
    いやだって足がバカでかいので基本的に足に合うフィンがないですし、無理矢理装着しても痛いだけで不快なのです。スノーケルは潜らなければ泳ぎながら息ができていいのですが、私は海の底まで泳ぎたいタイプなのでスノーケルがあると潜水するときに邪魔なんですよねー。



    ちょ、今週末連休じゃん。

    ということに気が付いた火曜日。


    泊まりでどこかへ行こう!

    まだ行ったことがないところ

    今がシーズンのところ

    近場


    イコール


    グエサウンです。
    ※発音はNgwe Saung. このNgという音は鼻に抜ける音で日本語にはない音。

    突然だったこともあり、ひとりか、もしくはふたりの少人数でいくつもりで、同僚家族を誘って行ってきました。
    車をチャーターし、午前3時半にヤンゴンを出発。

    ヤンゴンから約110マイル離れたところにエイヤワディー管区の中心都市・パテインがあります。ここまで3時間半程度。
    さらにここから西へ1時間ほど行くとグエサウンに到着です。


    9時頃に到着して予約してあるホテルにチェックインしようとしたのですが、

    「申し訳ございません、お客様。現在空き部屋がなく、チェックインは1時以降となります。」

    とレセプションで言われ、同僚の奥さんが

    「あ~んんん!!!?」


    とちょっとキレて別のホテルを探すことに。。ミャンマー人はミャンマー人に厳しいですからねー。。
    ホテルの公式チェックイン時間は2時で、通常グエサウンではアーリーチェックインができるとはいえ、ホテル側の主張は妥当です。それでも同僚の奥さんは納得できない模様だったので・・まぁ彼女のいいようにすることにしました。



    ハイシーズンのグエサウンビーチ。当日ウォークインで入れるほど空いていません。しかもフルフーンデイと日曜日の二連休ですからね。より空いてない状態。

    ホテル5、6つ回りましたが、全てフル。

    その中で唯一ビーチ側で空いていたのが、Pearl Ngwesaung Hotel


    部屋は広く・・

    ロケーションもいいのですが・・
    P3151013.jpg

    P3151015.jpg



    史上最悪のホテルです!!!!!!



    私、今までいろーーーんな国のいろーーーんな場所(おそらく200箇所以上w)に泊まりましたが、




    歴史上最悪のホテルかもしれません。



    というのは、45,000チャット(4500円)の宿代に対して、

    タオルがない。とか有り得なくないですか?

    さらに。



    水シャワー。

    さらに。



    夜しか電気が来ません。

    そして夜にジェネレーターが故障して結局電気は来ませんでした。。



    さらに。(ここまで来ると笑えてきますw)




    従業員がサービス業とは思えぬ、世界最悪のホスピタリティです。
    (きっと従業員の給料が激安なのが原因)


    以上の条件なので20,000チャット(2000円)ぐらいでしたら許せますが、45000チャットですからね。



    ぁ、もうひとつありました。


    朝食付きなのですが、選択肢がモヒンガーのみです。

    トーストのセットを頼んだら追加料金が発生しました・・。




    これほど利点のないホテルも珍しいです・・。しかもリゾート地ですからね、ココ。

    そんなわけで史上最強に居心地が悪かったのであまりホテルにはいませんでした。帰りたくないホテルってヤバくないですか?




    気を取り直して、ボートトリップに出発!!

    ここでは一艘80,000チャット(8000円)が相場のようです。確かガパリは15,000チャットぐらいだったと思うので高いなぁと思っていたのですが、乗船してわかりました。



    デカいですw
    P3151019.jpg


    10人ぐらいいけそうな船でした・・。ここには小型の船がないようです。

    そんな中型の船で向かった先は・・

    P3151021.jpg





    無人島。


    続きはまた明日!


    期待クリック宜しくお願いします↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/550-d63f0c2a






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。