スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ミャンマーとマレーシアの違い@仕事について

    マレーシア情報ランキングに移動してからのOUTポイント数の大幅上昇に驚いています。どーもとるです。

    まぁミャンマー情報よりも圧倒的にアクセス数が多いので当然と言えば当然ですけどね。どこの世界でもそうですが、土俵が変わればいろいろと変わりますね。



    さて、タイトルの件ですがそんな堅い話ではなく偏見による個人的感想ですw


    言葉が通じるってめちゃくちゃ楽ですね。


    前職は仕事でよくミャンマー語を使っていました。話せないと仕事にならない状況でした。日常会話ならばさほど問題ないのですが、仕事となると話が細かくなるので適当に聞き流すことができません。話の細部を拾い、指摘するまでの能力はさすがにゼロから勉強を始めて2年では身に付きません・・。相手の言っていることを理解できないというのは苦痛であり、致命的です。まぁそれでもなんとかやっていたのですがw
    それと比べてマレーシアでは社内公用語が英語ですし、同僚のほとんどは中華系で皆英語を話すので物凄く楽です!彼らの言っている95%は理解できますし(5%は知らない単語)、こちらの伝えたいことは100%伝えることができます。
    当然、チャイニーズマレーシアンにも訛りはあります。それはシンガポールにだって、インドにだって、ミャンマーにだって、タイにだって、韓国にだって、日本にだってどこの国にもあります。ミャンマーではいろんな訛りに触れることができたので今となっては彼らの英語を聞くとどこの国の人が判別できます。言葉はあくまでもコミュニケーションツールなので、大事なのはお互いが理解できることです。

    先週はオリエンテーションでいろんなところへ行き、いろんな人(主にチャイニーズマレーシアン)と話したのですが、その度に

    なんでそんなに英語が話せるんですか・・?

    と聞かれました。
    実は英語のスピーキングとリスニングを真剣に始めたのはミャンマーに行ってからなので2年前からなのですが、今はまぁ普通に英語でコミュニケーションが取れるようになりました。なので私の英会話力など大したことないと思うのですが、日本人訛りが嫌なのでそれを是正する努力はしています。
    それにしても彼らが驚いていることから推測すると、いかに日本人の英語力が酷いか、ということですね。でもこれは日本という国の土地柄仕方ないことだと思います。日本から出ないのならば日本語さえ話せれば就職できますからね。チャニーズマレーシアンはマレーシアでは差別の対象であるし、優先度をつけるならばマレーの次の2番手ですから英語はもちろん3つも4つも話せなければ使いものにならないと見做されてしまうようです・・。
    私も彼らに負けじとマンダリン(中国標準語)を話せるようになりたいなぁと思っていますが、それは出会う相手次第。ということでw

    これからもワークスタイルの違いなどを独自の視点で書いていこうと思います♪



    能書き垂れたところで日本人訛り。クリックお願いします↓
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2014/06/29 00:00 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/636-2490fb0d






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。