スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマーの大臣とミャンマー人の握るスシ。

    張りの効いたシャツ着て、パンツスーツに革靴履いて、TUMIのカバンを持ってると旅人やってた時が懐かしく思う。どーもとるです。



    というか、元々こっち側(オフィスワーク)の人間でしたわw

    最近は同行で首都のネピドーに行く機会が多いです。
    ネピドーは行政首都でミャンマーの省庁がそこに全て集まっていて、ほとんど人は住んでいません。あるのは政府系の建物とホテルぐらいで、土地がめちゃくちゃく広くて車なしでの移動は不可能です。道路も無駄に広いです。軍事政権下に移転されたので戦車が走行できるように広くした・・と勝手に思ってますw

    ホテルのレセプション。
    P6110086.jpg

    コンドミニアム式のホテル。
    P6110085.jpg



    あぁ、ビジネスマン。



    ミャンマーでは大きな仕事を進めるにあたって、大臣の許可が必要となるケースが非常に多いので、大臣に直談判するのです。

    そんなわけで

    大臣との名刺交換が次々と実現。


    これは決して自分が凄いわけではなくて、同行させて頂いている方が凄いのです(汗)
    このような機会は非常に勉強になりますね。一般人は接見できませんもの。




    ヤンゴンオフィスは基本が週6日出勤で忙しい時には7日になるそうです。
    なので1ヶ月に4日間しか休みがありません。ミャンマーは日本と違って祝日が少ないので、それも期待できません。(世界的に日本が祝日多過ぎると思う

    その代わり、そんなに遅くまで仕事はしません。

    比較的早めに上がった時には軽く飲みに行ったりね♪あとマッサージとか。(1時間半で750円
    この前My brotherのRaymondさんがヤンゴンイチ、イケてると思われるバーに連れてってくれました。



    ぇ、ここミャンマーですか?


    P6150088.jpg


    レンガ造りの外壁に開放感のある吹き抜けの店内。中央に螺旋階段があり、それを囲うようにしてバーカウンターがある。木目調の造りと穏やかな照明が印象的だ。
    壁沿いにはテーブル席があり、革張りのゆったりとしたシートが落ち着いた雰囲気を出す。
    ハードダーツとビリーヤード台があり、いずれもFree。

    ビールはもちろんサーバーから注ぐ、生。


    こんなところあるんですね!!

    まぁ日本だったら当たり前のようにあるけどさ、ここミャンマーだしね。
    でも俺はWesternizedされた空間はあまり好きではない。本場ならそれが自然でいいと思うけど、わざわざアジアで西洋感を出さなくてもいいんじゃないかなぁと思う。特に外国人としてその国に来ている場合は。ミャンマーで欧米の文化に触れたいなんて思わないし。しかしながら欧米人からしたらやっぱり異国の地でも自分たちの文化を懐かしく愛おしく想い、サンドイッチやピザやハンバーガーを好んで食べるのだとしたら、日本人が外国で日本食食べるのと同じ感覚か。

    外国人の感覚はさておき、欧米風の店に好んでくるミャンマー人は恐らく日本と同じように、欧米に対する憧れがあって中流以上の人は好んでこーゆう場に来るんだろうなぁと思う。

    でも俺は1杯70円の生ミャンマービールを路上で現地人と飲みたいね!
    その方がミャンマーらしくていいじゃない。「らしさ」って大事だと思う。




    たまの休みにダウンタウンへ繰り出してみた。
    もちろんローカルバスを利用。乗車賃は基本10円ですw(距離に比例)

    ヤンゴンのダウンタウンはスーレーパヤーと呼ばれるパゴダを中心に広がっている。広がっていると言っても、「ぇ、ここが中心地?」といった程の規模です。

    そのスーレーパヤーを中心に東西に走るMaharbandoola Roadがダウンタウンのメインロード。シャツや下着が欲しくてふらふらしてたんだけど、Sushi屋を発見!!

    昼も食べてなかったし、値段も安かったので入店。



    「イラッシャイマセー!」

    おぉ、いいねいいね♪

    店内は割と綺麗。二階建てで二階も見せてもらったけど、二階は天井が激低くて、梁をくぐらなきゃいけないのでオススメできません。。
    BGMはなぜかBackstreetboysのThe One.しかも、らいヴヴぁーじょん!!w
    思わず口ずさんでしまったw

    オーナー、大将ともにミャンマー人だけど、東京に何年間かいたことがあってまぁまぁ日本語が話せます。

    この店に入ろうと思ったのは「にぎり」があったから。
    スシと言えばやっぱりにぎりでしょ。なんちゃらロールはスシではない!と勝手に思ってます・・wま、美味しいんだけどね。特にカリフォルニアロール。

    Tomo Set B / 300円
    P6100080.jpg

    軍艦でかすぎwwしかしながら一番マシでした。特にマヨネーズがね、うん。
    にぎりは評するに値せず。ハムの握りが2カンも(死)


    Hiyayako 100円 / Gyutan 200円
    P6100081.jpg

    冷奴がまさかのクオリティを発揮!まるっこい豆腐はミャンマー産、醤油はおそらくキッコーマン、かつお節は輸入だそう。しかしこのかつお節が食べるようではなくて、だし用っぽいかつお節で硬かった。。

    牛タンは分厚すぎてガムみたいだった・・味は( ・∀・)b OK!


    このお店メニューが豊富でうなぎ丼、天ぷら、そば、うどん、焼き魚もあって(さんま、ししゃも)、枝豆まである。 ほんとにあるかはわかりませんがw
    そして味も未知数ですがw
    値段が安いからチャレンジするにはいい店だと思うけど、友達を誘って行くことはできない店ですね。

    オーナー、大将、店の女の子など人はいいですよ!

    TOMO Sushi
    No.702,Maharbandoola Road,(Between Sintohdan St.&18th St.)




    道端で見つけたレトロなマツダ車。ミャンマーで見かける車は圧倒的にトヨタが多くて、二番手が日産。ホンダは極小で、マツダは絶滅危惧種w
    今も昔もマツダのデザインはイケてる。好き。
    P6150087.jpg

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/06/17 12:54 ] ミャンマーの食。 | TB(1) | CM(4)

    マツダの黄色のミラージュ懐かしいな、大好きだった。
    この年代の日本車大好き。
    昔のカローラも。
    [ 2012/06/17 14:08 ] [ 編集 ]

    くるまはマツダかスバルが好きです。父親譲りの趣味です。実家にはレガシィB4がいます。3リッター水平対向エンジンがうるさくて近所迷惑らしいですw
    [ 2012/06/17 15:26 ] [ 編集 ]

    mosgreen、これきよ

    >mosgreen
    ノスタルジックな雰囲気を持つあなたにはきっとぴったりね。トヨタ車ってイマイチ好きになれないんだよねー。特徴のないデザインが多いから。

    >これきよ
    おぉ!いいね。スバルもいいね!フォレスタ好きよ。
    3リッターはでかいなw
    [ 2012/06/18 03:42 ] [ 編集 ]

    それにしても、このブルーのマツダいいなあ。
    ミラージュの黄色は三菱だった。
    マツダの80年代車は、ファミリアの赤でした。
    TOYOTA確かにね、でも80年代のカローラだけは別格なんです。
    車が生きてるっていいねえ。
    [ 2012/06/18 07:24 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/57-0de1305c


    まとめtyaiました【ミャンマーの大臣とミャンマー人の握るスシ。】

    張りの効いたシャツ着て、パンツスーツに革靴履いて、TUMIのカバンを持ってると旅人やってた時が懐かしく思う。どーもとるです。というか、元々こっち側(オフィスワーク)の人間でした...
    [2012/06/20 17:33] URL まとめwoネタ速neo




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。