スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    引っ越しにつきミャンマーの恐るべき不動産市況について述べたいと思う。

    最近のヤンゴンは雨期も終わりに近づき、雨が降らないと日中非常に暑いです。こんな日にはテレレが飲みたくなります。どーもとるです。



    テレレ。

    これほど、ある地域では知名度が高くてある地域では知名度が低い飲み物はないのではないでしょうか。相当ふざけた可愛らしい名前でもありますw

    私もパラグアイに行くまではテレレの存在を全く知りませんでした。(愛すべきパラグアイ41kirometro訪問時のリンク貼っときました

    コカコーラボトラーズにより「太陽のマテ茶」という商品が発売されたのでマテ茶を知っている人は多いでしょう。しかし、本来マテ茶はお湯で出すものであって、冷たい飲み物ではありません。冷たいマテ茶というのはお抹茶を冷たくして出すようなものです。
    そこで、マテ茶に似た茶葉を水出しで出すのがテレレです。

    パラグアイやウルグアイで非常に人気のあるテレレ。人気があるというか、彼らにとっては必需品であると思われます。デートにすら水筒とテレレ容器を持っていきますからね!!

    パラグアイ人は肉しか食べないのになぜか健康的だそうです。



    全てはテレレのおかげなのです!!!!




    ぁ、今日はミャンマーの不動産の話でしたねw


    契約更新につき、今住んでる家から引っ越すことになりました。一軒家を会社のメンバーでシェアしてるんですけど、インレー湖に面した静かでいいところなんですよ。

    広いし。


    どれぐらい広いかというとですね、



    0.7エーカーです。



    エーカー・・?



    2800平米です!!!!



    へいべい・・?



    850坪です!!!!!



    まぁとにかく広いんですわ。そして家賃も高いんですわ。



    ひとつき3400ドルです。(27万円



    今回引っ越ししなくてはいけなくなった理由は家賃が理由ではなくてオーナーが新しくホテルか何か建てたいと言ったらしく、出ていかなくてはいけなくなったのです。



    直近、異常な不動産市況高騰により家探しは難航・・。なかなかいい条件の物件が見つからない中で、同僚が今の家の近くに見つけてきました。

    どうやらこの家で決まりそう。

    ということで、見学に行ってきました。





    どんっ!


    P9220599.jpg

    こーゆうの豪邸って言うんじゃないですか?(汗)

    4階建てで部屋は7つあるらしい。
    らせん階段。オールフローリング。
    P9220603.jpg

    部屋ひろーーーw
    P9220604.jpg

    屋上と3階にはバルコニーがあってバーベキューとかできちゃいそうです♪
    P9220602.jpg

    屋上からの眺め。ヤンゴンは1000万人規模の都市ですが緑が非常に多いです。
    P9220600.jpg



    さて気になるお値段ですが、、




    3,000,000チャット!


    わかりにくいのでドル換算すると、、




    4,700ドル!!!!!


    約40万円です。もちろんひと月あたりです。しかも1年更新で、料金前払い。一括で480万円。しかもローンやクレジットサービスが存在しないミャンマーですから当然キャッシュ払い。

    なんと・・。


    ちなみにこの家賃約40万円というのは東京都内一等地で100平米ぐらいのところに住めます。浅草とかになったら200平米越えとかですw


    ここミャンマーですよ?国民一人あたりのGDP850ドル程度の国ですよ?考えられますか?
    いつもの照らし合わせをやってみましょう。ヤンゴン市内では一人あたりGDP2000ドルと言われているので日本の22分の1の水準です。ここで4700ドルということは日本の物価に照らし合わせたら103,400ドル・・一か月の家賃が800万の家ということです。


    ぽかーん。


    誰もが言います。

    「ミャンマーの不動産市況はおかしい!」と。



    原因は2010年の選挙以降、「民主化」されたことにあります。

    それ以降、お金と人が一気に動き始めました。今まで何十年も眠っていた国が急に起き始めたのです。多くの人がより良い場所・家を買い求める。多くの外国人がミャンマーに来る。しかし、不動産は不動産という名のごとく動かすことはできず、作るのに時間がかかります。当然供給よりも需要が勝れば価格は上がります。旺盛な需要に対して圧倒的に不足している供給。その図式は明らかなんですが、いくらなんでも高杉晋作です。おまけにミャンマーチャットですが、先日のFRBによるQE3発表で世界的にはドルが売られたにもかかわらず、一度も下押しすることなくジリジリ上昇中です。海外にドルをため込んでいた富裕層がミャンマーに帰って来てるのでしょうか。外貨準備高を貯め込みたいミャンマー政府としてはチャット高はよくないはずなんですが・・。

    北京、上海、香港、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ホーチミン、ジャカルタ、、アジアのどの大都市よりも高いと言われる昨今のヤンゴン不動産市況。



    今の状況は明らかにおかしいと思います。

    需給の問題が根底にはありますが、これはいつか、なにかのタイミングで必ず是正されると思います。アジアの他の大都市よりも圧倒的に高い価格で圧倒的に悪いインフラで誰が納得できますか?

    バブルというのは信用の創造が膨張して起きると思われます。まさに今ミャンマーはその状況にあると思うのですが、幸いなことに取引はすべて現金で行われているためにそのスピードは早くなく、資金力の信用度は極めて高い。
    よーするに全て現金取引なので現金を持っていなければ買うことができない、資産家ではダメなのです。現金家でないとw
    ということらしいですが真実はどうなんでしょう。ミャンマーお得意の地下金融で資産を担保に現金を調達することができ、それが不動産投資に流れていたら・・。



    来週は聞き込み調査をしてみたいと思います。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/09/22 20:04 ] ヤンゴン便り。 | TB(0) | CM(2)

    この家知ってます

    月40万円ですかぁ~~
    私も近くマンションに住んでいましたが
    更新時に2倍だと言いわれ、頭にきて引っ越しました。
    このバブルまだ続きそうですが、いつかは波状しますね。
    [ 2012/09/23 21:34 ] [ 編集 ]

    エイと万さん

    外観だけでわかるとは凄いですね。
    どこもかしこも本当に有り得ない値段ですよね。いつか崩壊すると思いますが、そのタイミングと原因を見極めたいところです。
    [ 2012/09/23 23:22 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/76-d558aa48






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。