スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    夜のヤンゴンを知りたいですか?その2

    引越してから蚊に悩まされることがなくなって毎日快眠!と思いきや遊びすぎで寝不足な日々です、どーもとるです。


    4階まで上がってくるガッツのある蚊はさすがのミャンマーにもいないみたいです。それに加え、雨季はボウフラ天国ですが雨が降らないとなれば繁殖ができないので必然的に蚊の量は減るのです。




    前回に引き続き、夜のヤンゴン情報を書きたいと思いますが、前回はクラブ情報が主でした。

    今回は




    エロ系です。

    エロ系といってもあくまで「系」であり、本流ではございません(は

    恐らくミャンマー政府が厳しく規制していることもあり、これらの店は非常にグレーな感じで限りなく素人に近い感じです。
    ま、本流とはなんぞや!という話ですが、日本や隣国タイのような風俗ワッショイ!的な感じでは一切ない。ということです。

    あくまでもミャンマーなので、非常にミャンマーを感じる店作りとなっております。
    全ての店を知ってるわけではないので知りうる中で書きたいと思います。


    Emperor@ダウンタウン25th Stと26th Stの間にある比較的大きな道の真ん中辺にある。男性エントランス5000ks、女性はまさかの500ks(50円w)その代わり、男性のチケットにはワンドリンクが含まれます。ヤンゴン名物・夜のファッションショーは21時半頃から。23時になる頃にはひと気がなるので、比較的早い時間に行く場所です。女の子は100人ぐらいいます。店の作りが非常にチープで、ファッションショーは完全にギャクw私はいつも笑い転げてます。先日は日馬富士が登場しました。壁際にはカラオケルームがいくつかあり、零時まで1部屋15000ks、飲み物代は別。日本語の歌もあるらしい。店内をママさん(女の子の元締め)があからさまに闊歩していたり、何かと面白いお店です。

    JJ@カンドヂー湖のすぐ近く、南東方向にある知名度抜群のお店。営業スタイルはEmperorと極めて類似していますが、女の子の質とサービスが多少マシな気がします。正式名称はDiamondかと思いますが、なぜか「JJ」の名前で通っています。エントランスは4000ksと記憶。ワンドリンク付き。ここにも女の子は100人ぐらいいます。ファッションショーは22時半ぐらいからなのでEmperorから流れてくる女の子もいます。全然知らない女の子が無言で同じテーブルの椅子に座り、一服して、つまみを食べ、一言も言わずに去っていく。ということが頻発するお店である意味面白いです。極々真面目なマッサージ店併設。もちろんカラオケルームもあり。ママさんも常駐w

    Park Royalの地下@フィリピン人女性グループによるLiveが毎晩行われています。女性グループの中に一人だけ野太い声をした主がおり、笑わせてくれます。実際「彼」が一番歌が上手いというwそれほど広くない場所にバーカウンター、DJブース、ダンスフロアーにステージ有り。と店のコンセプトがよくわかりません。ホテルの真下にあるので宿泊客御用達の場所と行っていいでしょう。英語を話せる女の子も何人かいて上記2件の場所にいる女の子よりも年齢は高めで比較的品があります。エントランスは宿泊者は無料。零時以降は部外者も無料ですが、その時間以前は10ドルとのウワサ。私は何度も行ったことがありますが、なぜか一度もエントランスを支払ったことがありませんw

    Sedona Hotelの地下@Park Royal同様日本人御用達のホテル。実際一度しか行ったことがなく、詳細は不明。ただ、その時にいた女の子の質は抜群によかった。英語おっけー雰囲気おっけー。部屋の中心にバーカウンターがあって落ち着いた雰囲気。大きめな音楽が流れてはいますが、テレビ画面でサッカーの中継を流していたりしてスポーツバーのような雰囲気もある。客も女の子も「お子様お断り」な雰囲気な場所です。

    あとはJJと同じ敷地にあるAsia Plazaとシュエゴンダインの交差点近くにある、Shegonedain Hotelなども有名どころです。


    断っておきますが、「質が良い」というのは英語が話せるかどーか、外見、態度などの話であり、連れ出したあとのことは未経験なので知りません。

    最後に連れ出した際の相場ですが、50ドルもしくは50,000ksで内訳はママさんがいる場合はママさんに20,000ks、本人に30,000ksだそうです。

    私は彼女たちを連れ出す気は全くないので、交渉したことはありませんが、値段などこちらから聞く前に向こうから言ってきますw


    上記4箇所はガイジン向けの場所ですが、100%ミャンマー人向けの場所もあります。
    Power Light@カンドヂー湖の南側を走る道に燦然と輝く店があります。ファッションショー形式のお店ですが、女の子それぞれにアピールタイム的なものがあり、歌を歌ったりします。その選曲が面白かったりして笑えるお店です。ま、ミャンマー人にとってはギンギンになるお店かもしれませんが、、



    いずれにせよ、そーゆうような店にいる子は何かしら特別な理由があってそこにいるのです。大多数のミャンマー人の女性はカラダを売るような事は一切しませんし、遊びを知らない女性には「クラブ」と言っただけで変態、遊び人扱いされます。
    彼女たちのバックグラウンドについてはまた別の機会に述べたいと思います。
    面白かったらポチっとな。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
    にほんブログ村
    [ 2012/10/10 00:59 ] ミャンマーの夜。 | TB(0) | CM(4)

    彼女たちのバックグラウンド。

    締めくくりがカタイ…‼

    バックグラウンド、楽しみにしています。
    [ 2012/10/11 08:18 ] [ 編集 ]

    mosgreen

    うん、それ伝えるの大事なことだと思うから是非書きたいと思ってるよ。ただ、そこまでのミャンマー語力が自分にないというw
    [ 2012/10/12 17:04 ] [ 編集 ]

    貴重な情報ありがとう御座います

    わー貴重なヤンゴンの夜の情報ありがとう御座います。もっと聞きたいところですがブログですからね。また 出来る出せる範囲で結構なので、夜のヤンゴンのそれもディープな記事を宜しくお願い致します。
    [ 2012/10/23 00:33 ] [ 編集 ]

    正彦さん

    コメントありがとうございます!しかし残念ながらもうネタ切れ感がありますw
    ほんとに夜の場所少ないんですよねー。実はディープな経験はないのですが、ネタになるものと思ったものはこれからもアップしていきます!
    [ 2012/10/23 01:31 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamction.blog.fc2.com/tb.php/84-9379e0df






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。