スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマー語をどうすれば話せるようになるか。という質問を多く頂いております故にお答え申し上げます。

    ヤンゴンちゃんとの関係を断ち切ったのでミャンマー語を話す機会が絶賛激減中。どーもとるです。

    外国語が話せるようになる一番の近道は彼氏・彼女を作ること。
    これは世界の常識ですね。まぁ別にそんな濃密な関係でなくてもいいと思います。そう、ただの友人関係でね。
    しかしながら、冷静に考えると友人の関係でそんなに毎日会ったり、長電話したり、ひとつしかない時間を一定量を保ちながら継続的に共有するかと言えば、




    NO

    なので特定の相手というのがやはり必要になるわけです。



    ・・・。

    サクっと特定の相手ができれば苦労しません、先生!!



    えぇ、そうですね。おっしゃる通りですwww

    なので夜の女の子でもいいと思いますし、夜遊びに興味がない人はマッサージ屋の子でもいいと思いますよ!
    ただ、夜の女の子は基本的に教育水準が低いので語彙力に欠けるのと、スラング(ミャンマー語ではバンザガーと言います。)を連発してくるのでそのノリで昼間の商談中に使ってしまうと危険極まりないですw
    マッサージ屋の子も似たようなものですね。マッサージ屋の子は少数民族の子が多く、多くは住み込みなので彼女たちの田舎の話や民族の話、ヤンゴンってどう?とか何気ない会話ですが私は彼女たちの話を聞くのが好きです。最近は話す気力がなく、気づいた頃には4分の3終わっていますがw



    どこでミャンマー語を勉強されたのですか?


    とよく聞かれます。

    こちらに来たのが2012年の5月。
    2012年の12月より2013年の9月まで(2か月間の休みがあるので実質8か月間)ヤンゴン外国語大学ミャンマー語科でミャンマー語を勉強しました。


    と、返答すると



    ほぉー。それで。

    と、みなさん納得されます。




    が、



    座学で8か月ミャンマー語を学んでも話せるようにはなりません。

    これは断言できます。大学へ通っても話せるようにはなりません。
    日本で中学三年間、高校三年間、大学で二年間、計八年も英語を勉強したのに全く話せないのと一緒です。

    なぜかというと、

    学校という場所は言語を勉強する場所であって、使う場所ではないからです。

    リスニングの授業はあってもスピーキングの授業がありません。
    人間は自分が発音できない音というのは聞き取ることはできないようです。なのでリスニングをやるのであれば同時進行でスピーキングもやらなければいけません。

    子どもがそうであるように、まずはリスニングから入ります。子どもの耳は非常に能力が高いので聞いているうちに話せるようになるそうですが、大人はまず無理でしょう。最近言語学の本(知的な英語のすすめ 著者:宮本正夫)を読んだのですが、その本の中で著者は聞き流して覚える、スピードラーニングを真っ向から否定しています。映画鑑賞や音楽も英語学習には適していないと言っています。
    適していない、というには語弊がありますが、映画ならば見ながらその台詞をマネて話してみること、音楽ならば聞くだけでなく歌詞をしっかりと覚えてその通りに歌うことが必要です。つまり言葉に出すこと、シャドウニングと呼ばれる方法を用いないと身に付きません。

    私は英語の映画を観る際には積極的に英語字幕を付けて観ます。



    ちょ、今なんつったww

    という場面が多々ありますからね。


    例えば、

    Open it! それ開けて!

    まぁ書いてくれたら簡単ですよw


    これを日本人がカタカナで覚えると

    オープン イット

    ですね。


    でも実際の発音は

    ォプンニッ!


    ヘタしたら、オが聞き取れず、「プンニッ!」ですw



    プンニってなんですかw



    まぁ日常、実際の会話ではこんなことが多々あるわけです。



    ちなみに冒頭で2012年5月にミャンマーに来て、2012年12月からヤンゴン外国語大学に通い始めた、と言いましたがその半年間は英会話を独学でやっていました。社内公用語が英語なので英語ができないと仕事にならない弊社。そんな会社に英語ができないのに入ってしまったのですwww

    上司の指示が聞き取れず、これはマジでマズい、、と。

    彼らがチャイニーズマレーシアンなので訛りが酷いというのもありますが、それは日本人だって一緒で、日本人の話す英語の訛りだってハンパじゃないですw下手したら単語ひとつで「ぁ、日本人だ。」とわかるレベルですよw
    自分が日本人だから彼らの話す英語はよく聞き取れますが、外国人からしたら酷いの一言ですw

    よく日本人で「ミャンマー人の話す英語は訛りが酷くてー・・。」という人がいますが、それはあなたも同じです!
    たまに、ぁーこの人の英語綺麗だなぁ、という日本人に出会いますがそれでも英米のネイティブには敵いませんよ。まぁ敵わなくて当然ですし、敵わなくていいと思うのですが、「○○人の訛りが酷い。」と言えるのはネイティブスピーカーだけだと私は思っています。

    ○○人の訛りがうんぬんという人は、その人がその訛りに慣れていないだけの話です。




    話が大きく逸れましたw


    ダラダラと書きましたが、

    ミャンマー語を読み書きできるようになりたければ学校へ。話せるようになりたければ話す機会を作ること。

    以上。




    偉そうなこと書きましたが、英語もミャンマー語もまだまだなので様々な角度から継続的に励んでいきます!

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/05/19 13:01 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    本当にその通りです〜v-107
    [ 2014/05/19 13:47 ] [ 編集 ]

    反省

    「訛りが酷くてー」のくだり、猛反省。。おっしゃる通りですな。さめて話せるようになってから言え!と自分に突っ込みました。勉強になりました!
    [ 2014/05/19 14:46 ] [ 編集 ]

    勉強

    やっぱり、一番覚えるのは、異性だよね。「この相手と話したい」「この相手に気のいられたい」「この相手と遊びに行きたい」その時の覚える力は多分、どんな勉強方法も勝てないよね。
    まあ、簡単に言うと「エロパワー」だね。

    一つの恋の終わりは、次の恋の始まりだよ。

    [ 2014/05/19 23:26 ] [ 編集 ]

    お肉さん、きたざわです。さん、しゅんさん

    >お肉さん 共感有難うございます!

    >アニキ はは、恐縮です!

    >しゅんさん エロパワーwないすコメントです!まさにその一言に尽きますね!イイ子が現れるまで窓を磨いています♪
    [ 2014/05/20 13:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/596-b8229cca






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。