スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ここ最近映画なんて滅多に観ませんが。

    出張に来てまさかの夜型化して睡眠不足。どーもとるです。



    現在ミャンマーの首都・ネピドーに出張で来てます。ミャンマーで一番有名な都市はヤンゴンですが、これは経済の中心都市であって、首都ではないのです。国の行政機関は全てネピドーに集まっています。軍事戦略上、2006年にヤンゴンから北へ200マイル(320キロ)行った場所、ネピドーに首都が遷都されました。何もない広大な土地に造られた首都なので、未だに周囲には何もありません。街灯さえない首都は世界的にも珍しいことでしょうw


    ヤンゴンは海から近いからヤバい。


    という理由で、内陸に遷都されたそうですが、当時の軍事政権は何をそんなに恐れていたのでしょうか。。不思議でなりません。

    先ほども述べたように、全ての行政機関はネピドーに集中しているため投資案件の申請や、許可の取得や政府関係者との会議などでネピドーを訪れなくてはいけない機会が多々あります。
    今回の出張は訪問先の工場がたまたまネピドーの近くにあり、ネピドーに泊まっているというだけですが。

    毎回思うんですけど、ネピドーって英語表記だと「Nay Pyi Taw」なんですよ。なんで「Taw」を「ドー」と読むんでしょうか・・。謎であります。ま、ミャンマーなんて謎だらけの国ですがw


    ネピドーには本当に何もなく、無駄に土地が広いので徒歩で行ける場所はありませんw移動するには車が必須です。なので、一度ホテルに戻ってしまえば外出不可能なわけです。タクシーも走ってません!タクシーがない首都って世界広しと言えどここぐらいかと思いますw
    そんな暇なネピドーの夜を見越して先日ヤンゴンの路上でDVDを買ったのです。



    邦画と洋画を1枚ずつ。


    70円でした。


    完全に価格設定がおかしいです。いくらコピー商品といえど、一枚あたり30円程度とは・・。日本じゃコロッケも買えません!物価高騰中で不動産価格がバンコクより高くなっているヤンゴンですが、安いものもまだまだあるのです。

    2枚買ったDVDのうち一枚が「ヒミズ」という映画で、これは「それ行け!稲中卓球部」で有名な古谷実先生が一切ギャグを封印して書いた漫画の映画化。
    小学生で稲中の存在を知ってしまった私は即刻古谷実の大ファンになり、グリーンヒルや僕といっしょなども全巻持ってました。もちろんこの「ヒミズ」も。
    彼にはただただ笑いを求めていたのでこの作品は正直期待外れのものであったし、それに加え内容が重く、難しいものであったために当時の自分は全く理解ができなかった。当然その内容はよく覚えていない。

    今回映画化された作品を観たわけですが、相変わらず重い内容となってましたが、キャスティングや話の展開などオリジナルとは違う部分が多々あり、東北地方の震災も取り入れられていて、よりメッセージ性の強い作品となっていました。暴力シーンが多くて、私は痛いのとか怖いのとかキモチ悪いのとかは嫌いなので基本的には嫌いな部類に入る作品ですが、見応えのある作品でした。

    主演のふたりがカンヌ国際映画祭で新人賞をダブル受賞したようですが、これは日本人初の快挙のようです。確かにふたりの演技には圧倒されます。トチ狂い方がハンパないです。

    そして、



    二階堂ふみの可愛さがハンパないです。


    30円ということを考えたら物凄くいい買い物をしたなぁと思うと同時にこんな安い料金でこのレベルの映画を観てしまい申し訳なく思いました。

    散々現実逃避をした後でその日のレポートを書いた後に観てしまったので寝たのが3時半。翌日7時起床を考えたら消えてしまいたくなりましたが、この映画を観たおかげで翌朝サクっと起きれました。




    明日は愛すべきヤンゴンに戻ります。


    稲中読みたくなってきたなぁ。日本人会にないだろうかw

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/09/05 01:07 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(4)

    訂正

    ヴェネチア国際映画祭のマンチェロマストロヤンニ賞だよ‼

    ちょうど、今年の冬にこの男の子の主演の映画観に行って、それも良かったんだけど、この予告編が痛々しい感じだったね。園子温監督はいつも痛々しくて、グロテスクみたいだし。
    二階堂ふみは可愛いよね。
    [ 2012/09/05 07:26 ] [ 編集 ]

    mosgreen

    うん、私の中で映画といえばアナタですよ。訂正ありがとう。興味なくて賞とかよくわかんないから雑に書いてしまった^^;
    今年の冬って、、あぁ2月とかのことか。日本はもう冬が来たのかと思ってしまったよw
    [ 2012/09/05 23:32 ] [ 編集 ]

    いま、ちょうどヴェネチア映画祭でまた、たけしが高評価っぽいってニュースで。たけしいつもいいツボついてくるなあって感じなんだろな。ヴェネチアが終わったら、六本木の東京国際映画祭だ。なら国際映画祭のが、すごいコンペ作品、上映してると思うけどね〜!
    [ 2012/09/06 07:25 ] [ 編集 ]

    mosgreen

    あれって、カンヌとかヴェネチアとかその映画祭の「好み」ってのがあるんでしょ?たけしが評価されてるのはヤクザ系ドンパチがウケてるからって聞いた。
    [ 2012/09/09 16:14 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/70-e79bd8c0






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。